旅のランキング

現地スタッフ厳選!軽井沢のおすすめ観光スポットBEST20

軽井沢担当スタッフおすすめの軽井沢を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている軽井沢の穴場観光地も!

軽井沢担当スタッフおすすめの軽井沢を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている軽井沢の穴場観光地も!

洗練された高原リゾート・軽井沢へ!

中山道と北陸街道との分岐宿として栄え、明治時代には外国文化に彩られた別荘地・避暑地として発展した軽井沢。別荘族御用達の老舗店や各種の店が建ち並ぶ「旧軽井沢銀座通り」や、ジョン・レノンファミリーも愛した「万平ホテル」のカフェなど、上質で洗練されたスポットが数多く点在します。オリンピックで注目されたカーリングができる「軽井沢アイスパーク」や「スーパーツルヤ」など地元スタッフおすすめの情報も紹介します!

初めての人に訪れて欲しい軽井沢のおすすめ定番スポット

軽井沢町

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢駅の目の前にある大型ショッピングプラザ。ウエスト、イースト、ニューウエストなどのエリア間にはシャトルバスも走り、回遊性も抜群。海外の有名デザイナーズブランドや高級感漂うセレクトショップのアウトレット店、雑貨、食品など話題の店が揃うのはもちろん、レストランやボウリング場、軽井沢のおみやげも充実しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

店舗数200以上、国内最大級のアウトレットモール!

営業時間
10:00~19:00(時期・店舗により異なる)
休館日
不定休
料金
入場無料
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅南口より徒歩約3分
【車】碓氷軽井沢ICより約15分

軽井沢町

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢銀座通り

イギリス人宣教師ショーによってひらかれ、外国人や財界有名人たちの避暑地として栄えた旧軽井沢。そのメインストリートである「旧軽井沢銀座通り」には、当時の製法を受け継ぐパンやジャム、軽井沢彫の店のほか、話題のファッションやレストランなども軒を連ねます。歴史ある教会も多く点在し、豊かな自然の中で異国情緒あふれる軽井沢らしい散策が楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

スイーツ食べ歩き、お土産屋、ランチスポットなど多数

営業時間
散策自由
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅北口よりシャトルバスまたは路線バスで約4分
【車】碓氷軽井沢ICより約30分

軽井沢町

ハルニレテラス

ハルニレテラス

大正4年に開湯した星野温泉を中心に、北原白秋や島崎藤村などの文豪や芸術家が集った軽井沢星野エリア。その玄関口にある「ハレニレテラス」は、湯川の清流に自生していた100本を超えるハルニレの木立を生かした小さな街。ウッドデッキで繋いだ、15の個性あるショップ、レストランほか「トンボの湯」で日帰り温泉も楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

おしゃれなショップや日帰り温泉も楽しめる星野リゾートエリア

星野温泉 トンボの湯営業時間
10:00~23:00(最終受付22:00)※時期により変動あり、無休
その他施設:散策自由
星野温泉 トンボの湯利用料金
大人1,300円、子供(3歳~小学生)750円
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅南口よりシャトルバスあり
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

雲場池

雲場池

「スワンレイク」とも呼ばれる軽井沢観光の定番スポット。御膳水からの清冽な水を源とする1周20分ほどの静かな池で、水面に映る木々やのどかに泳ぐカルガモに癒されます。のんびり散策するのにもってこいの場所で、天皇陛下も軽井沢を訪れた際は、この雲場池でのお散歩を楽しまれるとか。特に紅葉シーズンの美しさは有名です。

【現地スタッフおすすめコメント】

自然豊かな池の周りを一周してリフレッシュ散策を!

営業時間
散策自由
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅南口よりタクシーで約5分
【車】碓氷軽井沢ICより約25分

軽井沢町

万平ホテル カフェテラス

万平ホテル カフェテラス

軽井沢とともに歴史を重ね、一度は泊まってみたいと名が上がる憧れのクラシックホテル。気軽に楽しむのなら、ジョン・レノンファミリーも利用したことで有名なカフェテラスへ。春夏は緑に囲まれたウッドデッキもオープンし、愛犬連れの利用もOK。ジョン・レノンが愛したロイヤルミルクティーや信州産紅玉を使ったアップルパイは必食です。

【現地スタッフおすすめコメント】

ジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティーをぜひ!

