旅のランキング

現地スタッフ厳選!姫路のおすすめ観光スポットBEST20

姫路担当スタッフおすすめの姫路を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている姫路の穴場観光地も!

姫路担当スタッフおすすめの姫路を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている姫路の穴場観光地も!

白亜の世界遺産・姫路城で知られる姫路へ!

兵庫県の南西部・播磨地方にある姫路市は、日本で初めて世界遺産登録された「姫路城」を筆頭に「好古園」「書写山 圓教寺」など歴史的名所が有名です。また「姫路セントラルパーク」や「太陽公園」など人気のテーマパークもあり、大人から子供まで楽しめます。さらに「赤穂温泉」や「福知渓谷」まで足を伸ばすのもおすすめ。また、今回は「灘菊酒造」や「日本玩具博物館」など担当スタッフならではの穴場スポットも紹介します。

初めての人に訪れて欲しい姫路のおすすめ定番スポット

姫路市

姫路城

姫路城

奈良の法隆寺とともに日本で初めての世界文化遺産に登録された国宝・姫路城。白漆喰の城壁とその優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれます。平成27年には保存修理を終えた大天守も一般公開。ARアプリ「姫路城大発見」による展示を実施し、城内各所でスマートフォンやタブレット端末をかざすと動画や写真と共に詳しい解説が現れます。

【現地スタッフおすすめコメント】

真っ白で美しい外観と、当時のままの姿を残した内部は見ごたえあり!

営業時間
[4/27~8月]9:00~17:00[9月~4/26]9:00~16:00(最終入場は閉門の1時間前まで)、12/29・30休
料金
大人(18歳以上)1,000円 小人(小中高校生)300円
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「大手門前」停下車、徒歩約5分
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約15分

赤穂市

赤穂温泉

全国的に有名な赤穂義士のふるさと。播磨灘に面した海岸沿いの高台にある「赤穂温泉」は、2か所の源泉から湧く鉱泉を浴用加熱。疲労回復や美肌効果も期待できる“よみがえりの湯”として評判です。また、赤穂御崎からの眺望も素晴らしく「日本の夕陽百選」にも選出されるほど。夏は海水浴などのアウトドアレジャーも楽しみな湯処です。

【現地スタッフおすすめコメント】

海を見渡す露天風呂や客室、瀬戸内海の旬魚を楽しむ宿が揃います!

アクセス
【電車】JR赤穂線「播州赤穂」駅よりウエスト神姫バス「御崎」停下車
【車】山陽自動車道「赤穂」ICより約20分

姫路市

姫路セントラルパーク

姫路セントラルパーク

地元では姫センの愛称で親しまれる、遊園地&サファリの複合リゾート。約120種類1,000頭羽の動物を飼育するサファリパークでは、野生に近い状態で暮らすトラやライオン、キリン、ゾウなどを車中から間近に見られます。遊園地には、絶叫マシーンから子供向けのアトラクションまで約40種が揃い、夏は西日本最大級のプールもオープン。

【現地スタッフおすすめコメント】

甲子園球場48個分もの広大な園内はゆったり楽しめます

営業時間
<参考>夏期9:30~18:00 冬期10:00~16:30(最終受付は閉園の1時間前まで)※営業時間は季節により変動し、サファリと遊園地でも異なります
料金
入園料 / 大人3,500円 小学生2,000円 幼児(3歳以上)1,200円 ※遊園地・サファリ・プール(夏期)・アイススケート(冬期)の利用可
姫セン パスポートチケット / 大人6,400円 小学生4,600円 幼児(3歳以上)2,300円 ※入園料+のりもの乗り放題
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「姫路セントラルパーク」停下車すぐ
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約5分

姫路市

書写山 圓教寺

書写山 圓教寺

康保3(966)年、性空上人によって開かれ、「西の比叡山」とも呼ばれる天台宗の名刹。西国三十三霊場の第二十七番札所でもあり、標高約371メートルにある境内にはロープウェイでアクセスします。京都の清水寺に似た本堂の「摩尼殿」や重要文化財の「大講堂」「食堂(じきどう)」などは一見の価値あり。写経や座禅体験も好評です。

【現地スタッフおすすめコメント】

オリジナル御朱印帳もクールでおすすめです!

