旅のランキング

現地スタッフ厳選!山形県のおすすめ観光スポットBEST20

山形県担当現地スタッフおすすめの山形を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている山形の穴場観光地も!

山形県担当現地スタッフおすすめの山形を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている山形の穴場観光地も!

雄大な自然に恵まれた山形へ!

東北最大級のリゾートエリアとして発展してきた「蔵王」をはじめ、最上川、日本海と雄大な自然に恵まれた山形県。そんな自然を生かしながら歴史が育まれてきました。松尾芭蕉の足跡が残るスポットも有名です。今回はそれらの観光スポットの中から、現地スタッフがおすすめする定番スポットから穴場まで、山形県旅行で訪れるべき観光名所をご紹介!

初めての人に訪れて欲しい山形のおすすめ定番スポット

山形市

山寺

山寺

正しくは「宝珠山立石寺」という天台宗の山。ブナ材の建築物では日本最古といわれる国指定重要文化財の根本中堂をはじめ、奥の院に続く約1,000段の石段に沿って様々なお堂が配置されています。「納経堂」は切り立つ岩の上に建つ山寺最古の建物です。松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだのもこの地で、その句碑が立てられています。

【現地スタッフおすすめコメント】

紅葉時期は特に絶景を楽しめます

営業時間
8:00~17:00 無休
料金
一般300円、中学生200円、小学生・幼児(4歳以上)100円
アクセス
【電車】JR仙山線「山寺駅」より徒歩約7分
【車】山形自動車道「山形北IC」より車で約15分

山形市

蔵王温泉

蔵王温泉

開湯は1900年前、日本武尊の頃まで遡る古湯です。江戸時代には「蔵王権現」への登山口として賑わい、昭和に入っては東北地方最大規模となるスキー場がオープン。総合リゾートとして四季を問わず人気を博しています。温泉街には3か所の共同浴場、3つの足湯、5か所の日帰り温泉施設があり、特色あるお風呂を堪能する湯めぐりが楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

冬の樹氷は有名で、幻想的な風景に出会えます

アクセス
【電車】JR奥羽本線・山形新幹線「山形駅」よりバスで約40分
【車】山形自動車道「山形蔵王IC」より車で約30分

尾花沢市

銀山温泉

銀山温泉

江戸時代の慶長年間に隆盛を極めた延沢銀山。その坑夫によって発見された温泉です。ここには大正時代の街並みが残っており、文化財級のノスタルジックな建物が軒を連ねる風景が見事。夜になるとガス灯が暖かな光を放ち、さらに幻想的な景色が広がります。NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台としても有名になりました。

【現地スタッフおすすめコメント】

大正時代にタイムスリップした気分になれます

アクセス
【電車・バス】JR奥羽本線・山形新幹線「大石田駅」よりバスで約40分
【車】東北中央自動車道「東根IC」より車で約60分

宮城県刈田郡蔵王町

御釜(おかま)

御釜(おかま)

山形県と宮城県の県境にまたがる蔵王連峰にある直径325mほどの丸い火口湖。釜状に口を開けているので「御釜」という名前がつきました。天候や太陽の光の射し方により、エメラルドグリーン調やるり色調に湖の色が変わるため、別名「五色沼」とも呼ばれています。蔵王ハイラインの終点にある駐車場から御釜を眺める展望台にアクセスできます。※11月上旬~4月下旬は蔵王エコーライン・ハイラインの冬期通行止めにより立ち入り不可。

【現地スタッフおすすめコメント】

冬の樹氷と並ぶ、蔵王のシンボルです

アクセス
【バス】土・日曜・祝日限定で、ミヤコーバス白石蔵王~遠刈田温泉便の一部が刈田山頂(御釜)まで延長運転
【車】東北中央自動車道「山形上山IC」よりエコーライン経由車で約50分

鶴岡市

鶴岡市立加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館

山形県唯一の水族館で、クラゲの展示が充実しており「クラゲドリーム館」という愛称を持ちます。見どころは世界最大級・直径5mの水槽「クラゲドリームシアター」。約2,000匹のミズクラゲがゆらゆらと泳いでいます。レストランではクラゲラーメンやクラゲアイスなどクラゲを使ったヘルシーな料理も人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

