旅のランキング

函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~

函館担当スタッフおすすめの函館を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている函館の穴場グルメスポットも!

函館担当スタッフおすすめの函館を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地に詳しいからこそ知っている函館の穴場グルメスポットも!

文明開化の歴史を感じる函館の旅へ!

モダンな西洋文化をいち早く取り入れ、明治の文明開化の歴史を感じさせてくれる街、「函館」。レトロなレンガ造りの建物や、洋風建築物も多く残っています。また、函館山からの夜景は世界三大夜景に数えられるほど有名です。2016年3月には北海道新幹線も開通し観光地としての注目度も上がっています。今回は、現地スタッフがおすすめする定番スポットから穴場、ソウルフードとなっている函館グルメまで、函館旅行で訪れるべき観光名所をご紹介します!

初めての人に訪れて欲しい函館のおすすめ定番スポット

函館市豊川町

はこだて明治館

はこだて明治館

1911年に函館郵便局として建てられた、古い赤レンガの建物で、かわいらしいアーチ型の窓枠がシンボルです。戦火を耐え、函館の歴史を語る建物としてその形を今に残しています。現在はショッピングモールとなっており、オルゴールやガラス製品、土産物などのショッピングモールとして利用されています。ガラス工房やオルゴールの体験ゾーンもあり、家族で楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

観光客は必ずと言っていいほど立ち寄るスポットです

営業時間
9:30~18:00(季節により変動あり) 無休
料金
入館無料
アクセス
【電車】市電「十字街」停より徒歩約2分
【車】函館空港より約20分

函館市末広町

金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫

明治時代に渡邉熊四郎が開業したのが倉庫の始まり。1988年に、現在のようなショッピングモールを兼ねた施設に生まれ変わりました。各倉庫には、函館ならではの品が揃う雑貨店や土産店がはいり、工場直送の生ビールが飲める店や新鮮な牛乳を使用したソフトクリームが味わえる飲食店も。倉庫群がライトアップされた、夜のロマンチックな雰囲気もおすすめです。

【現地スタッフおすすめコメント】

函館のメインスポットのひとつ・ベイエリア。「函館港の散策」としてひとつ星を獲得しています

営業時間
9:30〜19:00(季節により変動あり) 無休
※飲食店は、店舗により営業時間が異なります。
アクセス
【電車】JR「函館」駅より徒歩約15分、市電「十字街」停より徒歩約5分
【車】JR「函館」駅より約5分、函館空港より約25分

函館市元町

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ

函館市の南西にあり、「世界三大夜景」のひとつといわれる夜景で有名な「函館山」。左右に海が迫る、くびれのある函館を見下ろすことができ、昼の景色も夜景も美しいと評判です。この山頂に続くロープウェイは、125人乗りの大きなゴンドラ。支柱がない造りなので、ぐんぐん遠ざかる街並みをガラス越しにゆったり眺められます。

【現地スタッフおすすめコメント】

現在のゴンドラは5代目です

営業時間
10:00~22:00(上り最終 21:50 下り最終22:00)
※10/16~4/24は10:00~21:00(上り最終 20:50 下り最終21:00)
※荒天時は運休、10月中旬頃~数週間程度法定定期検査のため運休
料金
大人(中学生以上)往復1,280円、小人往復640円
アクセス
【電車】ロープウェイ乗り場まで/市電「十字街」停より徒歩約10分
【車】函館空港より約30分

函館市青柳町

函館公園

函館公園

1956年開園の「函館公園 こどものくに」は、昔ながらのレトロな雰囲気が魅力の遊園地。函館公園の敷地内にあり、観覧車やメリーゴーランド、飛行機などのさまざまなアトラクションが楽しめます。小さな子どもでも遊べるので、家族連れでのんびり遊ぶのにぴったりのスポットです。

ここにある高さ約10m、直径約8mの小さな観覧車は、日本の現役最古の観覧車と言われています。春には満開の桜も見られ、お花見も楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】
日本国内最古の観覧車がある、レトロな雰囲気の遊園地です

