旅のランキング

北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

自然の神秘に触れる、日本で三例目の世界遺産エリア

2005年に世界自然遺産へ登録された「知床」。知床五湖にカムイワッカ湯の滝、知床峠といった有名スポットから、羅臼湖や熊越の滝のような秘境、そして広大なオホーツク海に沈む美しい夕陽や冬の流氷といった神秘的な景観まで…。手付かずの原生林が広がり希少な動植物が高密度に生息するこの地には、畏怖の念すら抱く大自然が広がっています。

知床五湖

知床五湖

原生林が生い茂る神秘的な5つの湖。海や山、森など周囲の美しい景観も一度に楽しめる自然豊かなスポットです。

世界自然遺産「知床」の代表的な景勝地として人気。エゾシカやヒグマなど多くの野生動物たちの生息地でもあり、時に姿を目にすることも。湖と湖の間は高架木道や地上遊歩道で移動でき、知床連山や遠くに広がるオホーツク海を眺められます。自然の環境音に包まれて開放感いっぱいの散策を楽しんでみて。

住所
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村
アクセス
【車】JR「知床斜里」駅より約1時間
駐車場
あり(有料)


知床峠

知床峠

ウトロと羅臼をつなぐ知床横断道路の頂上に位置する標高738mの峠。羅臼岳から北方領土の国後島まで、知床の広大な風景をパノラマで見渡すことができます。

初夏まで残る残雪や、秋の紅葉など四季折々の表情も格別。峠に続く道はドライブコースとしても人気が高く、ミズナラの原始林を見られるほか、世界有数のヒグマの生息地としても知られています。

利用期間
4月下旬~11月上旬(気候によって変動あり)
住所
北海道目梨郡羅臼町国道334号線
アクセス
【車】JR「知床斜里」駅より約1時間
駐車場
あり(無料)


カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ川にかかる滝で、強酸性の温水が流れ落ちる渓流瀑です。世界遺産にも登録されている知床八景のひとつで、滝壺が天然温泉となっており野趣あふれる秘湯として毎年多くの観光客が訪れます。

水温は30度ほどで、川を登るほど水温は高くなりますが、落石の危険により上流は立入禁止に。売店はなく携帯電話の電波も届かない秘境で、ワイルドな沢登りを楽しんで。

住所
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村
アクセス
【車】JR「知床斜里」駅より約1時間30分
駐車場
あり(無料)


フレペの滝

フレペの滝

高さ約100m、知床半島プユニ岬の切り立った断崖から、オホーツク海に直接流れ落ちる滝。涙のように斜面を流れる様子から別名「乙女の涙」としても親しまれています。

知床自然センターから遊歩道が続き、その先に滝の景観スポットの展望台が。道中は開拓時代の名残が残る森が生い茂り、時に草を求めるエゾシカの姿が見られることもあります。

住所
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約5分
駐車場
あり(知床自然センターをご利用ください)


オシンコシンの滝

オシンコシンの滝

別名「双美の滝」とも呼ばれ、途中から流れが2つに別れた落差約80mの滝。知床八景のひとつであると同時に知床最大の滝で、「日本の滝100選」にも選定された人気の観光スポットです。

中ほどの位置まで階段を登って近づくことができ、間近に力強く流れる滝は迫力満点。新緑の季節は雪溶けで水量の多い滝を、冬は少ない水量を残し凍りつく滝を見ることができます。

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ西
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約15分
駐車場
あり(無料)


プユニ岬

プユニ岬

ウトロから知床自然センターへ向かう途中にある、水平線に沈む夕陽の名所で知られる絶景のスポットです。眼下にウトロの町並みや広大なオホーツク海の海岸線、遠くに阿寒摩周(あかんましゅう)国立公園の山まで一望できる景観は圧巻。

その美しい景観は世界遺産「知床」の構成遺産に登録され、知床八景のひとつ。冬はオホーツク海の中でも一番最初の頃に流氷の着岸が眺められるポイントでもあります。

住所
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩尾別
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約5分
駐車場
あり(知床自然センターをご利用ください)


オロンコ岩

オロンコ岩

昔、周辺に住んでいた先住民族オロッコ族に由縁して、その名がついたとされる「オロンコ岩」。

ウトロ港にある高さ約60mを誇る巨岩で、上部は平坦になっています。170段ほどの石段から展望台に上ると、プユニ岬やオホーツク海、ウトロの町並みや知床連山などを見晴らすことができ、知床八景のひとつにも数えられています。