クラゲの種類数50種以上はギネス世界記録に認定されています

営業時間
9:00~17:00(7月下旬~8月下旬は~17:30)最終入館は閉館30分前まで 無休
料金
一般(高校生以上)1,000円、小中学生500円、幼児(未就学児)無料
アクセス
【電車・バス】JR羽越本線「鶴岡駅」よりバスで約30分「加茂水族館」停よりすぐ
【車】山形自動車道「鶴岡IC」より車で約15分

鶴岡市

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

長い軒は飛び立つ白鳥の翼のように美しく、優美な姿でそびえ立つ高さ29mの五重塔。平安時代に平将門が建立し、約600年前に再建されたと推定されています。山形県の建造物では唯一国宝に指定。四季を通して風景にマッチし、雪の降り積もる塔も人気があります。近くには樹齢約1,000年の「爺杉」という巨木があります。

【現地スタッフおすすめコメント】

夏から秋にかけては夜間ライトアップも行う日もあります

料金
ライトアップ期間は夜間参拝協力金あり
アクセス
【電車・バス】JR羽越本線「鶴岡駅」よりバスで約35分「随神門」停より徒歩約10分
【車】山形自動車道「庄内あさひIC」より車で約40分

米沢市

上杉神社

上杉神社

明治のはじめに米沢城本丸跡に建立された神社で、上杉謙信を祭神としています。今でも米沢市民の心の支えとなっており、初詣などに多くの市民が訪れます。謙信の命日4月29日に例大祭が行われ、5月3日までの期間は恒例の「米沢上杉まつり」が開催されます。宝物殿「稽照殿」には、上杉氏ゆかりの文化財が多数収蔵されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

祭りの出店では名物鯉の煮付けなどが食べれます

営業時間
<上杉神社>
6:00~17:00(12~3月は7:00~)
<上杉神社稽照殿>
9:00~16:00(15:45まで入館)
※12月~3月下旬の冬期間閉館、ただし1/1~1/3、2月の雪灯篭まつりは開館
料金
<上杉神社稽照殿>
一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円
アクセス
【電車・バス】JR奥羽本線・米坂線・山形新幹線「米沢駅」からバス「上杉神社前」停よりすぐ
【車】東北自動車道「福島飯坂IC」より車で約60分

高畠町

高畠ワイナリー

高畠ワイナリー

「まほろばの里」と呼ばれ、デラウエアの生産量が日本一の町、高畠町。ここにある「高畠ワイナリー」は、ブドウの特徴と高畠の風土を生かしたこだわりのワイン造りを行っています。各種コンクールでも多くの賞を獲得。代表ワイン「まほろばの貴婦人」は、その名の通りエレガントで心地よい甘さが特徴。ワイナリーは無料で見学ができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

ぶどう大国山形県の誇るワイナリーです

営業時間
9:00~17:00(12月~3月は10:00~16:30) 1~3月の水曜休、年末年始休
料金
入場無料
アクセス
【電車】JR奥羽本線・山形新幹線「高畠駅」より徒歩約10分
【車】東北中央自動車道「山形上山IC」より車で約50分

鶴岡市

スタジオセディック 庄内オープンセット(庄内映画村)

スタジオセディック 庄内オープンセット(庄内映画村)

月山の麓に位置する広大な敷地を持つオープンセットで、数々の映画やテレビドラマ等の撮影が行われてきた「スタジオセディック庄内オープンセット」。漁村や農村、宿場町、戦国大手門エリアなど、趣きの異なるエリアに分かれた撮影セットの中を歩けます。車で約20分の距離にある「庄内映画村資料館」では、撮影資料や往年の名作映画のポスターなどを展示しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

「勇者ヨシヒコ」の撮影地にもなりました

営業時間
<スタジオセディック庄内オープンセット>
4月~9月 9:00~17:00 最終入場16:00まで
10月~11月 9:00~16:00 最終入場15:00まで
※冬季休業(11月下旬~4月下旬)※積雪状況により変更の場合あり
<庄内映画村資料館>
3月中旬~11月/9:00~17:00(最終入場:16:30)
12月~3月中旬/10:00~16:00(最終入場:15:30)
※冬期間(12月~3月中旬)は、事前予約が必要
料金
<スタジオセディック庄内オープンセット>
大人(中学生以上)1,300円、子供(小学生)900円、幼児(未就学児)無料
<庄内映画村資料館>
一般(高校生以上)500円、小・中学生200円、幼児無料
アクセス
【車】山形自動車道「庄内あさひIC」より車で約30分