営業時間
平日 11:00~16:00
土日祝 10:00~17:00
料金
300円(2歳以上)
アクセス
【車】JR「函館」駅より約10分

函館市五稜郭町

五稜郭タワー(五稜郭公園)

五稜郭タワー 五稜郭公園

「五稜郭」築城100年を記念して1964年に初代タワーが建造され、2006年に高さ107mの新タワー(2代目)がオープン。展望台からは五稜郭の美しい星型はもちろん、函館市街や函館山、津軽海峡などの眺望が楽しめます。展望台も五稜郭と同じく五角形。歴史が学べる展示や、強化ガラスの床で下が見える「シースルーフロア」などがあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

冬は五稜郭が美しいイルミネーションで彩られます

営業時間
4/21~10/20/8:00~19:00、10/21~4/20/9:00~18:00(五稜星の夢期間中~19:00)、初日の出営業あり 無休
料金
大人900円、中高生680円、小学生450円
アクセス
【電車】市電「五稜郭公園前」停より徒歩約15分

函館市末広町

八幡坂

八幡坂

赤レンガ倉庫並ぶウォーターフロントから函館山へ続く道が「八幡坂」です。海からまっすぐに続く並木道であるため、坂の上から見下ろす景色はまさに絶景。両脇には手すり付きの階段が整備されています。坂の突き当りは眺めがひときわ素晴らしい撮影スポットとなっています。

【現地スタッフおすすめコメント】

CMや映画などでも使用されることが多いスポットです

アクセス
【電車】市電「末広町」停より徒歩約1分
【車】函館空港より約25分

函館市湯川町

湯の川温泉

湯の川温泉

函館空港から車で約5分とアクセスしやすい温泉地。泉質は主にナトリウム・カルシウム塩化物泉で、保温性に優れ、冷え性や神経痛などに効果があるとされています。散策のひと休みには、湯の川温泉電停前の足湯スポットがおすすめ。

湯の川温泉のポスターにもなっている温泉に入るサル達は、温泉街の一角にある函館市熱帯植物園の「サル山温泉」で見ることができます。(サル山温泉は12月~5月上旬までの期間限定)

【現地スタッフおすすめコメント】

北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯。 函館市電が温泉街北側を走行しているほか、函館空港まで車で5分の好立地にあります

アクセス
【車】函館空港より約5分

函館市湯川町

湯倉神社

湯倉神社

函館市電「湯の川駅」から徒歩約1分のところにある、湯の川温泉の始まりとされる「湯倉神社」。室町時代に、木こりが痛めた腕を湯につけると完治したことが起源とされています。
現在では湯の川の代表的な観光スポットとなり、竿で吊り上げる「イカすおみくじ」(初穂料として300円)などが人気。北海道弁で書かれたおみくじはお土産にもなりそう。

【現地スタッフおすすめコメント】

市電終点「湯の川」電停のすぐ近くにあり、湯の川温泉の発祥の地と言われています

アクセス
【電車】市電「湯の川」停より徒歩約1分

函館市上湯川町

トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院

1898年にフランスから派遣された8人の修道女によって設立された、日本初の女子修道院。高台に司祭館や聖堂などレンガ造りの美しい建物があるほか、園内に立つ「大天使ミカエル」、「聖母マリア」、「聖テレジア」などの聖像も見事です。売店では手造りのロザリオや菓子を販売しており、お土産としても人気となっています。

【現地スタッフおすすめコメント】

敷地内の凛とした空気感が、訪れる人の心を惹き付けます

営業時間
夏季 8:00~17:00、冬季 8:00~16:30 年末年始休
料金
入場無料
アクセス
【バス】「トラピスチヌ入口」停より徒歩約10分
【車】函館空港より約10分

