旅のランキング

現地スタッフ厳選!福島県のおすすめ観光スポットBEST20

福島県担当現地スタッフおすすめの福島を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている福島の穴場観光地も!

福島県担当現地スタッフおすすめの福島を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている福島の穴場観光地も!

新旧の魅力があふれる福島へ!

磐梯山をはじめとし、神秘的な五色沼や、国内4位の大きさを誇る猪苗代湖など雄大な自然に恵まれた福島県。歴史ファンなら、鶴ヶ城や大内宿などの見どころも外せません。また、日本三大ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンの本場では食べ歩きもおすすめ。中世英国の街を再現した「ブリティッシュヒルズ」や大人気の観光列車「フルーティアふくしま」で、新感覚の“ふくしま”を堪能するのも魅力です!

初めての人に訪れて欲しい福島のおすすめ定番スポット

南会津郡下郷町

大内宿

大内宿

会津城下と、栃木県日光市今市の下野の国を結ぶ全長約130キロメートルの下野街道にある、会津城下から3番目の宿場町。江戸時代の面影を残す古き良き町並みは、国選定重要伝統的建造物群にも指定されています。毎年7月2日に行われる伝統行事「半夏祭り」では、天狗を先頭に烏帽子をかぶった白装束の男衆らの姿が必見です。

【現地スタッフおすすめコメント】

江戸の町並みにタイムスリップできます!

営業時間
施設により異なる
料金
施設により異なる
アクセス
【電車】会津鉄道「湯野上温泉駅」よりタクシーで約10分
【車】東北自動車道「東北道白河IC」より約60分

耶麻郡北塩原村

五色沼

五色沼

磐梯山の明治大噴火によってできた裏磐梯にある湖沼群「五色沼」。水中の微粒子などによって沼の色が異なり、青緑色の毘沙門沼を最大に、周囲の草木が赤い鉄錆色に染まる赤沼、3つの色の水を持つみどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などがあります。なかでも毘沙門沼から望む磐梯山は、裏磐梯を代表する景観のひとつです。

【現地スタッフおすすめコメント】

鮮やかな色に魅了されます!

料金
散策自由
アクセス
【電車・バス】JR磐越西線「猪苗代駅」より猪苗代・桧原線「磐梯東都バス」で約30分
【車】磐越自動車道「猪苗代・馨梯高原IC」より約25分

福島市

花見山公園

花見山公園

大正時代、地元の養蚕農家だった阿部家が、自宅前の雑木山を開墾し花木を植えたのが始まりという「花見山公園」。日本を代表する写真家、故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所でもあり、3~5月には梅や桜だけでなく、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなど様々な花が咲き競います。

【現地スタッフおすすめコメント】

渋滞覚悟の人気スポット! 山全体に花が咲く!

アクセス
【バス】JR東北新幹線・東北本線「福島駅」からバス「花見山入口」停下車、徒歩約25分 ※開花期間中は「福島駅」から臨時バスあり
【車】東北自動車道「福島西IC」から車で約30分※開花期間中は周辺交通規制あり

会津若松市

鶴ヶ城

鶴ヶ城

至徳元(1384)年に、葦名直盛が築いた東黒川館が発祥という「鶴ヶ城」。戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた、難攻不落の名城とも謳われます。明治7年に取り壊された後、昭和40年に再建。平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっています。内部は郷土博物館としても公開されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

会津戊辰戦争がよみがえる! 難攻不落の名城

営業時間
8:30~17:00(入城締め切りは16:30)年中無休
料金
天守閣入場料:大人410円、小人150円 ※茶室麟閣共通券510円
アクセス
【バス】周遊バス ハイカラさん・あかべぇ「鶴ヶ城入口」下車、徒歩約5分
【車】磐越自動車道「会津若松IC」より約15分

いわき市

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま

黒潮と親潮が交わる福島の海の特徴"潮目"をテーマにした環境水族館。親潮の源流オホーツク海と黒潮の源流域熱帯アジアの自然を再現した潮目の大水槽をメインに、ワークショップやバックヤードツアーなどの体験プログラムも用意。子供体験館「アクアマリン えっぐ」では、自分で釣った魚を食べることができる釣堀も好評です。

