旅のランキング

大分県おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~

大分県担当現地スタッフおすすめの大分を訪れたら絶対に外せない観光スポットをご紹介!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている大分の穴場観光地も!

大分県担当現地スタッフおすすめの大分を訪れたら絶対に外せない観光スポットをご紹介!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている大分の穴場観光地も!

日本一の「おんせん県」、大分へ!

九州地方東部にある大分県は、温泉の源泉数、湧出量ともに日本一を誇る「おんせん県」。源泉の地獄めぐりも楽しい「別府温泉」や、由布岳など自然美もすばらしい「由布院温泉」などのほか、「泥湯」や「塩湯」など全国的にも珍しい温泉が点在するのも特徴です。豊後水道で獲れる新鮮な海の幸を目当てに訪れるのもおすすめで、特に関アジ、関サバのおいしさは有名。独自の仏教史跡が残る国東半島では歴史探訪の楽しみも!

初めての人に訪れて欲しい大分のおすすめ定番スポット

別府市

別府地獄めぐり

別府地獄めぐり

1000年以上も昔から噴気・熱泥・熱湯などが噴出している自然湧出の源泉「地獄」を周遊する、別府温泉観光の定番コース。海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は「別府の地獄」として国の名勝に指定されています。足湯や日帰り入浴施設のある地獄もあり、地獄蒸し焼きプリンや血の池軟膏などオリジナル土産も楽しみ!

【現地スタッフおすすめコメント】

7ヵ所の地獄を巡る別府温泉観光の定番です!

営業時間
8:00~17:00 年中無休
料金
共通観覧券:大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
※購入日とその翌日(2日間)有効
アクセス
海地獄からまわる場合
【車】大分自動車道「別府IC」より車で約5分
【電車】JR日豊本線「別府駅」または「亀川駅」よりタクシーで約10~15分

玖珠郡・九重町

九重“夢”大吊橋

九重“夢”大吊橋

長さ390m、高さ173m、幅1.5mの「九重“夢”大吊橋」は、歩道専用として日本一の高さを誇る吊り橋。目前に日本の滝百選にも選ばれた、震動の滝・雄滝や雌滝を望み、足下には鳴子川渓谷の原生林が広がります。四季折々の大自然を360度の絶景パノラマで堪能でき、吊橋全体が見渡せる展望広場では記念撮影も忘れずに。

【現地スタッフおすすめコメント】

「天空の散歩道」と呼ばれる絶景の吊り橋です

営業時間
1~6月、11~12月:8:30~17:00 7~10月:8:30~18:00 年中無休
※入場券販売終了は各30分前まで
料金
入場料:中学生以上500円、小学生200円、小学生未満無料
アクセス
【車】大分自動車道「九重IC」より車で約25分
【バス】九重インターよりタクシー、コミュニティバス「大吊橋中村口(九重“夢”大吊橋)」より徒歩すぐ

由布市

由布岳

由布岳

人気温泉地・由布院のシンボルでもある、標高1,583メートルの活火山。円錐形のその形から“豊後富士”として親しまれています。古来から信仰の山として『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が記されました。由布院盆地では、各所から由布岳を望むことができ、別府湾からも鶴見岳の後方にその姿を望むことができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

“豊後富士”と呼ばれる由布院のシンボルです

アクセス
【車】大分自動車道「湯布院IC」より車で約15分
【電車・バス】JR日豊本線「別府駅」より亀の井バス湯布院行で約50分、「由布登山口」より徒歩すぐ

由布市

金鱗湖(きんりんこ)

金鱗湖(きんりんこ)

湖底の一部から温泉と清水が湧き出る不思議な湖。由布岳の下にある池ということで、大分なまりで「岳ん下ん池(=岳の下にある池)」と呼ばれていましたが、明治17年に儒学者の毛利空桑が、湖の魚の鱗が夕日に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたとのこと。秋から冬の早朝には、温泉を含んだ湖が蒸気した朝霧が幻想的です。

【現地スタッフおすすめコメント】

湖の周りの散策路は紅葉スポットとしても人気

アクセス
【車】大分自動車道「湯布院IC」より車で約10分
【電車】 JR久大本線「由布院駅」から徒歩約25分

竹田市

阿蘇くじゅう国立公園「久住高原」

阿蘇くじゅう国立公園「久住高原」

久住山を主峰とするくじゅう連山の南麓に、広大な緑のパノラマが広がる「久住高原」。春は黒(野焼き)、夏は青(草原)、秋は赤(紅葉)、冬は白(雪原)などが楽しめ、特に野焼きは環境省の「かおり風景100選」にも選出。くじゅう地域入口にある長者原ビジターセンターからは、タデ原湿原の自然観察路へとアクセスできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

夜は満天の星空も壮大な美しさで必見です!

