旅のランキング

現地スタッフ厳選!愛媛県のおすすめ観光スポットBEST18

愛媛県担当現地スタッフおすすめの愛媛を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている愛媛の穴場観光地も!

愛媛県担当現地スタッフおすすめの愛媛を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている愛媛の穴場観光地も!

夏目漱石「坊っちゃん」の世界を体感する愛媛へ!

四国の北西部一帯と、瀬戸内海に浮かぶ小さな島々から成る愛媛県。夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台としても知られる松山市内では、小説内に描かれる「道後温泉本館」や「坊っちゃん列車」などの実物を体感し、楽しめます。また、日本三大急潮流の一つ、来島海峡に架かる世界初の3連吊り橋「来島海峡大橋」も見逃せないスポット。駅のホームから伊予灘のパノラマを望む「下灘駅」やネコの楽園「青島」など、現地スタッフおすすめの魅力的な穴場も多数!

初めての人に訪れて欲しい愛媛のおすすめ定番スポット

松山市

道後温泉本館

道後温泉本館

開湯は縄文時代、聖徳太子も訪れ、日本最古とも言われる道後温泉。そのシンボルが、国の重要文化財に指定されながら、現役の公衆浴場として営業を続けている「道後温泉本館」。「霊の湯」と「神の湯」の2つの浴室があり、「霊の湯 三階個室」「霊の湯 二階席」「神の湯 二階席」「神の湯 階下」4つの入浴コースを選択して楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

夏目漱石「坊っちゃん」で描かれた道後温泉本館の佇まいを体感!

営業時間
6:00~23:00(札止め22:30)※コースにより異なる
12月初旬に大掃除のため1日臨時休館あり
料金
霊の湯3階個室:大人1,550円、小人770円
霊の湯2階席:大人1,250円、小人620円
神の湯2階:大人840円、小人420円
神の湯階下:大人410円、小人160円
アクセス
【電車】JR松山駅より伊予鉄道道後温泉行きで約25分、終点下車すぐ
【車】松山ICより約20分

松山市

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

平成29年(2017)12月26日にグランドオープンした道後温泉の新湯。「太古の道後」をテーマに、飛鳥時代の建築様式を取り入れた建物内には、道後温泉本館にはない露天風呂や、皇室専用浴室「又新殿」を再現した特別浴室を設え、昔の浴衣「湯帳」を着ての入浴体験もできます。道後にまつわる伝説を表現した5つの個室休憩室もあり。

【現地スタッフおすすめコメント】

感性を刺激する「新たな温泉文化を発信する拠点」が登場!

営業時間
1階浴室7:00~23:00(札止め22:30)※コースにより異なる
臨時休館あり
料金
1階浴室:大人600円、小人300円
2階大広間:大人1,250円、小人620円
2階個室:大人1,650円、小人820円
2階特別浴室:1組2,000円+大人1,650円、小人820円
アクセス
【電車】JR松山駅より伊予鉄道道後温泉行きで約25分、終点下車
【車】松山ICより約20分

今治市~大島

来島海峡大橋

来島海峡大橋

愛媛県の今治市から芸予諸島の大島を結び、鳴門、関門と並んで日本三大急潮流に数えられる来島海峡に架かる橋。世界初の3連吊橋であり、全長4キロメートルの橋の両側には、小型バイク道と自転車歩行者道が設けられていて、徒歩や自転車でも渡れます。今治の「糸山展望台」と大島の「亀老山展望台」からの瀬戸内海と橋の眺めは絶景です。

【現地スタッフおすすめコメント】

ライトアップをしている日もあり、夜景も楽しめます

料金
通行料:歩行者無料、自転車200円、普通車(今治北IC~大島南IC間)1,750円
アクセス
【車】今治北ICよりすぐ

松山市

松山城

松山城

武将・加藤嘉明が慶長7(1602)年より築城を開始し、四半世紀をかけて完成。標高132メートルの城山(勝山)山頂に本丸、裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)があり、姫路城・和歌山城とともに、日本三大連立式平山城の一つとして数えられています。山頂の天守へはロープウェイ・リフトでアクセスできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

