旅のランキング

熱海観光の決定版!おすすめ人気スポット40選

温泉・海遊び・花の絶景・パワースポット・打ち上げ花火!熱海を満喫する観光スポットを総ざらい♪

温泉・海遊び・花の絶景・パワースポット・打ち上げ花火!熱海を満喫する観光スポットを総ざらい♪

魅力いっぱい!温泉だけじゃない!

徳川家康が愛したことでも知られる名湯・熱海温泉は、日本屈指の温泉地。東京から新幹線で約50分の近さで気軽に旅行を楽しめ、夏は海水浴やマリンスポーツを満喫できる人気のエリアです。温暖な気候で、1年中花々を楽しむことができ、街をあげてのイベントも数多く開催。また、古くから別荘地でもあった熱海には、この土地を愛した文豪や芸術家たちの暮らしぶりを知れる場所も多数あります。見どころが沢山あり、様々な楽しみ方ができるのが熱海です。

・熱海観光に便利な地図はこちらをチェック

1.熱海の定番スポット10選

Number 1 ranking

熱海梅園

熱海梅園
熱海梅園
熱海梅園
園内の足湯

熱海の山の手側、JR来宮駅から500メートルほどの場所にある梅園。明治19年に開園し、樹齢100年以上の梅の古木も含めて、約730本もの木々が配されています。冬は暖かく、夏は涼しい気候のため、梅は年末ごろから咲き始めることから“日本一早咲きの梅”、12月上旬に見頃となる紅葉は“日本一遅い紅葉”として知られています。とくに「梅まつり」「もみじまつり」の期間には、多くの見物客で賑わいを見せます。

住所
静岡県熱海市梅園町8-11
アクセス
JR伊東線来宮駅から徒歩約10分
開園時間
入園自由、梅まつり時は8:30~16:00
入園料
無料(梅まつりなどイベントのみ有料)
Number 2 ranking

アタミロープウェイ

アタミロープウェイ

全面ガラス張りのゴンドラで、“日本一短い”ともいわれる約3分間の空中散歩が楽しめます。ロープウェイを降りると熱海随一の絶景スポット・八幡山山頂に到着。テラスからは百万ドルの夜景と呼ばれる熱海市街を眼下に、晴れた日には房総半島や伊豆大島までも望めます。多くの恋人たちが思いを“愛錠”絵馬に込めて掲げるメモリースポット「あいじょう岬」や、アイスクリームが人気の売店なども。

住所
静岡県熱海市和田浜南町8-15
アクセス
【山麓駅へ】JR熱海駅から熱海港・後楽園行きバスにて約10分→「後楽園」下車
【山頂駅へ】JR熱海駅から湯~遊バスにて約15分→熱海城下車→徒歩約3分
料金
大人(中学生以上)片道400円、往復600円
小人(4才以上~小学生)片道300円、往復400円
営業時間
上り始発9:30、上り最終17:00、下り最終17:30
定休日
無休
Number 3 ranking

MOA美術館

MOA美術館
MOA美術館
MOA美術館
茶室 一白庵の抹茶と季節の和菓子

2017年リニューアルオープン。尾形光琳の最高傑作とされる国宝「紅白梅図屏風」をはじめとして、絵画、書跡、工芸など約3,500点を収蔵・展示。豊臣秀吉ゆかりの黄金の茶室や能楽堂も鑑賞できます。敷地は7万坪にも及ぶ広さで、見ごたえたっぷり。相模灘を一望する「the café」や、和の空間が目を惹く「茶室 一白庵」、本格的なビストロを楽しめる「カフェ レストラン オー・ミラドー」など、趣の異なる5つの店舗も併設。アートだけでなく、絶景、美食も楽しめるスポットです。

住所
静岡県熱海市桃山町26-2
アクセス
JR熱海駅よりMOA美術館方面行きバスにて約7分→終点・MOA美術館下車
料金
大人1,600円・大高生1,000円・小中生無料
営業時間
9:30~16:30(入館は16:00迄)
店舗 営業時間
カフェレストラン オー・ミラドー:10:00~16:00(L.O.15:30)
和食・甘味 花の茶屋:11:00~15:30(L.O.15:00)
the café:9:30~16:30(L.O.16:00)
茶室 一白庵:10:30~16:00(L.O.16:00)
二條新町 そばの坊:11:00~15:00(L.O.15:00)
Number 4 ranking