営業時間
長者原ビジターセンター
開館時間:9:00~16:00(5~10月は17時閉館)休館日:12/29~1/3
料金
長者原ビジターセンター利用料無料
アクセス
【車】大分自動車道「湯布院IC」より車で約30分
【電車・バス】JR久大本線「豊後中村駅」より日田バス牧ノ戸峠行きで約50分、「くじゅう登山口(長者原)」下車、徒歩すぐ

宇佐市

宇佐神宮

宇佐神宮

豊後一の宮で全国に4万社あまりある八幡宮の総本社。神亀2年の創建以来、伊勢神宮につぐ第2の宗廟として皇室の崇敬も厚く、勅祭社16社に列されています。典型的な八幡造りの本殿は国宝指定され、年間を通して150近くの祭典が行われています。車椅子やベビーカーなどでの参拝には、無料でモノレールの運行も。

【現地スタッフおすすめコメント】

表参道では御乳飴伝説の宇佐飴をお土産に!

営業時間
4~9月:5:30~21:00 10~3月:6:30~21:00(正月期間を除く)年中無休
※モノレール運行時間:8:00~16:30
料金
拝観無料 ※その他、史跡・寺社により異なる
アクセス
【車】東九州自動車道「宇佐IC」より車で約15分
【電車・バス】JR日豊本線「宇佐駅」より大分北部バス四日市方面行きで約10分、「宇佐八幡」下車すぐ

由布市

湯の坪街道

湯の坪街道

由布岳の麓にある「湯の坪街道」は、由布院の土産や味が勢揃いするイチオシの観光スポット。通り沿いには、江戸時代の番屋を思わせる情緒豊かな店構えが約70店ほど軒を連ね、柚子ごしょうなど大分の特産品を販売している土産物店やご当地グルメが味わえる飲食店などもあり、週末には多くの観光客で賑わっています。

【現地スタッフおすすめコメント】

とり天などご当地グルメの店も軒を連ねます!

アクセス
【車】大分自動車道「湯布院」ICより車で約10分
【電車】JR久大本線「由布院駅」より徒歩約7分

日田市

日田温泉 屋形船と鵜飼い

日田温泉 屋形船と鵜飼い

豊かな水をたたえた三隈川沿いに7軒の宿を持つ日田温泉。屋形船での夕食と鵜飼いを楽しめるのが特徴で、200年の伝統を誇る屋形船は、全国でも長良川と並び称される規模。40捜以上の屋形船が川面にならぶ姿は古くより日田の風物詩であり、毎年5/20~10月下旬に開催される鵜飼いでは、水郷・日田の情緒を満喫できます。

【現地スタッフおすすめコメント】

川の上でいただくお料理は最高の贅沢です!

営業時間
18:30~19:00の出航で約2時間半 年中無休
料金
乗合大人3,150円~(食事代別途)※屋形船の予約は各旅館にて
アクセス
【車】大分自動車道「日田IC」より車で約15分
【電車】JR久大本線「日田駅」より徒歩約15分

大分市

高崎山自然動物園

高崎山自然動物園

約1,300頭の日本ザルが生息する自然公園。檻もなく、自然のままの生き生きとした姿の猿が観光客のすぐ近くまでやってきます。麓の入口からさるっこレールに乗ってサル寄せ場まで行くのはもちろん、自然の中の遊歩道をのんびりと歩くのもおすすめ。30分に1回の小麦と1日2回のイモの餌付けタイムが見どころです。

【現地スタッフおすすめコメント】

有名なお猿さんや可愛い子ザルに会えます!

営業時間
8:30~17:00(最終入園16:30)年中無休
料金
大人510円、中・小学生250円、幼稚園児以下無料
※大分市内の中・小学生は無料
さるっこレール乗車料:1人100円(幼児無料)
アクセス
【車】大分自動車道「大分IC」より車で約25分
【電車・バス】JR日豊本線「別府駅」より大分交通バス大分駅行きで約15分、「高崎山自然動物園前」下車すぐ

別府市

別府温泉 杉乃井ホテル

別府温泉 杉乃井ホテル

3世代で楽しめる温泉リゾートホテル。大展望露天風呂「棚湯」は、市街地と別府湾を一望でき、晴れた日には、四国佐田岬までを望む絶景。水着で楽しむ露天型温泉施設「ザ アクアガーデン」や噴水ショー、「アクアビート」(期間限定営業)、「300万球のイルミネーション」(年中開催)、3Dマッピング、カラオケ、ボウリング、ゲームコーナー、キッズランドなど沢山のアミューズメント施設が備わり、1日中ホテルで過ごすことができ、宿泊はもちろん、日帰りでも楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

日帰り利用できる温泉施設やバイキングも人気!

