楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

桜川温泉 ふじやまの湯 宿泊予約

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

地図
施設関連情報

ぐんまの小さな温泉
ふじやまの湯
巨岩風呂から山野草の庭を愛でる
桜川温泉
ふじやまの湯
ラサラと苔むす石をはむ川の流れは、さながら奥入瀬川のよう。こんな清らかな水の流れは、久しく見ていなかったことに気づく。しばし足をとめて、川面に見入っていた。
  人里離れた清流、桜川のほとりに、ぽつんと宿は建っていた。玄関を入ると、初代主人の中村嘉七さんがフロントの番をしていた。少し耳が遠いようだが、まだまだ元気な様子。世間話をしていると、やがて3代目の久さんが顔を出した。
 「この先にはスキー場しかありません。まわりには何もないところですが、みなさん、湯がいいとほめてくれています」
  部屋に通されるなり、さっそく浴衣に着替えて浴室へ向かった。引き戸を開けて驚いた。いきなり目の前に大きな岩がドーンと立っている。“武尊山の焼き石”と呼ばれる溶岩石だ。ゴツゴツとした岩肌のくぼみから、小さな滝のように湯が流れ落ちている。
  PH値9.5のアルカリ性の湯は、ツルツルスベスベ感が強い。ワックスを塗ったように、肌の上を湯の玉が滑り落ちていく。毎分260リットルという湯量豊富な自家源泉を、たった一軒で使い切ってしまうとは、なんと贅沢なことか。
  特筆すべきは、内風呂ながら窓が大きくとってあり、露天を思わせるような造りになっていること。そして湯舟から眺める庭には、花、花、花……。それもクリンソウをはじめ、タイツリソウやイカリソウ、シラネアオイといった珍しい山野草ばかり。これまた、なんとも贅沢な景観である。
 「ここは標高750メートル。水と空気がきれいだから同じ山野草でも花の色が違うと、花好きの人たちが喜んでくれます」
  夕げの席で、2代目女将の中村せんさんが話してくれた。あの一面の花畑は、女将が手塩にかけて育てたものだったのである。夕げの膳にも、山の幸がふんだんに盛られていた。家族だけの素朴なもてなしが、心にしみる宿だ。
宿泊プラン一覧をみる
(C)2010 Jun Kogure / Hajime Kuwabara
ふじやまの湯
ふじやまの湯 ふじやまの湯
ふじやまの湯
源泉名 桜川温泉 富士山の湯
湧出量 260リットル/分(動力揚湯)
泉温 28.9度
泉質 アルカリ性単純温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動まひほか
温泉の
利用形態
加水なし、加温あり、循環ろ過
▲ページトップへ
宿泊プランをみる

このページのトップへ