営業時間
9:30~18:00、無休
料金
ロイヤルミルクティー840円、信州産紅玉を使ったアップルパイ(ドリンク付き)1,270円 ※税・サ10%別
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅よりタクシーで約5分
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

軽井沢タリアセン

軽井沢タリアセン

塩沢湖を中心に、多彩なレクリエーション施設や美術館、レストラン、ショップなどが集まる総合的リゾート施設。自然を満喫できる抜群のロケーションで、パターゴルフやゴーカート、ボート遊びなどが楽しめます。「ペイネ美術館」や軽井沢別荘建築史の中でも最上質なものとされる「睡鳩荘」、イングリッシュローズガーデンなど見どころも多彩。

【現地スタッフおすすめコメント】

塩沢湖周辺の定番デートスポット。湖畔のレストランも人気。

営業時間
9:00~17:00(12・1月は10:00~16:00)
休園日
12/4~6、12/11~13、12/18~20、12/26〜2019/1/1、1/8〜10、1/15〜2/28 ※2019/2/28までの休園確定日
入園料
大人(高校生以上)800円、小人(小中学生)400円 ※12・1月は入園無料
※ペイネ美術館・深沢紅子野の花美術館・軽井沢高原文庫とのセット券は大人1,500円・小人800円
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅より軽井沢町内循環バス「塩沢湖」停下車、徒歩約1分
【車】碓氷軽井沢ICより約15分

軽井沢町

ミカド珈琲 軽井沢旧道店

ミカド珈琲 軽井沢旧道店

1948年に日本橋で創業した老舗コーヒ-ロースター直営のカフェ。1952年開店の軽井沢旧道店では、ロングセラー商品「旧軽通り(コンチネンタルブレンド)」と専属パティシエによる「チーズケーキ」をぜひ。また、深煎りの自社焙煎コーヒーで作る「モカソフト」は、テイクアウト可能な名物スイーツです。軽井沢・プリンスショッピングプラザ店、軽井沢ツルヤ店もあり。

【現地スタッフおすすめコメント】

コーヒー店の本格モカソフトは軽井沢の定番スイーツです!

営業時間
10:00~17:00(季節により異なる)、夏季無休
料金
旧軽通り580円、チーズケーキとのセット1,000円、モカソフト430円(テイクアウト350円)
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅より草軽交通バス北軽井沢行き、または西武高原バス草津方面行き「旧軽井沢」停下車、徒歩約3分
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

石の教会

石の教会

明治、大正期のキリスト教伝道者・内村鑑三が唱えた「無教会思想」をもとに誕生した教会。石とガラスが織り成す独特のフォルムは、自然と建築の調和を目指すオーガニック建築家、ケンドリック・ケロッグの代表作でもあります。十字架も祭壇もない堂内は、形式にとらわれないふたりの誓いの場として人気。地下には内村鑑三の資料展示室もあり。

【現地スタッフおすすめコメント】

毎年12月のクリスマスのライトアップは圧巻!

営業時間
9:00~18:00(金・土・日曜、祝日ほか挙式時は見学不可)
料金
見学無料
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅よりシャトルバスあり(またはタクシーで約15分)
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

白糸の滝

白糸の滝

高さ3メートル、幅70メートルの湾曲した岩壁に、地下水が無数の白糸のように流れ落ちる滝。夏季の1ヶ月間は、幻想的なプロジェクションマッピング「軽井沢・白糸の滝イリュージョン」が開催され、2015年には日本夜景遺産「第三類・ライトアップ夜景遺産」にも登録されています。12月中旬〜3月には、神秘的な人工の氷柱を見ることもできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

天然水が湧き出すマイナスイオンたっぷり浴びて!

観覧時間
見学自由
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅より草軽交通バス草津温泉行き「白糸の滝」停下車
【車】碓氷軽井沢ICより約50分

軽井沢町

軽井沢チョコレートファクトリー

軽井沢チョコレートファクトリー

ベルギー製最高級クーベルチュールチョコレートを使用した、カラフルなチョコレートとラスクの店。製造工程が見学できるほか、できたて、焼きたての商品が購入できます。おすすめは、リンゴを使用したホワイトチョコでマカデミアナッツをコーティングした「チョコレートボールりんご味」や、ココアパンにココアパウダーをふりかけて焼き上げた「ベイクドショコラ」。

【現地スタッフおすすめコメント】

イートインスペースではソフトクリームの販売も!