熱海城

熱海城
熱海城
熱海城

昭和34(1959)年に、桃山様式を取り入れ建てられた観光スポット。外装5層、内部9階の高層建築を誇り、天守閣からは、海抜160メートル・360度パノラマの眺望を楽しむことができます。城内には「日本城郭資料館」「武家文化資料館」などの資料館や江戸体験コーナーや無料遊戯施設、足湯など様々なアトラクションがあり、飽きることなく楽しめます。敷地内の別館には、「熱海トリックアート迷宮館」もあり。

住所
静岡県熱海市曽我山1993
アクセス
JR熱海駅より湯~遊~バスにて約15分→熱海城下車
料金
大人900円、小中学生450円(トリックアート迷宮館とのセット券:大人1,500円、小中学生750円)
営業時間
9:00~17:00(入場16:30まで)
Number 5 ranking

お宮の松/貫一お宮の像

お宮の松/貫一お宮の像

尾崎紅葉の小説「金色夜叉」は、明治時代に大ブームとなり、舞台となった熱海の名を一躍有名にしました。熱海サンビーチ沿いにある「お宮の松」は、小説内での主人公・貫一とヒロイン・お宮の別れの場面の舞台となった場所として知られます。裏切りの許しを請うお宮と、それを蹴り飛ばす貫一の姿を模した「貫一お宮の像」は、今も写真スポットとして大人気です。

住所
静岡県熱海市東海岸町(国道135号 下り車線沿い)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約15分
JR熱海駅より熱海港方面行きバスにて約5分→お宮の松下車
Number 6 ranking

熱海サンビーチ

熱海サンビーチ
熱海サンビーチ
熱海サンビーチ

熱海を代表する名物スポット。ヤシの並木が続く砂浜と、後ろに聳え立つホテル群が、どこか海外の高級リゾートを思わせるような雰囲気。夏季は多くの海水浴客でにぎわいます。世界的な照明デザイナー石井幹子氏が手がけた日本初のビーチのライトアップも毎日行われ、幻想的な景色が楽しめます。

住所
静岡県熱海市東海岸町
アクセス
JR熱海駅から徒歩約10分
Number 7 ranking

熱海海上花火大会

熱海海上花火大会

夏季だけでなく、一年を通して開催される名物花火大会。三面を山に囲まれたすり鉢状の地形を活かし、海で上げられた花火の音が山々へ反響し、サラウンドのように身体にまで音が伝わってきます。会場全体から打ち上げられるスターマイン「大空中ナイアガラ」は壮大の一言。ビーチに寝転びながら全身で体感したい花火大会です。

住所
静岡県熱海市熱海湾内
アクセス
JR熱海駅から徒歩約20分
Number 8 ranking

來宮神社

來宮神社
来宮神社
来宮神社

平安初期の征夷大将軍・坂上田村麻呂が戦の勝利を祈願したという、由緒ある神社。見どころは、本殿裏にある樹齢約2,000年を誇る大楠。周囲約24mの迫力で、一周すると寿命が一年延びると伝えられています。縁結びや禁酒、商売繁盛などにご利益があるともいわれ、パワースポットとしてもその名を知られています。

住所
静岡県熱海市西山町43-1
アクセス
JR伊東線来宮駅から徒歩約3分
Number 9 ranking

初島アイランドリゾート

初島アイランドリゾート

熱海の沖合いに浮かぶ周囲4kmほどの初島にあるリゾート施設。高速船で約25分でアクセス可能。亜熱帯植物が生い茂るガーデンや、海泉浴、アドベンチャー「SARUTOBI」など、海と島の自然と、ゆったりとした“島時間”とを存分に楽しむことができるアトラクションが充実しています。

住所
静岡県熱海市初島
アクセス
熱海港から富士急マリンリゾート観光船初島行きで約25分、終点下船、徒歩約10分
Number 10 ranking

アカオハーブ&ローズガーデン

アカオハーブ&ローズガーデン
アカオハーブ&ローズガーデン
アカオハーブ&ローズガーデン
園内のカフェ“COEDA HOUSE”