山頂から松山市街や瀬戸内海が一望できます

営業時間
天守開場時間:9:00~17:00(最終入場16:30)※時期により異なる
12月第3水曜のみ休
料金
天守入場&ロープウェイ往復:大人1,020円、小学生410円 ※小学生未満は大人1名につき2名まで無料
アクセス
【電車】JR松山駅より市内電車で「大街道」停下車、徒歩約5分(ロープウェイ「東雲口」乗り場まで)
【車】松山ICより約15分

松山市

坊っちゃん列車

坊っちゃん列車

夏目漱石の小説『坊っちゃん』で登場人物が利用し、マッチ箱のようだと称した列車を復元。明治21年から昭和半ばまで活躍した蒸気機関車をモデルに、現在はディーゼルエンジンを採用。伊予鉄道松山市駅~道後温泉駅、道後温泉駅~古町駅の2路線を運行しています。道後温泉・大街道・松山市駅・JR松山駅前・古町の各電停より乗車できます。

【現地スタッフおすすめコメント】

松山市内の路面電車。煙に見立てた蒸気を上げて走ります

料金
乗車券:大人800円、小人400円

西条市・久万高原町

石鎚山

石鎚山

標高1,982メートル、四国山地西部に位置する西日本最高峰の山。日本百名山、日本百景、日本七霊山の一つであり、山岳信仰の修業道として知られる険しい登山道は、ロープウェイやドライブウェイで7合目まで行くことができます。標高約1,300メートルの園地で開催する星空・月の日帰り観察ツアー「石鎚山スターナイトツアー」も人気。

【現地スタッフおすすめコメント】

登山初心者は、桟橋や休憩ベンチもある土小屋登山道がおすすめ

営業時間
石鎚登山ロープウェイ:8:40~17:00 ※時期により異なる
4月に1週間程度点検期間休あり
料金
石鎚登山ロープウェイ(往復):大人(中学生以上)1,950円、小学生980円
アクセス
<石鎚登山ロープウェイまで>
【電車】JR伊予西条駅よりせとうちバス西之川行き「ロープーウェイ前」停下車
【車】伊予小松ICより約30分

松山市

石手寺

石手寺

四国霊場第51番札所。神亀5(728)年に伊予の大守、越智玉純が勅宣により創建された寺で、広い境内には国宝の仁王門をはじめ、重要文化財の本堂や三重塔などの建物が立ち並び、長さ160メートルのマントラ洞窟や宝物館など、見ごたえ満載です。お守りとして持ち帰ると子宝・安産祈願があるといわれる「子宝石」も有名。

【現地スタッフおすすめコメント】

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では星1つを獲得

アクセス
【電車】伊予鉄道松山市駅より伊予鉄バスで「石手寺」停下車、徒歩約5分
【車】松山ICより約20分

今治市

大山祇神社

大山祇神社

天照大神の兄神・大山積神を祀り、全国1万社あまりの分社を持つ日本総鎮守。境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座し、神社内の楠群は日本最古の原始林社叢の楠群として、国の天然記念物にも指定されています。本殿、拝殿は重要文化財。宝物館には国宝、重要文化財に指定された武具などを多数展示しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

海の神、山の神として信仰を集めています

営業時間
日の出頃~17:00、宝物館は8:30~17:00(入館は16:30まで)、無休
料金
拝観無料(宝物館:大人1,000円、高大学生800円、小中学生400円)
アクセス
【電車】JR今治駅よりバスで「大山祇神社前」停下車、徒歩すぐ
【車】大三島ICより約10分

久万高原町・西予市ほか

四国カルスト

四国カルスト

愛媛県と高知県にまたがる日本三大カルストの一つ。大野ヶ原、姫鶴平、五段高原、天狗高原と約25キロメートルに渡り、白い石灰岩が点在するカルスト台地が連なります。春から秋にかけて、牛が草を食む牧歌的な風景を楽しめる姫鶴平には、キャンプ場も充実。バーベキュー施設完備の「姫鶴荘コテージ」やレストランもある「姫鶴荘」を拠点に!

