旅のランキング

富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!

見る・遊ぶ・食べる・寛ぐ!多彩なスポットを一挙ご紹介!写真映えの絶景スポットや子供も楽しめる名所も♪

見る・遊ぶ・食べる・寛ぐ!多彩なスポットを一挙ご紹介!写真映えの絶景スポットや子供も楽しめる名所も♪

ラベンダーと『北の国から』の聖地・富良野へ

紫の絨毯を広げたようなラベンダー畑と、勇壮な十勝岳の風景が有名な北海道「富良野」エリア。花人街道とも呼ばれるR237周辺には、「ファーム富田」をはじめ「彩香の里」「かんのファーム」など人気のラベンダー農園が点在します。またテレビドラマ『北の国から』の聖地としても知られ、「麓郷の森」「くまげら」「吹上露天の湯」はファンでなくとも訪れたいスポット。「FB FURANO BURGER」などSNSで話題のグルメも要チェックです。

1.紫の絶景!ラベンダーの花畑が人気のスポット

中富良野町

ラベンダー観光発祥の地「ファーム富田」

ファーム富田

日本で最も歴史のある観光ラベンダー園。富良野最大級のラベンダー畑「ラベンダーイースト※1」や、園内に12の花畑をもち、春から秋まで約80種類の花々が丘陵地を彩ります。ファーム富田の歴史が学べる資料館や、ラベンダーオイルの蒸留工程を間近で見られる「蒸留の舎」、複数のカフェやショップも完備。7月のラベンダーイーストには、トラクターが座席を引くラベンダーバスも登場します。

※1:ラベンダーイーストは、ファーム富田から約4㎞の上富良野東中地区にありますので、ご注意ください。

ラベンダーの見頃
7月上旬~8月上旬
※他、シバザクラ、チューリップ、ポピー、コスモスなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
8:30~17:00(季節により異なる)
※ラベンダーイーストは、6/29~7月末 9:00~16:30のみ開園
※12月~3月はWINTER GARDENとして営業(10:00~16:30)
休み
11月上旬~下旬、4月上旬~4月中旬
料金
入園無料
ラベンダーバス(ラベンダーイースト内のみで運行):中学生以上200円、4歳~小学生以下100円、3歳以下無料
アクセス
【電車・バス】JR「ラベンダー畑」駅より徒歩約7分(ラベンダー畑駅は夏季のみ営業)または、JR中富良野駅よりタクシーで約5分
※ラベンダーイーストへは、ファーム富田からタクシーで約7分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間30分

中富良野町

8種類のラベンダーが咲く「彩香の里」

彩香の里

1988年に開園し、約6ヘクタールという道内屈指の規模を誇る花の楽園。北海道で育つ7種類のラベンダーを観ることができ、7月上旬~8月上旬の開花シーズンは多くの人で賑わいます。ラベンダーウエディングやラベンダー摘みが楽しめ、30周年を迎えた2018年にはショップやカフェがリニューアル。多彩なラベンダー商品も人気です。

ラベンダーの見頃
7月上旬~8月上旬
※他、マリーゴールド、サルビア、ヒマワリなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
6月上旬~9月下旬の8:00~17:00(期間中は無休)
料金
入園無料、ラベンダー摘み取り体験1,000円
アクセス
【電車・バス】JR「中富良野」駅よりタクシーで約5分
【車】道央自動車道「滝川」ICより約1時間

中富良野町

全国唯一リフトのある花畑「中富良野町営ラベンダー園/中富良野北星山スキー場」

中富良野町営ラベンダー園/中富良野北星山スキー場

冬はスキー場としても人気の北星山の斜面を利用した、町営のラベンダー園。全国で唯一、リフトのあるラベンダー畑としても知られ、4種類のラベンダーをはじめ、ひまわり、マリーゴールド、サルビアなどの花畑を優雅に上空から楽しめます。頂上からは、一面の紫色の向こうに広がる十勝岳や町並みが絶景。ラベンダー摘みもできます。

ラベンダーの見頃
7月上旬~下旬
※他、マリーゴールド、サルビア、ヒマワリなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
入園自由
観光リフト運行:6月下旬~8月下旬の9:00~18:00(時期により異なる、期間中は毎日運行)
料金
入園無料
観光リフト往復:高校生以上400円、小中学生200円、未就学児無料
ラベンダー摘み取り体験:700円
アクセス
【電車・バス】JR「中富良野」駅より徒歩約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間20分