相模湾一望できる熱海の名勝「錦ヶ浦」の高台にあるランドスケープガーデン。約20万坪の広大な土地いっぱいに、世界中から集められたバラやハーブ、四季折々の花々に彩られた12のガーデンが広がります。園内はガイド付きの専用シャトルバスでめぐることができ、庭散歩の他、ランチ、ショッピング、体験工房など、様々な楽しみ方ができます。2017年には、日本を代表する建築家 隈研吾氏が設計したカフェ“COEDA HOUSE”もオープン。木のぬくもりあふれる店内からも、抜群の眺望が楽しめます。

住所
静岡県熱海市上多賀1027-8
アクセス
JR熱海駅より網代旭町方面行きバスにて約20分→「アカオハーブ&ローズガーデン」下車
入園料
大人1,000円、小人500円
※5/15~6/10は大人1,200円 小人600円、12/1~2/28は大人700円 小人400円
開園時間
9:00~16:00(17:00閉門)
休園日
12月、1月の毎週火曜日

2.熱海の「海」を楽しめるスポット

【11】

熱海親水公園ムーンテラス

熱海親水公園ムーンテラス
熱海親水公園ムーンテラス
熱海親水公園ムーンテラス

サンビーチから南に続く親水公園。南欧・コートダジュールや、北イタリアのサンレモ・リヴェラ海岸など、地中海のリゾートをモチーフに整備されています。さらにここは「恋人の聖地」に認定。テラス尖端の噴水には、恋人達が愛を誓い合う事の出来るモニュメントがあり、縁結びスポットとしても人気。夜には砂浜がライトアップされ、幻想的な夜景を一層彩っています。

住所
静岡県熱海市渚町地先
アクセス
JR熱海駅より熱海港方面行きバスにて約10分→銀座または親水公園下車

【12】

熱海港海釣り施設

熱海港海釣り施設

260m×幅14mの堤防で海釣りができる施設。貸し竿セットや、持ち帰り用の発泡クーラーボックス+氷の販売もあり、手ぶらでもOK。地元の釣り愛好家でもあるスタッフによる指導もあり、初心者や小学生でも楽しめます。年間を通じて様々な種類の魚が釣れ、熱海の街並みと山々を見渡しながら、海釣りを堪能できます。

住所
静岡県熱海市和田浜南町1694-32
アクセス
JR熱海駅より後楽園方面行きバスにて約10分→終点・後楽園下車→徒歩10分
入場料
釣り利用入場:大人500円、小中学生300円
貸し竿セット:1本3時間2,200円(税込・入場料は別途:事前予約可)
営業時間
4月~10月:6:00~日没、11月~3月:7:00~日没

【13】

錦ヶ浦

錦ヶ浦
錦ヶ浦
錦ヶ浦

映画やドラマのロケ地としても知られる景勝地。突端の魚見崎からアカオハーブ&ローズガーデンまでの約2km、切り立った断崖が続き、ダイナミックな景観を楽しみながら遊歩道を歩けます。初島を見渡す展望台もあり。

住所
静岡県熱海市熱海(ホテルニューアカオ付近)
アクセス
JR熱海駅より網代方面行きバスにて約15分→錦ヶ浦下車

【14】

初島灯台

初島灯台
初島灯台
初島灯台
初島灯台からの眺め

昭和34年に設置された灯台が、平成19年に『日本で15番目の登れる灯台』としてリニューアルオープン。国内の灯台では唯一、外側に螺旋階段が設置されているのが特徴。晴れた日には伊豆大島や、伊豆半島から房総半島まで見渡せる360度ダイナミックな眺望を楽しめます。島の全景を見渡せるスポットとして人気。

住所
静岡県熱海市初島444
アクセス
熱海港から富士急マリンリゾート高速船初島行きで約25分、終点下船、徒歩約10分
参観料
中学生以上200円、小学生以下無料
営業時間
10:00~16:00(閉館)

