楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

那須温泉 ホテルサンバレー那須 温泉

那須温泉 ホテルサンバレー那須

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(4887件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    いつも利用させていただき、ありがとうございます。夕食の中華バイキングを楽しみにしています。
    2021年04月07日 21:39:20
    続きを読む

    サンバレー那須へようこそ 過ごし方:家族編 過ごし方:ふたり編 アクセス お料理 宿泊館 温泉 ホテルサンバレー那須 宿泊プラン一覧 お客様の声 メルマガ会員登録 懸賞広場

    温泉

    湯遊天国・アクアヴィーナス サンバレーと言えば!!
    湯遊天国 アクアヴィーナス
    自然に囲まれた、温泉ゾーンの多彩なお風呂の中には「硫黄泉」「弱アルカリ泉」「マグネシウム泉」と3種の温泉成分を含んだお風呂がございます。

    温泉の他にも塩サウナ、ドライサウナやミストサウナと、サウナの種類も豊富に揃えております。
    ジャグジーバスを中心に、寝湯やアクアポット(洞窟風呂)、シェイプアップバスやエステバスなどおもしろ楽しい温水プール。家族や友人・恋人同士、大人から子どもまで存分に遊べるプールは、なんと18種類。

    その他の温泉

    湯処ひのき 森の湯 露天風呂
    贅沢な総檜造り露天風呂
    建物全体を檜で造った贅沢な大露天風呂。
    良質のお湯と天然の檜の香りでリラックス効果抜群です。
    泉質は体の芯から温まる硫黄泉で、露天風呂はぬるめと熱めの湯船をご用意。お好みや体調に合わせてご利用ください。
    2種類の泉質で安らぐ
    2種類の泉質を楽しめる露天風呂。
    弱アルカリ泉はお肌がつるつるになり、硫黄泉は体の芯からポカポカ温まり、冷え性などに効果的。
    自然に身をゆだね、ゆったりとした時間を過ごせるスペースです。
    心地よい音とともに楽しむ露天風呂
    薄い緑色の湯が心地よい音とともに流れ出す山荘の源泉風呂では、窓から映りこむ深緑の影や、流れるお湯の音に疲れた体を癒されます。
    ※山荘は繁忙期間のみの営業となります。

    営業時間
    平日/14:00〜23:00 土日・祝祭日/10:00〜23:00
    ※ご予約優先となりますので、事前のご予約をお願いいたします。
    TEL:0287-76-3800

    3つの源泉と効能

    硫黄泉「那須温泉」

    使用施設:湯遊天国、フォレストヴィラ、オリエンタルガーデン

    源泉名 那須温泉
    湧出地 栃木県那須郡那須町湯本地先苦土川筋ほか
    泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型・弱酸性低張性高温泉)
    湧出地における試験成績 試験日 平成12年7月13日
    泉温 59.4度
    pH値 5.6

    マグネシウム泉「平成の湯」

    使用施設:湯遊天国、山荘(期間限定営業)

    源泉名 平成の湯
    湧出地 栃木県那須郡那須町湯本399-7
    泉質 中性低張性温泉
    湧出地における試験成績 試験日 平成10年12月16日
    泉温 36.1度
    pH値 7.2

    弱アルカリ泉「新那須の湯」

    使用施設:湯遊天国、アクアヴィーナス内風呂、フォレストヴィラ

    源泉名 新那須の湯
    湧出地 栃木県那須郡那須町湯本新林378-9
    泉質 ナトリウム-塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
    湧出地における試験成績 試験日 平成17年11月2日
    泉温 80.7度
    pH値 7.6

    浴用の禁忌症および適応症

    浴用の禁忌症および適応症

    このページのトップへ