函館市元町

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂

函館港を見下ろす高台にある、1910年建造の建物。左右対称のコロニアルスタイルで、やや青みがかった灰色と黄色の取り合わせが特徴的です。館内も貴賓室や130坪の大広間などが見学でき、創建された当時のルネッサンス風の華やかな雰囲気はそのまま。ゴージャスなドレスや燕尾服などの衣装を借りて、記念撮影をすることができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

華麗な姿は健在で、元町のランドマークと呼ばれています

※現在工事のため休館中です。
休館期間:平成30(2018)年10月1日~平成33(2021)年4月頃(予定)

営業時間
9:00~19:00(11~3月は~17:00) 年末年始ほか年数回休業あり
料金
大人300円、学生・生徒・児童150円、未就学児無料
アクセス
【電車】市電「末広町」停より徒歩約7分
【車】函館空港より約25分

函館市末広町

函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会

駐日ロシア帝国領事館付属聖堂として、1860年に日本最初の正教会聖堂が誕生。大火により焼失しましたが、1916年にロシア風ビザンチン様式の聖堂として再建されたのが「函館ハリストス正教会」です。鐘の音色が美しく、国の重要文化財にも指定されている教会で、函館市民からは「ガンガン寺」として親しまれています。

【現地スタッフおすすめコメント】

日本正教会でも伝道の最初期からの歴史を持つ、最古の教会です

拝観時間
月曜~金曜 10:00~17:00、土曜 10:00~16:00、日曜 13:00~16:00
※冬期(12/26~3月中旬)不定休
拝観献金
200円
アクセス
【電車】市電「末広町」停より徒歩約10分

担当スタッフおすすめ!函館のイチオシ穴場スポット

函館市湯川町

函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園

温室の中には約300種3,000本の熱帯植物が生い茂る植物園。冬も暖かいため、観光に訪れてもゆっくりと過ごすことができます。タイミングが合えば収穫された果実などを振る舞うサービスもあり。屋外施設では湯の川温泉の源泉を引いており、冬には温泉に浸かるサルの姿も。入園者も足湯を自由に利用可能です。幼児向け遊具も充実。

【現地スタッフおすすめコメント】

サルは12月から5月頃、温泉に浸かるかわいい姿を見せてくれます

営業時間
9:30~18:00、(11~3月は~16:30) 年末年始休
料金
入園料 一般300円、小中学生100円
アクセス
【バス】函館バス6系統「熱帯植物園前」バス停より徒歩約1分
【車】函館空港より約10分

函館市大町

緑の島

緑の島

観光名所である元町地区のすぐ前にある人工島。ここには駐車場と広々とした芝生、ベンチなどがあるだけで特に何もありません。それでも、ここからは普段とは違う視点で函館山やベイエリアを見渡すことができ、のんびりと散策などが楽しめることで人気です。釣りのほかスポーツやイベントの会場としても利用されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

函館港のシンボル的な緑地公園です

営業時間
9:00~20:00(10~11・1~3月は~17:00) 年始休
料金
入園無料
アクセス
【電車】市電「大町」停より徒歩約3分

七飯町

函館「裏夜景」

函館「裏夜景」

函館の夜景といえば有名なのが、函館山山頂から市街地を見渡す「表夜景」ですが、その函館山から街を挟んだ反対側の山々から函館山方向を眺めるのが「裏夜景」です。「函館のひと味違った夜景が楽しめる」として近年注目度が高まっており、七飯町の城岱牧場や北斗市のきじひき高原に展望台が設置されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

函館の夜景をぜひ両側から楽しんでください

営業時間
城岱牧場(管理棟展望台)/10:00~16:00 11月中旬~4月下旬は休業
アクセス
【車】JR「函館」駅より約45分

函館市日乃出町

啄木小公園

啄木小公園

函館で数ヶ月を過ごした歌人、石川啄木。この公園には函館を愛した啄木の座像が1958年に設置され、以来彼を偲ぶ人々が訪れています。函館山を背にして座る啄木像の台座には、「潮かおる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇よ今年も咲けるや」の歌が刻まれています。ここ大森浜は、かつてハマナス(浜薔薇)の花が咲き乱れていたことがわかります。

