旅のランキング

修善寺おすすめ観光スポット15選!竹林やグルメ、雨スポットも

修善寺担当スタッフおすすめの修善寺を訪れたら絶対に外せない観光スポット15選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っているグルメや雨の日スポットも!

修善寺担当スタッフおすすめの修善寺を訪れたら絶対に外せない観光スポット15選!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っているグルメや雨の日スポットも!

1200年の歴史を持つ、お寺と温泉の街。伊豆の小江戸「修善寺」。

東京から電車で約2時間の距離にある静岡県伊豆市の「修善寺」は、その地名の由来とされる「修禅寺」をはじめ、歴史を感じる寺が点在する情緒あふれる地。豊かな温泉が湧く地としても有名で、街のシンボル的存在でもある「独鈷の湯(とっこのゆ)」は、日本100名泉にも選ばれています。「伊豆の小江戸」という例え名がよく似合う、竹と笹に囲まれた「竹林の小径」や、ほたる、紅葉など、自然豊かなこの地ならではの美しい情景も人気です。

1.初めての修善寺!定番観光スポット

ちくりんのこみち

竹林の小径

竹林の小径
竹林の小径
竹林の小径
画像提供:伊豆市

「竹林の小径」は、温泉街の中心を流れる桂川に沿った遊歩道です。「独鈷の湯(とっこのゆ)」の脇を通る楓通りから上流の滝下橋まで、左右に竹林が並んだ道が続きます。懐かしい火の見櫓が見られるほか、茶処、竹製の大きな円形ベンチなどで途中休憩も。

時期によって夜はライトアップを実施。光に照らされた美しい竹林による幻想的な光景が広がります。また、ベンチに寝そべって星空を眺めるのもおすすめです。

住所
静岡県伊豆市修善寺3463-1
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約10分

しゅぜんじ

修禅寺

修禅寺

修善寺の名前の由来となったお寺で、修善寺温泉の中心にある「修禅寺」。正式な呼称は「福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)」といい、平安時代初期の大同2(807)年、弘法大師(空海)の開基と伝わります。

空海が湧出させたと言われている「独鈷の湯(とっこのゆ)」は、修善寺温泉のシンボル的存在。その際に使用された独鈷杵(仏具)が、昭和36(1961)年に修禅寺の裏山から出土。現在は、境内にある宝物館に保管されています。

住所
静岡県伊豆市修善寺964
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約5分
【車】修善寺道路「修善寺」ICより約5分

ひえじんじゃ

日枝神社

日枝神社

「修禅寺」の隣にある「日枝神社」は、子宝のパワースポットとしても知られる神社。2本の杉の根元が一つになっている樹齢800年以上の「子宝の杉」があるほか、根回り約5.5メートル、高さ約25メートルの「一位樫」は県の天然記念物に指定されています。

社務所が開く週4日に数量限定で手に入る「一願成就お守り」は、なかなか入手できないレアなお守り。時を感じる厳かな雰囲気と巨木の存在感に圧倒されるスポットです。

営業時間
参拝自由 ※社務所の営業は不定期
住所
静岡県伊豆市修善寺826
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約3分

あかがえるこうえん ほたるのゆうべ

赤蛙公園「ほたるの夕べ」

赤蛙公園「ほたるの夕べ」

修善寺温泉街の西の端に位置し、滝下橋のそばにある公園「赤蛙公園」。幻想的なほたるの舞が楽しめる人気イベント「ほたるの夕べ」が毎年5月下旬から6月上旬に開催され、観光客で賑わいます。見頃は20時頃。修善寺の静かな夜に優美な光がそっと踊ります。期間外でも遊歩道が舗装されているので、ちょっとした散歩にもおすすめです。

開催時期
例年5月下旬~6月上旬
住所
静岡県伊豆市修善寺1143-1
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約7分

しゅぜんじしぜんこうえん もみじばやし

修善寺自然公園 もみじ林

修善寺自然公園 もみじ林
画像提供:伊豆市

秋の定番スポットとしておすすめなのは「修善寺自然公園 もみじ林」。修善寺自然公園の中央部と修善寺虹の郷内の約1ヘクタールの土地に、およそ1,000本のもみじの群生林が広がります。

