旅のランキング

盛岡観光スポット20選!モデルコースにグルメや穴場もご紹介

盛岡を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番のモデルコース以外にも、グルメや穴場観光地も!

盛岡を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番のモデルコース以外にも、グルメや穴場観光地も!

石川啄木や宮沢賢治ゆかりの地・盛岡へ!

岩手県の県庁所在地であり、石川啄木や宮沢賢治が青春時代を過ごした地でもある「盛岡市」。「もりおか啄木・賢治青春館」や「岩手銀行赤レンガ館」「旧石井県令邸」など、明治期の希少な洋館が建ち、歴史と文化が息づく街中は、レトロな雰囲気が魅力。わんこそばや盛岡冷麺などの名物グルメも多く、年間300日以上開催する「盛岡神子田の朝市」も見もの。ワカサギ釣りのメッカ「岩洞湖」や「岩山展望台」では東北ならではの自然美も楽しめます。

1.初めての盛岡!定番モデルコース

盛岡市

現存する石垣が見事!「盛岡城跡公園(岩手公園)」

盛岡城跡公園(岩手公園)

盛岡藩初代藩主・南部信直の指示のもと、慶長年間(1596~1614)に築城を始め、寛永10(1633)年に完成した盛岡城の旧跡。北上川、雫石川、中津川を自然の壕として利用し、南部盛岡の不来方城とも呼ばれた平城です。明治維新の際に取り壊されましたが、花崗岩を積み重ねた見事な石垣は現存。日本百名城のひとつで、春の桜や秋の紅葉などが美しいスポットです。

アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より盛岡都心循環バスでんでんむし「盛岡城跡公園」停下車、徒歩約1分
【車】東北道「盛岡」ICより約30分

盛岡市

2人の偉人のテーマ館「もりおか啄木・賢治青春館」

もりおか啄木・賢治青春館

明治43(1910)年築の洋館「旧第九十銀行」を保存活用した、石川啄木と宮沢賢治のテーマ館。郷土が生んだ2人の偉人が、それぞれに多感な時代を過ごした盛岡の街や、彼らの青春時代を多彩な資料で紹介します。国の重要文化財にも指定される建物内では、企画展やコンサートも開催し、喫茶コーナーやショップも併設しています。

営業時間
10:00~18:00(最終入場17:30)※2階展示ホール観覧時間は17:00まで、喫茶・ミュージアムショップは17:30まで(喫茶LO17:00)
休館日
第2火曜(祝日の場合は翌日)・12/29~1/3
料金
入場無料
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より盛岡都心循環バスでんでんむし「盛岡バスセンターななっく前」停下車、徒歩約3分
【車】東北道「盛岡」ICより約40分

盛岡市

明治期のルネッサンス風建築「岩手銀行赤レンガ館」

岩手銀行赤レンガ館

明治44(1911)年に、盛岡銀行本店として建築。赤レンガ、ルネッサンス風の輪郭が、当時の洋風建築の特徴を今に伝えています。設計は東京駅でも有名な辰野・葛西建築設計事務所。辰野金吾が設計した東北地方に唯一残る作品です。平成24(2012)年8月に銀行としての営業を終了し、平成28(2016)年7月に公開施設として生まれ変わりました。

営業時間
10:00~17:00(最終入場16:30)、火曜・12/29~1/3休
料金
大人300円、小中学生100円 ※無料ゾーンあり
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より盛岡都心循環バスでんでんむし「盛岡バスセンターななっく前」停下車、徒歩約1分
【車】東北道「盛岡」ICより約10分

盛岡市

12の社殿を持つ古社「盛岡八幡宮」

盛岡八幡宮

延宝8(1680)年、第29代南部重信公によって建立された古社。災害や風雪被害などの影響で再建を繰り返し、平成9(1997)年に現在の社殿となりました。敷地内には、縁結美神社や交通安全祈祷殿など12の社殿があり、農業、工業、商業、学問など生活に密接した神として崇敬を集めています。

アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「八幡宮前」停下車すぐ
【車】東北道「盛岡」ICより約15分

