楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

マホロバ・マインズ三浦 リゾート観光特集

  • クチコミ・お客さまの声(1214件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
よかった
2016年11月28日 19:08:49
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

源流から湾まで丸ごと残る生態系
絶滅危惧種も2,000種以上生息している、生物多様性の宝庫です。

小網代の森は、面積約70ヘクタールの貴重な緑地です。

この森のなかには、長さ1キロほどの川の源流があり、水が山あいの湿地・河口の干潟などを形成しながら海まで流れています。流域にはアカテガニをはじめ希少種を含む多様な動植物が生息しています。

こうした流域の生態系が残る場所は全国でも極めて珍しく、源流から海までの生態系が自然のまま残されているのは、首都圏では小網代の森だけと言われています。

見事な景観と生物多様性を保つ自然の森として、一般開放の時を迎え、エコツーリズムの観光地(尾瀬にも負けぬ観光資源)として、今、最も注目を浴びています。


大自然の中も遊歩道で楽々

足元に咲く花々)

見事な景観と生物多様性を保つ自然の森として、一般開放の時を迎え、エコツーリズムの観光地(尾瀬にも負けぬ観光資源)として、 今、最も注目を浴びています。

全長約1.6キロ、源流から河口までの散策路を歩きながら、
小網代の森のすばらしさを実感しよう。

30年間の保全活動で豊かな自然を取り戻した小網代の自然の中心を成す「小網代の森」。青々とした森林や湿地を抜けていく散策路、水系を軸にした干潟、そして行き着く先には小網代湾。小網代の森の散策は、お子さまからお年寄りの方にも優しく、無理なく散策を楽しむことができます。 絶滅危惧種を含む、2,000種以上の動植物たち、いくつ見つけられることができるでしょうか。 一般開放を待って、マホロバスタッフも散策してきたので、レポートをお届けします!「小網代の森散策」自信を持っておすすめします!

1. 小網代の森散策 スタート地点

マホロバ・マインズ三浦からバスで約7分。小網代の森散策スタート地点「引橋入口」に到着です!バス停から入口までは普段見る景観と変わりありませんでしたが、スタート地点から森に入り、階段を下りはじめると、そこはもう別世界、空気全体が森の空気に変わり、早くも大自然のお出迎えです! 散策路の脇には源流があり、あちらこちらから鳥のさえずりや小川のせせらぎが聞こえてきました。癒しのひと時です。

足元には小さな草花が生い茂り、マホロバからそう遠くないこの場所に、こんな所があったなんて…。 引橋入口すぐの下り階段は急に見えますが、距離が短いためつらい印象はありませんでした。これならお子様とも一緒に散策できます!


2. 小網代の森散策 やなぎテラス

引橋入口を背に、写真のような木道をてくてくと進んで行きます。やなぎテラスまでの木道が地図で言う「まんなか湿地」。

この辺りは森に囲まれていて、まるでジュラシックパークの世界を歩いているようでした。広々とした湿地は景色もよく、湿地で育つ植物もたくさん見ることができました。涼しくてとても心地よく感じ、気持ちが良かったです。

途中、倒れ木も目立ちました。自然の姿がそのまま残った場所なんだ!と、改めて実感です。 散策の際は十分注意しましょう


3. 小網代の森散策 えのきテラス

やなぎテラスからさらに木道を歩いていると、ここはまるで尾瀬!?と錯覚してしまいます。この湿原帯は、次なる休憩場所、えのきテラスまで続きます。えのきテラスに近づくにつれ、ところどころに大きな木が目立ちます。

1枚目と2枚目の写真に写っている木、これが「えのき」です。えのきは根っこを広く張る性質があり、昔から地盤の弱い土手などの土留めとして植えられていたそうです。川の土手を守りつつ、小さな昆虫たちになくてはならない生植樹にもなるんですね。

えのきテラスでは、腰をおろしてゆっくり休憩できます。 ちょっとここで、お茶休憩です。水分補給をお忘れなく。


4. 小網代の森散策 小網代湾・カニのアパート

えのきテラスで休憩をはさみ、さらに散策路を進んでいくと、海の香りがしてきました。そうです!小網代湾です!山を下りながら眺める内湾の景色も綺麗で、三浦半島に、こんな穏やかな内湾があったことにも驚かされました。

アカテガニは希少種で、日本では本州から南西諸島までに分布し、海岸や川辺に多く生息しているそうです。

えのきテラスからの分かれ道を左に進むと、「カニのアパート」、と呼ばれている場所があります。名前のとおり、多くのアカテガニが生息していて、ほんとうにカニのアパートのようでした。カニの数を数えてみるのも楽しいかも。 全長約1.6km、景色を堪能したり、動植物探しをしながらの散策、時間にして1時間ちょっとでしたでしょうか。 神奈川県内とは思えない大自然の広々とした湿地、開ける森、そしてゴールに見えた小網代湾の景観もとても見事!良い散策ができました。

※マナーを守って楽しく歩きましょう!

小網代の森は、自然保護のため散策路以外の場所へ立ち入ることは禁止されていますのでルールを守って、楽しく歩きましょう。

※小網代の森での主な禁止行為
  • 小網代の森の損傷又は汚損
  • 動植物の採取または殺傷
  • ペットの散歩
  • キャンプをすること
  • 喫煙、たき火その他火気を生じる行為をすること
  • ごみその他の汚物を捨てること
  • 自転車など車両で進入すること
    ※虫さされに注意してください。 ※緑地内では、次のことに気をつけてください。
  • 長袖シャツ、長ズボンなどを着用し、肌の露出を少なくする。
  • 素足でのサンダル履きは避ける。
  • 虫よけ剤などを使用する
平日
11時 08 24 49
12時 07 24 44
13時 01 22 44
14時 01 24 42
15時 08 29 48
土・休日
11時 04 28 48
12時 08 27 48
13時 03 28 42
14時 08 28 48
15時 07 30 48

(2014年12月27日現在)

お帰りのアクセスのご案内

※お帰りは京急バスをご利用ください

小網代の森散策後も… 三浦半島には遊べる場所が盛りだくさん!


このページのトップへ