旅のランキング

白浜のおすすめ日帰り温泉19選!お得な日帰りプラン情報もあり

『万葉集』や『日本書紀』にもその名が登場するほどの歴史ある名湯「白浜温泉」。温泉街の目の前にはワイキキビーチと姉妹浜という美しいビーチ「白良浜」があり、オーシャンビューの温泉も多くあります。

また、大阪から電車で約2時間、車でも約2時間30分と好アクセス。パンダファミリーが暮らす「アドベンチャーワールド」など観光スポットも充実しているので、ドライブや日帰り旅行に最適です。そんな白浜温泉の日帰りプランがあるホテル・旅館、日帰り入浴ができるおすすめの施設を紹介します。

白浜の日帰りプランがあるホテル・旅館

白浜古賀の井リゾート&スパ

白浜古賀の井リゾート&スパ 露天風呂

「白浜古賀の井リゾート&スパ」の日帰りプランは、温泉だけでなく、夕食も付いて、オーシャンビューのお部屋も利用可能。14:00~21:00までゆっくり滞在でき、デートや女子会にもおすすめです。

2015年12月にリニューアルした大浴場は、露天風呂もあって、広々としたつくり。夜はイルミネーションも点灯し、ロマンチックなくつろぎの時間を過ごせます。

白浜温泉 ホテル川久

ホテル川久 温泉サロン「ROYAL SPA」 城主の露天風呂

「ホテル川久」は、外観も内観もまるでヨーロッパの古城!日にち限定で用意されている日帰りプランは、温泉とビュッフェランチ付き。日帰りでもゴージャスな非日常の空間を堪能できます。

温泉の泉質はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉、無色透明の効能豊かなお湯。オーシャンビューの露天風呂で、海風に包まれながら名湯にゆったりと浸る、癒しの時間を楽しめます。

南紀白浜マリオットホテル

南紀白浜マリオットホテル 温泉露天風呂

「南紀白浜マリオットホテル」は、最上階11階に大浴場があり、太平洋を一望できます。お湯は、源泉のひとつ「藤乃湯」の湯で、やけどや創傷などに効能があるとされています。

平日限定の日帰りプランは、お部屋も利用できて、13:00~20:00まで最大7時間も滞在可能。お部屋は、オーシャンビューと庭園ビューから選べ、温泉付きのお部屋もあります。

「湯めぐり札」(後述)の対象施設でもあるので、日帰りプラン対象日以外でも日帰り入浴が可能です。

白浜温泉 小さな宿 白南風

白南風 大浴場

1日4組限定の宿「白南風(しらはえ)」。全客室、太平洋と熊野の山々を望み、絶景を独り占めできます。そして、もちろんお風呂もオーシャンビュー。

日帰りプランでは、そんな絶景の温泉とお部屋に、夕食まで付いて、贅沢な時間を過ごせます。貸切風呂を利用できるプランもあり、カップルや家族での日帰り旅行におすすめです。

「湯めぐり札」の対象施設

白浜温泉で日帰り入浴を楽しむなら、16施設の中から好きな温泉に入れる「湯めぐり札」がおすすめ。日帰り入浴を受け付けていないホテル・旅館でも、この札があれば利用可能ということもあります。

湯めぐり札を購入すると、パンダシールが5枚付いていて、各施設で利用時にシールを剥がすシステム。シールの必要枚数は施設により、1枚or2枚と異なります。

料金
1,800円(税込)
有効期間
購入より6ヶ月
販売場所
ホテル・旅館のフロント、観光協会、フィッシャーマンズワーフ白浜、三段壁洞窟、白浜のコンビニエンスストアなど

白浜温泉 浜千鳥の湯 海舟

浜千鳥の湯 海舟
浜千鳥の湯

「浜千鳥の湯 海舟」では、海岸に一番近く、大海原の目の前にある絶景露天風呂「浜千鳥の湯」が人気。混浴なので、カップルやファミリーも一緒に入ることができます。(ちゃんと湯あみ着が用意されているのでご安心を!)