盛岡市

国の第1号天然記念物「石割桜」

石割桜

盛岡地方裁判所中庭にある、推定樹齢約360年のエドヒガンザクラ。寛永年間頃、落雷によってできた岩の割れ目に桜の種子が入り込み成長したという伝承があり、巨大な花崗岩を割って伸びる木に、見事な花を咲かせます。大正12(1923)年には国の第1号天然記念物に指定。毎年4月中旬頃から開花シーズンを迎え、夜桜も幻想的です。

見頃
4月中旬~4月下旬
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より盛岡都心循環バスでんでんむし「中央通一丁目」停下車、徒歩約1分
【車】東北道「盛岡」ICより約30分

盛岡市

宮沢賢治の聖地!「光原社」

光原社

大正13(1924)年に、宮沢賢治の童話集『注文の多い料理店』を発刊した出版社「光原社」。創業者は、盛岡高等農林学校で賢治の後輩だった及川四郎。社名も賢治によって名付けられました。柳宗悦など民藝運動家たちとの交流も盛んだったと言われています。現在はうるし工房製作の漆器各種や陶器、ガラス製品などを扱い、北上川に面した喫茶室も備えます。

営業時間
10:00~18:00(1/5~3/14は17:30まで)、毎月15日(土日祝の場合は翌日)休
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より徒歩約5分
【車】東北道「盛岡」ICより約20分

2.盛岡のおすすめグルメスポット

盛岡市

名物わんこそばの老舗「東家 本店」

東家 本店

創業明治40年。岩手県名物、わんこそばの店。ひと口分ほどのそばが入ったお椀を空にすると、すぐに給仕さんが「はい、じゃんじゃん」と言いながら、お代わりのそばをお椀に投げ入れていきます。手でお椀に蓋をするまではお代わり無限。100杯以上食べるとオリジナルの「わんこそば証明手形」がもらえます。わんこそば以外にも、南部そば定食や岩手の郷土料理、南部の晴食を再現したお振舞膳など、種類豊富なメニューが魅力です。

営業時間
11:00~15:00(LO)17:00~20:00(LO)、無休
メニュー例
わんこそば2,920円~、南部そば定食2,160円~など
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「盛岡バスセンター」停下車、徒歩約3分
【車】東北道「盛岡」ICより約15分

盛岡市

盛岡冷麺を食べるならここ!「盛楼閣」

盛楼閣
盛楼閣冷麺

盛岡三大麺のひとつ、盛岡冷麺の人気店。牛骨やすね肉をベースにしたスープに、コシのある自家製麺と自家製キムチを合わせた自慢の冷麺は、辛さの調整も可能。最大級の特辛から辛味別まで、好みのおいしさで味わえます。そのほかにも、7種類の野菜とコラーゲン豊富な肉をベースにした温麺や、上質な黒毛和牛にこだわった焼肉も人気です。

営業時間
11:00~翌2:00、12/31のみ休
メニュー例
盛楼閣冷麺1,000円、特製温麺1,400円など
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より徒歩約2分
【車】東北道「盛岡」ICより約20分

盛岡市

盛岡名物!じゃじゃ麺の元祖店「白龍(ぱいろん)本店」

白龍(ぱいろん)本店
じゃじゃ麺 中盛

初代・高階貫勝氏が戦前旧満州で味わった炸醤麺が元祖といわれる、盛岡名物「じゃじゃ麺」の店。ひき肉、ゴマなど10数種類の材料を混ぜ込んだ秘伝の味噌と、もちもちの平打ち麺が特徴で、ヤミツキ度高め。まずはそのまま麺と味噌をかき混ぜて味わい、その後、ラー油やニンニク、ショウガ、酢などを合わせ、最後は玉子スープでいただくのが美味しい食べ方とのこと。

営業時間
月~土曜日:9:00~21:00(LO20:40)日曜日:11:30~19:00(LO18:45)、無休(お盆、年末年始のみ休)
メニュー例
じゃじゃ麺 中盛600円、ちいたんたん(玉子スープ)50円など
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より盛岡都心循環バスでんでんむし「県庁・市役所前」停下車、徒歩約2分
【車】東北道「盛岡」ICより約15分

