いま旬の旅

東京の桜名所20選!お花見・夜桜ライトアップ情報2020

東京の桜、2020年3月22日に満開発表!

2020年3月22日に気象庁より東京の桜が満開になったと発表されました!平年より12日早く、昨年より5日早い満開となったとのこと。今年は夜桜ライトアップや桜祭りが中止になるスポットもありますので、ぜひ写真でお楽しみください!

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で桜まつりやライトアップ等のイベントは、開催中止または変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。


1.ライトアップがある夜桜名所

東京都目黒区

目黒川

目黒川の桜
目黒川の桜 ライトアップ

約4kmにわたり川の両岸に桜並木が広がる人気スポット。約800本の桜は大部分がソメイヨシノで3月下旬から4月上旬が見頃です。目黒川沿いにはおしゃれなカフェやショップも多く、お花見とともにショッピングを楽しむことも。夜にはぼんぼりの灯りが川面に揺れてさらに幻想的な世界が広がります。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬
中目黒桜まつり・夜桜ライトアップ
2020年度の「中目黒桜まつり」は開催中止、ぼんぼり提灯のライトアップも中止となります。

東京都文京区

六義園

六義園の桜
六義園の桜 ライトアップ

六義園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約15m、幅約20mにもおよび、薄紅色の花が流れ落ち滝のように咲き誇る姿は圧巻。ソメイヨシノよりも少し早い見頃の時季になると、期間限定でライトアップが実施されます。花びらが夜空に浮かび上がる、昼間とは違った美しい光景も必見です。

例年の見頃
3月中旬~4月中旬
しだれ桜と大名庭園のライトアップ
2020年度の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」は開催中止となります。
入園料
一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下・都内在住在学の中学生は無料

東京都千代田区

千鳥ヶ淵公園

千鳥ヶ淵公園の桜
千鳥ヶ淵公園の桜 ライトアップ

都内でも有数の桜の名所。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれる場所に位置し、ソメイヨシノやオオヤマザクラなど約260本の桜が花開きます。毎年さくらまつり期間中は、千鳥ヶ淵緑道の桜が幻想的にライトアップされるとともに、ボート場の夜間営業も行われます。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬
千代田のさくらまつり
2020年度の「千代田のさくらまつり」は開催中止、ライトアップも中止となります。「区営千鳥ヶ淵ボート場」は当面の間、営業見合わせとなります。

東京都台東区

上野恩賜公園

上野恩賜公園の桜
上野恩賜公園の桜 ライトアップ

江戸時代からお花見のメッカとして知られ、東京を代表する桜の名所。上野恩賜公園内ではソメイヨシノを中心に約800本、上野動物園まで含めると約1,200本もの桜が咲き誇ります。夜になるとぼんぼりの明かりに照らされ、昔ながらの夜桜見物も人気のスポットです。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬
うえの桜まつり
2020年度の「うえの桜まつり」は開催中止となります。

東京都墨田区

隅田川(隅田公園)

隅田川の桜
隅田川の桜 ライトアップ

台東区と墨田区をまたぎ隅田川の両岸に広がる隅田公園。桜の帯が約1kmにわたって川面をにぎやかに彩る。東京スカイツリー®とのコラボレーションや、隅田川の屋形船に乗って両岸の桜並木を眺める風流な花見も楽しめます。夜には園内の桜がライトアップされ、幻想的な光景に。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬
隅田公園桜まつり
2020年3月15日~4月5日

東京都武蔵野市

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園の桜
井の頭恩賜公園の桜 ライトアップ

井の頭池を中心に公園全体で約500本の桜が咲き誇り、満開時期はうっとりするほどの美しさ。池の周囲には約250本のソメイヨシノとヤマザクラがあり、ボートに乗って舞い散る花びらを眺めることもできます。七井橋の上から眺める満開の桜、水面に散る花吹雪は見事です。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

東京都港区

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンの桜
東京ミッドタウンの桜 ライトアップ

東京ミッドタウンのガーデンテラス前の約200mのさくら通りには、旧防衛庁時代からこの地に根を張っていた見事な枝ぶりの桜の木が並び、春には桜のトンネルとなります。見頃の時期に合わせ例年趣向を凝らしたイベントも開催。夜桜ライトアップも見事です。

例年の見頃
3月下旬~4月中旬
MIDTOWN BLOSSOM 2020
2020年度の「MIDTOWN BLOSSOM 2020」は開催中止となります。

東京都港区

アークヒルズ

アークヒルズの桜
アークヒルズの桜 ライトアップ

アークヒルズの外周沿いの桜坂とスペイン坂には、約150本のソメイヨシノの古木が並んでいます。春には全長約700mにも及ぶ桜のトンネルとなり、開花にあわせてライトアップも行われます。夜桜の幻想的な光景は圧巻。サウスタワーとアークヒルズを結ぶブリッジは桜並木を見下ろせる隠れたお花見スポットです。

例年の見頃
3月下旬~4月中旬
アークヒルズ さくらまつり 2020
2020年度の「アークヒルズ さくらまつり 2020」は開催中止となります。

東京都新宿区

新宿御苑

新宿御苑の桜

新宿の高層ビル群が春霞の空の向こうにそびえる大都会の中のオアシス。園内には約65種類ものさまざまな桜があり、2月下旬から咲く河津桜を皮切りに約2ヶ月間、お花見が楽しめます。八重桜が見頃を迎える4月中旬頃からは約10日間ライトアップを実施。昼間とは違う幻想的な光景を見に訪れてみては。