もう1ヶ所の大浴場「大湯屋 海つばき」には、内風呂・露天風呂・ドライサウナがあり、2種類の温泉が楽しめます。

時間
15:00~21:00
除外日
土・日・休前日、GW、年末年始、8月
パンダシール必要枚数
2枚

SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(ホテルシーモア)

ホテルシーモア 三段の湯
三段の湯

2018年3月にリニューアルしたおしゃれなホテル「シーモア」。大浴場「海の湯」にある露天風呂「三段の湯」は、深さ120cmで立ったまま入るスタイルになっています。お湯に浸かると、目の前の大海原と同じ目線に。

内湯「波の湯」もあり、こちらは座って入ることができるため、立った状態が辛い方や足が悪い方でも入りやすいようになっています。眼下に広がる太平洋を眺めつつ、ゆったりとくつろげそうです。

もうひとつ、海とまっすぐ対峙する「インフィニティ足湯」もあり、無料で利用可能。バリエーション豊かな源泉かけ流しの温泉が楽しめます。

時間
15:00~20:00
パンダシール必要枚数
2枚

白浜温泉 白良荘グランドホテル

白良荘グランドホテル 露天風呂「潮風」
露天風呂「潮風」

白良浜まで徒歩約30秒という好立地にある「白良荘グランドホテル」。目玉は、2階にある白良浜ビューの開放的な露天風呂「潮風」。白い砂と海のブルーの美しいコントラストを眺めながら、少し塩の味がする滑らかな肌触りのお湯を楽しめます。

さらに、1階には木の温かみが感じられる和風風呂「松風」もあり、この2ヶ所のお風呂を日帰りで利用可能です。

時間
15:00~21:00
除外日
土・日・祝日、7/16~8/31、年末年始
パンダシール必要枚数
2枚

白浜温泉 温泉三昧の宿 白浜館

温泉三昧の宿 白浜館 女湯露天風呂
女湯露天風呂

白良浜の前にある「白浜館」では、露天風呂・内湯・足湯で源泉かけ流しのお湯を、日帰りでも利用できます。足湯だけなら、無料で利用可能です。

こちらの宿の温泉は濃度が濃く、ヌルッとした柔らかな肌ざわりで美肌効果抜群。露天風呂付き客室に宿泊すると、お部屋でも源泉かけ流しのお湯を堪能できます。時間を忘れて、ついつい長湯したくなる癒しの温泉です。

時間
7:00~10:00、13:00~16:00、19:00~22:00
パンダシール必要枚数
2枚

湯快リゾートプレミアム ホテル千畳

湯快リゾートプレミアム ホテル千畳 インフィニティ露天風呂
インフィニティ露天風呂

観光名所の千畳敷から徒歩約3分のところにある「湯快リゾートプレミアム ホテル千畳」は、2018年8月にリニューアルしたばかり。

こちらの温泉は、天然の自家源泉「千寿の湯」を使用。太平洋の水平線と露天風呂の水面が一体化したようなインフィニティ露天風呂をはじめ、種類豊富な温浴施設がそろっています。

時間
15:00~23:00
パンダシール必要枚数
2枚

湯快リゾートプレミアム 白浜御苑

湯快リゾートプレミアム 白浜御苑 露天風呂

続いても「湯快リゾートプレミアム」の宿で、「白浜御苑」は庭園と穏やかな海に包まれた和みの空間が広がります。

大浴場は畳敷きで滑りにくく、年配の方やお子さんにも安心です。2019年3月にリニューアルしたばかりなので、館内全体がきれいで快適に過ごせます。

時間
15:00~23:00
パンダシール必要枚数
2枚

湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽

湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽 大浴場(畳風呂)
大浴場(畳風呂)

「白浜彩朝楽(さいちょうらく)」は、「湯快リゾート」白浜3番目の大型ホテル。潮風を感じる古賀浦に位置し、リゾートシーンを演出します。

こちらの宿も大浴場は滑りにくい畳敷き。開放的な露天風呂も、もちろんあります。温泉は低張性弱アルカリ性高温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩などに効能があるとされています。

時間
15:00~23:00
パンダシール必要枚数
2枚

崎の湯

崎の湯

「崎の湯」は、波しぶきがかかりそうなほど、海がすぐそこに迫るロケーションが魅力。目の前の大海原を眺め、打ち寄せる波の音を聞きながら名湯に浸かることができます。

お湯は海に直接流されるため、シャンプーや石鹸などを使用することはできないのでご注意を。

時間
8:00~17:00
7~8月は7:00~19:00
4~6月・9月は8:00~18:00
(最終入場は営業終了30分前まで)
パンダシール必要枚数
1枚

牟婁の湯

牟婁の湯

写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟

立派な外観が印象的な公衆浴場「牟婁(むろ)の湯」。ここでは、冷え性やアトピーなどに効くとされる含硫黄ナトリウム塩化物強塩泉と、神経痛や関節痛などに効くとされるナトリウム塩化物泉、一度に2種類の温泉が楽しめます。