拝観時間
[春~秋季]8:30~18:00[冬季]8:30~17:00 ※日祭日は延長あり、無休(但し12月にロープウェイの運休あり)
料金
志納金 / 500円
ロープウェイ(往復) / 大人1,000円 小人500円
マイクロバス(往復) / 500円(特別志納金として)
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「書写山ロープウェイ」停下車、書写山ロープウェイ「山麓」駅より「山上」駅下車、徒歩約20分 ※ロープウェイ山上駅から摩尼殿までのマイクロバスあり
【車】山陽自動車道「山陽姫路西」ICより約10分(ロープウェイ山麓駅の駐車場まで)

赤穂市

赤穂城跡

赤穂城跡

浅野長直の指示により、慶安元(1648)年から13年かけて築城。藩の家老で軍学師範の近藤正純が設計し、甲州流軍学の手法を用いた、近世城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城です。国史跡の本丸庭園と二之丸庭園は国名勝に指定され、「日本100名城」に選出。城内には大石神社や大石良雄宅跡長屋門などもあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

駅からの道も風情があり、観光気分が楽しめます

営業時間
本丸・二之丸庭園以外 / 見学自由、無休
本丸・二之丸庭園 / 9:00~16:30(最終入場16:00)、12/28~1/4休
料金
見学無料
アクセス
【電車】JR赤穂線「播州赤穂」駅より徒歩約20分
【車】山陽自動車道「赤穂」ICより約10分

姫路市

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

市制百周年を記念して建造され、平成4年に開園された約1万坪の池泉回遊式日本庭園。国宝姫路城を借景に、御屋敷跡、武家屋敷跡などの地割を生かした趣きの異なる9つの庭園群で構成。特別史跡地にふさわしい歴史的景観は、時代劇や大河ドラマのロケ地としても人気です。季節ごとに美しい庭を眺める食事処や、本格数奇屋造りの茶室もあり。

【現地スタッフおすすめコメント】

映画「るろうに剣心」などのロケ地としても使われています

営業時間
[4/27~8月]9:00~18:00[9月~4/26]9:00~17:00 ※最終入園は閉園の30分前まで、12/29・30休
料金
大人(18歳以上)300円 小中高校生150円
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅北口より神姫バス「大手門前」停下車、徒歩約5分
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約20分

宍粟市

福知渓谷

福知渓谷

雪彦峰山県立自然公園内にあり、深い森の中、巨岩の間を清流が飛沫をあげて流れる景勝地。春は新緑、夏は清涼、秋は紅葉、冬の雪景色と季節ごとに楽しめます。その眺望絶佳な景観は、作家・田辺聖子さんの著書「すべってころんで」の中でも賞賛されています。近くには、食堂やデイキャンプ場がある「ふくち自然村山の駅」があります。

【現地スタッフおすすめコメント】

ひょうご風景100選。関西の風景100選にも選ばれています

ふくち自然村山の駅
[営業時間]9:00~17:00、木曜(祝日の場合前日)休
[料金]BBQ1人300円ほか
アクセス
中国自動車道「山崎」ICより約40分

姫路市

太陽公園

太陽公園

世界各国の遺産を体感できる魔訶不思議テーマパーク。フォトジェニックスポットで溢れた園内は、万里の長城やイースター島のモアイ像など世界の石の建造物を再現した「石のエリア」と、中世ヨーロッパの古城 白鳥城がある「城のエリア」で構成。女性限定の民族衣装の無料貸し出しや、マグカップ製作体験なども人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