富良野市

ラベンダーと温泉を堪能!ハイランドふらの 「ラベンダーのうみ」

ハイランドふらの 「ラベンダーのうみ」

宿泊施設「ハイランドふらの」の前に広がるラベンダー畑。富良野市内最大となる1万6,000平方メートルの敷地一面に広がる鮮やかな紫色は、まさに「ラベンダーのうみ」。遅咲きがメインなので他園の見頃が過ぎた頃でも観賞可能。「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれた森の中の遊歩道や、露天風呂からラベンダー畑を眺める温泉も魅力です。

ラベンダーの見頃
7月中旬~下旬
営業時間
散策自由
※日帰り入浴は6:00~23:00(受付は22:30まで)・無休
料金
入園無料
日帰り入浴料:大人590円、中学生407円、小学生257円、乳幼児無料
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約15分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間

上富良野町

愛の鐘が響くビュースポット「日の出公園 ラベンダー園」

日の出公園 ラベンダー園

小高い丘にある町営公園。展望台の西側に一面のラベンダー畑、東側には十勝岳連峰の眺望が広がります。山頂には「愛の鐘」のモニュメントもあり、ロマンチックなムードが恋人たちに人気。ラベンダーは、7月上旬の早咲きから8月上旬の遅咲きまで約1ヶ月間楽しむことができ、7月中旬には「花と炎の四季彩まつり」会場としても賑わいます。

ラベンダーの見頃
7月上旬~8月上旬
※他、ルピナス、シャクヤク、バラなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
入園自由
料金
入園無料
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅より徒歩約15分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間40分

上富良野町

周遊バスで花畑散策「フラワーランドかみふらの」

フラワーランドかみふらの

約10万平方メートルの敷地を生かした迫力ある花畑と、十勝岳や上富良野町を一望するロケーションが魅力。広い園内にはトラクターバスが周遊し、ラベンダー畑から漂う香りに心も癒されます。ラベンダーのポプリや枕作りなど人気のクラフト体験もぜひ。6月のルピナスから秋のコスモスまで、時期によってさまざまな花が楽しめます。

ラベンダーの見頃
7月上旬~下旬
※他にも、桜、キャットミント、ルピナス、ポピー、ヒマワリ、コスモスなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
[6月~8月]9:00~18:00、[4月・5月・9月~11月]9:00~17:00、[3月]9:00~16:00
料金
入園無料、トラクターバス500円
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間30分

上富良野町

国道沿いにある圧巻の花畑「かんのファーム」

かんのファーム

国道237号沿いの丘を、一つひとつ手作業で植えた色とりどりの花が埋め尽くす光景はまさに圧巻。早咲きから初霜が降りる頃まで楽しめる遅咲きまで、さまざまな色や丈の異なる実生ラベンダーが見られる貴重なスポット。ラベンダーの苗や自家製ポプリ、切り花などのほか、白いトウモロコシや紫のジャガイモなど珍しい農作物も季節限定で直売しています。

ラベンダーの見頃
7月下旬~8月上旬
※他にも、マリーゴールド、サルビアなど季節ごとの花畑あり。
営業時間
6月~10月の9:00~日没(期間中無休)
料金
入園無料
アクセス
【電車・バス】JR「美馬牛」駅より徒歩約15分
【車】道央自動車道「滝川」ICより約1時間50分

2.お子さま連れ観光にもおすすめ

富良野市

ジャム作り体験も楽しい「ふらのジャム園・アンパンマンショップ」

ふらのジャム園・アンパンマンショップ

1974年に発足以来、無添加無着色の伝統製法で作るジャムは現在約40種類。すべて試食して購入でき、ジャムおばさん秘伝のジャム作りも体験できます。敷地内には、子供たちに大人気の国内最大級のアンパンマンのオフィシャルショップや貴重な絵本原画、アニメのセル画を展するコーナーも。広大な敷地内には、眺望抜群の花畑スポットも整備されていて大人から子供まで滞在が楽しめます。

営業時間
9:00~17:30
休み
無休(年末年始のみ休、12~3月の冬期間は臨時休あり)
料金
入園無料
手作りジャム教室1,200円~(前日までに要予約:0167-29-2233)
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約30分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間20分

富良野市

多彩なクラフト体験「ニングルテラス」

ニングルテラス

新富良野プリンスホテル敷地内、森の中にあるクラフトマンの村。脚本家・倉本聰氏が自身の舞台に登場する、北海道の森に住む身長15センチほどの“森の知恵者”ニングルをモチーフにプロデュース。それぞれの知恵を絞って「創る」をテーマにしたオリジナル作品のショップが並びます。ロウソクや銀細工など多彩なクラフト体験も。

