旅のランキング

世界遺産・屋久島のおすすめ観光スポットを現地スタッフが厳選!

屋久島といえば、縄文杉をはじめ、様々な屋久杉を見に行くトレッキングが有名ですが、それだけではありません!美しいビーチがあり、ウミガメに出会えたり、ダイビングが楽しめたり、海のアクティビティもおすすめです。「楽天トラベル」屋久島担当スタッフが厳選したおすすめの観光スポットやアクティビティ、ごはん屋さん、カフェなどをまとめてご紹介します。

初めての人におすすめ!屋久島の定番観光スポット

縄文杉

縄文杉

屋久杉を代表する最大級の巨木であり、「新・日本の銘木百選」に認定された「縄文杉」。その樹齢は推定3000年以上、7200年あまりという説もあります。

現在は、登山者の踏圧で根が傷まないよう、15mほど離れたところに設置された展望台からしか見ることができません。

「縄文杉」までは、荒川登山口から往復約9~10時間の本格的なトレッキングですが、登山道がしっかり整備されているため、初心者でも安心して見に行くことができます。

荒川登山バス券(片道)
大人(中学生以上)690円、小学生 350円
アクセス
宮之浦港から「屋久杉自然館」まで車で約40分、屋久杉自然館より「荒川登山口」バス停まで約40分

白谷雲水峡

白谷雲水峡

標高約600~1,050m、約424ヘクタールの広さを誇る自然休養林。推定樹齢3000年を超える「弥生杉」まで行く約1時間のコースから、絶景の「太鼓岩」まで行く3~4時間のトレッキングコースなどがあります。

太鼓岩へのコースの途中には、数百種の苔に覆われた幻想的な光景が広がる「苔むす森」があり、この辺りは、映画『もののけ姫』のモデルとなったといわれています。

森林環境整備推進協力金
大人(高校生以上)500円

太鼓岩

太鼓岩

白谷雲水峡コース上にある「太鼓岩」から眺める屋久島の森はまさに絶景!雄大な自然と澄んだ空気を感じながら休憩する時間は格別です。

太鼓岩までのコースには案内板があり、ガイドなしでも迷うことはないでしょう。比較的初心者でも歩きやすい道のりではありますが、太鼓岩直前の急な坂道や、疲れを感じる復路は注意が必要です。

森林環境整備推進協力金
白谷雲水峡と同じ

ヤクスギランド

ヤクスギランド

「ヤクスギランド」も標高約1,000~1,300m、約270ヘクタールの自然休養林で、国内ではほとんど消滅してしまったスギの原生林を観賞することができます。

コースは4つに分かれており、最短コースは約30分、最長コースは約150分。「千年杉」や、アーチのような形の「くぐり杉」、屋久島で1、2の高さを誇る「天柱杉」など色々な屋久杉を見ることができます。

森林環境整備推進協力金
大人(高校生以上)500円

大川の滝

大川の滝

屋久島にある滝の中でも最大規模を誇り、約88mの落差を流れ落ちるダイナミックな光景が魅力。「日本の滝百選」にも選ばれています。

滝壺の真下までは歩いて行くことができ、天然の涼を感じながら迫力満点の景色を間近で楽しめます。橋の近くでは、カワセミやキセキレイなど水辺の野鳥を見られることも。

西部林道

西部林道
西部林道

原生林の中を通る林道で、海岸線から世界遺産に指定されている「西部林道」。椿やカシなどの照葉樹林が見られ、ヤクシカやヤクザルなどの野生動物とも出会えます。

この地域は車で走ることもできるので、初心者や体力に不安がある人でも、自然や野生動物をゆっくり楽しむことができます。

一湊海水浴場

一湊海水浴場

屋久島最北端の港町に位置する、屋久島最大の広さを持つ海水浴場「一湊(いっそう)海水浴場」。透明度の高い海は美しく、白い砂浜とのコントラストは絶景。

また、ダイビングスポットとしても注目されていて、色とりどりのきれいな魚たちを観察できます。シャワーや更衣室などを完備しているのもうれしいポイント。海のレジャーを快適に楽しめます。

【現地スタッフのおすすめコメント】
近くにはキャンプ場やフィールドアスレチックなどレジャー施設も完備し、屋久島の里の自然もふんだんに体験できます。

営業時間
9:00~18:00(夏休み期間中のみオープン)

平内海中温泉

平内海中温泉

平内集落の外れに位置し、1日2回、干潮の前後約2時間だけ地上に現れる海中温泉。自然の地形を利用した4つの岩の浴槽があり、泉質はリウマチや神経痛などに効果があるといわれている単純硫黄泉です。

昼間はダイナミックな海を眺めながら、夜は満天の星空と波の音に耳を傾けての入浴が楽しめます。水着やタオルを着用しての入浴は厳禁なので、抵抗がある方は足湯を利用しましょう。

【現地スタッフおすすめコメント】
海と一体となる、時間限定の岩間に湧くワイルドな野湯。最近では海外のお客様にも大人気!