利用期間
4月下旬~12月上旬(無雪期)
住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ東
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約3分
駐車場
あり(夏季のみ有料)

夕陽台

夕陽台

知床国設野営場の海側に位置する夕陽の名所で、オホーツク海とウトロ港を望む見晴らしのいいスポット。広大な海に伸びる朱色のラインは目が奪われる美しさです。

冬季は流氷の白に反射して黄金色に輝く感動的な景観に恵まれます。ウトロ温泉街から近く、宿泊客が散歩がてら見に行くことも。若者のデートコースとしても人気があります。

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約3分
駐車場
あり(夕陽台の湯向かいの駐車場をご利用ください)

知床世界遺産センター

知床世界遺産センター

ヒグマやエゾシカといった知床半島に生息する野生動物や、知床の自然に関する情報を扱う施設。

動物の実物大の写真や同重量のぬいぐるみ、解説パネル、 知床半島の地形模型、ヒグマの爪痕などを展示しています。また、知床の見どころやリアルタイムな自然情報も発信。知床関連の書籍閲覧も可能です。世界遺産知床の探索前に一度、立ち寄ってみては。

営業期間
夏期(8:30~17:30)
冬期(9:00~16:30)
定休日
夏期(4月20日~10月20日)無休
冬期 (10月21日~4月19日)火曜日
年末年始(12月29日~1月3日)
料金
無料
住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」よりすぐ
駐車場
あり

天に続く道

天に続く道

知床ドライブで一度は走り抜けてみたい全長約18kmの真っすぐな道路。斜里町の峰浜から大栄地区まで続き、道路の両サイドに畑や森の緑が広がる北海道らしい景観を眺めながらツーリングが楽しめます。

遥か彼方まで伸びゆく道路は、まるで天までつながっているように見えることから「天に続く道」の愛称が付けられました。日中は大きな青空の下で、夕暮れは赤く染まる天空に包まれながらドライブを。

住所
国道334号・244号線(斜里国道)


羅臼湖

羅臼湖

知床半島で最も大きく、深い原生林が生い茂る湖。湖面に山岳が映る美しい景観が見事で、また湿原植物や野生動物が多く生息する秘境エリアです。

湖に至るまで5つの沼があり、湿地や雪渓を歩くため軽登山に準じた装備が必須。トレッキングコースとしても人気で、ダケカンバ、トドマツといった高山植物や、初夏のチングルマやワタスゲの花畑など季節ごとの表情を楽しめます。ヒグマの高密度生息地域でもあるため、クマにご注意を。より安全に、かつ解説を受けながら散策できるガイドツアーへの参加もおすすめです。

住所
北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約30分
駐車場
なし

熊越の滝

熊越の滝

熊が滝を越えた逸話からその名が付いたとされる「熊越の滝」。水量の多い落差約15mの滝で、羅臼川に轟音とともに落下する姿は大いに迫力があります。

滝を眺める展望台まで木々が生い茂る散策路があり、途中には多彩な植物と野生動物の痕跡、樹齢200年を超えるイタヤカエデの大木などを見ることができます。

住所
北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
アクセス
【車】「ウトロ道の駅」より約45分
駐車場
あり(無料)


神の子池

神の子池

「神の湖」の別名を持つ摩周湖の伏流水からできているという言い伝えから、「神の子池」の名称で呼ばれる、周囲約220m、水深約5mの池。

水が澄んでいるので底までハッキリと見え、天候により水面が透き通った蒼色で染まります。池の底に倒木が静かに沈み、その隙間を絶滅危惧種のオショロコマが泳ぐ、なんとも幻想的な雰囲気が漂うスポット。周囲の木道から見学できます。

住所
北海道斜里郡清里町字清泉
アクセス
【車】「知床斜里駅」より約50分
駐車場
あり(無料)

さくらの滝

さくらの滝

春には桜が咲き、夏季シーズンには産卵のために川に戻ってきた約3,000匹ほどのサクラマスが、滝を飛び越えようと力強くジャンプする姿を間近に見ることができます。

滝の高さは約4m。この高さをジャンプするシーンは世界的にも珍しいとされ、生命力あふれる瞬間に出会える貴重なスポットです。秋には見事な紅葉の景観も。

住所
北海道斜里郡清里町町字川向
アクセス
【車】「知床斜里駅」より約40分
駐車場
あり(無料)

 

今回ご紹介した知床の観光スポット

トップヘ