営業時間
12:00~20:45(季節・天候により変動あり)
休み
無休(店舗により不定休)
料金
夕焼けランタンキャンドル作り1,800円~、木工クラフト制作2,100円~など季節により製作物の内容は変更あり(要予約:0167-22-1111)
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間15分

富良野市

富良野の大自然を満喫!「フラノ自然体験村 コロポックル」

フラノ自然体験村 コロポックル

北海道富良野の大自然を体感できるアウトドア&カルチャーメニューが人気。基本的には10名からの団体が対象ですが、家族単位の少人数でもフリーで受け付けてくれます。おすすめは大型ゴムボート(7人乗り)で清流&激流を下るラフティング体験。経験豊富なガイドが舵を取るので初心者でも安心です。また、木工クラフト体験は雨の日にも最適。自分のお土産にぜひ。

営業時間
ラフティング体験:5月上旬~10月下旬開催
木工クラフト・手作り体験:通年開催
※すべて要予約:0167-44-2583(9:00~17:00)
料金
ラフティング体験1人5,400円など(人数により価格変動あり、要問合せ)
アクセス
※体験教室のメニューによって富良野周辺の指定場所や宿泊施設に集合、または送迎

3.富良野で楽しむ芸術鑑賞・アート体験

上富良野町

天然岩絵具の色鮮やかな日本画「後藤純男美術館」

後藤純男美術館

上富良野町にアトリエを構えていた日本を代表する日本画家・後藤純男の作品を鑑賞できる美術館。純金やプラチナなど自然の鉱石を使う天然岩絵具で、色鮮やかに描かれた北海道の風景をはじめ、京都、奈良の大和路の四季ほか、中国やヨーロッパなどの作品を約130点展示しています。十勝岳連峰を眺めながらの食事ができるレストランもおすすめです。

営業時間
9:00~17:00(11月~3月は16:00まで)
休み
無休(12/29~1/3は休、また展示替えの臨時休あり)
料金
大人1,000円、小学生~高校生500円 ※税別
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅よりタクシーで約5分
【車】道央自動車道「旭川鷹栖」ICより約1時間30分

上富良野町

不思議な参加型アート施設「深山峠アートパーク」

上富良野トリックアート美術館:深山峠アートパーク

「トリックアート美術館」を中心に、約50メートルの高さの観覧車や物産館、BBQテラスなどが集まる複合施設「深山峠アートパーク」。視覚的錯覚を利用した不思議なアート作品は、見るだけではなく、触れて確かめたり、撮影で楽しんだり、フォトスポットとしても人気。約10分からできるアート体験や十勝岳を眺めながらのバーベキューも好評です。

営業時間
9:00~17:00(5月~8月は18:00まで、12月~3月は10:00~16:00)
休み
美術館:12月~3月に不定休あり
物産館・観覧車:12月~3月
料金
美術館:大人1,300円、中高生1,000円、小学5年生以上700円
観覧車:一般(小学校5年生以上)600円
※小学生4年生以下は無料
※美術館&観覧車共通券の販売もあり
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「旭川鷹栖」ICより約1時間20分

富良野市

創作ガラス体験も人気「グラス・フォレスト in 富良野(ふらの硝子)」

グラス・フォレスト in 富良野(ふらの硝子)

ダイヤモンドダストをイメージした幻想的なオリジナル作品「しばれ硝子」をはじめ、ガラスとワイヤーアートのクリスタルコラージュ、和のアクセサリーなど個性的なガラス製品をテーマごとの5館で展示販売。併設される工房では、北海道では唯一の耐熱ガラスの吹きガラス体験や、とんぼ玉体験などの創作プログラムも豊富に用意しています。

営業時間
9:00~18:00(7・8月は19:00までの延長あり)
休み
無休
料金
入園無料
宙吹き硝子体験3,000円~、とんぼ玉体験1,000円~など(要予約:0167-39-9088)
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりふらのバス麓郷行きで終点下車、徒歩約5分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間30分

4.ラベンダーだけじゃない!写真に収めたい絶景スポット

富良野市

『北の国から』の聖地「麓郷の森」

麓郷の森

昭和56年10月から翌年3月まで連続テレビドラマとして放映された『北の国から』のファンの聖地。火事で焼失した「黒板五郎の丸太小屋」や、純が作った風力発電装置を屋根の上に取りつけた「3番目の家」などを撮影当時のまま保存。自然豊かな森の中には、絵ハガキなどのお土産品を販売する「彩の大地館」や喫茶なども点在します。