料金
こころざし程度
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町平内

屋久島フルーツガーデン

屋久島フルーツガーデン
屋久島フルーツガーデン

約2,000種の熱帯植物や南国フルーツが生い茂る果実園。マンゴーやパパイヤなどのトロピカルフルーツが実っているのを見ることができます。

採れたてのフルーツや手作りジャムをいただける休憩所「果実庵」も要チェック。トロピカルフルーツをふんだんに使ったジャムやジュースは、お土産としても人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】
屋久島の暖かい気候にマッチした植物が生い茂り、見たこともない不思議な植物も観賞できます。また、タンカン等のフルーツを試食することもできます。

営業時間
8:00~17:00
定休日
無休
料金
大人500円、小人250円
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町中間629-16

永田浜

永田いなか浜
永田いなか浜

日本一のウミガメの産卵地として有名な「永田浜」。白い砂浜と青い海のコントラストは絶景で、ウミガメの産卵時期以外でも楽しめます。

アカウミガメが産卵のために上陸する毎年5月から7月にかけて、「ウミガメ観察会」が開催されていて、最盛期には一晩で20頭以上のウミガメを見られることも。観察会に参加する場合、深夜におよぶこともあるので、永田地区に泊まるのがおすすめです。

屋久島のおすすめご飯屋さん&カフェ

屋久島 ノマドカフェ

屋久島 ノマドカフェ

南国の植物に囲まれた「ノマドカフェ」。建築士であるご主人と奥さんが手掛けた内装やお庭は、おしゃれでゆったりとした印象。

屋久島で作られるおいしい豆腐「永田豆腐」をはじめ、地元の食材を使った料理や、自家製スイーツをいただけます。人気の無農薬栽培の土付き生姜を使用した「ジンジャーシロップ」は、屋久島土産としてもおすすめです。

ノマドカフェ ジンジャーシロップ
営業時間
11:30~17:00(ランチラストオーダー14:30)
定休日
水~金曜日
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町原565
アクセス
【車】トローキの滝より尾之間方面へ約5分、県道沿い山側
【バス】「泥渕川(どうぶちがわ)」バス停より尾之間方面へ徒歩約2分

散歩亭

散歩亭
散歩亭

安房川のほとりにある、ガラス張りの外観が目印のカフェ&レストランバー「散歩亭」。ランチもディナーも、地元・屋久島の新鮮な食材をふんだんに使ったお料理が楽しめます。奥のバースペースにある、現代美術家・日比野克彦氏による壁画は必見!

営業時間
11:30~15:00、18:00~25:00
定休日
第1・3日曜日(ランチは毎週日曜)※連休等により変動あり
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2364-17
アクセス
【車】安房港より約3分
【バス】「安房」バス停より徒歩約7分

屋久どん

郷土料理を楽しめる「屋久どん」の人気メニューは、あごとさばの出汁がきいた「屋久島風うどん」と、トビウオの唐揚げ。唐揚げは頭から尻尾まで丸ごと食べられます。また、キャンプ場も併設していて、BBQを楽しむこともできます。

営業時間
11:00~15:00、18:00~21:00
定休日
日曜日(連休中日の場合は営業)
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房500-46
アクセス
安房港より車で約1分

かたぎりさん

かたぎりさん

「かたぎりさん」の名物は、ここでしか食べられない屋久島産のトビウオを使ったひつまぶし。〆はあご出汁をかけてお茶漬けで。

ひつまぶしや定食以外にも、タカ海老(薩摩甘えび)のトマトクリームパスタ、地元の食材を使った前菜や、ミニデザートの3種盛など、メニューも豊富。店内にはキッズスペースが設けられており、家族連れもゆっくり食事を楽しめます。

営業時間
11:00~15:00、17:30~21:00
定休日
日曜日
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房540-62
アクセス
安房港より徒歩約10分
電話
0997-46-4282

屋久島ジェラート そらうみ

屋久島ジェラート そらうみ

屋久島で唯一のジェラート専門店で、グァバやドラゴンフルーツ、生姜など屋久島で採れたものを使用し、素材の味を活かしたジェラートが特徴。

島外には出荷されない珍しい食材もあり、旬のものをいただくことができます。香料・着色料・保存料などは一切使用していません。

営業時間
11:00~17:30(ラストオーダー17:15)
営業日
金・土・日・月・祝日(オフシーズン中は不定期)
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生165-8
アクセス
屋久島空港より車で約30分