盛岡市

ご当地名物コッペパン「福田パン 長田町本店」

福田パン 長田町本店

盛岡で知らない人はいないほど、地元住民に愛されているご当地パン。本店に行くと、ふわふわのコッペパンに好みの具を目の前で挟んでくれます。スイーツ系から調理系まで約60種類ともいわれる多彩な具には、店舗限定の味も随時登場。2種類の具を組み合わせることもでき、定番人気はあんバターやジャムバターなど。イートインスペースもあり。

営業時間
7:00~17:00、無休(お盆、年末年始のみ休)
料金
あんバター159円、ハムサンド205円など
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より徒歩約15分
【車】東北道「盛岡」ICより約20分

盛岡市

全国1位に輝いた地ビール「べアレンビール」

べアレンビール

「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストで、国内200余りのビール醸造所のなかからグランプリを受賞した「ベアレン・クラシック」が有名。ドイツ南部から100年以上前のヴィンテージな仕込み設備を買い付けた醸造所では、当時の伝統的なビール造りを行なっています。醸造所の見学や直売所もあり、できたて地ビールの試飲も可能。

営業時間
10:00~18:00、年末年始・1/9休
料金
醸造所見学1人100円~(ビール試飲付きは1人500円)※醸造所見学は要予約
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「北山」停下車、徒歩約3分
【車】東北道「盛岡」ICより約20分

3.知る人ぞ知る!盛岡の穴場スポット

盛岡市

季節の産直特産品が並ぶ「盛岡神子田の朝市」

盛岡神子田の朝市

長年、市民の台所として親しまれ、年間300日以上営業している、組合形式としては日本最大規模の市。毎朝5時頃から始まり、春は山菜、秋はキノコなど、一年を通じて採れたての野菜や果物、漬物や魚などが所狭しと並びます。買い物の途中には、ひっつみ汁やラーメン、モツ煮込み、コーヒーなども味わえ、地元客をはじめ観光客にも人気です。

営業時間
5:00~8:30、月曜休(5月~12月の祝日は営業)
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅よりタクシーで約15分
【車】東北道「盛岡」ICより約30分

盛岡市

本格的な明治期の洋館「旧石井県令邸」

旧石井県令邸

盛岡で最も古い本格的なレンガ造りの洋館。現在の県知事にあたる第二代石井省一郎県令の私邸の洋館として、明治18~19年に建設され、昭和52年に盛岡市歴史的建造物に指定。現在では様々なイベントを随時開催し、明治時代から残る美しい木の床や窓枠などからインスピレーションを得た、作家作品のアクセサリーなども販売しています。

営業時間
11:00~18:00、不定休 ※見学は要電話予約(019-651-1606)
料金
見学無料(イベントにより入館料が異なる)
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「下の橋町」停下車、徒歩約5分
【車】東北道「盛岡」ICより約15分

盛岡市

盛岡の自然美を満喫!「御所湖」

御所湖

雫石川の上流に建設された御所ダムによってできた人造湖。奥羽山脈や南部片富士の山容を広大な湖面に映し出し、四季折々の自然の美しさを堪能できます。周辺は広域公園として整備され、大芝生広場やジャブジャブ池のあるファミリーランドや、ゴーカート、変わり自転車などがある乗り物広場も完備。子供から大人まで楽しめます。

御所湖広域公園(ファミリーランド)
開園期間:4月上旬~11月上旬
営業時間:9:00~17:00(レクリエーション広場は16:30まで)
料金:無料(レクリエーション広場は有料)
御所湖広域公園(乗り物広場)
営業時間:9:00~16:30、木曜休
料金:無料
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「農協御所支所前」停下車、徒歩約1分
【車】東北道「盛岡」ICより約25分

4.盛岡のおすすめデートスポット

盛岡市

地上20階から市街を一望「マリオス展望室」

マリオス展望室

JR盛岡駅西口にある地上20階建ての高層ビル「マリオス」。その最上階には、盛岡市内が360度のパノラマで一望できる展望室があります。特に盛岡駅を見下ろす南東方面が美しく、デートスポットとしても人気。開放時間は18時までのため、夜景は8月の「盛岡花火の祭典」および「舟っこ流し」開催日の延長時間や冬期限定で楽しめます。

営業時間
9:00~18:00、無休(マリオス全館休館日の元旦のみ休)
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より徒歩約5分
【車】東北道「盛岡」ICより約20分

盛岡市

盛岡随一の夜景スポット「岩山展望台」

岩山展望台

盛岡市街の東、標高約340mの小高い丘陵地にある岩山公園。園内の展望台からは岩手山や姫神山・早池峰山の北上山系、さらには奥羽山脈までが一望でき、迫力満点。展望台周辺は、野鳥や植物の観察ができる散策路も整備され、休日は家族連れで賑わいます。また、盛岡全景を望む夜景スポットとしても人気があり、夜はデートスポットにも!

アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス岩山展望台行きで「岩山展望台」停下車、徒歩約5分
【車】東北道「盛岡南」ICより約30分

盛岡市

白を基調とした建築美も注目「岩手県立美術館」

岩手県立美術館

盛岡市中央公園に位置する美術館。萬鐡五郎、松本竣介、舟越保武などの岩手が誇る郷土作家の作品を中心に常設し、さまざまなテーマによる魅力的な企画展も随時開催しています。ライブラリーやデジタルビジョンによる資料も充実し、講演会やワークショップ、コンサートといった美術に親しむための多彩なイベントが好評です。

営業時間
9:30〜18:00(最終入館17:30)、月曜(祝日・振替休日の場合は翌日)・12/29~1/2休
料金
常設展:大人410円、学生310円、高校生以下無料
企画展:企画ごとに変わります
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「県立美術館前」停下車、徒歩約1分
【車】東北道「盛岡」ICより約15分

5.子供におすすめ!盛岡の体験スポット

盛岡市

氷上ワカサギ釣りのメッカ!「岩洞湖(がんどうこ)」

岩洞湖

周囲の総延長約40キロメートル、白樺林に囲まれた神秘的な佇まいは日本一美しい人造湖といわれています。11月頃~翌年5月GW頃まではワカサギ釣りのメッカとしても知られ、例年1月上旬の結氷後には氷上のワカサギ釣りも楽しめます。竿・エサ・仕掛けなどの釣り道具は現地レンタル可能。周辺には、キャンプ場や遊歩道も整備されています。

営業期間
ワカサギ釣り解禁:11月頃~5月GW頃の日の出~日没
氷上ワカサギ釣り:1月中旬~3月下旬
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅よりJRバス岩泉・龍泉洞行き「岩洞湖」停下車すぐ
【車】東北道「盛岡」ICより約60分

盛岡市

家族で楽しむほのぼのスポット「盛岡市動物公園」

盛岡市動物公園

岩山の南斜面にあり、自然の地形や植生をできるだけ生かした園内で、自然とふれあいながら動植物の観察ができる公園。約100種類800頭羽の動物たちが生息し、ウサギやモルモットを抱っこできる「こどもどうぶつえん」は、ほのぼのとした雰囲気に包まれています。広い芝生広場ではお弁当の持ち込みもOK。週末には多彩なイベントも開催されます。

営業時間
9:30~16:30、水曜(祝日の場合は翌日)休・12/3~3/14は冬期休園
料金
大人(高校生以上)500円、中学生以下無料
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅から岩手県交通バス「動物公園前」停下車すぐ
【車】東北道「盛岡」ICより約40分

盛岡市

伝統工芸がテーマの施設「盛岡手づくり村」

盛岡手づくり村

盛岡の工芸品、民芸品、食べ物などの伝統技術を集めた施設。14工房が並ぶ手づくり工房ゾーンでは、「見る、触れる、作る」が一度に体験可能。南部せんべい、南部鉄器、岩谷堂箪笥などの職人技を見学できるほか、手づくり教室も随時開催されています。江戸後期の南部曲り家の見学や、約4,000種類の岩手土産のショッピングも楽しみのひとつ。

営業時間
8:40~17:00、無休(年末年始のみ休)
料金
展示資料室:入場100円 ※手づくり工房での体験は有料(陶芸1,400円~など)
アクセス
【電車】JR「盛岡」駅より岩手県交通バス「盛岡手づくり村前」停下車すぐ
【車】東北道「盛岡」ICより約10分

6.今回ご紹介した盛岡の観光マップ

7.盛岡旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2019 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