営業時間
[4月中旬~9月下旬 ]9:30~17:30(最終入場17:00)、[10月初旬~11月下旬]9:30~16:00(最終入場15:30)※期間中無休(冬期間閉鎖)
料金
入場料:一般500円、小学生300円
ロケ施設入場料:一般500円、小学生300円
3施設共通券(拾って来た家/麓郷の森/五郎の石の家)一般1,200円、小学生600円
※未就学児無料
アクセス
【電車・バス】JR[富良野」駅よりふらのバス麓郷行きで終点下車、徒歩約30分(富良野よりタクシーで約25分)
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間45分

上富良野町

スリルと絶景のドライブを!「ジェットコースターの路」

ジェットコースターの路

国道237号線沿いにある「西11線農免農道」の標識が目印。そこを曲がると幾重にも重なる丘に沿って、高低差の激しい道が約2・5キロメートル続きます。車で走ると、まるでジェットコースターのような感覚が味わえ、地元町民が選んだ「かみふらの八景」のひとつにも認定。道の両側には田園風景が広がり、登るに従って十勝連邦の絶景も楽しめます。

営業時間
通行自由
料金
通行無料
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】北海道旭川空港より約25分

富良野市

パノラマ絶景スポット「富良野ロープウェー山頂駅/富良野スキー場」

富良野ロープウェー山頂駅/富良野スキー場

標高約900メートルに位置する山頂駅は、101人乗りの高速ロープウェーで手軽にアクセスできるビュースポット。富良野盆地と大雪山連峰、十勝岳の大パノラマの絶景が望め、8月~10月の早朝には雲海が見えることも。夏期は、標高約1,331メートルの富良野西岳や、観天望気の峰への登山の出発点でもあり、冬期は「富良野スキー場」として、4キロメートルを超えるロングコースの滑走が楽しめます

営業時間
ロープウェー運行期間:夏期6月中旬~10月中旬、冬期11月中旬~5月上旬
ロープウェー運行時間:8:00~下り最終16:20(季節により異なる)、期間中無休(悪天候時休)
料金
ロープウェー料金(往復):大人1,900円、小学生以下950円
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間25分

5.富良野のおすすめスイーツ&グルメ

富良野市

富良野のおいしさが集合!「フラノ・マルシェ」

フラノ・マルシェ

“富良野の農と食の魅力”の発信基地。ファーマーズマッケート「オガール」、スイーツカフェ「サボール」、富良野物産センター「アルジャン」、テイクアウトショップ「フラディッシュ」の4つのゾーンから成り、富良野のおいしいものが一堂に集まっています。約2,000点もの富良野土産をはじめ、地元食材を使ったオリジナルメニューも魅力です。

営業時間
10:00~19:00([2019年]6/29~8/31は9:00開店、11/5~3/31は18:30閉店)
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅より徒歩約7分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間20分

富良野市

ふらの牛乳プリンが有名「菓子工房フラノデリス」

菓子工房フラノデリス

北海道産チーズやバター、富良野産小麦粉、ふらの牛乳など地元素材を使った丁寧なお菓子作りで、全国にファンを持つ菓子工房。特に、2層のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」や、小さな牛乳瓶に入れて焼き上げた「ふらの牛乳プリン」はお取り寄せ商品として人気絶大。市内を一望できるカフェで、ここだけの限定スイーツを味わうのもおすすめです。

営業時間
10:00~18:00
休み
火・水曜(祝日・1日の場合は営業)、年2回長期休業あり
料金
ふらの牛乳プリン300円、ふらの牛乳プリンのフレンチトースト(ドリンクセット)1,000円など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間20分

富良野市

雄大な景色と限定メニューを!「カンパーナ六花亭」

カンパーナ六花亭

約8万平方メートルの広大な丘陵地にある「六花亭」直営ショップ。1日に9回鳴り響く、鐘の塔がランドマークです。喫茶スペースを備えたガラス張りの店内からは、十勝岳を一望できます。「ふらの餅」や「ぶどうソフト」など、ここでしか味わえないメニューと景色を楽しみながら、優雅なティータイムを過ごすのもおすすめ。

営業時間
9:00~17:00(喫茶室10:00~16:00)※時期により変動あり
休み
冬期休業(12月中旬~4月中旬頃)
料金
ふらの餅100円、ぶどうソフト300円、富良野あんころ160円など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約2時間10分

富良野市

SNSで話題沸騰!「FB FURANO BURGER(ふらのバーガー)」

FB FURANO BURGER(ふらのバーガー)

