いま旬の旅

北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も

紅葉の名所が点在する北海道。日本一早く紅葉が見られる「旭岳」や「赤岳」をはじめ、北海道ならではの豊かな自然とのコラボレーションを楽しめるスポットが満載です。
観光を兼ねて散策したり、幻想的なライトアップに癒されたり、ここでしか見られない壮大な景色を満喫しましょう。

1.北海道の定番紅葉スポット

上川郡

旭岳(あさひだけ)

旭岳の紅葉

大雪山国立公園の北側に位置する旭岳は、標高約2,291mの北海道で最も高い山。日本一早い紅葉が見られる場所として知られており、8月下旬頃から色づき始め、ピークとなる9月中旬頃には山頂から麓まで黄色や赤、オレンジなど鮮やかに色づきます。

標高約1,100mの山麓駅から標高約1,600mの姿見駅まで続く旭岳ロープウェイに乗り、眼下に広がる大パノラマを眺めるのがおすすめ。散策路からの眺めや夫婦池と紅葉のコラボレーションも美しく、澄んだ空気の中ゆったりと紅葉を満喫できます。

例年の見頃
9月中旬~下旬
所在地
北海道上川郡東川町
アクセス
【電車・バス】JR旭川駅よりバス乗車、「旭岳」停下車
【車】道央自動車道「旭川鷹栖IC」より約90分
詳細
「大雪山 旭岳ロープウェー」公式サイト

夕張市

滝の上公園「千鳥ヶ滝(ちどりがたき)」

滝の上公園「千鳥ヶ滝(ちどりがたき)」

夕張市の南端に位置する「滝の上公園」は、長い年月をかけて夕張川が浸食し作り出した自然の造形美を楽しめる公園。大小無数の滝と奇岩が広がる「千鳥ヶ滝」は園内一の絶景スポットで、朱色のアーチが特徴的な千鳥橋から眺める景色は圧巻です。

例年10月上旬頃からモミジやカエデが色づき始め、見頃の10月中旬頃には、燃えるような紅葉が辺り一帯を彩り、訪れる人々を魅了します。

例年の見頃
10月中旬
所在地
北海道夕張市滝ノ上5
アクセス
【電車】JR滝ノ上駅より徒歩約7分
【車】道東自動車道「夕張IC」より約8分

札幌市

定山渓(じょうざんけい)温泉

定山渓温泉

国立公園に指定され、手つかずの豊かな自然に囲まれている定山渓温泉。全国でも有数の紅葉の名所で、温泉街を歩きながら紅葉を楽しめます。

特に、温泉街中央に位置する定山渓大橋からの景色は要チェック。一面が赤や黄色に色づいた大渓谷にホテルが点在するという、ここでしか見られない風景が広がります。また、二見公園のライトアップイベント「JOZANKEI NATURE LUMINARIE(定山渓ネイチャールミナリエ)」や、二見吊橋から望む渓谷の紅葉も必見です。

例年の見頃
10月上旬~10月中旬
所在地
北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目
イベント
[JOZANKEI NATURE LUMINARIE]2020年7月10日(金)~10月20日(火)
アクセス
【電車・バス】JR「札幌」駅または札幌市営地下鉄「真駒内」駅からバス乗車、「湯の町」停下車徒歩すぐ
【車】道央自動車道「北広島IC」より約50分

上川郡

美瑛町(びえいちょう)

美瑛

「日本で最も美しい村」連合のひとつであり、さまざまなドラマやCMのロケ地として知られる美瑛。青い池に黄金色の紅葉が幻想的に映り込む「青い池と白金温泉地区」や、「ケンとメリーの木」が立つ「美瑛の丘」、美瑛の風景や雪山連峰を望む「北西の丘展望台」など、多数の紅葉スポットがあります。

ドライブしながらスポットを巡るのはもちろん、心地いい秋の風を感じながらサイクリングを楽しむのもおすすめです。

例年の見頃
10月上旬~下旬
所在地
北海道上川郡美瑛町
アクセス
【電車・車】青い池:JR富良野線「美瑛駅」より車で約20分、美瑛の丘:JR富良野線「美瑛駅」より車で約5分、北西の丘展望台:JR富良野線「美瑛駅」より車で約7分

斜里郡

知床五湖(しれとこごこ)

知床五湖

知床八景のひとつ「知床五湖」は、手つかずの自然が残る原生林に囲まれた湖。年間を通して多くの観光客が訪れ、高架木道と呼ばれる散策路から雄大な景色を一望できます。

紅葉の見頃は10月中旬頃。ナナカマドの赤、キハダの黄色、針葉樹の緑のコントラストが美しく知床連山を彩ります。また、湖に映る紅葉も絶景で、カメラを片手に訪れる人も多いそう。写真撮影を楽しむなら午後がおすすめです。

