楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

にごり湯の宿 赤城温泉ホテル 小さな宿

  • クチコミ・お客さまの声(49件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
かえでのお部屋に7ヶ月の赤ちゃんを連れて宿泊しました。宿泊予約時に赤ちゃんがいることを伝えただけで、部屋に赤ち...
2016年11月21日 20:34:53
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

ぐんまの小さな温泉
赤城温泉ホテル
鍾乳石のような堆積物が悠久の歴史を語る
赤城温泉
赤城温泉ホテル
『成し終えて 赤城の山に 果てるとも 湧き出る湯こそ 吾命かな』
  宿の玄関前に、8代目主人の東宮欽一さんが詠んだ歌碑が立っている。「おじさん、また来たよ」、私はここを訪ねるたびに、そう歌碑に向かって声をかける。何を隠そう、ここは私の祖母が生まれた家で、欽一おじは祖母の弟である。母も子どもの頃によく、祖母に連れられて湯治に通ったという。もちろん私も小さい頃から幾度となく訪ね、欽一おじに可愛がってもらった記憶がある。
  この日、出迎えてくれたのは10代目若主人の東宮秀樹さんと、若女将の香織さんだった。秀樹さんと私は、はとこ同士にあたる。以前訪ねた時に、先代の文雄さんと大女将の喜久枝さんも交えて、「東屋家系図」を広げて話し込んだことがあった。
  東屋とは、元禄13(1,700)年に創業した同館の前身「あづまや」のことだ。だから我が一族では、今でも赤城温泉のことを「あづまや」と呼んでいる。昭和54年に改築され、今の屋号に改名された。現在は別館に「あづまや」の名前が残されている。
  相変わらず、この日の湯も濃厚だった。茶褐色のにごり湯が惜しげもなく、かけ流されている。湯の色具合もさることながら、湯縁から洗い場の床にかけて、黄土色の析出物が体積して、さながら鍾乳洞の千枚皿のような紋様を描いている。平成10年に改装した浴室だと聞いているが、たかだか10数年で浴槽が変形してしまっている。でも、これが悠久の時を経て、こんこんと湧き続けている天然温泉の証である。
 『湧き出る湯こそ 吾命かな』
  代々、守り継いできた命の湯が、平成の今日もこうして「あづまや」の湯舟を満たしている。ただただ、ご先祖様に感謝するばかりである。
宿泊プラン一覧をみる
(C)2010 Jun Kogure / Hajime Kuwabara
赤城温泉ホテル
赤城温泉ホテル 赤城温泉ホテル
赤城温泉ホテル
源泉名 赤城温泉 新島の湯
湧出量 25リットル/分(掘削自噴)
泉温 43.1度
泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム―炭酸水素塩温泉
効能 神経痛、関節痛、うちみ、消化器病、冷え性、皮膚病ほか
温泉の
利用形態
加水なし、加温なし、完全放流式
▲ページトップへ
宿泊プランをみる

このページのトップへ