酒田市

山居倉庫

山居倉庫

1893年に建てられた米保管倉庫で、米どころ庄内のシンボル的存在。米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝えています。白壁の土蔵9棟からなる倉庫は1万トン以上の米を収容でき、現在も現役で利用されています。ケヤキ並木は夏の高温防止のための工夫だとか。観光物産館や庄内米歴史資料館も併設され、多くの観光客が訪れます。

【現地スタッフおすすめコメント】

「おしん」のロケーション舞台にもなりました

営業時間
<酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」>
9:00~18:00(12月~2月は~17:00) 1/1休
<庄内米歴史資料館>
9:00~17:00(12月は~16:30) 12/29~2月末休館
料金
<酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」>
無料
<庄内米歴史資料館>
大人300円、中高生200円、小学生150円
アクセス
【電車・バス】JR羽越本線「酒田駅」からバス、「山居町」下車徒歩約1分
【車】日本海東北自動車道「酒田IC」より車で約15分

現地にいるからこそ知ってる山形のおすすめ穴場スポット

酒田市

玉簾の滝

玉簾の滝

およそ1200年前に弘法大師が神のお告げにより発見したとされる滝。落差63mは山形県随一となっています。かつては修験場で、今でも杉の大木があることなどから、「マイナスイオンのあふれるパワースポット」として人気です。GWとお盆期間には夜間ライトアップが実施され、昼とは違う幻想的な世界が見られます。

【現地スタッフおすすめコメント】

1月中旬から2月上旬には高さ63mの滝が見事に凍ります

営業時間
見学自由
料金
見学自由
アクセス
【車】日本海東北自動車道「酒田みなとIC」より車で約30分

天童市

若松寺

若松寺

山奥に静かに佇む寺で、古くから「若松観音」の名で親しまれています。ここは縁結びに御利益があるお寺として知られていましたが、近年は「住職と握手をすると良縁成就する」という噂が全国的に広まり、超強力な縁結びスポットとしてますます有名になりました。この寺を含めた3つのお寺を巡る「出羽名刹三寺まいり」は若い女性に人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

山田花子さんもここで祈願後結婚できたとか

料金
拝観無料
アクセス
【車】山形自動車道「山形北IC」より車で約40分

戸沢村

最上峡芭蕉ライン

最上峡芭蕉ライン

芭蕉の句「五月雨をあつめて早し最上川」で知られる最上川。その雄大な流れに身を任せ、船上からの景色を楽しむことができるのが「最上峡芭蕉ライン舟下り」です。船頭の舟唄と名調子な語りを聞きながら、ゆっくりと下る舟下りは、所要時間約1時間。一年を通じてどの季節でも楽しめます。冬は「こたつ舟」の運行もあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

1人でも乗船可能なのでぜひ試してください

営業時間
4月〜11月/8:30〜17:00
12月〜3月/9:00〜16:30
※船の運航時間とは異なります
料金
大人(中学生以上)2,200円、子供(小学生以下)1,100円
※片道料金
アクセス
【電車】JR陸羽西線「古口駅」より徒歩約5分
【車】東北中央自動車道「東根IC」より車で約60分

遊佐町

胴腹滝

胴腹滝

湧水が豊富な遊佐町。中でも特に有名な滝で、鳥海山の伏流水が山腹から湧き出している様子が名前の由来です。安産の神様としても崇められています。水は大変おいしいと評判で、地域住民だけでなく遠方からも訪れる人が後を絶ちません。杉林の中の小さな杜を挟んで2つの滝があり、左の滝はコーヒーに合う、右の滝は日本茶に合うといわれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

水のおいしい、神秘のパワースポットです

料金
無料
アクセス
【車】日本海東北自動車道「酒田みなとIC」より車で約20分

西川町

月山湖大噴水

月山湖大噴水

清らかな水資源に恵まれる西川町。そのシンボルモニュメントとしてダム湖に設置されたのが「月山湖大噴水」です。あらゆる生命の源である“水”の大切さを問いかける願いが込められているとか。噴射高は約112mで日本一、世界4位といいます。主ノズルのほかに8本のノズル、12個のライトがあり、季節ごとに打ち上げパターンが変わります。