例年の見頃
10月上旬~10月中旬
所在地
北海道斜里郡斜里町遠音別村
アクセス
【電車・バス】JR「知床斜里」駅よりバス乗車、「知床五湖」停下車
またはJR「知床斜里」駅より車で約75分

釧路市

阿寒湖(あかんこ)

阿寒湖

周囲約30kmを原生林に囲まれたカルデラ湖で、国の天然記念物のマリモが生息する「阿寒湖」。湖畔には阿寒湖温泉やアイヌコタンがあり、数々のアイヌ伝説が残る場所としても知られています。

9月下旬から10月上旬にかけて、雄阿寒岳のヤマモミジやナナカマドが黄色や赤、オレンジなどに染まり、鮮やかな美しい景色を生み出します。阿寒川の源流となる滝とのコラボレーションも見事です。

例年の見頃
9月下旬~10月上旬
所在地
北海道釧路市
アクセス
【電車】JR「釧路駅」よりバスで約2時間
【車】釧路空港より約60分

岩内郡

神仙沼(しんせんぬま)

神仙沼

海抜約750mの高原に位置する「神仙沼」。初心者向けのトレッキングコースが整備されており、ゆったりと散策しながら紅葉を満喫できます。

沼を囲むように群生する原生林が、赤や黄色、緑に色づき、湖面に映し出される神秘的な光景は必見。黄金色に染まった高原植物が、まるで絨毯のように左右に広がる遊歩道をのんびり散策しながら向かいましょう。

例年の見頃
9月下旬〜10月上旬
所在地
北海道岩内郡共和町前田
アクセス
【電車・バス】JR「ニセコ」駅よりバス乗車、「神仙沼レストハウス」下車徒歩約20分(日祝のみ)

2.知る人ぞ知る穴場の紅葉スポット

札幌市

北海道大学

北海道大学

地下鉄南北線北12条駅から徒歩約4分の距離にある「北海道大学」は、大きなイチョウ並木の紅葉が見られるスポット。構内の北13条通りの両側、東西約380mにかけて約70本のイチョウの木が立ち並び、例年10月下旬から11月上旬にかけて黄金色に染まります。

一般開放日には黄金色の絨毯が広がる車道が開放され、イチョウのトンネルを歩きながらのんびり紅葉を眺められます。また、構内には約80mのポプラ並木もあり、黄金に色づいた木々見ながら並木道を散策するのもおすすめです。

例年の見頃
10月下旬〜11月上旬
所在地
北海道札幌市北区北8条西5丁目
アクセス
【電車】地下鉄南北線「北12条」駅より徒歩約4分、またはJR「札幌」駅北口より徒歩約7分

上川郡

赤岳 銀泉台(あかだけ ぎんせんだい)

赤岳銀泉台

旭岳同様、日本一早く紅葉が見られる場所として人気の「大雪山」。9月上旬頃から広葉樹が赤や黄色に色づき、針葉樹の緑との鮮やかなコントラストが山全体に広がります。

特に、標高約1,500mの赤岳登山口にある銀泉台からの景色が見事で、見頃の時期になると多くの観光客や登山家で賑わいます。訪れる際は、動きやすい、山登りに適した服装で向かいましょう。

例年の見頃
9月上旬~9月下旬
所在地
北海道上川郡上川町層雲峡赤岳銀泉台
アクセス
【電車・バス】JR「上川」駅よりバス乗車、「層雲峡」停下車。「層雲峡」停よりさらにバスで約60分
【車】旭川紋別自動車道「上川層雲峡IC」より約90分

帯広市

岩内仙峡(いわないせんきょう)

岩内仙峡(いわないせんきょう)

春は桜やツツジ、夏は新緑、秋は紅葉と四季折々の景色を楽しめる「岩内仙峡」は、1972(昭和47)年、国民休養地に指定された帯広の景勝地。特に秋の紅葉は見事で、例年10月上旬頃から渓谷の至る所で色づきはじめます。

また、見頃の時期には「岩内仙峡もみじまつり」を開催。ステージショーや特産物販売、地元グルメを堪能できる出店が立ち並び、多くの人が訪れます。

例年の見頃
10月中旬
イベント
※2020年度は開催中止
[岩内仙峡もみじまつり]2019年10月13日(日)
所在地
北海道帯広市岩内町西1線49
アクセス
【電車】JR「帯広」駅より車で約50分
【車】帯広空港より約30分

河東郡

福原山荘

福原山荘

約85,000平方メートルの広大な敷地が広がる「福原山荘」は、「スーパー・フクハラ」の創業者・福原治平氏が所有する私有地。毎年9月中旬から10月中旬にかけて期間限定の特別開放が行われ、誰でも紅葉を楽しむことができます。