【現地スタッフおすすめコメント】

大野ヶ原の北側にはブナの原生林が広がり、多くの高山植物も!

営業時間
4月~11月まで通行可(姫鶴荘、姫鶴平コテージも4~11月のみ営業)、期間中無休
アクセス
【車】松山ICより約100分

新居浜市

別子山

別子山

新居浜市の南方の赤石山系など、急峻な四国山地の山々に囲まれた「別子山」。千数百メートル級の山々を目指して、毎年大勢の登山客が訪れます。また、新居浜市街地から四国中央市へと続く「別子・翠波はな街道」には、日本三大銅山の一つ、別子銅山の跡地を利用した鉱山観光と温泉のテーマパーク「マイントピア別子」などのスポットも多彩。

【現地スタッフおすすめコメント】

「別子・翠波はな街道」は絶好のドライブコース

営業時間
マイントピア別子:9:00~18:00(最終入園17:00)※施設、時期により異なる
料金
マイントピア別子:施設により異なる
アクセス
<マイントピア別子>
【電車】JR新居浜駅よりせとうちバスマイントピア行きで「マイントピア別子」下車すぐ
【車】新居浜ICより約30分

現地にいるからこそ知ってる愛媛のおすすめ穴場スポット

大洲市

青島

青島

「島民15人に猫100匹」といわれ、猫の楽園と話題になっている小さな島。島内にある“ネコのエサやり場”では地元の漁師さんがばら撒く魚のアラなどを夢中で奪い合う、野性味あふれるネコの姿が見られることも。小説「坊っちゃん」にも登場する島で、魚釣りや潮千狩なども楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

島内には宿泊施設がないので、帰りの船の時間は要チェック!

営業時間
定期連絡船:長浜港発8:00、14:30/青島港発8:45、16:15 ※時期により異なる
無休(天候により欠航あり)
料金
定期連絡船運賃(往復):大人(12歳以上)1,360円、小人(6歳以上)680円
アクセス
<長浜港乗船場>
【電車】JR伊予長浜駅より長浜港乗船場まで徒歩約2分(長浜港~青島港は約35分)
【車】大洲ICより約30分

伊予市

下灘駅

下灘駅

“一度は降りてみたい駅”といわれる、JR予讃線の無人駅。かつては“日本一海に近い駅”でもあり、ホームからは目の前に瀬戸内の美しい海が広がります。撮影スポットとして人気が高く、多くの映画や雑誌、CMにも度々登場。毎年9月の第1土曜日には「夕焼けプラットホームコンサート」も開催。伊予灘と夕焼けと音楽のコラボが感動モノです。

【現地スタッフおすすめコメント】

松山駅より観光列車「伊予灘ものがたり」が運転停車します

アクセス
【車】伊予ICより約30分

今治市

亀老山展望公園

亀老山展望公園

瀬戸内海国立公園に指定されている標高307.8メートルの展望公園。建築家・隈研吾氏設計によるパノラマ展望台ブリッジからは、「来島海峡大橋」と「来島海峡」の潮流を一望できます。特に夕方から日没までの刻々と変化する絶景はまさにマジックアワー。定期的に行われる来島海峡大橋のライトアップや今治市街の夜景も必見です。

【現地スタッフおすすめコメント】

天気がよければ南東に石鎚連峰も見渡せます

アクセス
【車】大島南ICより約10分

内子町

八日市護国重要伝統的建造物群保存地区

八日市護国重要伝統的建造物群保存地区

江戸時代後期から明治時代にかけて、木蝋(もくろう)の生産によって栄えた内子町。その面影が今も色濃く残る八日市・護国地区には、約600メートルの通りに伝統的な造りの町家や豪商の屋敷が、当時のまま軒を連ねています。地元の土で作られた浅黄色の土壁と白漆喰のコントラストが、独特の温かみのある風景を作り出しています。

