楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

とおの屋 要(よう) 宿泊予約

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索


写真1
時を経た物だけが創り出す事ができる「おおらみ」。200年以上の歳月をかけその「おおらみ」をまとった米蔵。そんな空間の中でゆっくりとお過ごし頂けます。
写真2 写真3
檜風呂にユックリと浸かり、身も心もリラックス。アメニティーは「AVEDA」を採用させて頂いております。   120年の歴史ある南部建築の米蔵を改装。1階をダイニングスペースとして。2階を寛いで頂けるスペースとして、ご用意させて頂いております。
写真4 「時を食して頂く」これが「とおの屋 要」のコンセプトです。
「とおの屋 要」ではお客様をお迎えする空間を、設えから食にいたるまで「時」をひとつのテーマとして考えた宿で御座います。 120年以上もお米を守ってきた南部建築の歴史ある米蔵を「時を食して頂く」場所として設えさせて頂きました。ダイニングテーブルやダイニングチェアは、木工作家「般若芳行」氏にオーダー。ゆっくりとお寛ぎ頂きながら、お食事をして頂けるようデザインも「要」オリジナルに制作して頂きました。 時間だけが創りだせる贅沢をぜひお楽しみ頂ければと思っております。
当館のご宿泊について
写真5
1日1組限定のご宿泊をご提供させて頂いております。 客室は、モダンな雰囲気をを取り入れつつも、日本の風情を感じる客室に設えてあります。 洋室のベットルームには、ドイツで95%のシェアを持つ方式の「ヒュルスタ社」のベッド。壁は「PORTER’S PAINTS」塗料を使用。 和室での布団には、オーダーメイドで制作して頂いた低反発マットにマザーグースの羽毛布団。 店内の照明器具には、Arne Jacobsenや今は亡きFOG&MORUP「Blagard Pendel」。電球傘やクローゼットの取っ手には南部鉄器の職人さんにオーダー。 客室・ベッドルームの床にはギャベ・シェカルーを使用するなど、お客様によりお寛ぎ頂けるよう考え設えさせて頂きました。

このページのトップへ