映画「斉木楠雄のΨ難」の福田雄一監督お気に入りロケ地だとか

営業時間
9:00~17:00(入園受付16:30)、不定休
料金
大人(高校生以上)1,300円 小人(小中学生)600円、小学生未満無料
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「打越西」停下車、徒歩約1分
【車】山陽自動車道「山陽姫路西」ICより約5分

赤穂市

海の駅 しおさい市場

海の駅 しおさい市場

目の前の漁港から漁船で沖に出て刺し網漁にチャレンジしたり、魚のつかみ取り、牡蠣剥き、食べ放題など、季節に応じた体験が楽しめる市場。地元特産の牡蠣をはじめ、近海の魚介を焼いて食べられる牡蠣小屋では、冬の牡蠣食べ放題も人気。捕れたての海の幸を味わえるバーベキューハウスや、新鮮な魚介が購入できる直売所も完備。夏はビアガーデンもオープン!

【現地スタッフおすすめコメント】

夏はフィッシング体験も! 釣った魚は唐揚げにしてくれます

営業時間
9:00~16:00、水曜休
漁業体験
(4月中旬~10月頃)
[出漁時間]1回目10:00 2回目11:30 3回目13:30 ※完全予約制
[料金]1船の出漁可能最低料金17,000円
親子パック(大人1人子供1人)8,800円 大人(中学生以上)6,300円 子供(小学生)4,200円 幼児(5歳以上)2,100円
牡蠣食べ放題
(11月~4月下旬)
[営業時間]10:00~15:30(最終受付14:20)※土日祝は10:00~、11:30~のみ予約受付可
[料金]大人(中学生以上)3,000円 子供(小学生以下)1,600円 幼児800円
夏のビアガーデン
(6月~9月下旬)
[営業時間]18:30~21:00、水曜休
アクセス
【電車】JR赤穂線「坂越」駅よりウエスト神姫バス小島行き「大黒」停下車すぐ
【車】山陽自動車道「赤穂」ICより約15分

姫路市

姫路文学館

姫路文学館

市制百周年事業の一環として開館し、姫路市と播磨地域ゆかりの文人の作品や遺品を展示。姫路城の北西に位置し、城を借景に回遊し文学と対話する空間として設計されています。北館の常設展示室には「姫路城歴史ものがたり回廊」や、文人たちの人生や言葉にふれる「ことばの森展示室」、南館には司馬遼太郎記念室や図書室、カフェがあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本を代表する建築家・安藤忠雄氏設計の建物も見応えあり

営業時間
10:00~17:00(最終入館16:30)、月曜(祝日の場合は開館)・祝日の翌日(土日の場合は開館)・12/25~1/5休
料金
常設展観覧 / 一般300円 大学・高校生200円 小中学生100円
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「市之橋文学館前」停下車、徒歩約4分
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約25分

 

担当スタッフおすすめ!姫路の穴場スポット

姫路市

日本玩具博物館

日本玩具博物館

白壁土蔵づくりの6棟の建物内に、日本の郷土玩具や近代玩具、伝統人形、世界160ヶ国の玩具や人形など、総数9万点を超える資料を収蔵。現館長・井上重義氏が1974年に設立し、常設展ほか季節に合わせた企画展・特別展を開催し、常時5,000点を展示。また、ちりめん細工が基礎から学べる講座や、玩具や遊びの文化をテーマにしたワークショップなども開催されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

個人運営でありながら日本を代表する玩具博物館として有名

営業時間
10:00~17:00、水曜(祝日の場合は開館)・12/28~1/2休
料金
一般600円 高校・大学生400円 子供(4歳以上)200円
アクセス
【電車】JR播但線「香呂」駅より徒歩約15分
【車】播但連絡道路「船津」ICより約5分

姫路市

姫路市立動物園

姫路市立動物園

姫路城内の動物園。緑が豊かな園内に城の内堀がとおり、散策も楽しみながら動物を観察することができます。ゾウ、キリン、ホッキョクグマをはじめ、珍獣ツチブタなど約100種・約390点の動物達を飼育。モルモット、ブタ、ヒツジといった小動物との「ふれあい広場」や、乳牛やニワトリのように近年身近に見られなくなった動物に出会える「ミニ牧場」もあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

動物と姫路城のツーショットが撮れるかも!

