旅のランキング

現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

羽田空港からたんちょう釧路空港まで約1時間半、北海道東部の太平洋沿岸に位置する釧路。釧路湿原国立公園、阿寒摩周国立公園をはじめ豊かな自然に恵まれており、特別天然記念物のタンチョウ、マリモといった貴重な動植物に出会えます。「和商市場」などで、北海道ならではの海産物をいただけるのも魅力。アイヌ文化と交流できる貴重なスポット「アイヌコタン」も有名です。

釧路湿原

釧路湿原

釧路川とその支流を抱く大自然が広がる「釧路湿原」。東京都心がすっぽり入ってしまうほどの面積を誇ります。散策路を歩けば、特別天然記念物のタンチョウといった水鳥をはじめ、多種多様な動植物に出会えます。

トレッキングだけでなく、カヌー、ワカサギ釣りなどの豊富なアウトドア体験で、大自然を満喫。釧路川や湿原を一望できる展望台も点在しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本最大の湿原。国の特別天然記念物のタンチョウをはじめ、多くの動植物の貴重な生息地となっています。

住所
北海道釧路市
アクセス
【車】たんちょう釧路空港から釧路市湿原展望台まで車で約20分
【電車】JR釧路駅から釧路市湿原展望台まで車で約30分

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台

釧路市街や阿寒の山々、太平洋までを眺めることができる釧路湿原の展望台。個性的な外観は、釧路湿原で見られるスゲ属植物の株「ヤチボウズ」をモチーフにしています。

館内には、湿原を再現したジオラマなどの展示物が充実。釧路湿原の成り立ちや、付近で見られる動植物、遺跡について知ることができます。サテライト展望台へと続く遊歩道で見られる大パノラマも必見。

【現地スタッフおすすめコメント】

釧路湿原を「見て、知って、散策できる」代表的な展望台です。

住所
北海道釧路市北斗6-11
営業時間
4月~9月/8:30~18:00
10月~3月/9:00~17:00
定休日
年始年末
料金
大人480円、高校生250円、小中学生120円
アクセス
【車】釧路駅から車で約30分
【バス】阿寒バス 鶴居線・幌呂線 湿原展望台バス停下車、徒歩約1分

湿原アクティビティ

湿原アクティビティ

釧路湿原では、自然を堪能できる豊富なアクティビティを楽しめます。たとえば、美しい景観を堪能できるトレッキングのガイドツアー。心地よく身体を動かしながら、釧路湿原の魅力や歴史、湿原が果たす役割について学べます。

爽やかな風を感じながらのんびりと川を下っていくカヌーツアーも人気。季節ごとに違う表情を見せてくれるので、何度訪れても楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

釧路湿原の四季折々の風景を間近に感じることができる、カヌーツアーが人気です。


和商市場

和商市場

釧路駅から歩いてすぐのところにあり、釧路市民にも親しまれている「和商市場」。歴史ある市場で、北海道三大市場のひとつとして知られています。

市場には約50店舗ものお店がひしめき合い、新鮮な海の幸や野菜、果実など、北海道ならではの物産品が並びます。ここでぜひ食べたいのが「勝手丼」。新鮮な魚介類から好きなネタを選んで、自分オリジナルの海鮮丼をいただけます。

【現地スタッフおすすめコメント】

港町ならではの新鮮な海鮮「勝手丼」がおすすめ!

住所
北海道釧路市黒金町13-25
営業時間・定休日
月により異なる(公式サイト要確認)
和商市場公式サイト
アクセス
【電車】JR釧路駅・釧路駅前ターミナルより徒歩約5分
【バス】たんちょう釧路空港より釧路駅まで連絡バスで約45分

釧路市動物園

釧路市動物園

東京ドーム10個分という国内最大級の敷地面積を誇る「釧路市動物園」。遊園地が併設されていて、のりもの券を買えば大観覧車などのアトラクションも楽しめます。

「北海道ゾーン」では、北海道東部の自然環境を再現。そこに住む自然動物たちにあうことができます。モルモットなどの小動物と触れ合える「こども動物園」やバーベキューコーナーもあり、家族で訪れるのにもぴったり。

【現地スタッフおすすめコメント】

広い敷地にはアムールトラのココアほか、たくさんの動物たちが暮らしています。

住所
北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
営業時間
4月10日~10月14日 9:30~16:30(入園は16:00まで)
10月15日~4月9日 10:00~15:30(入園は15:00まで)
定休日
12月の毎週水曜日、12月29日から1月2日、1月、2月の毎週水曜日(祝日にあたる日を除く)
料金
一般(当日券)580円、中学生以下は入園無料
アクセス
【車】釧路空港から約10分
【電車】JR釧路駅からタクシーで約30分
【バス】JR釧路駅から釧路市動物園まで、路線バス(阿寒バス)で約1時間