例年の見頃
2月中旬~4月下旬
営業時間
9:00~18:00(最終入園17:30)※春の開館時間延長(3月25日~4月24日)
入園料
一般500円、65歳以上250円、学生(高校生以上)250円 ※窓口で証明書の提示が必要です。


2.日本庭園との共演が美しい桜の名所

東京都文京区

小石川後楽園

小石川後楽園の桜

江戸時代初期に造られた、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている庭園。樹齢60年以上のシダレザクラをはじめ、庭園の中心にある池の周りを彩る様々な種類の桜を楽しめます。中でも、黄色の花を咲かせるウコンザクラは都内で見ることが珍しく一見の価値あり。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬
営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)
入園料
一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下・都内在住の中学生は無料

東京都港区

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園の桜

江戸時代に創設され、潮入の池と二つの鴨場をもつ大名庭園。園内には、ソメイヨシノ、ヤエザクラなどの定番の桜からギョイコウやウコンなど珍しい品種のものまで約100本の桜が植えられています。品種によって開花時期が異なるので長い期間、お花見を楽しめるのがうれしいポイントです。

例年の見頃
3月下旬~4月下旬
営業時間
9:00~18:00(最終入園17:30)※春の開館時間延長(3月20日~4月5日)
入園料
一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下・都内在住の中学生は無料


3.厳かな光景!神社・お寺の桜の名所

東京都千代田区

靖國神社

靖國神社の桜

靖国神社の境内には約500本の桜が咲き誇り、桜の季節には多くの参拝者が訪れます。見頃時期にはさくらまつり、奉納大相撲、奉納夜桜能などのイベントも開催。毎年気象庁が発表する、東京の開花宣言の基準となる標本木があることでも有名です。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

東京都大田区

池上本門寺

池上本門寺の桜

日蓮上人入滅の地に創建された日蓮宗の大本山。国の重要文化財に指定されている関東最古の五重塔があることでも知られるお寺で、春は約400本の桜が参道の両脇を中心に美しく咲き誇ります。五重塔と桜の風景を一緒に眺められる、隣接の大田区立池上会館の展望台は一押しの眺望スポットです。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬


4.子供と行きたい!桜の名所

東京都渋谷区

代々木公園

代々木公園の桜

23区内の都立公園の中で5番目に広く、東京ドーム11個分の広さを誇る「代々木公園」。ソメイヨシノやオオヤマザクラなど約700本の桜があり、早咲きものだと2月頃からお花見を楽しめます。園内の一番の見どころは、渋谷門と南門の間に位置する「桜の園」。見頃の時期には屋台が並ぶので、お祭りムードでお花見を楽しむことも。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

東京都世田谷区

砧公園

砧公園の桜

広大な広場に芝生が敷きつめられた、家族や仲間と楽しめる「砧公園」。広場にはソメイヨシノやヤマザクラなど約930本もの桜が植えられています。幹まわり3mを超える桜が多く、伸びた枝を目の前の高さで見ることができるのが魅力。レジャーシートを持って、のんびりピクニックをしながらお花見はいかが。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

東京都立川市

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園の桜

東京ドームの約40倍の広さを誇る国営公園。広大な園内には約1,500本、約30品種の桜があり、見どころも多数。樹齢40~50年のソメイヨシノを中心にゆったりとお花見が楽しめる「桜の園」や、残堀川のさくら橋近くにある「旧桜の園」は見逃せません。

例年の見頃
3月下旬~4月中旬
フラワーフェスティバル2020
2020年3月20日~5月31日
営業時間
9:30~17:00(3月~10月)※4月~9月の土日祝は18:00まで
入園料
大人450円、中学生以下は無料

東京都小金井市

小金井公園

小金井公園の桜

広大な園内には、ヤマザクラをはじめ、ソメイヨシノ、カスミザクラなど約50種、約1,700本もの桜が植えられています。なかでも桜の園では3月下旬から4月下旬まで、長い間桜を楽しめるのもうれしいポイント。隣接する玉川上水にも見事な桜並木があり、ちょっと足を延ばしてみるのもおすすめ。

例年の見頃
3月下旬~4月下旬
小金井桜まつり
2020年度の「小金井桜まつり」は開催中止となります。


5.知る人ぞ知る!穴場の桜の名所

東京都港区

芝公園

芝公園の桜

日本で最も古い公園で園内には約140本の桜があります。都会の夜を彩る東京タワーと夜桜を観賞でき、仕事帰りのサラリーマンが多く訪れる人気のお花見スポット。桜と東京タワーの美しいコラボレーションは必見。ドーナツ型の公園で、絶景スポットは丸山古墳付近です。

例年の見頃
3月下旬~4月中旬

東京都千代田区

日比谷公園

日比谷公園の桜

日本初の洋風近代式公園で、花壇には一年を通して彩り豊かな花が咲きます。桜の本数は約40本と多くありませんが、雲形池と鶴の噴水付近に桜が開花する様子は見事です。ほかにも、かもめの広場からの風景が人気で、どちらのベンチからでものんびりとお花見ができます。

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

東京都足立区

舎人公園

舎人公園の桜

大規模スポーツ施設、大小様々な広場、池などが整備された広大な敷地に、約1,000本もの桜が植えられています。園内にある、レーガン元大統領夫人が来日した際に植樹した「レーガン桜」も見どころのひとつ。苗木の元ととなる桜は明治45年に日本から贈られたものと言われています。

例年の見頃
3月中旬~4月上旬

6.東京の桜の名所MAP



トップヘ