時間
7:00~22:00(最終入場21:30)
定休日
火曜日
パンダシール必要枚数
1枚

白良湯

白良湯

写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟

白砂の美しいビーチ・白良浜にある公衆浴場「白良湯(しららゆ)」。昔ながらの銭湯を思わせる雰囲気は、常連客が多いというのも納得です。浴場の窓の外には白良浜の絶景が広がり、贅沢な空間を味わえます。

時間
7:00~22:00(最終入場21:30)
定休日
木曜日
パンダシール必要枚数
1枚

その他の日帰り入浴ができる施設

癒しの宿 クアハウス白浜

癒しの宿 クアハウス白浜

「クアハウス白浜」には、温泉露天風呂・大浴場の他に、打たせ湯や寝湯、箱むし、気泡浴、プールにサウナなど、バラエティ豊かな設備を備えた「バーデンゾーン」があります。

バーデンゾーンは水着着用で入る施設なので、カップルでもファミリーでも一緒に楽しめます。

時間
10:00~22:00(最終受付 20:30)
定休日
不定休
料金
大人(高校生以上)1,500円、小・中学生800円、幼児(3歳以上)500円
※宿泊者は無料

とれとれの湯

とれとれの湯

鮮魚やお土産などがそろうマーケット「とれとれ市場」に隣接する日帰り入浴施設「とれとれの湯」。露天風呂をはじめ、紀州備長炭風呂、寝風呂、小さいお子さま用の浅いお風呂など、いろいろな浴槽があります。

岩盤浴や韓国式アカスリ、マッサージなどもあり、すっきりリフレッシュしたい人におすすめです。

時間
9:00~23:00(最終入館 22:30)
定休日
年間5日(2・4・6・9・12月の平日水曜日に1日)
料金
大人(中学生以上)750円、小人(3歳~小学生)380円

とれとれ亭 カタタの湯

とれとれ亭 カタタの湯

続いても「とれとれ市場」と同じ敷地内にある日帰り温泉。「とれとれ亭 カタタの湯」は、朝食からディナーまで白浜の新鮮な海鮮をバイキング形式で楽しめるレストラン「とれとれ亭」に併設する温泉施設です。

内風呂と露天風呂があり、食事の前後に入るのはもちろん、温泉だけ利用することも可能です。

時間
8:00~22:00(最終入場 21:00)
定休日
メンテナンスのため休業する場合あり
料金
大人600円、シニア(60歳以上)450円、子ども(12歳以下)400円、2歳以下無料

「とれとれの湯」や「とれとれ亭 カタタの湯」と同じ敷地内には、宿泊施設「とれとれヴィレッジ」もあるので、温泉に浸かって、ゆっくりお泊りするのもおすすめ。ヴィレッジにはドームハウスがずらりと並び、別荘に来た気分も味わえます。

長生の湯

長生の湯

「長生の湯」は源泉かけ流しの露天風呂、内風呂、紀州備長炭を敷き詰めた露天「備長炭風呂」、3種類の温泉を楽しめる日帰り入浴施設です。

向かいにある「源泉かけ流し湯宿 長生庵」に宿泊すると無料で利用できます。また、足湯もあり、こちらは日帰りでも無料で利用可能です。

時間
10:00~22:00
定休日
水曜日(祝日の場合は翌日に振替)
※GW・夏休み・正月期間は営業
料金
大人600円、子ども350円、幼児無料

しらすな

しらすな

写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟

「しらすな」は、白良浜海水浴場内にある混浴露天風呂。混浴のため水着着用がマストです。海水浴後に砂を落としたらすぐに温泉へ。白良浜を眺めながらゆったりと疲れを癒せます。また、一度で100人程度入ることができる広さも魅力的。10~4月の間は、足湯として無料で利用できます。

時間
7~8月 10:00~18:00
9~6月 10:00~15:00
(最終入場は終了30分前まで)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日に振替)
※7・8月は無休
料金
5~9月 3歳以上 200円
10~4月 無料

白浜の日帰り温泉マップ

白浜へのアクセス

【車】
大阪・吹田JCTより南紀白浜ICまで約170km、約2時間30分(近畿自動車道→阪和自動車道→紀勢自動車道経由)

【電車】
白浜駅まで特急くろしおで、新大阪駅より約2時間、和歌山駅より約1時間15分

白浜のおすすめ観光スポット

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