【現地スタッフおすすめコメント】

楽しみながら、自然の大切さや命の尊さなどを学べます

営業時間
9:00~17:30(12/1~3/20は~17:00)
※最終入館は閉館1時間前まで。季節により開館時間延長あり
年中無休
料金
入館料:一般1,800円、小~高校生900円(高校生は学生証提示)
アクセス
【電車・バス】JR常磐線「泉駅」(特急停車駅)から路線バス(小名浜・江名方面)「支所入口」停下車(約15分)後、徒歩約10分
【車】常磐自動車道「いわき湯本IC」より約20分

耶麻郡猪苗代町

野口英世記念館

野口英世記念館

千円札の肖像画でおなじみの野口英世は、磐梯山の麓、福島県猪苗代町の出身。ノーベル医学賞候補にもなった、世界的な医学者の生涯と業績を、多彩な資料やジオラマなどでわかりやすく展示しています。野口英世が研究した細菌の世界をクイズや映像で学べる「体験! バクテリウム」など、大人から子供まで楽しめる展示も人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

世界的医学者の功績をたたえる生家と記念館

営業時間
4~10月 9:00~17:30(入館締切17:00)
11~3月 9:00~16:30(入館締切16:00)
年中無休(ただし12/29~1/3を除く)
料金
入館料:大人(15歳以上)600円、小中学生300円、未就学児無料
アクセス
【電車】JR磐越西線「猪苗代駅」からタクシー約6分
【バス】磐梯東都バス「金の橋・会津レクリエーション公園行き」野口英世記念館前下車徒歩約1分
【車】磐越自動車道「猪苗代磐梯高原IC」より約5分

田村市

あぶくま洞

あぶくま洞

約8,000万年という歳月をかけて創られた鍾乳洞。全長600メートルの洞内には、東洋一ともいわれる種類と数の鍾乳石が続き、三層に分かれる洞内最大のホール「滝根御殿」や、日本の鍾乳洞で初めて舞台演出用の調光システムを導入した「月の世界」などが幻想的。県内唯一の恋人の聖地にも認定され、デートスポットとしても人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

福島県唯一の恋人の聖地。カップルで行きたい!

営業時間
8:30~17:00(季節により変動あり)年中無休
料金
入場料:大人(高校生以上)1,200円、中学生800円、小学生600円
アクセス
【電車】JR磐越東線「神俣駅」下車、タクシーで約5分
【車】磐越自動車道「小野IC」より約15分

田村郡三春町

三春滝桜

三春滝桜

根尾谷の淡墨ザクラ、山高神代ザクラなどとともに国の天然記念物に指定される樹齢1000年以上の名木。日本三大桜のひとつにも数えられるエドヒガン系の紅枝垂桜で、樹高は13.5メートル、根回りは11.3メートル。例年4月中~下旬の開花の時期には、圧巻の美しさを楽しみに、各地から大勢の花見客が訪れます。

【現地スタッフおすすめコメント】

東日本大震災でも倒壊しなかった日本三大桜

料金
開花宣言後より、中学生以上:300円
アクセス
【電車】JR磐越東線「三春駅」下車後、臨時バス滝桜号(有料)に乗車 ※滝桜の開花シーズンのみの運行
【車】磐越自動車道「船引三春IC」より約20分

喜多方市

喜多方ラーメン食べ歩き

喜多方ラーメン食べ歩き

博多、札幌と並ぶ日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」。市内に100軒以上あるラーメン店では、平打ち熟成多加水麺と呼ばれる喜多方特徴の麺に、醤油ベースのスープをはじめ各店自慢の味を提供。世界最大級の口コミ情報サイト「Yelp」で世界のベストラーメンランキング米国1位に選ばれた味は、食べ歩きで楽しむのが正解!

【現地スタッフおすすめコメント】

世界にも認められた喜多方ラーメンを楽しもう!