【現地スタッフおすすめコメント】

憂いを帯びた像は、何かを語りかけているようです

料金
入園無料
アクセス
【バス】「啄木小公園」バス停より徒歩約1分

定番から人気急上昇まで!おすすめ函館グルメ

函館市若松町

函館朝市 えきに市場

函館朝市えきに市場

北海道随一の大市場と呼ばれる「函館朝市」。「駅二市場」はその中心部にある大きな室内型の市場で、新鮮な魚介類や塩干物、お土産品、衣料品やお菓子を販売し、食堂まであります。観光客に人気なのが「イカ釣り体験」のコーナー。水槽に泳ぐイカを釣って、職人さんにさばいてもらい、その場で食べることができます。刺身はこれ以上ない新鮮さです。

【現地スタッフおすすめコメント】

釣り上げた瞬間にイカが墨を吐くので、歓声があがります

営業時間
5月〜10月/5:30〜14:00 11月〜4月/6:00〜14:00 ※店舗により若干異なる
休業日:第3水曜休(1~6・10・11月)、1月1日~3日 ※7〜9月は無休
いか釣体験は悪天候でイカ漁が中止の日は休業
料金
いか釣体験:時価(500円~1,500円程度)
アクセス
【電車】JR 「函館」駅より徒歩約5分
【車】函館空港より約20分

函館市大手町

はこだてビール

はこだてビール

函館山の天然水100%を使って醸造する地ビールのレストラン。ブルワリーを併設しており、できたてのビールをその場で味わうことができます。フルーティーな香りが特徴の「五稜の星」ヴァイツェン、深みのある「明治館」アルトなどレギュラータイプは4種類を製造。食事メニューは、地元の新鮮な食材を使った創作料理が中心で、パエリアやジンギスカンなど多彩に揃います。

【現地スタッフおすすめコメント】

赤レンガ造りで雰囲気のいい建物です

営業時間
11:00~15:00、17:00~22:00 ※時期により変動あり 水曜休
アクセス
【電車】市電「魚市場通り」停より徒歩約1分、JR「函館」駅より徒歩約7分
【車】函館空港より約20分

函館市末広町ほか

ラッキーピエロ

ラッキーピエロ

地域密着を徹底しており、函館市内と近郊のみで17店舗を展開するハンバーガーショップ。一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」をはじめ、「函館山ハンバーガー」、「土方歳三ホタテバーガー」など個性的なバーガーメニューを揃えているほか、カレーやオムライスなども有名。北海道産の食材を使った「地産地食」にも取り組んでいるお店です。

【現地スタッフおすすめコメント】

ラキピ、ラッピの愛称で親しまれています

営業時間
ベイエリア本店/10:00~翌0:30(土曜は~翌1:30) 無休
アクセス
【電車】市電「末広町」停より徒歩約5分
【車】函館空港より約25分

函館市末広町ほか

ハセガワストア

ハセガワストア

函館市民なら誰もが知っているというほどのお弁当屋さんで、1978年に商品化された「やきとり弁当」が有名。やきとりといっても鶏肉ではなく、道南では一般的な豚肉を使用。豚バラ串が3本並んでご飯の上に乗せられています。醤油ベースの濃厚なタレがご飯や海苔にマッチ。容器に刻まれた溝を使えば、3本の串を簡単に抜き取れます。

【現地スタッフおすすめコメント】

遠くからでも非常に目立つお店です

営業時間
ベイエリア店/7:00~22:00
アクセス
【電車】市電「末広町」停より徒歩5分
【車】函館空港より約25分

函館市若松町

函館海鮮料理  海光房

函館海鮮料理  海光房

JR函館駅に隣接する「函館朝市」の一角にある、魚介類の卸問屋直営店。生け簀には旬の魚やカニが泳ぎ、お気に入りのものを刺身や炭火焼き、海鮮丼などで味あわせてくれます。昼は定食類、夜は一品料理をお酒とともに味わうなど、新鮮な海の幸を存分に楽しむことができます。気に入った魚介類は宅急便で全国へ送ることも可能です。