【15】

遊覧船サンレモ

遊覧船サンレモ

熱海の姉妹都市、イタリアの港町サンレモにちなんで命名された遊覧船。熱海親水公園から出航し、熱海湾を約30分間で遊覧します。船内の展望室には海中が見えるガラス窓があり、船内から魚を目の前に見られます。船外デッキに出てカモメの餌付けをすることも可能。海上からの絶景とともに、様々な体験を楽しむことができます。

住所
静岡県熱海市渚町地先 親水公園第3工区(初川寄り)
アクセス
JR熱海駅より熱海港・後楽園・網代旭町方面行きバスにて約10分→親水公園下車→徒歩約1分
料金
大人1,200円・小人(3歳以上~小学生まで)600円 ※3歳未満無料・ペット(小型犬)無料・障害者割引有
営業時間
10:00・10:40・11:20・12:00・13:00・13:40・14:20・15:00・15:40(※臨時便16:20)

3.パワーいっぱい!熱海の神社

【16】

伊豆山神社

伊豆山神社

源頼朝と北条政子ゆかりの古社。源頼朝が源氏の再興を祈願した源氏の守護神であり、また、政子と頼朝が逢瀬を重ねた場所であることから、縁結びの神様としても人気。境内の郷土資料館には貴重な資料も展示されています。

住所
静岡県熱海市伊豆山708-1
アクセス
JR熱海駅から東海バス七尾方面行きで約10分、伊豆山神社前下車すぐ
定休日
無休、史料館は水曜、祝日の場合は翌日休
営業時間
境内自由(神札授与所と資料館は9:00~16:00<閉館>)

【17】

湯前神社

湯前神社

鳥居前20mほどの所に、熱海温泉の最初の元湯があり、かつては猛烈な勢いで噴出していたことから、「湯前神社」の名が付けられました。豊かに湧く湯に感謝し、熱海温泉のますますの発展を願うために建てられた神社です。

住所
静岡県熱海市上宿町4-8
アクセス
JR伊東線来宮駅から徒歩10分

4.熱海の絶景&美景スポット

【18】

姫の沢公園

姫の沢公園

「日本の都市公園100選」にも指定される自然公園。相模湾を一望する園内には、本格的なアスレチックを楽しめるハイキングコースやバーベキュー場などが揃い、家族連れで一日中楽しむことができます。また、園内には800余りの種類の草花があり、四季折々にその美しい姿を見せてくれます。とりわけ4月中旬から5月にかけて咲く、約7万5千本ものツツジは圧巻の一言。

住所
静岡県熱海市伊豆山1164
アクセス
JR熱海駅より伊豆箱根バス関所跡・箱根園行き約25分
姫の沢公園下車徒歩約1分

【19】

十国峠

十国峠

静岡県東部、熱海市と函南町を結ぶ峠で、標高は774m。“十国峠”の名前は、伊豆・相模・駿河・遠江・甲斐・安房・上総・下総・武蔵・信濃の十の国がここから見渡せたことに由来します。晴れた日には、頂上から富士山や南アルプス、駿河湾はもとより湘南海岸や三浦半島を一望する雄大な景観が楽しめるスポット。ケーブルカーやドライブウェイの設備も揃い、多くの観光客でにぎわっています。

住所
静岡県田方郡函南町桑原国見嶽1400-20
アクセス
JR熱海駅から伊豆箱根バス箱根方面行きで約35分、十国峠登り口で十国ケーブルカーに乗り換えて約3分、終点下車すぐ

【20】

韓国庭園

韓国庭園

日韓首脳会談が熱海で行われたことを記念して整備された庭園。朝鮮王朝時代の伝統様式と手法が取り入れられ、韓国建築関係者の手でつくられ、材料も一部韓国から取り寄せた本格的なもの。

住所
静岡県熱海市梅園町1169-1
アクセス
JR伊東線来宮駅より徒歩約10分

【21】

ジャカランダ遊歩道

ジャカランダの花

南米産のノウゼンカズラ科に属し、ホウオウボク、カエンボクと並んで世界三大花木の一つに数えられているジャカランダ。1990年(平成2年)。国際姉妹都市であるポルトガルのカスカイス市から贈られた2本の木からはじまり、現在では熱海の初夏を告げる花となりました。本州でこれだけのジャカランダが見られる場所は本当に珍しく、温暖な熱海らしい光景です。最近は、5月末~6月の開花時期には多くの人が、美しく鮮やかなブルーの花を見に訪れるようになりました。