のどかな田園地帯の中に建つ、富良野牧場直営のバーガーショップ。話題の「ふらのバーガー」に使用しているパテやベーコンは、できるだけ添加物を使わず、肉本来の旨味にこだわった上富良野産のポーク100%。地元の新鮮な野菜と、自家製のふわふわバンズとの組み合わせが好評です。自家製ソーセージとポテト付きのプレートセットがおすすめ。

営業時間
4月下旬~10月下旬の11:00~18:00(LO17:30)
休み
4月~6月は月曜、9月~10月は木曜休、7月・8月は無休
料金
ふらのバーガープレート1,200円など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「三笠」ICより約1時間30分

富良野市

日本唯一のワインチェダーが人気「富良野チーズ工房」

富良野チーズ工房

富良野の牧場で育った牛の新鮮な牛乳から作る、良質なナチュラルチーズやバターを製造・販売。日本唯一のワイン入りチェダーチーズや、ふらの牛乳のみで作ったモッツァレラはお土産に最適です。チーズの製造過程が見学できるほか、本格薪窯で焼くナポリピッツァの工房やアイスミルク工房、バター、チーズ、パンなどの手作り体験工房も充実。

営業時間
9:00~17:00(11~3月は16:00まで)
休み
無休(年末年始・メンテナンス休あり)
料金
ふらのチーズ モッツァレラ100g 525円、できたてチーズソフトクリーム 350円、マルゲリータ1枚1,500円/手作り体験(要予約)880円(バター、アイスクリーム)、980円(パン、チーズ)/製造見学(要事前確認)無料など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約10分
【車】道央自動車道「滝川」ICより約1時間20分

富良野市

樽熟ワインやチーズフォンデュを!「ふらのワインハウス」

ふらのワインハウス

ラベンダー畑や十勝岳の絶景を眺めながら、地産地消の洋食が楽しめるレストラン。話題の「ふらの風チーズフォンデュ」をはじめ、ふらのチーズや地元素材をふんだんに使ったメニューが揃い、希少な樽熟ワインが味わえるのも嬉しいポイント。隣接するワイン工場直送のふらのワインが楽しめます。天然ぶどう100%の「ふらのぶどう果汁」もおすすめです。

営業時間
11:00~21:00
休み
無休(年末年始のみ休)
料金
ふらの風チーズフォンデュ(2~3名用)1,850円、ふらのワイングラス(赤・白・ロゼ)650円~など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅よりタクシーで約5分
【車】道央自動車道「滝川」ICより約1時間50分

富良野市

『北の国から』にも登場!「くまげら」

くまげら

昭和55年の創業で、テレビドラマ『北の国から』の撮影にも使われ、役者や作家・倉本聰氏に愛されて育った店。富良野産の素材を使った創作メニューが揃い、鹿・鴨・鶏肉を白味噌ベースで仕上げた山賊鍋や、ふらの和牛のローストビーフ丼、自家製チーズ豆腐などが名物。囲炉裏がある「蔓(つる)の間」や、布礼別から運んだ石を壁面にした「石亭(せきてい)」など、趣の異なる個室の雰囲気も抜群です。

営業時間
11:30~22:30(LO22:00)
休み
無休
料金
山賊鍋(2人前)3,300円、和牛ローストビーフ丼1,980円、チーズ豆腐500円など
アクセス
【電車・バス】JR「富良野」駅より徒歩約3分
【車】道央自動車道「占冠」ICより約1時間

6.温泉宿だけじゃない!絶景温泉を満喫できるスポット

上富良野町

大自然の中の源泉秘湯「吹上露天の湯」

吹上露天の湯

十勝岳の中腹にあり、大自然に囲まれた混浴の無料露天風呂。テレビドラマ『北の国から』で宮沢りえが撮影のために入浴したことから、全国的に有名になりました。大小2つの岩風呂があり、山から湧き出る吹上温泉を源泉かけ流しで楽しめます。大きな岩風呂はほど良い湯温で、小さな岩風呂は高温。水着やタオル着用での入浴が可能です。(壁のある脱衣所はありません)

営業時間
24時間
休み
無休
料金
入浴無料
アクセス
【電車・バス】JR「上富良野」駅より町営バス「吹上温泉白銀」停下車
【車】道央自動車道「旭川鷹栖」ICより約2時間10分

7.今回ご紹介した富良野の観光マップ

8.富良野の人気ホテル・旅館

9.北海道のレンタカー・道内移動の高速バス


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。

トップヘ