いま旬の旅

【2020年】美しい青色の絨毯!全国の絶景ネモフィラ畑17選

人気の国営ひたち海浜公園をはじめ、爽やかな青色のネモフィラが見られるスポットは全国にあります。見頃をチェックして、青の絶景が広がるネモフィラ畑を見にでかけませんか?

人気の国営ひたち海浜公園をはじめ、爽やかな青色のネモフィラが見られるスポットは全国にあります。見頃をチェックして、青の絶景が広がるネモフィラ畑を見にでかけませんか?

1.北関東エリア

【茨城県】ひたちなか市

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園
国営ひたち海浜公園

ネモフィラの名所として有名な茨城県の国営ひたち海浜公園。3月下旬~5月中旬頃まで春のフラワーリレーが楽しめ、スイセン、チューリップやネモフィラが次々と開花。4月中旬から5月上旬にかけて約450万本のネモフィラが「みはらしの丘」を青一色に染め上げ、空と海と丘が一体化したかのような絶景パノラマが広がります。ゴールデンウィークのお出かけに人気のスポットで、バスツアーに参加して訪れる人も多くいます。

見頃
4月中旬〜5月上旬
営業時間
時期によって異なります。公式HPなどをご確認ください。
料金
大人450円、中学生以下無料
アクセス
勝田駅からタクシーで約15分
詳細
国営ひたち海浜公園


【群馬県】館林市

東武トレジャーガーデン

東武トレジャーガーデン

「シーズナルガーデン」では、季節に合わせて、青・紫・オレンジ・黄色・ピンクなど色鮮やかな花々が順次咲き、4月~6月にかけてカラフルな絨毯が広がります。ネモフィラが作り出す青い絨毯の見頃は4月初旬〜5月上旬。美しい花の観賞が楽しめるほか、レストランでは園内で栽培されているハーブを使った料理が味わえます。

見頃
4月初旬〜5月上旬
営業時間
4月上旬~6月上旬 9:00~17:00(入園は16:30まで)
料金
大人500円~1,800円、小人200円~800円
※入園料は花の開花状況にあわせ変動
アクセス
茂林寺前駅から徒歩約15分
詳細
東武トレジャーガーデン


【群馬県】太田市

八王子山公園(太田市北部運動公園)

八王子山公園(太田市北部運動公園)

広さ約18ヘクタールの公園で、毎年春には桜、芝桜、ネモフィラ、ポピーや菜の花が咲き競います。西エリアにある約2.2ヘクタールの「憩いの丘」では鮮やかな芝桜が咲き、東エリアの約2.4ヘクタールの「見晴らしの丘」には、ブルーのネモフィラ畑が広がります。春の花々を思う存分に味わえるスポットです。

見頃
4月中旬~5月
営業時間
8:30~17:15 ※イベント開催時は変動あり
料金
入園無料
アクセス
藪塚駅よりタクシーで約15分
北関東自動車道 太田藪塚ICより車で約15分
詳細
八王子山公園(太田市北部運動公園)

2.首都圏エリア

【埼玉県】比企郡滑川町

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園

東京ドーム約65個分の広さを誇る園内には、日本一大きなエアートランポリンの「ぽんぽこマウンテン」やアスレチックコースなど、子供が思う存分に遊べる遊具が揃います。また、写真教室やヨーガなどのイベントも定期的に開催。春になると、公園の西口側にある花畑がネモフィラの爽やかな空色に染まります。

見頃
4月上旬~5月上旬
営業時間
9:30~17:00(11月は16:30まで、12月~2月は16:00まで)
休園日
年末年始(12月31日、1月1日)、1月の第3、第4月曜
料金
大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
森林公園駅からバス、森林公園西口下車
詳細
国営武蔵丘陵森林公園


【東京都】立川市・昭島市

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

東京ドーム約39倍の広さの国営昭和記念公園は、バーベキューガーデン、フットサルコートやドッグランをはじめ、様々な設備が充実。1年を通して様々なアクティビティやイベントが楽しめるスポットです。ネモフィラが眺めることができる場所は、園内のもみじ橋近くの丘です。

見頃
4月下旬~5月
営業時間
9:30~17:00(11月~2月は16:30まで) 
※4月~9月の土日祝日は18:00まで
料金
大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
西立川駅より徒歩約2分(西立川口)
詳細
国営昭和記念公園


【神奈川県】横須賀市

くりはま花の国

横須賀 くりはま花の国

自然の地形を生かした緑豊かな公園。草丈30cm程の鮮やかな青いネモフィラをポピー園内で見ることができます。敷地内では、パークゴルフやアーチェリー場などのアクティビティのほか、収穫したハーブを季節ごとにブレンドした足湯も楽しめます。

見頃
4月上旬~5月中旬
料金
入園無料
アクセス
久里浜駅または京急久里浜駅より徒歩約15分
詳細
くりはま花の国

3.甲信エリア

【山梨県】南都留郡

山中湖 花の都公園

山中湖花の都公園

標高1,000mの湖畔にある花畑。約30万平方メートルに渡って四季の花々が園内を埋め尽くす、富士山と花の競演を見ることができます。3つのエリアのうち、ネモフィラは 「清流の里レイクガーデン」にて開花。水遊具広場や滝の景観スポット、溶岩樹型地下観察体験ゾーンなどのアクティビティもあり1日中楽しめます。4月下旬~5月上旬には、チューリップも見頃です。