11月中旬から12月上旬の紅葉シーズンになると一斉に鮮やかな色をつけ、見事な紅葉を鑑賞できます。期間中には「もみじまつり」を開催。露店にて地場産品などが販売されます。

住所
静岡県伊豆市修善寺
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「もみじ林前」停下車

2.子供におすすめ!修善寺の体験スポット

しゅぜんじ にじのさと

修善寺虹の郷

修善寺虹の郷
修善寺虹の郷
修善寺虹の郷

「修善寺虹の郷」は、自然にあふれるテーマパーク。日本庭園、匠の村、伊豆の村、イギリス村、フェアリーガーデン、カナダ村など様々なテーマのエリアが点在し、花や風景が楽しめるほか、インディアン砦など外遊びのアメニティーゾーンも。園内にはロムニー鉄道とロムニーバスが運行し、緑豊かな自然を眺めながら広い園内を移動できます。陶芸や和紙、木材を使用した工作などの体験工房もあり、子供に人気のスポットです。

紅葉スポットとしても有名で、幻想的にライトアップされた約2,000本の和風・洋風の紅葉を見ることができます。

営業時間
9:00~17:00(最終入園は閉園1時間前) ※時期により異なる
定休日
火曜(繁盛期営業)
料金
大人(中学生以上)1,200円、 小人(4歳以上)600円
住所
静岡県伊豆市修善寺4279-3
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「虹の郷」停下車

はつねゆうぎじょう

初音遊技場

修善寺温泉街には、昔ながらの温泉街の遊びが満喫できる遊技場が7店舗ほどあります。その中のひとつが「初音遊技場」。射的やスマートボールなどが設置され、気軽に浴衣姿のまま遊ぶことができます。ゲームに勝ったら景品も当たるので、親子で競ってみるのも良いかもしれません。レトロな雰囲気と懐かしさ感じる情緒を味わってみては。

営業時間
9:00~21:00、不定休
住所
静岡県伊豆市修善寺3458
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約10分

3.雨の日にうれしい!室内スポット

はこゆ

筥湯

筥湯
画像提供:伊豆市

立ち寄りの日帰り温泉として人気の「筥湯(はこゆ)」は、鎌倉幕府二代将軍・源頼家が入浴していたとも言われる温泉です。

かつて修善寺には7つの外湯がありましたが、現在まで残ったのは桂川河畔に湧く修善寺温泉発祥の湯「独鈷の湯」のみに。平成12(2000)年に「筥湯」がオープンしたことで外湯が復活しました。掛け流しの湯があふれる檜造りの湯舟で、シンプルながらも風情漂う雰囲気が魅力です。高さ約12メートルの仰空楼(望楼)が併設され、修善寺の街並みを一望できます。

営業時間
12:00~21:00(受付20:30まで)、無休
料金
大人(小学生以上)350円
住所
静岡県伊豆市修善寺924-1
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約3分

しゅぜんじかいろう

しゅぜんじ回廊

しゅぜんじ回廊
画像提供:伊豆市

「竹林の小径」の途中にある和風ギャラリー「しゅぜんじ回廊」。年間を通して修善寺ゆかりの企画展が開催され、四季の写真などを見ることができます。四方の壁に掛かった作品をぐるりと回りながら鑑賞するスタイルで、そこから回廊という名前が付けられたとも。無料で開放されているので、休憩がてらふらっと立ち寄ってみては。

営業時間
9:30~16:30、無休
料金
無料
住所
静岡県伊豆市修善寺1031-1
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車

4.知る人ぞ知る!穴場スポット

こいのはし めぐり

恋の橋めぐり

恋の橋めぐり

恋愛成就を願うなら「恋の橋」めぐりがおすすめ。修善寺温泉街中心を流れる桂川にかかる、渡月橋(とげつばし)・虎渓橋(こけいばし)・桂橋(かつらばし)・楓橋(かえでばし)・滝下橋(たきしたばし)を全て巡ると恋が叶うとされ、パワースポットとして人気上昇中です。

5つの橋それぞれに恋に関するご利益があると言われ、スタイルに合わせたモデルコースも用意。恋の成就を願いたい、新しい恋を始めたい、夫婦として末長く歩みたいなど、自分の恋のスタイルに合わせてコースが選べます。駅前には着物レンタル店もあるので、着物や浴衣に着替えていつもと違った気分で散策を楽しんでみては。

アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約5~10分

かわらゆ

河原湯

河原湯
画像提供:伊豆市

「独鈷の湯(とっこのゆ)」を見下ろす位置にある格好のロケーションで人気の無料足湯所「河原湯」。かつて付近で栄えていた共同浴場の名を継いで、現在の「河原湯」があります。

目の前に桂川が流れ、風情ある街並みを眺めながらゆったりと足湯に浸かれます。散策で疲れた足を癒してみては。タオルを持っていくのがおすすめです。

営業時間
5:00~22:00、第2木曜休
料金
無料
住所
静岡県伊豆市修善寺
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約3分

じてんしゃのくに さいくるすぽーつせんたー

自転車の国サイクルスポーツセンター

自転車の国サイクルスポーツセンター
自転車の国サイクルスポーツセンター
自転車の国サイクルスポーツセンター

「自転車の国サイクルスポーツセンター」は、サイクルUFOや水上自転車などの珍しい自転車施設から、ファミリー向けのサイクリングコースのファミリーサーキットまで取り揃えた国内最大の自転車のテーマパーク。

エアー式のトランポリンや、アスレチック迷路、パターゴルフなどのアトラクションも豊富で、子どもから大人まで体いっぱい動かして1日中遊べます。

※現在、オリンピックパラリンピック会場整備のため、ファミリーサーキット周遊エリア限定営業です。

営業時間
10:00~16:30(土日祝は9:30から)※時期により異なる
定休日
木曜(祝日・夏休み期間は営業)
料金
入場無料(2019年9月30日まで) ※アトラクション利用料別途
住所
静岡県伊豆市大野1826
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より新東海バス「サイクルスポーツセンター」停下車
【車】東名高速道路「沼津」ICより約35分

5.修善寺の魅惑のグルメスポット

ぼくねんじん

朴念仁

朴念仁
朴念仁
朴念仁

創業約20年、伊豆の蕎麦の名店「朴念仁(ぼくねんじん)」。竹林に囲まれた店舗は、築100年ほどの旅館を改築した風情ある佇まい。客席の窓から竹林や川が眺められ、自然の音に囲まれた贅沢な時間が過ごせます。

定番メニューは、生桜エビをカラッと揚げた天ぷらがついた「天せいろ蕎麦」。創業以来、不動の人気を誇ります。ほか、生ゆばや焼き味噌、そば味噌などお蕎麦のお供にうれしい小料理も。

営業時間
11:00~15:00(売切れ仕舞い)、水曜・第3火曜休
住所
静岡県伊豆市修善寺3451-40
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約10分
【車】東名高速道路「沼津」ICより約60分

いっせきあん

一石庵

一石庵

桂川沿いにあり、修禅寺の門前に位置する甘味処「一石庵」。クリームあんみつや抹茶セットなど、無添加の食材にこだわった甘味がいただけます。中でも伊豆市の特産物・黒米を使用した「黒米餅」は、どこか懐かしく素朴な味わいの看板メニュー。川向かいに修禅寺を眺めながら、参拝の前後にひと休憩してみては。屋外には手湯と足湯が併設されています。

営業時間
10:00~16:30、火曜休
住所
静岡県伊豆市修善寺950-1
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約3分

ちゃあん ふよう

茶庵 芙蓉

茶庵 芙蓉
茶庵 芙蓉
茶庵 芙蓉

和の雰囲気を感じながら甘味がいただける「茶庵 芙蓉(ちゃあん ふよう)」。明治末期に建てられた築100年以上の日本家屋で、当時の窓ガラス越しに庭をゆったりと眺めながら過ごせます。銅鐸(どうたく)を叩いてのれんをくぐり、花や書画が飾られた廊下を抜けて畳の座敷へ。こだわりの食材と器で彩られた甘味を、静かに流れる時間の中で味わうことができます。

人気メニューは「抹茶白玉あずき」、もっちりとした白玉と上品な甘さのあずき、素材にこだわった抹茶アイスの絶妙なハーモニーを楽しんで。

営業時間
10:00~16:00(L.O.)、不定休
住所
静岡県伊豆市修善寺1082
アクセス
【電車】伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス「修善寺温泉」停下車、徒歩約15分

6.今回ご紹介した修善寺の観光マップ

7.修善寺旅行を探す


※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2020 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