【現地スタッフおすすめコメント】

鮮度バツグンの魚介類をたっぷり楽しめます

営業時間
11:00~14:00(LO13:30)、17:00~23:00(LO22:00) 不定休
アクセス
【電車】JR「函館」駅より徒歩約3分

函館市松風町

函館ひかりの屋台 大門横丁

大門横丁

函館駅から歩いて7分ほどにある屋台村「函館ひかりの屋台 大門横丁」。居酒屋やラーメン店、海鮮料理、ジンギスカンなど、多ジャンルの26店が集結した食のコミュニティは、屋台ならではのノスタルジックな雰囲気も魅力的です。 店舗ごとの敷地はこじんまりとしていているので、お客さん同士のコミュニケーションが広がるのも屋台の楽しみの一つ。肩ひじ張らない居心地の良さやおいしい地元料理を求めて、観光客や地元民など多くの人で賑わいます。

【現地スタッフおすすめコメント】

JR函館駅より徒歩5分。26店という出店数は、東北以北最大規模

アクセス
【電車】JR「函館」駅より徒歩約7分

函館市宇賀浦町

グルメ回転寿司 函太郎

はこだて明治館

地元函館で愛さている寿司店「グルメ回転寿司 函太郎(かんたろう)」。北海道に6店舗を展開するほか、東北や上越、関東にもチェーン展開しています。

シャリのお米は、北海道産にこだわったオリジナルブレンド。鮮度の良いネタは、函館や道内を中心に、旬のものを全国から厳選して仕入れています。創作メニューも豊富で、子ども連れでも安心。職人さんの活気溢れる店内で、函館の海の恵みを堪能してみてはいかが。

【現地スタッフおすすめコメント】

函館の新鮮魚介。気軽にお好みを注文できる笑顔と活気のある接客も評判です

営業時間
【宇賀浦本店】11:00~22:00
アクセス
【宇賀浦本店】
【車】JR「函館」駅より約5分、函館空港より約15分

函館市末広町

五島軒本店 レストラン雪河亭

五島軒本店 レストラン雪河亭

創業135年以上、北海道でもっとも古い洋食レストランとして、函館市民に愛されている店。明治レトロな雰囲気に包まれています。創業の頃から使用された洋食器や調度品も展示。創業以来伝統のオムライスやハヤシライスなど今も同じレシピで続くメニューがあり、カレーはレトルトで全国に知れ渡っています。

【現地スタッフおすすめコメント】

ケーキや洋菓子もおいしいと評判です

営業時間
11:30~20:30(11~3月は~20:00) 1~2月は月曜休、年始休
アクセス
【電車】市電「十字街」停より徒歩約5分
【車】函館空港より約25分

函館市末広町ほか

函館洋菓子スナッフルス

函館洋菓子スナッフルス

近年人気が高まっている函館土産が「チーズオムレット」。函館洋菓子スナッフルスが2000年に生み出した商品で、クリームチーズをふんだんに使ったスフレタイプのケーキです。しっとりふんわりとした食感があり、手に取って食べられる手軽さが評判。フォークで切ると半熟オムレツのよう。口溶けのよさがたまりません。

【現地スタッフおすすめコメント】

幅広い年齢層に喜ばれるお土産です

営業時間
金森洋物館店/9:30~19:00(季節により変動あり) 無休
アクセス
【電車】市電「十字街」停より徒歩5分
【車】函館空港より約25分
※函館駅、函館空港、新千歳空港などでも購入可

今回ご紹介した函館の観光スポット

北海道・函館旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ
季節のテーマから探す
旅のシーンから探す
エリアから探す