営業時間
【日帰りでの営業時間】
棚湯:9:00~23:00(最終入場22:00)
ザ アクアガーデン:12:00〜23:00(最終入場22:00)
料金
棚湯・ザ アクアガーデン共通入場料金:中学生以上1,500円(2,000円)、3歳以上~小学生900円(1,200円)※()内は土日祝の料金
アクセス
【車】大分自動車道「別府IC」より車で約5分
【電車】JR日豊本線「別府駅」西口より無料シャトルバスあり

担当スタッフおすすめ!大分のおすすめ穴場スポット

由布市

やまなみハイウェイ

やまなみハイウェイ

別府から阿蘇の一の宮を結ぶ県道11号は、“日本百名道”にも選ばれている「やまなみハイウェイ」。森林の中を走り、くじゅう連山を望む長者原を抜けていく全長約50キロの道のりには、新緑や紅葉、雪など四季折々の大パノラマが広がります。途中には、温泉施設やレストランも備えた観光牧場など立ち寄り処も多彩です。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本でも有数のワインディングロードです!

営業時間
24時間 年中無休
料金
通行料無料
アクセス
【車】大分自動車道「湯布院IC」より車で約35分

別府市

鶴見岳展望台

鶴見岳展望台

別府市西部にそびえ立つ、標高1,375メートルの鶴見岳。その山頂へとアクセスするロープウェイ山頂駅の展望台は、別府市街から大分市まで見渡す絶景ポイント。7~10月の週末などはロープウェイが夜間営業し、九州屈指の夜景スポットとしても人気です。山全体をソメイヨシノのピンクの花が覆う、春の景色も必見の美しさ。

【現地スタッフおすすめコメント】

九州でも屈指の人気のおすすめ夜景スポット

営業時間
ロープウェイ運行時間:9:00~17:00 ※11月中旬~3月中旬は16:30まで
ナイター営業有り 詳細は別府ロープウェイ
0977-22-2278 http://www.beppu-ropeway.co.jp/
料金
ロープウェイ利用料金(往復):中学生以上1,600円、4歳以上~小学生800円
※シニア(70歳以上)と中学生は年齢証明書提示で大人料金より200円引き
アクセス
【車】大分自動車道「別府IC」から車で約5分
【電車・バス】JR「別府駅」西口から「亀の井バス(由布院線・堺線)」約20分

豊後高田市・国東市

国東半島 石仏巡り

国東半島 石仏巡り

九州・大分県の北東側に位置し、丸く突き出た形状の国東半島。別名『仏の里』『石仏の里』とも呼ばれ、独自の仏教文化による磨崖仏や史跡が数多くあることでも有名です。全国八幡社の総本山でもある「宇佐神宮」を基点に、国の重文指定もされている日本最古・最大級の「熊野磨崖仏」など、神秘的な石仏巡りがおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

岸壁に刻まれた磨崖仏が数多く残る観光名所

営業時間
熊野磨崖仏(胎蔵寺)
8:00~17:00(閉門)無休
料金
大人200円、小人100円
アクセス
【車】大分空港より約1時間
【電車】JR日豊本線「中山香駅」からタクシーで約10分
大分交通 定期観光バス「国東半島史跡巡り」コースあり

別府市

岡本屋売店

岡本屋売店

江戸時代から続く明礬採取の史跡名所である明礬温泉。その休憩&土産処でもある「岡本屋売店」は名物「地獄蒸しプリン」の店。昭和63年から変わらぬ地獄蒸し製法でひとつずつ手作りするプリンは、苦味が効いたカラメルと濃厚な味わいが自慢。湯煙や湯の花小屋を眺めながら、温玉うどんなど多彩な味も楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

地獄蒸しプリンのパフェやアイスも人気です!

営業時間
8:30~18:30 年中無休
料金
地獄蒸しプリン260円~、地獄パフェ650円、温玉うどん550円など
アクセス
【車】大分自動車道「別府IC」より車で約5分
【電車・バス】JR日豊本線「別府駅」よりタクシーで約15分・バスで約30分

佐伯市

塩湯

塩湯

東九州屈指の魚の美味しい地域・佐伯市にある「塩湯」は、海鮮料理と海水風呂を楽しめるスポット。ミネラルたっぷりの海水を沸かしたお風呂からは海が見渡せ、運がよければ野生のイルカの姿を見ることも! 併設の食事処では漁師直営の新鮮な海鮮丼や海鮮焼などを用意。湯上りの塩湯ソフトクリームも必食のおいしさです。

【現地スタッフおすすめコメント】

海水100%のお湯は肌がすべすべになります!