【現地スタッフおすすめコメント】

特に夏は涼しげな風景が楽しめます

営業時間
<打ち上げ時間>
4月~10月平日は10:00~16:00の全7回1時間おきに打ち上げ、土・日曜・祝日は~17:00の全8回 
※天候などにより中止の場合もあり
※4月は水曜休、11月~3月は冬期休業
※営業時間・定休日は季節により変更
料金
見学無料
アクセス
【車】山形自動車道「月山IC」より車で約15分

山形市

平清水焼きの窯元・七右エ門窯

平清水焼きの窯元・七右エ門窯

平清水は昔ながらの街並みを残す焼き物の里。ここにある窯元のひとつ「七右エ門窯(しちえもんがま)」では、千歳山から取れた石を原料に魅力ある民芸陶器を作っています。陶芸教室では、手回しのロクロを利用して自分だけの焼き物を作ることができます。もちろんプロによる丁寧な指導あり。店では300種以上の手づくりの作品を展示販売しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

作った作品は、約1ヶ月後に郵送してくれます

営業時間
陶芸教室/9:00~15:00 店/8:30~17:30
料金
粘土1kg2,160円
アクセス
【車】山形自動車道「山形蔵王IC」より車で約10分

遊佐町

十六羅漢岩

十六羅漢岩

日本海の荒波で命を失った漁師の霊を供養し海上安全を願うため、「吹浦海禅寺」の和尚が明治元年に完成させた磨崖仏。16の羅漢をはじめ計22体あり、歴史的にも貴重な資源です。眺望台には歌碑や句碑があり、景色も見事。毎年7月下旬には「十六羅漢まつり」が開催されており、この時期にあわせて夜間はライトアップが行われます。

【現地スタッフおすすめコメント】

歴史文化財産百選に選ばれているスポットです

営業時間
見学自由
料金
見学自由
アクセス
【電車】JR羽越本線「吹浦駅」より徒歩約15分
【車】日本海東北自動車道「酒田みなとIC」より車で約20分

最上町

わくわくファーム 前森高原

わくわくファーム 前森高原

小国盆地や禿岳の眺めがよい高原。放牧場や大草原などがあり、ハイキングにも最適であるほか、様々な体験ができます。小さな子どもでも気軽に楽しめる乗馬体験や、やぎなどかわいい動物とのふれあい・えさやり、ウインナーやアイスクリームづくり、バギー体験など、家族で一日楽しめるアトラクションが盛りだくさん。キャンプもできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

できたてのウインナーは絶品。お土産にもおすすめです

営業時間
平成29年度4/16プレオープン、4/22グランドオープン
※火曜休
※冬期間 休業
料金
施設により異なる
アクセス
【車】山形自動車道「山形北IC」より車で約90分

大蔵村

四ケ村の棚田

四ケ村の棚田

四ヶ村とは「豊牧」、「滝の沢」、「沼の台」、「平林」の4集落を総称する呼び名。ここは日本の原風景ともいえる佇まいが人気です。山間に棚田が広がり、今も昔ながらの米作りが行われています。夏には「ほたる火コンサート」というイベントを開催。約1,200本のろうそくが棚田のあぜ道に灯され、幻想的な景色の中でオカリナの演奏が行われます。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本の原風景として後世に残したくなるような気持ちにさせてくれます

営業時間
見学自由
料金
見学自由
アクセス
【車】東北中央自動車道(尾花沢新庄道路)「舟形IC」から約45分
※冬期間は積雪のためアクセスできません

寒河江市

道の駅寒河江チェリーランド

道の駅寒河江チェリーランド

「日本一のさくらんぼの里」と呼ばれる寒河江市。そのさくらんぼを中心に、山形県内各地の四季折々の名産品や工芸品を販売する施設が、道の駅寒河江「チェリーランド」です。日本初のさくらんぼ資料館もあります。名物はアイスクリームで、さくらんぼはもちろん、米アイス「つや姫」や各種果物を使った手作りアイスを10種類以上用意しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

山形の味覚を楽しむのにおすすめのスポットです

営業時間
施設により異なる
料金
入場無料
アクセス
山形自動車道「寒河江IC」より車で約5分

今回ご紹介した山形の観光スポット

山形旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