営業時間
10:00~18:00(季節により異なる)、不定休
料金
チョコレートボールりんご(7粒入り)600円ほか
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅より徒歩約17分(タクシーで約3分)
【車】碓氷軽井沢ICより約17分

 

担当スタッフおすすめ!軽井沢の穴場スポット

軽井沢町

軽井沢アイスパーク

軽井沢アイスパーク

軽井沢風越公園内に2013年誕生した日本最大級の通年型カーリングホール。国際大会の開催も可能な6シートを備え、カーリング初心者にはインストラクターの指導による体験レッスンを用意。カーリングの基礎を楽しみながら学べます。屋外施設では冬はアイススケート、春~夏はローラースケートやフットサルなどを楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

オリンピックでも注目! カーリング体験は軽井沢ならでは!

営業時間
9:00~22:00、無休(12/31・1/1のみ休)
※カーリングホール利用は完全予約制(TEL0267-48-5555)
カーリングホール利用料金
体験レッスン1名60分2,380円※未経験の方は占用使用ができません。まずは体験レッスンを受講してください。
アクセス
【電車】しなの鉄道「中軽井沢」駅よりタクシー約10分
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

スーパーツルヤ

スーパーツルヤ

長野県内に33店舗ある、別荘族ご用達の大型スーパーマーケット。産地契約栽培の新鮮な野菜やフルーツなどの生鮮食品や生活用品ほか、信州・軽井沢らしいお土産が多数揃うのも魅力。なかでも信州産の果実使用のオリジナルジャムは種類豊富でお値打ちと評判です。地元産果実ジュースや地ビール、信州無添加ワイン、丸山珈琲などもラインナップ。

【現地スタッフおすすめコメント】

オリジナル商品がおいしいと地元民にも人気です!

営業時間
9:30~20:00(日曜は9:00~)、不定休(7・8月は無休)
アクセス
【電車】しなの鉄道「中軽井沢」駅より徒歩約20分(タクシー約7分)
【車】碓氷軽井沢ICより約30分

軽井沢町

軽井沢えんじ

煙事(軽井沢燻製工房)

オリジナル燻製器で冷たい煙を長時間かける“冷燻”により、厳選素材のうま味を引き出した燻製品が揃います。ネット販売を行わない店舗限定販売の燻製品を多数取り揃えています。TBSドラマ「カルテット」のドーナツホールが演奏したレストランとしても有名。

【現地スタッフおすすめコメント】

松たか子、高橋一生ら出演のTBSドラマ「カルテット」ロケ地

営業時間
10:00~18:00、年末年始休み
アクセス
【電車】しなの鉄道「軽井沢」駅よりタクシーで約5分
【車】碓氷軽井沢IC より約20分

軽井沢町

湯川ふるさと公園

湯川ふるさと公園

軽井沢の中央を流れる湯川の岸辺に沿って作られた、全長約2キロの公園。浅間山を望む広大な敷地は、芝生広場やドッグラン、遊具広場、フットサルなどができる運動広場ほか、自然保全エリアで構成されています。自然が豊かな園内は、お弁当を持って訪れる家族も多く、大人も子供ものんびりと過ごせる憩いの場として親しまれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

隣のスーパーツルヤで買いこんでミニピクニックがおすすめ!

営業時間
入場自由
入園料
入場無料
アクセス
【電車】しなの鉄道「中軽井沢」駅より徒歩約15分(タクシー約5分)
【車】碓氷軽井沢ICより約30分

軽井沢町

キャボットコーヴ

キャボットコーヴ

別荘地が広がる追分の森に佇むカフェ。軽井沢で朝食を提供する店としては草分け的な存在で、ポップオーバーやエッグベネディクト、パンケーキなどアメリカの伝統的な朝食メニューを中心に、ポットサービスの珈琲や紅茶もこだわりの味。GWや夏休み期間(7月中旬~9月下旬)は完全予約制。暖炉でゆったりできる冬場もおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

わざわざ食べに行きたい軽井沢の朝食といえばここ!

営業時間
6:30~12:30(11~3月は7:00~)
定休日
水・木曜休(祝日・GW・お盆期間は無休)
料金
エッグベネディクト、ホームフライ付1,100円、パンケーキセット1,200円ほか(予約期間中はホリデーブランチメニュー2,700円のみ)
アクセス
【電車】しなの鉄道「信濃追分」駅よりタクシーで約10分
【車】碓氷軽井沢ICより約30分

軽井沢町

セゾン現代美術館

セゾン現代美術館

ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホルなど、世界的に有名な現代アートの作家作品を系統的に紹介する美術館。軽井沢ならではの約8500坪の静寂の森の中で現代美術を存分に楽しむことができ、庭園にはイサム・ノグチ、安田侃の彫刻も展示されています。地元産オーガニック素材を活かしたメニューが揃うライブラリーカフェも魅力的。

【現地スタッフおすすめコメント】

現代美術はもちろん、苔の庭園を散策するだけでも価値あり!