敷地内には約1,000本のモミジの木が植えられており、赤い絨毯が広がるかのように一斉に色づきます。晴れた日に見られる、青い空とのコントラストは圧巻。

例年の見頃
9月中旬~10月中旬
所在地
北海道河東郡鹿追町北瓜幕
営業時間
[特別公開]2020年9月19日(土)~10月18日(日)9:00~16:00
アクセス
【車】帯広空港より約1時間20分

3.北海道のライトアップがある紅葉スポット

登別市

登別地獄谷(のぼりべつじごくだに)

登別(地獄谷)

温泉の源泉地帯である「地獄谷」周辺は、多くの噴出口や噴気孔から湯気や高温の温泉が沸き上がる、荒々しい雰囲気の景勝地。紅葉の季節には、周辺のナナカマドやヤマウルシ、ダケカンバが深紅に色づき、周囲を真っ赤に染め上げます。

日没から21:30までは、遊歩道沿いのフットライトが点灯する「鬼火の路 幻想と神秘の谷」を実施。昼間とは違う幻想的な雰囲気に包まれます。

例年の見頃
10月中旬~10月下旬
所在地
北海道登別市登別温泉町無番地
ライトアップ
日没~21:30
アクセス
【電車】JR「登別」駅よりバス乗車、「登別温泉」停下車徒歩約10分
【車】道央自動車道「登別東IC」より約10分


函館市

見晴公園 香雪園(こうせつえん)

香雪園(見晴公園内)

約43,000坪の敷地を持つ見晴公園内にある「香雪園」は、道内唯一の国指定文化財庭園。市内有数の豪商であった岩船家の別荘として増設された庭園です。

園内には約150種類の樹木が植えられており、秋になるとモミジやドウダンツツジが赤や黄色に色づき、辺り一面鮮やかな光景に。中でも、約100m続くカエデ並木は人気の散策路です。

見頃の時期には「はこだてMOMI-Gフェスタ」が開催され、手工芸品の展示や無料のミニライブが行われるほか、幻想的なライトアップも楽しめます。

例年の見頃
10月下旬~11月上旬
所在地
北海道函館市見晴町56
イベント
[はこだてMOMI-Gフェスタ]2020年10月17日(土)~11月8日(日)
ライトアップ
16:00~21:00
アクセス
【電車】JR「函館」駅よりバス乗車、「香雪園」停下車徒歩約1分

亀田郡

大沼国定公園(おおぬまこくていこうえん)

大沼国定公園

大沼・小沼・じゅんさい沼など大小の湖沼を持つ「大沼国定公園」。園内には複数の散策路があり、さまざまな場所で紅葉を見られるのが魅力です。

中でも人気なのが、名峰・駒ケ岳を背景に湖面に紅葉が映り込む水鏡。絵に描いたような美しさで訪れる人を魅了します。観光遊覧船に乗って湖の上から紅葉を眺め、名曲『千の風になって』のモニュメントと紅葉のコラボレーションを楽しむのもおすすめです。

例年の見頃
10月中旬~10月下旬
所在地
北海道亀田郡七飯町字大沼町1023−1
イベント
[大沼ハロウィンナイト]2020年10月17日(土)~18日(日)
ライトアップ
18:00~20:00
アクセス
【電車】JR「大沼公園」駅より徒歩約5分
【車】道央自動車道「大沼公園IC」より約20分

上川町

層雲峡 紅葉谷

層雲峡

山岳公園「大雪山国立公園」の玄関口にある「層雲峡温泉」。その層雲峡温泉街の渓谷沿いにある、約760mの散策路「紅葉谷」では鮮やかな紅葉はもちろん、大自然の動植物も観察できるスポットです。

2020年は紅葉谷で「奇跡のイルミネート」が開催されます。大雪山国立公園内初の紅葉のライトアップイベントで、夜の美しい紅葉を堪能できます。今年は、人の動きに連動して紅葉が散っていくように見える、インタラクティブプログラムも登場。温泉街から片道約30分の散策で紅葉滝に到着できるので、山歩き初心者にもおすすめです。

例年の見頃
9月上旬~10月上旬
所在地
上川町層雲峡
イベント
[奇跡のイルミネートⅢ]2020年9月12日(土)~10月11日(日)
ライトアップ
18:00~21:00
アクセス
【電車】JR「上川」駅よりバス乗車、「層雲峡」停下車徒歩約30分
【車】旭川紋別自動車道「上川層雲峡IC」より約40分

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館、イベントの中止、サービス内容を変更することがあります。

4.北海道の紅葉スポットMAP

※紹介している紅葉の画像は過去のものです。

トップヘ