楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

男鹿温泉郷 元湯雄山閣 菅江 真澄 をご存知ですか?

  • クチコミ・お客さまの声(161件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
ボランティアのなまはげ太鼓に感動した!
2016年09月02日 18:06:31
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒010-0687
秋田県男鹿市北浦湯本草木原52
→ TEL:0185-33-3121
→ FAX:0185-33-3122
→ チェックイン:15:00
(最終チェックイン:18:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
JR男鹿線 男鹿駅より路線バス45分 秋田空港からはエアポートライナーが便利 昭和男鹿半島ICからR101で40分
→ 駐車場
有り 30台 無料 先着順
==■ 菅江 真澄 とは ■==    江戸時代後期の紀行家で、日本の民俗学の祖といわれています。生まれは三河(愛知県)国学や本草学を学んだ後、1783年(天明3年)30歳のときに、長野に向けて旅立ちました。その後、新潟・山形・秋田・青森・岩手・宮城・北海道をめぐり、1803年(享和元年)48歳のときに再び秋田に入り、その後、76歳に仙北市で亡くなるまでの28年間を秋田で過ごしました。 特に、男鹿半島には3度訪れ「男鹿の秋風・男鹿の春風・男鹿の涼風・男鹿の島風・男鹿の寒風」の「男鹿五風」と呼ばれる、日記・図絵集を残しました。 小賀野人々の生活・風景・物産・歴史・伝説など、さまざまな事柄を書き残しています。「男鹿のなまはげ」を最初に記録にとどめた人でもあります。 真澄が残した200冊以上の著作のうち、89冊が国の重要文化財・46点が秋田県の文化財に指定されています。 秋田市金足にある「秋田県立博物館」には、真澄の業績を顕彰するため、「菅江真澄資料センター」が設立されています。
==■■ 菅江真澄 図絵集の部屋 ■■== 当館内には、菅江真澄に関する図絵や資料を収集・展示している特設コーナーがあります。 水墨画で模写された200年前の「男鹿半島」今も変わらない風景が、あります。 「あ!さっき見てきた戸賀湾だ。」「明日、真山に行ってみようよ」楽しい会話が弾むひとときです。
==■真澄が歩いた道を辿ってみませんか■== 元湯 雄山閣は、菅江真澄の足跡を、「男鹿の活性化」と「秋田県の観光振興」につなげる日本で唯一の宿です。 当館館主の山本が菅江真澄にゆかりのある土地・観光スポットをご案内いたします。 武内弥五郎伝説・秦の始皇帝の使途「徐福」伝説・水にまつわるコース・木にかかわるコースなど、お客様の興味に合わせて、様々な設定が可能。自然景勝だけではない、男鹿の魅力をご案内・ご説明いたします。気軽に、お問い合わせください。
【日帰り】6,480〜(昼食・入浴・税込み)*真澄講座は要予約*    【宿泊】14,190〜(1泊2食付・税込み)   *10名様以上で集合場所まで、送迎あり

このページのトップへ