楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

孫太郎オートキャンプ 宿泊予約

  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
今回は仕事でいきましたが次はキャンプで行こうと思います
2017年07月15日 11:03:29
続きを読む




壮大な海と山に囲まれた癒しの空間。
楽しさと感動が出会う場所

お車:紀勢道紀伊長島ICより車で約15分



・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 4タイプ9棟が選べるシーサイドコテージ



すぐ前が海の開放的な宿泊施設。
少人数からグループ、バリアフリー対応など、
さまざまなタイプをご用意しており、
全室屋根付きのテラスがあり
BBQなどのお食事もお楽しみ頂けます。

【キッチン】
お部屋には二口のガスコンロ、
もしくはIH調理器が設置されております。
シンクもありますので調理が可能です。

【テラス】
屋根付きのテラスがありますので、
BBQコンロをお持ち込み頂ければBBQが可能です。
BBQコンロはレンタルでも用意ができます(@1000円)

【調理器具・食器】
調理器具や食器はセンターハウスより無料貸出を行っております。
食器は、茶碗、湯呑、汁椀、小皿を人数分用意させていただきます。
*箸やスプーン、コップ、はありません。

また近隣の体育館やテニスコートを利用して、
スポーツや音楽などの合宿にもご利用頂けます。

・【楽天トラベル販売記念価格】シーサイドコテージA〜D 
スタンダードプランは → コチラ


 5タイプ86区画のテントサイト


電源付きで海が一望でき、波の音を聞きながら
ゆったり過ごして頂けるサイトから、
広い芝生の開放的でリーズナブルなサイトまで
お選び頂けます。

是非楽しい一時をお過ごし下さい。

・【楽天トラベル販売記念価格】テントサイトA〜Dプランは → コチラ

 海と山の自然がいっぱいのキャンプ場


キャンプ場のすぐ横が海!
遊泳できないのが残念ですが、
投げ釣りや磯観察がお楽しみ頂けます。

特におすすめは条件が揃えば、
夕日の光で海一面オレンジ色に染まる絶景が
ご覧いただけます。

また海の反対側が山で春には植物や花観察、
夏には虫取りができ、
夜は満点の星空がご覧いただけます。

・【楽天販売記念価格】テントフリーサイトプランは→コチラ

◆お買い物◆
お買い物は当キャンプ場よりお車で約10分ほどの距離に
スーパー、コンビニがございます。

またお土産は同じくお車で約5分ほどの距離に
「道の駅マンボウ」があり海産物など
沢山のお土産を販売しております。



◆ゴミ◆
ゴミは場内に3ヶ所大きなゴミ箱を設置しております。
分別をお願いしておりますが
お持ち帰り頂く必要はございません。


◆洗い場◆
キャンプ場中央にある管理棟内に
トイレ・シャワー・ランドリーを設置しております。


◆近くの姉妹施設に温泉◆
お車で約3分のところにある姉妹施設「ホテル季の座」
別途有料で日帰り温泉の入浴も可能です。
センターハウスでチケットを販売しております。

孫太郎オートキャンプまでの道のり(地図)




孫太郎オートキャンプ周辺環境のご確認<ストリートビュー>



毎年利用してますが、今回は楽天価格での、利用させてもらいました。この価格なら、毎月でも利用させてほしいです。 ありがとうございました。  

そのほかのクチコミも見るにはこちら!


「お客さまの声」にご投稿いただいた方に
<<もれなく>>
楽天スーパーポイントをプレゼント♪
20万ポイント「山分け」キャンペーン!
まずはエントリー↑↑


《お電話で簡単にご予約いただけます》
楽天トラベル 予約センター
▲こちらをクリックしていただくと ▲
電話予約の手順のページが表示されます



孫太郎オートキャンプ
住所:〒519-3204
三重県北牟婁郡紀北町東長島浅間
チェックイン:14:00
(最終チェックイン:18:00)
チェックアウト:11:00
駐車場 : 有り 93台 要予約

◆姉妹施設のご紹介◆
【ホテル季の座】


朝ごはんフェスティバル2018
<全国準優勝>
伊勢神宮と世界遺産の観光に
便利な源泉の宿。
自分で選ぶ食材で自分流の旅を
↑詳細はこちらから↑

このページのトップへ