営業時間
10:00~23:00(入浴)、11:00~20:30(食事)
水曜定休(祝日の場合は翌日)
料金
入浴料金:大人500円、小人300円、家族風呂貸切1時間1,500円
アクセス
【車】東九州自動車道「津久見IC」より車で約20分
【電車】JR日豊本線「浅海井駅」より徒歩約15分

豊後高田市

豊後高田「昭和の町」

豊後高田「昭和の町」

昭和30年代当時の活気と賑わいある商店街を再現し、温かくも懐かしい雰囲気が味わえる散策スポット。昭和を体感できる博物館「昭和ロマン蔵」をはじめ、各店では、店の歴史を物語る“一店一宝”の展示や、店に代々伝わる“一店一品”など自慢の昭和の品も販売。土日祝を中心に、昭和32年式のボンネットバスも無料運行。

【現地スタッフおすすめコメント】

昭和にタイムスリップした気分が味わえます

営業時間
昭和ロマン蔵:店舗により異なる
料金
昭和ロマン蔵(駄菓子の夢博物館+夢町三丁目館+昭和の絵本美術館)3館共通入館料:大人830円、小中高生580円
アクセス
【車】「宇佐市岩崎交差点」より国道213号経由で約10分
【電車】JR日豊本線「宇佐駅」より豊後高田行きバスで約11分、「豊後高田バスターミナル」下車、徒歩すぐ

別府市

泥湯

泥湯

鉱泥浴と呼ばれ、温泉の成分に含まれた泥で入浴する「泥湯」。全国でも希少な泥湯が、別府市には現在2ヶ所あります。泥田のような「別府温泉保養ランド」と野湯であり天然の泥湯の「鍋山の湯」。いずれも泥湯ならではの独特の湯触りと、高い保温効果や美肌・美白効果で温泉マニアの間でも人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

別府には現在2ヶ所の泥湯があります!

営業時間
別府明礬温泉 別府保養ランド
9:00~22:00(月曜のみ20:00まで)、年中無休
料金
大人1,100円、小人600円、幼児350円
アクセス
【車】大分自動車道「別府IC」より車で約15分
【電車・バス】JR日豊本線「別府駅」より亀の井バスで約30分、「紺屋地獄前」下車

中津市

青の洞門

青の洞門

競秀峰の裾に位置する「青の洞門」は、江戸時代、難所だった道を安全に通行できるようにと、禅海和尚が全長約342メートルを30年(1764年完成)かけて掘り抜いた手掘りのトンネル。現在も明かり採り窓などに当時のノミ跡が残っています。大正8年に発表された菊池寛の短編小説「恩讐の彼方に」で一躍有名になりました。

【現地スタッフおすすめコメント】

禅海和尚の偉業が体感できるトンネルです

営業時間
24時間 年中無休
料金
通行料無料
アクセス
【車】東九州自動車道「上毛IC」より車で約20分
【電車・バス】JR日豊本線「中津駅」より大分交通バスで約30分、バス停:青の洞門下車、徒歩すぐ

別府市

別府海浜砂湯

別府海浜砂湯

上人ヶ浜の一角にある別府海浜砂湯は、名物・砂風呂が体験できるスポット。常時42度に保たれた砂場に、専用浴衣に着替えて寝転べば、砂かけさんたちが全身に砂をかけてくれます。砂の温もりと目の前の海の眺めを楽しみながら、心身共にデトックスできること間違いなし! 男女別の内湯や休憩所も完備しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

可動式屋根が設置され、雨でも体験できます!

営業時間
3月~11月:8:30~18:00(最終受付17:00)
12月~2月:9:00~17:00(最終受付16:00)
第4水曜定休(祝日の場合は翌日)
料金
入浴料金1,030円
アクセス
【車】大分自動車道「別府IC」より車で約15分
【電車・バス】JR日豊本線「別府駅」より亀の井バスで約15分「六勝園・別府海浜砂湯前」下車

大分市

あまべの郷 関あじ関さば館

あまべの郷 関あじ関さば館

豊後水道の新鮮な魚介類と地元特産品を揃えるグルメ&お土産スポット。1階では「関さばの一夜干し」や地元の食材で作る「木佐上 安心とうふ」「やぎアイス」などを販売。海を眺める2階レストランでは、旬の地魚ふんだんに使用した名物「関の海鮮丼」をはじめ、期間限定のくろめ料理などが多彩なおいしさが味わえます。

【現地スタッフおすすめコメント】

旬の地魚を贅沢に使用した名物海鮮丼は必食です

営業時間
直売所(1階):9:00~17:00   
レストラン(2階):平日11:00~17:00、土日祝11:00~21:00頃
年中無休 ※年末年始の営業については、お問合せください。
料金
関の海鮮丼1,200円、クロメ丼1,100円、関あじ御膳2,500円ほか
アクセス
【車】JR日豊本線「幸崎駅」より車で約15分


今回ご紹介した大分の観光スポット

大分旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