旅のランキング

愛知の離島観光「篠島」でご縁祈願や絶景・名物グルメも!

体も心もリフレッシュできる「自然の贈り物」の宝庫!

アクセス便利!愛知県南知多町の「篠島」は名古屋から約1時間半、港からは約30分の近さで気軽に行ける離島。伊勢神宮と関わりが深い神社や加藤清正縁のスポットなど、歴史を感じられる史跡が各所にあります。島全体が三河湾国定公園に含まれており、島内は自然にあふれ、景観の美しさが楽しめるほか、しらす、鯛、とらふぐなど名物グルメも充実。篠島を隅から隅まで楽しむには、島民が案内する観光ガイド(要予約)もおすすめです。

・観光ガイドの申し込み方法はこちら

1. 篠島に訪れたら必見の観光スポット!

篠島に訪れたら必見の観光スポット

「神明神社」「八王子社」でご縁を呼び込もう!

神明神社
神明神社
八王子社
八王子社

元は伊勢神宮の東宝殿と西宝殿だった、女宮と呼ばれる「神明神社(しんめいじんじゃ)」と男宮と呼ばれる「八王子社」。双方の神社を参拝すると、縁結びのご利益を授かれると云われています。新年の三日に「八王子社」の神が「神明神社」に渡る「お渡りさま」という古来から伝わる神事が由来としており、末永い縁を結んでくれそう。

恋人と行くもよし、片思いの恋愛成就、はたまた良縁祈願にも。篠島に訪れる際は、ぜひ両方に参拝することをおすすめします。

住所
[神明神社]愛知県知多郡南知多町大字篠島字神戸101
[八王子社]愛知県知多郡南知多町大字篠島堂山15
アクセス
[神明神社]篠島港から徒歩約10分
[八王子社]篠島港から徒歩約12分
※神明神社から、八王子社までは徒歩約5分

篠島に訪れたら必見の観光スポット

日本の夕陽百景にも選ばれた「松島の夕陽」に感動!

松島の夕陽

渥美半島や志摩半島を望め、「東海の松島」と呼ばれるほど美しい景観で有名な篠島。視界を遮るものがなく、広がる伊勢湾の海と空が穏やかな気持ちを運んでくれます。

島から眺める夕景も美しく、特に松島に太陽が沈む様子は「日本の夕日百選」にも選ばれています。絶景を楽しむなら、島の南西部に位置する「歌碑公園」の展望台からの観賞がおすすめ。夕日が海を赤く染め上げる光景は、言葉を失う美しさです。

住所
[歌碑公園展望台]愛知県知多郡南知多町篠島汐味(しあび)
アクセス
[歌碑公園展望台]篠島港から徒歩約30分

篠島に訪れたら必見の観光スポット

「清正の枕石」でパワーチャージ!

清正の枕石

海岸沿いにある「清正の枕石」は、戦国武将・加藤清正に由縁のある石。名古屋城築城にあたって多くの石を篠島で切り出し運んだ際に、清正が見つけた大きな花崗岩が「清正の枕石」です。運あまりの大きさに船へ積み出すことができなかった、という言い伝えがあり、石のサイズは約5.2m×2m、厚さが1.8mほど。近くで見るとその大きさに圧倒されます。

加藤清正といえば、東京の明治神宮にある「清正の井戸」がパワースポットとして話題になった人物。篠島の「清正の枕石」でもパワーチャージしてみませんか。

住所
愛知県知多郡南知多町篠島字南風崎
アクセス
篠島港から徒歩約25分

篠島に訪れたら必見の観光スポット

「篠島サンサンビーチ」の青い海と白い砂浜に癒される

篠島サンサンビーチ

「篠島サンサンビーチ」こと「篠島海水浴場」は、透明度の高い青い海と白い砂浜が広がる絶景ビーチ。海水浴の季節はパラソルやテントの貸し出しもあり、近くの民宿や商店では温水シャワーも利用可能。快適に海水浴が楽しめるスポットです。

約800m続く砂浜は、オフシーズンの景色もおすすめ。ビーチに座って、寄せては返す波を眺めれば、癒されること間違いなしです!

住所
愛知県知多郡南知多町篠島
アクセス
篠島港から徒歩約15分

2. 篠島のおすすめ体験スポット!

篠島のおすすめ体験

子どもも女性もチャレンジ!「篠島釣り天国」で釣り体験

篠島釣り天国

「篠島釣り天国」は、子どもから大人まで釣り体験ができる海上に作られた釣り堀。港の内側にあり、鯛やハマチ、鯵といった海水魚が釣れます。船に乗る事なく、海釣り感覚が楽しめるのが魅力。

釣りのシーズンは、4月から12月まで。初心者でも、事前にやり方を教えてもらえるので安心です。釣り竿のレンタルもあるので、手ぶらで気軽に訪れてみませんか。

営業時間
[4月~9月]7:00~17:00 [10月~12月]8:00~16:00
休み
火曜 ※8月は無休
料金
[2時間]男性3,000円、女性2,000円、子ども2,000円
住所
愛知県知多郡南知多町篠島浦磯42 篠島漁協内
アクセス
篠島港から徒歩約6分

篠島のおすすめ体験

レンタサイクルで「弘法さま」巡り!