住所
静岡県熱海市渚町地先(親水公園沿い、お宮緑地ほか)

5.温泉地熱海!湯めぐり&源泉めぐり

【22】

マリンスパあたみ

マリンスパあたみ

全天候型の温泉リゾート施設。温泉プールやウォータースライダー、流水プールなどアクティブに遊べるプールエリアの他、ジャグジー・打たせ湯・寝湯など12種類の温浴スタイルで楽しめる健康温浴室など、水着着用で温泉を満喫できます。2階には裸で入る男女別の浴場もあり、ゆったり身体をリラックスさせることも。

住所
静岡県熱海市和田浜南町4-39
アクセス
JR熱海駅より熱海港・網代方面行きバスにて約10分→マリンスパあたみ下車
料金
大人1,340円、小中学生670円、3歳~未就学420円、3歳未満310円
営業時間
10:00~19:00(入館は18:30迄)※年末年始、夏季は営業時間に変動あり
定休日
毎週木曜日

【23】

家康の湯

家康の湯

熱海駅ロータリー内にある、天然温泉を使用した足湯。名前は、熱海の湯を気に入り、はるばる江戸まで“御汲湯”として運ばせたという、徳川家康にちなんだもの。家康の来熱400年(2004年3月)の記念事業として設置され、連日多くの人でにぎわっています。タオルの自動販売機(100円)もあり、気軽に利用できるのも嬉しいところ。

住所
静岡県熱海市田原本町11-1(熱海駅前)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約1分
営業時間
9:00~16:00

【24】

走り湯

走り湯

日本でも珍しい横穴式の源泉。1300年以上前に発見された、日本三大古泉のひとつです。湯が山中から湧きだし、海岸へと飛ぶように走り落ちる様から、「走り湯」との名が付いたと言われています。現在も、奥行5mの洞窟から、70度の湯が一日7,000トンも湧き出ており、 神秘的な光景が見られます。

住所
静岡県熱海市伊豆山604-10
アクセス
JR熱海駅より「湯河原」方面行きバスにて約5分→「逢初橋」下車→徒歩約10分

【25】

大湯間歇泉

大湯間歇泉

熱海七湯のうち、代表的な存在。熱海でも古くからの間歇泉で、世界的にも有名な自噴泉でした。かつては噴出は昼夜6回あり、湯と蒸気を交互に激しい勢いで吹き出し、地面が揺れるようであったとか。噴出は明治中頃から次第に減少。現在は人工的に噴湯させ、昔の面影をしのばせています。

住所
静岡県熱海市上宿町
アクセス
JR熱海駅より徒歩約20分

【26】

小沢の湯

小沢の湯

熱海七湯のひとつ。小沢にあったことから、地元の人からこう呼ばれるようになりました。人が大きな声で呼べばたくさん、小さな声で呼べば少しのお湯が湧き出たという伝説の湯。現在はここで、吹き出す蒸気を使って温泉たまごを作ることができます。

住所
静岡県熱海市銀座町(天神酒店前)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約15分

【27】

風呂の湯・水の湯

風呂の湯水の湯

熱海七湯のひとつ。外傷に良いと言われた「風呂の湯」。かつては湯気の上騰が盛んだったことから、まんじゅうを蒸したり、酒を温めて販売するのに用いられていたとか。風呂の湯のそばに湧いていた温泉は、塩分がなく“淡白無味常水を温めるもののごとし”と言われ、「水の湯」と名づけられました。

住所
静岡県熱海市咲見町(福島屋旅館隣)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約20分

【28】

野中の湯

野中の湯

熱海七湯のひとつ。野中山のふもと、「野中」と呼ばれるこの辺り一帯では、泥の中に湯がブクブク噴いて、杖で突くと湧き出したという謂れがあります。現在も、小さいながらも、もくもくと白い湯気と硫黄の香りが立ち込めています。

住所
静岡県熱海市咲見町(中銀ライフケア咲見 入口)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約15分