営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)、12/29~1/1休
料金
大人200円 小人(5歳~中学生)30円
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より徒歩約15分、または神姫バス「姫路城大手門前」停下車、徒歩約5分
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約15分

姫路市

姫路市立水族館

姫路市立水族館

「播磨の里地・里海のなかまたち」がコンセプト。新館には川や田んぼなど播磨の自然を再現し、そこに暮らす代表的な生き物を展示。本館では、播磨灘をイメージした大水槽でイワシの群泳が見られます。屋上には魚と遊べるジャブジャブ池やビオトープなどもあり、五感で感じる体験型展示も充実。ペンギンやリクガメへのえさやり体験も人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

小規模ながらもこだわりと愛のある展示が人気の水族館です

営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)、火曜(祝日の場合は翌日)・12/29~1/1休
料金
大人510円 小中学生200円
アクセス
【電車】山陽電鉄本線「手柄」駅より徒歩10分
【車】姫路バイパス「中地」ICより約5分

姫路市

廣峯神社

廣峯神社

牛頭天王の垂迹の神社として広く信仰を集め、農業神としてここから分祠された神社も多い古社。本殿と拝殿は国の重要文化財であり、国内最大級の大きさを誇ります。日本一の天才軍師・黒田官兵衛ゆかりの神社としても知られ、官兵衛の祖父・重隆は廣峯神社の神符と黒田家秘伝の目薬を売って財をなし、後に姫路城の城代になったと伝わります。

【現地スタッフおすすめコメント】

境内からは姫路の市街地と瀬戸内海が一望できます!

拝観時間
9:00~16:00(祈祷受付時間)、無休
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「広嶺」停下車、徒歩約30分
【車】播但連絡道路「砥堀」ICより約20分

姫路市

姫路市立美術館

姫路市立美術館

姫路城を背にした、赤レンガの建物が特徴の美術館。ポール・デルヴォーらベルギーの近・現代作家コレクションをはじめ、郷土の美術作品や国内外の名品を収蔵。常設、企画、コレクションギャラリーの3つの展示空間のほか、無料で閲覧できるアートライブラリーもあります。13体の彫刻が配置された庭園は、市民の憩いの場として親しまれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

旧陸軍兵器庫を改装して造った建物や庭園だけでも一見の価値あり

営業時間
10:00~17:00(最終入園16:30)
休館日
月曜(祝日の場合は開館)・年末年始・展示替えの臨時休あり
※2018年8月~2019年2月まで館内改修のため閉場予定(庭園は通常通り開園)
料金
常設展示室 / 一般200円 大学・高校生150円 小中学生100円
企画展示室 / 催しにより異なる
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「姫山公園南・医療センター・美術館前」停下車すぐ
【車】山陽自動車道「山陽姫路東」ICより約15分

姫路市

手柄山温室植物園

手柄山温室植物園

手柄山中央公園の南山にある植物園。大小2つの温室には、熱帯・亜熱帯の珍品奇種の観葉植物と果樹類や洋ラン、ベゴニア、食虫植物やサボテンなどの砂漠植物、約120科1,500種25,000株を常時展示。季節ごとの展示会も随時開催しています。姫路市の花「さぎ草」は、専用の栽培温室で通年開花した様子が見られます。

【現地スタッフおすすめコメント】

レストハウスから眺める園内外の景色も素晴らしい!