幣舞橋(ぬさまいばし)

幣舞橋

優雅なアーチを描くヨーロッパ風のデザインが美しく、釧路市街地のシンボルともいわれる「幣舞橋」。時間の経過とともに変化する景色が魅力で、夜や夕方に訪れるのがおすすめです。

夜には橋がライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。夕暮れどきには、夕日が橋から見える川面と街をオレンジ色に染め上げ、幻想的な光景が広がります。

【現地スタッフおすすめコメント】

北海道三大名橋のひとつ。橋上からは太平洋に沈んでいく世界三大夕日といわれる綺麗な夕日を見ることができます。

住所
北海道釧路市
アクセス
【車】釧路空港より車で約30分
【電車】JR釧路駅より徒歩約15分

阿寒湖

阿寒湖

「阿寒湖」は、北海道で5番目に大きい淡水湖。湖を周回する遊覧船が運航していて、雄大な自然に包まれるクルージング体験ができます。

阿寒湖上のチュウルイ島にあるのが、「マリモ展示観察センター」。大水槽で特別天然記念物のマリモを観察できるほか、詳しい生態も学べます。冬のアクティビティとしては、ワカサギの氷上穴釣りが人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

マリモが生息する、世界的にも貴重な湖です。

住所
北海道釧路市(阿寒国立公園内)
アクセス
【車】釧路空港から約1時間5分
【バス】JR釧路駅から阿寒バスで約1時間10分

阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖アイヌコタン

アイヌの人々が暮らす集落、「阿寒湖アイヌコタン」。アイヌ古式舞踊や人形劇を上映する阿寒湖アイヌシアター「イコロ」や、アイヌ文化が展示されている「アイヌ文化伝承館チセ」があり、楽しみながらアイヌ文化への理解を深めることができます。

民芸品店には見ているだけでも楽しい多彩な伝統工芸品が並び、お土産を選ぶのにもぴったり。飲食店では、本格アイヌ料理を味わえます。

【現地スタッフおすすめコメント】

36戸・約120人が暮らす、北海道で一番大きなアイヌコタン(集落)です。

住所
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-19
アクセス
【車】釧路空港から約1時間
【バス】JR釧路駅からバスで約1時間45分

阿寒湖温泉

阿寒湖温泉

阿寒湖の南岸に位置する阿寒湖温泉は、ホテルや旅館、飲食店、お土産屋が立ち並ぶ温泉街。目の前に雄大な阿寒湖を望む露天風呂が人気です。そのほかにも、「弁慶の足湯」や「まりもの手湯」など、街の各所にユニークな温泉が。

飲食店では、ヒメマスのお造りやわかさぎの天ぷらといった、阿寒ならではの味覚をいただけます。4月末の「阿寒・湖水開き」など、季節ごとのイベントに合わせて訪れるのもおすすめ。

【現地スタッフおすすめコメント】

阿寒湖の南岸に位置し、ホテル・旅館をはじめ飲食店やお土産屋が建ち並ぶ、道東を代表する温泉街です。

住所
北海道釧路市

くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号は、釧路駅から塘路駅(とうろえき)間を走るトロッコ列車。4月〜10月の期間限定で運行しています。片道約1時間、心地よい風を感じながら、釧路湿原のパノラマビューを満喫できるのが魅力です。

車内アナウンスによって、見どころスポットのガイド解説が聞けるのもうれしいポイント。老若男女問わず人気を集めています。自由席もありますが、展望車からの景色を楽しむなら指定席の予約がおすすめ。

【現地スタッフおすすめコメント】

釧路湿原をのんびりと走行しながら景色を楽しむことができる人気の観光列車です。

釧路市に来たら立ち寄りたい周辺スポット

摩周湖(摩周湖第一展望台)

摩周湖(摩周湖第一展望台)

国立公園の特別保護地区に指定され、アイヌ語で「カムイトー(神の湖)」と呼ばれている「摩周湖」。摩周湖第一展望台の展望デッキからは、摩周ブルーと言われるほどに美しく澄んだ青色の湖を一望できます。

屋内にはレストハウスもあり、トレッキングの休憩場所として気軽に立ち寄ることが可能。夜には、息を呑むような満点の星空が広がります。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本一の透明度を誇るといわれる摩周湖に加え、カムイシュ島、湖を守るようにそびえるカムイヌプリ(摩周岳)の眺望が見事です。

住所
北海道川上郡弟子屈町字弟子屈原野
アクセス
【車】釧路空港から約1時間30分
【電車・バス】JR釧路駅から摩周駅まで約1時間30分、摩周駅からバスで約25分

今回ご紹介した釧路の観光スポットMAP

釧路旅行を探す

※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2017 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