営業時間
営業時間・定休日は店舗により異なる
アクセス
【車】磐越自動車道「会津若松IC」より約30分

耶麻郡猪苗代町

猪苗代湖

猪苗代湖

磐梯山南麓にある、福島県のシンボルのひとつ。琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次ぐ国内4位の大きさを誇る楕円形の湖で、最大水深は約94メートル。「天鏡湖」と呼ばれるほど透明度の高い水質を誇り、湖畔には水泳場、キャンプ場も完備。冬は、約2,000羽の白鳥が飛来する様子や、「しぶき氷」という自然の芸術も見ものです。

【現地スタッフおすすめコメント】

国内で4番目の大きさを誇る磐梯山南麓の湖

料金
散策自由
アクセス
【バス】JR磐越西線「猪苗代駅」よりバスで約15分
【車】磐越自動車道「猪苗代磐越高原IC」より車で約3分

現地にいるからこそ知ってる福島のおすすめ穴場スポット

喜多方市

鏡桜

鏡桜

東日本大震災復興支援プロジェクトに選定されている“東北・桜の夢街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り”。その十四番の札所に当たる「鏡桜」は、約100万株の福寿草の群生地としても知られる沼ノ平の池のほとりに立つオオヤマザクラの大木。満開の桜の姿は、鏡のように静かな池の水面に映って一層美しく、見る人を癒します。

【現地スタッフおすすめコメント】

池の水面に映し出される桜が美しいスポット

料金
見学自由
アクセス
【電車】磐越西線「山都駅」より車で約20分
【車】磐越自動車道「会津坂下IC」より約50分

会津若松市~新潟県魚沼市

只見鉄道

只見鉄道

福島県の会津若松から新潟県の小出まで約135キロメートルを結ぶローカル鉄道。楽天トラベルの「旅行好きが選ぶ、おすすめのローカル線ランキングTOP10」では5位にランクイン。絶景の秘境路線としても有名で、四季折々の周囲の自然と橋梁のコラボが美しく、道の駅「尾瀬街道みしま宿」近くにはビューポイントも整備されています。※平成23年に発生した新潟・福島豪雨により橋梁が流出し、会津川口~只見間が不通(代行バス運行 年中無休)

【現地スタッフおすすめコメント】

ロマンチックな秘境のローカル鉄道


郡山市

郡山布引 風の高原

郡山布引 風の高原

会津布引山を中心に広がる眺望豊かな布引高原は、山頂に国内最大級33基の風力発電が建ち、別名「風の高原」とも呼ばれています。8月中旬から9月にかけては、コスモスとヒマワリの花畑が一面に広がる花見スポットとしても有名。展望台やウォーキングコースもあり、爽やかな風と美しい花に包まれた散策を楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

8月中旬~9月はコスモスとヒマワリの花が一面に!

料金
散策自由
アクセス
【車】郡山南ICより車で約60分

南会津郡下郷町

大内宿 三澤屋

大内宿 三澤屋

江戸時代の面影を残す宿場町・大内宿にある手打ちそばの店「三澤屋」。郷土に伝わる高遠そば(大根おろしそば)を、箸代わりにした長ネギで食べるユニークなスタイルが有名です。そば粉は地元産100%を使用し、薬味は大根の搾り汁、かつお節、大根おろし。茅葺き屋根や囲炉裏、調度品など昔のままの建物の風情も魅力です。

【現地スタッフおすすめコメント】

長ネギを箸代わりにして食べる高遠そばの店

営業時間
10:00~16:30
1/4~7のみ休み
料金
高遠そば1,080円、水そば1,296円、岩魚塩焼540円など
アクセス
【電車】JR磐越西線「会津若松駅」より会津鉄道「湯野上温泉駅」下車後、車で約20分。
【車】東北自動車道「西那須野塩原IC」より約90分

岩瀬郡天栄村

ブリティッシュヒルズ

ブリティッシュヒルズ

約7万3,000坪の敷地に中世英国の街並みを再現した「ブリティッシュヒルズ」。マナーハウス(荘園領主の館)を中心にティールーム、パブ、12〜18世紀の建物が点在し、食事やショッピングが楽しめます。また、猫足バスタブ付きのクラシックな客室や、シェフ自慢のローストビーフが楽しめる夕食などを堪能する宿泊棟も完備。

【現地スタッフおすすめコメント】

パスポートなしで行ける英国!