見頃
5月上旬~6月中旬
営業時間
[4月16日~10月15日] 8:30~17:30
[10月16日~4月15日] 9:00~16:30
休園日
12月1日~3月15日の毎週火曜(年末年始を除く)
料金
[4月16日~10月15日] 大人500円、小中学生200円
[10月16日~4月15日] 大人300円、小中学生120円
※12月1日~3月15日の営業日は無料
アクセス
【電車・バス】富士急行線「富士山」駅より周遊バス「ふじっ湖号」で約30分
【車】富士十五湖道路「山中湖」ICより約5分
詳細
山中湖 花の都公園

4.東海エリア

【静岡県】浜松市

浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパーク

西側エリア、街のエリア、里のエリアの3つのゾーンで構成されている都市公園。国際庭園や花の美術館、こども広場や展望塔など様々な施設が揃い、小さなお子さまからお年寄りまで気軽に楽しめるスポットです。3月中旬~6月上旬まで「浜名湖花フェスタ」が開催され、会場のひとつである浜名湖ガーデンパークの花ひろばでは、4月中旬から下旬にかけて約30万株のネモフィラが青い絨毯を作り出します。展望塔からも、一面に青く染まった花畑を眺めることができます。

見頃
4月中旬~下旬
営業時間
8:30〜17:00、夏期(7月・8月)8:30〜18:00
※展望塔は9:00~16:30(6月~8月は17:00まで)
休園日:年末年始(12月29日〜1月3日)
料金
入園無料
[展望塔]一般・高校生300円、小・中学生100円、70歳以上200円
[遊覧船ガーデンクルーズ]大人:片道600円、子供:片道300円
アクセス
弁天島駅よりタクシーで約10分
詳細
浜名湖ガーデンパーク


【岐阜県】可児市

花フェスタ記念公園

花フェスタ記念公園
花フェスタ記念公園

一年を通じて花と緑を楽しめる、花フェスタ記念公園。ナゴヤドームおよそ17個分、約80.7ヘクタールの敷地に約7,000品種30,000株の世界有数の規模を誇るバラ園や、大温室、花のミュージアムなどが点在します。バラだけでなく、季節ごとに咲く花々もバラエティ豊か。4月は、桜やコブシ、ネモフィラ、スイセン、ハナモモなどが見頃を迎えます。

見頃
4月中旬~下旬
営業時間
9:00〜17:00(入園は閉園30分前まで)※冬季は9:30〜16:30
休園日
毎週火曜(休日の場合はその翌平日)、12/29~1/3
※春秋のバラまつり期間中は無休
料金
大人530円、高校生以下無料
※春秋のバラまつり期間中は大人1,050円
アクセス
可児駅、または新可児駅より、バス・タクシーで約10分
詳細
花フェスタ記念公園

5.近畿エリア

【大阪府】此花区

大阪まいしま シーサイドパーク

大阪まいしま シーサイドパーク

2019年4月誕生!大阪舞洲ゆり園が「大阪まいしまシーサイドパーク」に生まれ変わりました。大阪湾を望むロケーションに約100万株のネモフィラが整備され「ネモフィラ祭り」を開催。すぐ近くにある、陶芸館での「電動ろくろ体験」や、グランピンク施設での全長約257mの「ローラージップ」、日帰り温泉施設の「入浴」などが利用できる、お得なセット券販売があるのも魅力です。

見頃(ネモフィラ祭り)
2020年4月7日~5月10日
営業時間
[平日]9:00~17:00(最終入園16:30)
[土日祝]9:00~18:30(最終入園18:00)
※4/29~5/6は、9:00~18:30(最終入園18:00)まで開園
※5/10は、17:00閉園(最終入園 16:30)
休園日
ネモフィラ祭り期間中は無休
料金
大人(中学生以上)1,000円、4歳~小学生500円
アクセス
桜島駅より舞洲アクティブバス乗車、ホテル・ロッジ舞洲前 下車すぐ
詳細
大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」


【兵庫県】淡路市

淡路島 国営明石海峡公園

国営明石海峡公園
国営明石海峡公園
国営明石海峡公園

広い園内を活かし、海と空をとりいれた花風景が広がる公園。ネモフィラは4月中旬から咲き始め、5月中旬頃まで楽しめます。花や自然を満喫できるほか、ファミリーが楽しめる「子どもの森」や「夢っこランド」もあり、家族でのお出かけにおすすめです。

見頃
4月下旬~5月中旬
営業時間
9:30~17:00(7月~8月は18:00まで、11月~3月は16:00まで)
休園日
年末年始(12月31日、1月1日)、2月の第2月曜~金曜
料金
大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
舞子駅下車、高速舞子バス停よりバスで夢舞台前下車、東浦口ゲートまで徒歩約3分
詳細
淡路島 国営明石海峡公園