営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)、金曜(祝日の場合は前日)・12/29~1/1休
料金
大人200円 小人(6歳~中学生)100円 6歳未満無料
アクセス
【電車】山陽電車「手柄」駅より西へ徒歩約10分
【車】姫路バイパス「中地」ICより約5分

姫路市

灘菊酒造

灘菊酒造

約3,000坪の敷地に、明治43年創業時からの木造建物が残る古い酒蔵。昭和38年まで使っていた酒蔵群を、酒造りの工程の順番に見学する「酒蔵見学」が人気です。ノスタルジックな雰囲気を残す食事処「前蔵」では、元祖綿菓子牛鍋をはじめ、蔵元のお酒に合う逸品料理など、酒蔵ならではの味が楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

杜氏の自慢蔵で各種のお酒が試飲できる酒蔵見学がおすすめ!

酒造見学
[実施時間]10:00~、11:00~、14:00~、15:00~、16:00~ ※正月・盆除く
[料金]100円(試飲料込)
お食事処 前蔵
[営業時間]11:30~14:00(LO13:30)、火曜休 17:00~21:00(LO19:30)、火・日曜休
アクセス
【電車】山陽電鉄「手柄」駅より徒歩約5分
【車】姫路バイパス「姫路南」ICより約5分

姫路市

兵庫県歴史博物館

兵庫県歴史博物館

兵庫県の歴史・子ども文化・姫路城と城下町などを、テーマごとに紹介。平成19年にリニューアルオープンし、鎧や十二単の着付け体験、土器・銅鏡・千両箱など実際に触れられる体験スペースを開設しています。また、壁一面のガラス窓から姫路城の天守を望めるカフェもあり、年齢や目的を問わず楽しめるスポットとしても人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

姫路城をモチーフにした故丹下健三氏による建築も見どころ

営業時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日
月曜(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3休 ※2018年は12/3~28臨時休館
料金
常設展観覧料 / 一般200円 大学生150円 高校生以下無料
※1階、2階カフェ利用、ホール・体験ルームでの催しは無料
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「姫山公園北・博物館前」停下車すぐ
【車】姫路バイパス「姫路南」ICより約15分

姫路市

あずきミュージアム

あずきミュージアム

日本人にとって、古くから年中行事や人生の通過儀礼に欠かせない食べ物「小豆」。その“あずき文化”の探求、伝承、創造活動の中核拠点として、小豆に特化した日本初の博物館。10倍の小豆模型を中心とした空間で、植物学・農学・民俗学などの多角的な展示をするほか、ジオラマ映像やシアター上映も。小豆メニューが揃うレストランも人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

小豆にちなんだオリジナルグッズが揃うショップも必見!

営業時間
10:00~17:00(最終入館16:00)、火曜・年末年始休(設備点検などの臨時休あり)
料金
一般(高校生以上)1,200円 小中学生600円
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅、JR「東姫路」駅より徒歩約15分
【車】姫路バイパス「姫路南」ICより約10分

姫路市

姫路宿泊型児童館 星の子館

姫路市宿泊型児童館 星の子館

全国で初めて作られた宿泊できる児童館。最上階には口径90センチの反射望遠鏡があり、専門職員による天体観望会も開催しています。遊具を備えたプレイルームや、工作や人形劇などイベントを行う別館なかよしホール、読書ルームなどのほか、地元の旬の素材を使った本格料理が味わえるレストランも完備。泊まって学んで遊べる楽しい施設です。

【現地スタッフおすすめコメント】

豊かな自然の中で「宿」「児童館」「天文台」を楽しめます

営業時間
9:00~17:00、第2水曜(8・12月は除く)・12/28~1/4休
※2018/11/2までは大規模改修のため本館休館、別館なかよしホールは利用可能
料金
入館無料
アクセス
【電車】JR・山陽電鉄「姫路」駅より神姫バス「星の子館前」停下車すぐ
【車】山陽自動車道「山陽姫路西」ICより約10分

 

今回ご紹介した姫路の観光スポット

姫路旅行を探す

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