【現地スタッフおすすめコメント】

どこか懐かしく、フォトジェニックな町並みです

アクセス
【電車】JR内子駅より徒歩約25分
【車】内子五十崎ICより約5分

内子町

内子座

内子座

大正5(1916)年に大正天皇の即位を祝って創建された芝居小屋。木造2階建ての瓦葺き入母屋造りで、桟敷席、回り舞台、花道など本格的な設備を備え、当時の建築技術の粋が集められた建造物です。昭和60年に当時そのままの姿を復元し、見学はもちろん現役の劇場としても活躍。毎年8月の内子座文楽は全国の文楽ファンに愛されています。

【現地スタッフおすすめコメント】

2016年には創建100周年を迎えました

営業時間
9:00~16:30、年末年始(12/29~1/2)のみ休
料金
見学:大人400円、小中学生200円、幼児無料
アクセス
【電車】JR内子駅より徒歩約10分
【車】内子五十崎ICより約5分

今治市

タオル美術館ICHIHIRO

タオル美術館ICHIHIRO

タオルの生産地として有名な今治市ならではの、タオルをテーマにした世界唯一の美術館。 タオルアートの数々に目を見張るコットンロードや、タオルの製造工程を見学できるブース、豊富な品揃えのタオルコレクションショップなど楽しい見どころや仕掛けが盛りだくさん。広大なヨーロピアンガーデンやレストラン、カフェも好評です。

【現地スタッフおすすめコメント】

常設展「ムーミンの世界へ」ほか企画展も随時開催

営業時間
9:30~18:00(ギャラリー見学は閉館30分前まで)
※毎週土曜日、連休(最終日は除く)は閉館20:00(1・2月のみ延長営業は19:00まで) 
年中無休(1月第3・4火曜はメンテナンスのため休館)
料金
入館料:大人800円、中高生600円、小学生400円、65歳以上500円
※ショッピングやお食事のみは入館料なしで利用できます
アクセス
【電車】JR今治駅よりタクシーで約25分
【車】今治ICより約15分

松山市

大観覧車くるりん

大観覧車くるりん

松山の新しいシンボルとして、いよてつ高島屋の屋上に登場した大観覧車。地上85メートルの高さまで上昇し、昼間は松山城や瀬戸内海、松山市街を一望できます。夜は、色鮮やかなイルミネーションに覆われたファンタジックスポットとして人気。床面が透明ガラス製の「シースルーゴンドラ」も2台あり、1周15分の空中遊泳が楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

お誕生月は何度乗っても通常ゴンドラ無料サービス!

営業時間
10:00~22:00(最終搭乗時刻 21:45)、休業日はいよてつ髙島屋の休業日に準じる
料金
1人700円(シースルーゴンドラ1人900円)※小学生未満無料(保護者同伴の場合に限る)
アクセス
【電車】松山市駅より徒歩すぐ
【車】松山ICより約15分

松山市

奥道後温泉

奥道後温泉
奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)

道後温泉の奥に位置し、石手川渓谷が深くなっていく川沿いの温泉地。アルカリ性単純硫黄泉のかけ流し温泉が堪能できる一軒宿「奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)」では、美しい自然のパノラマに囲まれた西日本最大級の大露天風呂が自慢。貸切露天風呂や展望露天風呂付きの客室があるほか、約80種のバイキングも楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

道後温泉だけじゃない立ち寄り湯を堪能!

アクセス
【電車】JR松山駅より伊予鉄バス奥道後行き「奥道後」停下車、徒歩すぐ
【車】今治ICより約45分

今回ご紹介した愛媛の観光スポット

愛媛旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