弘法さま

気になったスポットに気軽にアクセス!島内を自在に移動するなら、レンタサイクルがおすすめです。篠島は自然も多く、海風も気持ちがいいので、自転車で颯爽と走り抜けてみませんか。

おすすめしたい楽しみ方は「弘法さま」巡り。島内に祀られている弘法さまの数は、なんと88体以上!「島四国88カ所」と呼ばれ、さまざまなお姿の弘法さまに出会えます。
※自転車で「弘法さま」の目の前まで行けない場所もあります。その場合は近くに自転車を停めて徒歩でお参りください。

レンタサイクル貸出所
篠島観光協会・案内所「島の駅SHINOJIMA」
受付時間:10:00~12:00、13:00~15:00(月曜休)
料金:[2時間]500円、[1日]1,000円、[1泊2日]1,500円
※自転車で島内を一周することはできません
住所
[篠島観光協会・案内所]南知多町大字篠島字浦磯28
アクセス
[篠島観光協会・案内所]篠島港から徒歩約1分

3. 篠島名物!魅惑のグルメを楽しむ

魅惑のグルメを楽しむ

日本有数の水揚げ量!篠島の「しらす」を堪能

しらす

左上:生しらす / 右上:釜揚げしらす / 左下:しらす佃煮 / 右下:しらす天ぷら
写真提供:篠島 民宿 妙子

篠島グルメといえば「しらす」。篠島では「しらす漁」が盛んに行われており、漁港単位での漁獲量が日本一といわれています。旬である4月から12月の時期は「生しらす」が名物。鮮度が落ちるのが早いため、水揚げ地でしか楽しめない味を堪能できます。新鮮だからこそ感じられる歯ごたえや独特な甘みは、ご飯もお酒も進むこと間違いなし!

島内には加工場が複数あり、観光案内所のお土産処ではちりめんじゃこや釜揚げしらす、しらすを使った色々なお菓子が揃っています。また、宿でも様々なしらすメニューを提供していることが多いので、ぜひ篠島の「しらす」を味わってください。

生しらすの時期
4月〜12月
篠島観光協会・案内所
「島の駅SHINOJIMA」
住所:南知多町大字篠島字浦磯28
アクセス:篠島港から徒歩約1分

魅惑のグルメを楽しむ

冬の贅沢はコレ!「とらふぐ料理」に舌鼓

とらふぐ料理

料理一例:とらふぐのコース料理
写真提供:香翠荘<篠島>

愛知県は「とらふぐ漁」が盛んで、過去には水揚げ高で下関を上回ったこともあるほど。中でも、篠島は「ふぐの島」として知られる名産地です。10月に漁が解禁され、3月まで味わえる冬ならではのグルメ。篠島港で水揚げされた新鮮で上質な「とらふぐ」がお値打ち価格で食べられます。

シーズン中は宿泊施設やお食事処で、フグ刺しやてっちり、フグのから揚げや白子など、趣向を凝らしたふぐ料理が並びます。篠島が誇る、自慢のとらふぐ料理をぜひお召し上がりください。

4. 観光ガイドの申し込みについて

篠島では、島民による「観光ガイド」を申し込むことができます。島民ならではの話を聞きながら、篠島の歴史や自然を体感してみませんか。コースは2種類。6つの名所を巡る初心者コースと、10箇所を巡る上級者コースがあります。(要事前予約)

事前予約
篠島観光協会 TEL:0569-67-3700
料金
初級コース3,000円、上級コース5,000円
※ガイド1名に対しての料金

5. 篠島までのアクセス

【電車でのアクセス】
名鉄「名古屋」駅(約50分)より「河和」駅下車、「河和港(こうわこう)」行きの無料送迎バス(3分)乗車
→「河和港」より高速船で「篠島港」へ

<河和港・高速船>
所用時間:河和港から約30分 ※日間賀島経由
料金:大人1,400円、子供710円

【車でのアクセス】
知多半島道路「大府西」ICから「豊岡」JTC経由で「師崎港」
→「師崎港」からフェリーで「篠島港」へ

<師崎港・フェリー>
所用時間:河和港から約20分
料金:大人600円、子供300円、普通車4,690円
※高速船も運行あり、但し車は乗船不可

6. 篠島周辺の旅館・ホテル

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2019 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