営業時間
10:00~18:00(11月は~17:00)※最終入館は閉館30分前まで 
休館日
木曜、展示替え期間休(但し祝日・8月は無休)、11月下旬~4月中旬
入館料
一般1,500円、大高生1,000円、中小生500円
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅またはしなの鉄道「中軽井沢」駅より草津温泉行きバス「軽井沢千ヶ滝温泉入口」停下車、徒歩約7分
【車】碓氷軽井沢ICより約35分

軽井沢町

軽井沢ガーデンファーム

軽井沢ガーデンファーム

浅間山を正面に望む標高1,000メートルの高原地帯にあるイチゴ狩りスポット。広大なビニールハウスに、冬イチゴ約30,000株と夏イチゴ約6,000株を栽培し、年間を通して数種類が食べ比べでき、珍しいイチゴにも出会えます。完熟で収穫し、高級品種の「紅ほっぺ」を中心に数種類をブレンドしたオリジナルジャムはお土産にも人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

ほぼ1年を通していちご狩りができる全天候型施設

営業時間
イチゴ狩り10:00~15:00(予約優先TEL0267-48-3620)、冬春イチゴ狩り:6月中旬まで・夏秋イチゴ狩り:7月中旬~ 火曜休
スタンダード食べ放題料金
大人(中学生以上)2,300円、小学生1,200円、シニア(70歳以上)1,200円、4歳以上800円、3歳以下無料
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅またはしなの鉄道「中軽井沢」駅より町内循環バス「下発地」停下車、徒歩約15分
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

森の中のレストラン こどう

森の中のレストラン こどう

ジャムで有名な沢屋が経営するカジュアルイタリアン。軽井沢の森の中に佇む、山小屋をイメージしたまゆ形の建物内では、地元の素材をふんだんに使ったメニューが楽しめます。地元野菜のサラダピザや信州プレミアム牛の軽井沢ビール煮込み、4種の沢屋ジャムを添えたクアトロフォルマッジなどのほか、ランチセットや予約制のディナーも人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

食後は敷地内のどんぐり森や蛍が舞う小川の散策も楽しみ!

営業時間
11:30〜15:30(LO14:30)、18:00〜22:00(LO20:00)
定休日
火曜(祝日の場合は翌水曜)
料金
ランチセット1,700円、リーズナブルディナー3,500円ほか
アクセス
【電車】長野新幹線「軽井沢」駅よりタクシーで約15分
【車】碓氷軽井沢ICより約20分

軽井沢町

別荘地散策

別荘地散策

軽井沢の別荘地散策のおすすめコースといえば、カラマツ並木の三笠通りや樅の木、落葉松の大樹の緑に囲まれたお水端通り周辺。通りの両サイドには豪華な別荘が建ち並び、車の交通量も比較的少ないため、風景を楽しみながらのんびりと歩けます。明治天皇の来軽時に使用された御膳水の湧き水である源泉や、旧三笠ホテルなど見どころも多彩。

【現地スタッフおすすめコメント】

四季の大樹のなか豪華な別荘が立ち並ぶ軽井沢ならではの道

営業時間
散策自由
アクセス
【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅南口より「お水端通り」入口にある「雲場池」までタクシーで約5分
【車】碓氷軽井沢ICより約25分

軽井沢町

追分宿

追分宿

中山道六十九次のひとつ。中山道との分岐宿として栄え、元禄時代には旅籠屋71軒、茶屋18軒、商店28軒があったといわれます。往時を偲ばせる桝形の茶屋や分去れの碑ほか、追分宿郷土館も見どころ。また、旧脇本陣の油屋は多くの文人に愛され、堀辰雄の小説『菜穂子』『ふるさとびと』に登場する牡丹屋という旅館のモデルとしても有名。

【現地スタッフおすすめコメント】

中軽井沢から西、軽井沢の外れに昔ながらの街並みが残ります

営業時間
散策自由
アクセス
【電車】しなの鉄道「信濃追分」駅より軽井沢町内循環バス西コース三ツ石公民館行き「追分入口」停下車、徒歩すぐ
【車】碓氷軽井沢ICより約35分

 

今回ご紹介した軽井沢の観光スポット

軽井沢旅行を探す

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