【29】

清左衛門の湯

清左衛門の湯

熱海七湯のひとつ。昔、農民の清左衛門という者が馬を走らせて、この湯壷に落ちて焼け死んだので、その名が付いたとか。明治までは、昼夜常に湧き出てたえることがありませんでした。現在も約90度ものお湯が豊富に湧き出る源泉です。

住所
静岡県熱海市東海岸町(古屋旅館前)
アクセス
JR熱海駅より熱海港・紅葉ガ丘方面行きバスにて約5分→サンビーチ下車→徒歩約3分

【30】

佐治郎の湯(目の湯)

佐治郎の湯(目の湯)

熱海七湯のひとつ。かつては佐治郎という名の者の邸内にあったことから、この名で呼ばれるようになりました。さらに、後に新かど旅館の所有になったので「新かどの湯」とも呼ばれていたことも。かつては、この湯が眼病にも良いという言い伝えもあったことから、「目の湯」という別名もあります。

住所
静岡県熱海市銀座町(銀座通り)
アクセス
JR熱海駅より徒歩約20分

6.熱海のあゆみと伝統を感じる

【31】

熱海芸妓見番歌舞練場

熱海芸妓見番歌舞練場

熱海芸妓たちが、日頃から踊りなどの稽古に励む場所が、歌舞練場です。毎週土・日曜にはここが開放され、「湯めまちをどり華の舞」が開催。普段なかなか見ることができない、粋で華麗な芸の数々をたっぷりと堪能することができます。さらに芸妓衆との会話や記念撮影のチャンスもあり。

住所
静岡県熱海市中央町17-13
アクセス
熱海駅から東海バス紅葉ヶ丘行きで約10分、清水町下車すぐ
開催時間
毎週土日 11:00~1回(約30分)※臨時休演あり
料金
1,500円

【32】

起雲閣

起雲閣
起雲閣
起雲閣

1919年(大正8年)に別荘として築かれ、非公開の岩崎別荘、今はなき住友別荘とならび「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が元となっています。戦後に旅館として生まれ変わった際には、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治など、日本を代表する数々の文豪たちに愛されてきました。現在は熱海市指定有形文化財として一般公開。大正・昭和の浪漫を残す建築様式や、緑豊かな庭園など、気品溢れる見所が多い文化財です。

住所
静岡県熱海市昭和町4-2
アクセス
JR熱海駅より相の原方面行きバスにて約10分→起雲閣前下車
入場料
大人510円(団体の場合410円)、中高生300円(団体の場合200円)、小学生無料
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30迄)
定休日
毎週水曜日(祝日の場合は開館)、年末

【33】

旧日向別邸 ブルーノ・タウト「熱海の家」

旧日向別邸 ブルーノ・タウト「熱海の家」

昭和11年、アジア貿易商の日向利兵衛の別邸として建てられた住宅。地下室は、世界的に有名なドイツ人建築家、ブルーノ・タウトが日本に残した建築物で唯一現存。国の重要文化財に指定されています。日本の様式美と西洋的様式との融合が見事。

住所
静岡県熱海市春日町8-37
アクセス
JR熱海駅より徒歩約10分
入場料
大人300円・中高生200円・小学生無料(但し保護者同伴)
開館日
土日祝のみ ※各回予約制:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00

【34】

軽便鉄道機関車

軽便鉄道機関車

明治時代末期から大正時代にかけて、東海道本線が開通するまで、小田原~熱海間を結んでいた軽便鉄道線・熱海鉄道の蒸気機関車の車両が動態保存されています。1976年に準鉄道記念物に指定されています。小ぶりで可愛らしい印象の機関車ですが、貴重な姿を間近に見ることができます。

住所
静岡県熱海市田原本町
アクセス
JR熱海駅より徒歩約1分

7.熱海と文化人との関わりを知る

【35】

双柿舎

双柿舎

シェイクスピアの翻訳などで知られる明治の文豪・坪内逍遙が、1935年(昭和10年)に亡くなるまでの15年間を過ごした住居。邸内に柿の大樹が2本あることにちなみ「双柿舎」(そうししゃ)と呼ばれるようになりました。塔の形の書庫や筆塚があり、また、会津八一の筆による門の扁額などが見どころ。