6.山陽エリア

【広島県】庄原市

国営備北丘陵公園

国営備北丘陵公園

子供が思いっきり遊べる大芝生広場や、オートキャンプ場などがあり、自然を満喫できるスポットです。「みのりの里」にあるピクニック広場に、ブルーのネモフィラが5月頃、咲き誇ります。

見頃
4月中旬〜5月中旬
営業時間
9:30~17:00(7月8月は18:00まで、11月~2月は16:30まで)
※入園は閉園の1時間前まで
休園日
毎週月曜(月曜が祝日の場合は火曜休)、年末年始(12月31日~1月1日)
料金
大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
七塚駅より徒歩約20分
詳細
国営備北丘陵公園


【広島県】世羅郡

Flower village 花夢の里

Flower village 花夢の里

可憐なブルーのネモフィラ畑と、鮮やかなピンクの芝桜、菜の花のイエローの色彩豊かな絶景を同時期に楽しめる西日本最大級の春の花観賞スポット。大小4か所に展望コーナーが設けられ、存分に美しい景色が堪能できます。また、エントランスやショップ・フードコート、トイレ、授乳室が新しく生まれ変わり、メインの遊歩道も歩きやすいコンクリ舗装に整備。小さなお子様連れの観光にも安心です。

見頃
4月25日頃〜5月17日頃
※芝桜の見頃は4月20日頃〜GW終盤頃まで
※菜の花の見頃は4月15日頃〜4月末頃まで
営業時間
2020年4月4日〜5月17日 9:00〜17:00
料金
大人800円、4歳〜小学生400円
アクセス
中国自動車道、三次ICより車で約25分
詳細
世羅高原農場「Flower village 花夢の里」

7.四国エリア

【香川県】仲多度郡まんのう町

国営讃岐まんのう公園

国営讃岐まんのう公園
国営讃岐まんのう公園

四国最大級の花畑を備えた美しい公園。年間を通して様々な花を堪能でき、4月下旬から5月上旬にかけて「青竜の谷」や「花竜の道」でネモフィラが咲き誇ります。子供が遊べる遊具やバーベキュー場、レンタサイクルもあるので、ファミリーのお出かけにぴったりです。

見頃
4月下旬~5月上旬
営業時間
9:30~17:00(7月20日~8月は18:00まで、11月~2月は16:30まで)
休園日
毎週火曜(祝日の場合は開園、翌水曜に休園/ 水曜が祝日の場合は、前日の火曜は開園)、12月29日~31日、1月の第4水曜~金曜
※以下期間は無休
3月20日~5月31日、7月20日~8月31日、9月11日~10月31日
料金
大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
琴平駅よりタクシーで約15分
詳細
国営讃岐まんのう公園

8.九州エリア

【福岡県】福岡市

国営海の中道海浜公園

国営海の中道海浜公園

約300ヘクタールの敷地内に、遊園地、プール、動物の森やドッグランなどあらゆる遊び場がつまっています。3月下旬からゴールデンウィークまで開催される「海の中道フラワーピクニック」期間中は、花の見頃にあわせて様々なイベントが催され、春の行楽を満喫できます。約1.5万平方メートルの大芝生広場でネモフィラの花畑を観賞できます。

見頃
4月上旬~下旬
営業時間
9:30~17:30(11月~2月は17:00まで)
※最終入園は閉園の1時間前まで
休園日
年末年始(12月29日~31日)、2月の第1月曜とその翌日
料金
大人(15歳以上)450円、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス
西戸崎駅から徒歩約10分(西口)
詳細
国営 海の中道海浜公園


【大分県】竹田市

くじゅう花公園

くじゅう花公園
くじゅう花公園

久住高原の丘に広がる約20万平方メートルの公園。森のエリアや花畑エリア、野草のエリアなどに分かれており、様々な自然の景色が楽しめます。春から秋にかけて約500種、500万本の花々が咲き誇り、4月下旬から5月下旬にかけて爽やかなブルーのネモフィラが丘一面を埋め尽くします。春は「チューリップフェスティバル」「春の七色花祭り」など、イベントも開催。

見頃
4月下旬~5月下旬
営業時間
8:30~17:30(最終受付は17:00)
※冬期休園あり(12月1日~2月末)
料金
大人(高校生以上)1,300円、小人(5歳以上)500円
アクセス
九重ICから車で約50分
詳細
くじゅう花公園


【大分県】中津市

青の洞門

青の洞門
青の洞門

紅葉の名所として知られる、耶馬渓(やばけい)。岩がそびえる競秀峰の裾野に、禅海和尚が石工たちとともに30年の歳月をかけて完成させた「青の洞門」があります。青にちなみ、平成24年から周辺にネモフィラを植栽。毎年、4月中旬より5月のゴールデンウィークにかけて見頃をむかえ、競秀峰沿い(青の洞門対岸)一面が美しい青色に彩られます。

見頃
4月中旬~5月上旬
料金
無料
アクセス
中津駅からバスで約30分、青の洞門 下車すぐ

※掲載画像は過去の開花時のものです。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