おすすめのカフェやレストランはまだまだあります。自家製イングリッシュマフィンのサンドイッチやケーキがいただける「カフェスマイリー」もおすすめ。安房港から徒歩約10分、安房川のほとりにあるかわいいカフェです。

安房小学校近くにある「ヒロベーカリー」には、さつまいものパンや米粉パンなど、種類豊富なパンが並んでいて、朝7:00から営業しているので、朝ごはんに焼きたてのパンを買いに出かけてみるのもいいかもしれません。

そして、宮之浦港フェリー待合所の2階にはおしゃれなコーヒースタンドがあり、フェリーを待つ間にこだわりのコーヒーを楽しむのもおすすめです。

屋久島のおすすめお土産店

ぷかり堂

ぷかり堂
ぷかり堂

屋久島銘菓や伝統の屋久杉工芸など、屋久島のおいしい・かわいいお土産を取り揃えたショップ。屋久島空港ターミナルより徒歩約7分と立地も良く、搭乗前のお土産探しにぴったりです。

また、屋久杉と天然石を組み合わせて作るブレスレット製作体験もでき、約40種以上の天然石から好きなものを選んで、自分だけのオリジナルブレスレット作りを楽しめます。所要時間は30分程度なので、ちょっとした空き時間にもおすすめです。

ぷかり堂
営業時間
8:30〜18:00
定休日
無休(12~2月は水曜日休)
住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田719-39
アクセス
屋久島空港ターミナルより徒歩約7分

屋久島のおすすめアクティビティ

シーカヤック、SUP、リバーカヤック等

カヤック
ダイビング

自然に囲まれた屋久島は、水のアクティビティも盛ん。安房川でのリバーカヤックや沢登りをはじめ、透明度の高い海ではシュノーケリングやダイビングが人気です。屋久島周辺の海は、たくさんのトロピカルフィッシュや小魚が泳いでいます。

また、ウミガメの上陸地としても有名で、陸はもちろん、海の中で泳ぐウミガメに遭遇することも。ダイビングポイントである「ヨスジ漁礁」では、眠っているアカウミガメの姿を見ることもできます。

ウミガメ観察

ウミガメ観察

日本一かつ世界有数のウミガメ産卵地「永田浜」(いなか浜、前浜、四ッ瀬浜の総称)で、「ウミガメ観察会」が開かれるのは毎年5月から夏にかけて。ウミガメが産卵期間を迎える5月1日~8月31日の夜間(19:30~翌朝5:00まで)は立ち入ることができないため、観察会に参加しましょう。

また、年によっては孵化期間に「子ガメ観察会」も行われており、孵化した子ガメが海に戻っていく様子を観察できます。

開催時間
5月1日~7月31日 19:45~最長23:00(2部制)
料金
大人 1,500円、中学生以下 無料
住所
鹿児島県熊毛郡上屋久町永田地内
アクセス
宮之浦港よりタクシーで約30分

屋久島の観光マップ&アクセス

屋久島へのアクセス

【飛行機】
・大阪・伊丹空港より約90分(1日1便)
・福岡空港より約65分(1日1便)
・鹿児島空港より約30分(1日5便)
(直行便のみ記載)

【船】
鹿児島港より
・高速船「トッピー&ロケット」で宮之浦港まで約1時間45分~2時間40分(1日5便)、安房港まで約2時間30~50分(1日2便)
・フェリー「屋久島2」で宮之浦港まで約4時間(1日1便)

屋久島島内でのアクセス

【路線バス】
種子島・屋久島交通の主な路線:
・永田~宮之浦港~空港~安房港~尾之間~栗生~大川の滝
・宮之浦港~白谷雲水峡
・合庁前~安房港~屋久杉自然館~ヤクスギランド~紀元杉
・屋久杉自然館~荒川登山口(荒川登山バス)
など

乗り放題乗車券:1日2,000円、3日3,000円、4日4,000円(子どもは半額)
※荒川登山バス、ゆうらんバスは除く

まつばんだ交通バスの主な路線:
・宮之浦港~空港~安房港~屋久杉自然館
・宮之浦港~白谷雲水峡

【レンタカー】

【タクシー】
港・空港等に常駐、流しのタクシーはなし

【レンタルサイクル】
屋久島観光センター、屋久島サウスビレッジ、ぷかり堂などにあり
料金目安:1日800~3,000円(税別)

屋久島のホテル

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2019 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