住所
静岡県熱海市水口町11-17
アクセス
JR伊東線来宮駅から徒歩約5分
開館時間
10:00~16:00
開館日
毎週日曜日(年末年始休館あり)

【36】

池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家

池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家

世界的な版画家で芥川賞作家でもあるマルチアーティスト・故池田満寿夫と、パートナーで世界的ヴァイオリニストの佐藤陽子。二人が住居兼アトリエとして拠点にしていた家が一般公開されています。池田氏の代表作「エーゲ海に捧ぐ」の直筆原稿や芸術作品とともに、佐藤氏のステージ衣装や楽譜などが展示されています。天才と呼ばれた二人の、創作の源を実感できるスペースです。

住所
静岡県熱海市海光町10-24
アクセス
JR熱海駅より伊豆山神社方面行きバスにて約3分→桃山下車
入館料
大人300円・中高生200円・小学生無料(小学生以下のみでの入館は不可)
開館時間
9:00~16:30(入館は16:00迄)
定休日
毎週火曜日(祝日の場合は開館)

【37】

中山晋平記念館

中山晋平記念館

「シャボン玉」「肩たたき」「てるてる坊主」などで知られる作曲家・中山晋平。大正初期から大衆音楽の普及で大きな足跡を残し、現在も多くの童謡や叙情歌が歌い継がれています。1944年に中野区から熱海に移住し、1952年に亡くなるまでの居宅が、熱海梅園内に移築され一般公開されています。館内には、作曲で使用したピアノや直筆の譜面など、当時をしのばせる貴重なものが展示されています。

住所
静岡県熱海市梅園町8-1 熱海梅園内
アクセス
JR来宮駅下車徒歩約10分
入館料
無料
開館時間
10:00~15:30
定休日
毎週木曜日

【38】

熱海市立澤田政廣記念美術館

熱海市立澤田政廣記念美術館

熱海市名誉市民で、文化勲章を受章した芸術家・澤田政廣氏の作品の数々を展示する美術館。等身大の木彫作品をはじめとして、絵画・墨彩・油絵・リトグラフ・陶画など、様々な芸術領域にわたった芸術作品の数々が鑑賞できます。とりわけ、エントランスホールのステンドグラス作品「飛天」はその美しさから人気を誇っています。

住所
静岡県熱海市梅園町9-46
アクセス
JR熱海駅より相の原方面行きバスにて約15分→澤田記念美術館下車
入館料
大人320円・中高生210円・小学生無料
開館時間
9:00~16:30
定休日
月曜日(祝日の場合は開館)

【39】

戸田幸四郎絵本美術館

戸田幸四郎絵本美術館

日本の知育絵本作家の草分けとして知られる戸田幸四郎氏が、絵本の世界観を表現するために、建物、ガーデンなどすべてをデザイン。太宰治「走れメロス」や宮沢賢治「竜のはなし」などの名作絵本や、知育絵本「あいうえおえほん」などの原画が展示されています。貸し出しの絵本を眺められる芝生や、伊豆の絶景の海を望むカフェも併設。

住所
静岡県熱海市上多賀1055-30自然郷
アクセス
伊豆多賀駅よりタクシーにて約10分
入館料
大人720円・小学生以下410円・3才以下無料
開館時間
10:00~16:30(入館は16:00迄)
定休日
毎週火・水曜日(年末年始・GW・夏期は無休)

【40】

彩苑

彩苑

「孤愁の岸」「滝沢馬琴」などの作品で知られる歴史作家・杉本苑子氏の旧居が、現在一般公開されています。館内では、熱海名誉市民でもある杉本氏の作品をはじめ、熱海市にゆかりのある文化陣の作品や日用品等を展示しています。

住所
静岡県熱海市西熱海町二丁目12-3
アクセス
JR熱海駅から伊豆箱根バス元箱根行きまたは姫の沢公園行きで約15分、西熱海別荘地前下車、徒歩約15分
入館料
無料
開館時間
10:00~16:00(毎週日曜日のみ開館)

 

今回ご紹介した熱海の観光スポット

熱海旅行を探す

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2018 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