営業時間
フォルスタッフパブ:ランチ 11:30~15:00(L.Oフード 14:30)/ディナー 18:00~23:30(L.Oフード 21:30、ドリンク 23:00)
ティールーム アスコット:9:30~17:30(L.Oフード 16:30、ドリンク 17:00)
年中無休
料金
入場無料
アクセス
【電車】新白河駅より送迎バスで約40分(要予約)
【車】東北自動車道「白河IC」より約40分

会津若松市

松平家廟所

松平家廟所

東山町院内の森の中に広がる会津松平家のお墓。約15万平方メートルと広大な面積を誇る墓域は、大名家墓所の中でも屈指の規模で、国の史跡にも指定されています。新緑や紅葉の時期に、散策をかねてのお参りをする人も多いパワースポットとしても有名で、毎年5月4日には、歴代藩主の霊を慰める「院内ご廟お花まつり(会津松平家 お花まつり)」も開催。

【現地スタッフおすすめコメント】

広大な森の中に広がる神聖なパワースポット

料金
散策自由
アクセス
【バス】周遊バス ハイカラさんバス停「院内」から徒歩約5分

郡山市~会津若松市

走るカフェ フルーティアふくしま

走るカフェ フルーティアふくしま

福島県の郡山駅と会津若松駅を結ぶJR磐越西線の観光列車「フルーティアふくしま」。“走るカフェ”をコンセプトに、車内は全席テーブル付きの席。福島産の旬の果物を使ったオリジナルスイーツとドリンクのセットを味わいながら、列車の旅が楽しめます。カフェカウンターでは、オリジナルグッズや地元のお菓子も販売。※時期により郡山駅~仙台駅の東北本線で運行。

【現地スタッフおすすめコメント】

ふくしまスイーツを味わいながら列車の旅を!

営業時間
始発 10:44(郡山駅発)、終発 17:10(会津若松駅発)
土曜日、休日を中心に運行
※時期により変動あり
料金
郡山駅~会津若松駅間の片道乗車券(フルーツセット付き)3,900円~

喜多方市

新宮熊野神社 長床

新宮熊野神社 長床

約1000年の歴史を持つ古社。熊野神社の拝殿として建てられた国指定重要文化財の「長床」は、藤原時代の貴族の寝殿造で、44本の太い柱に芧葺寄棟造り、周りには壁も扉もない吹き抜けの壮大な建物です。境内には樹齢800年のご神木・大イチョウがあり、紅葉の季節には黄色い絨毯を敷いたかのような見事な光景が楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

ご神木・大イチョウの紅葉は圧巻

営業時間
4月~11月まで無休
12月~3月までは土・日・祝日のみ開館
料金
大人300円、高校生200円、中学生以下無料
アクセス
【電車】磐越西線「喜多方駅」よりタクシーで約10分
【車】磐越自動車道「会津若松IC」より車で約30分

いわき市

白水阿弥陀堂

白水阿弥陀堂

永暦元(1160)年、藤原清衡の娘・徳姫が夫・岩城則道公の供養のために建立した平安時代末期の阿弥陀堂。美しい曲線を描く屋根の優雅な建物は、阿弥陀堂建築の代表的な例と言われ、福島県唯一の国宝建造物に指定されています。7月中旬から9月初旬にかけては浄土式庭園に「古代ハス」が咲き、秋の紅葉も美しいスポット。

【現地スタッフおすすめコメント】

福島県唯一の国宝建造物に指定されています

営業時間
8:30~16:00(11月~3月は~15:30)※受付終了は15分前
毎月第4水曜休※臨時休業あり
料金
拝観料:大人400円、子供(小学生)250円
アクセス
【バス】JR常磐線「いわき駅」より川平行きバス「あみだ堂バス停」下車、徒歩約5分
【車】常磐自動車道「いわき湯本IC」から車で約15分

会津若松市

さざえ堂

さざえ堂

寛政8(1796)年、飯盛山に建立された高さ16.5メートルの六角三層のお堂。独特な二重螺旋のスロープ沿いに西国三十三観音像が安置され、かつては、このお堂を参拝することで三十三観音参りができると言われました。また、上りと下りが全く別の通路になった一方通行の建築構造も珍しく、国重要文化財に指定されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

不思議な二重構造のらせん階段を体験!

営業時間
8:15~日没(1~3月は9:00~16:00)
年中無休
料金
大人400円、高校生300円、小中学生200円
アクセス
【バス】周遊バス ハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩約5分
【車】磐越自動車道「会津若松IC」より約15分

今回ご紹介した福島の観光スポット

福島旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