旅のランキング

お酒好きは必見!人気の酒蔵見学ランキング

試飲ができるところや、関東から日帰りで行ける酒造などをご紹介。週末に大人の社会科見学を楽しみませんか?酒蔵巡りで自分にぴったりのお酒に出会えるかも。

試飲ができるところや、関東から日帰りで行ける酒造などをご紹介。週末に大人の社会科見学を楽しみませんか?酒蔵巡りで自分にぴったりのお酒に出会えるかも。

Number 1 ranking

【新潟県】魚沼市

越後ゆきくら館

越後ゆきくら館

第1位は「越後ゆきくら館」。見どころは、全国で唯一見学ができる雪中貯蔵庫。冬の間に降った天然の雪を特殊なシートで覆い、年間を通して大吟醸を低温貯蔵している。雪蔵、蒸し場、土蔵、仕込み水が湧く様子を巡る見学ツアーは約15分。庭に湧く仕込み水は、容器を持参すれば持ち帰り可能。見学終了後は、季節の酒を10種類無料で試飲することができる。

営業時間
9:00~16:00
※休日/元旦
見学料金
無料
住所
新潟県魚沼市須原1643
電話番号
025-797-2017
最寄駅・バス停
JR只見線越後須原駅から徒歩約5分
Number 2 ranking

【千葉県】勝浦市

吉野酒造

吉野酒造

千葉県にある「吉野酒造」が第2位にランクイン。江戸後期の天保年間に創業。「良い環境がよい酒を造る」をモットーに、伝統ある酒造りを継承している。広大な私有地の山林から湧き出る超軟水を仕込み水に使用することで生まれる、澄んだ軽やかな味わいの酒は地元でも人気が高い。敷地内のあちこちに樹齢百年を越える古樹が茂り、黒く大きな屋根の酒蔵が長い歴史を感じさせる。

営業時間
月曜日~土曜日/8:30~17:00 (※見学は10:00〜15:00)
日曜日・祝日/10:00~17:00
※日曜日、祝日は見学は行ってません
※第3日曜日、元旦は定休日
見学料金
無料
住所
千葉県勝浦市植野571
電話番号
0470-76-0215
アクセス
JR外房線上総興津駅からタクシーで約7分
Number 3 ranking

【福島県】会津若松市

末廣酒造嘉永蔵

末廣酒造嘉永蔵

第3位は福島県にある「末廣酒造嘉永蔵」。重厚感あふれる立派な建物も魅力のひとつで、「美しい会津若松景観賞受賞建造物」「会津若松市歴史的景観指定建造物」に認定されている。見学ツアーは毎日30分ごとにスタート。蔵人が仕込み蔵や釜場などをまわりながら解説をしてくれる。試飲ブースには6~10種類のお酒がズラリ。見学の後は、併設のカフェやショップにも立ち寄れます。

営業時間
9:00~17:00
※見学最終案内は16:30
見学料金
無料
住所
福島県会津若松市日新町12−38
電話番号
0242-27-0002
アクセス
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で約13分、大和町下車すぐ
Number 4 ranking

【新潟県】長岡市

吉乃川酒蔵資料館「瓢亭」

吉乃川酒蔵資料館「瓢亭」

新潟を代表する酒蔵、吉乃川蔵元の敷地内にある資料館が第4位。天井には、歴代の館長が作った瓢箪(ひょうたん)が飾られている。昔の酒蔵用具や酒造りの様子を写した写真などが展示してあり、現在の酒造りの様子をビデオで学んだのち、工場の見学を行う。見学後は酒の試飲ができ、もちろん気に入った酒は購入可能。

営業時間
10:00、13:30、15:00
※休館日/年末年始、不定休(土曜日、日曜日、祝日はご予約により開館)
見学料金
無料
住所
新潟県長岡市摂田屋4-8-12
電話番号
090-2724-9751
アクセス
JR信越本線宮内駅から徒歩約10分
Number 5 ranking

【兵庫県】神戸市東灘区

浜福鶴吟醸工房

浜福鶴吟醸工房

「浜福鶴吟醸工房」が第5位にランクイン。近代的な酒づくりの設備とその行程をガラス越しに見学でき、「もろみ仕込み」の体験や、各地から厳選した酒を手頃な価格できき酒できるコーナーを設けている。試飲コーナーではしぼりたて生酒や自家製甘酒、地サイダーなどの試飲ができるほか、これまでは蔵人しか味わえなかった極上酒を量り売りで購入することも可能。

営業時間
10:00~17:00
※休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)
見学料金
無料(一部有料)
住所
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町4-4−6
電話番号
078-411-8339
アクセス
阪神本線魚崎駅から徒歩約7分
Number 6 ranking

【山形県】米沢市

酒造資料館東光の酒蔵

酒造資料館東光の酒蔵

1,200坪もの広大な敷地に建つ資料館「酒造資料館東光の酒蔵」が第6位。多くの人にみちのくの造り酒屋を見学してほしいとの思いから、古い酒蔵をもとに復元された。建物の中は夏でもひんやりした空気が流れていて快適。かつて実際に使われていた酒造りの道具などを見学しながら、昔ながらの造り酒屋の様子を学べ、併設されている「上杉鷹山公展示室」では米沢藩主であった「上杉鷹山」についても学べる。

営業時間
9:00~16:30
※休館日/12月31日、1月1日
見学料金
大人/310円
中学・高校生/210円
小学生/150円
住所
山形県米沢市大町2-3-22
電話番号
0238-21-6601
最寄駅・バス停
JR山形新幹線米沢駅から市民バス循環右回りで約10分、大町1丁目下車すぐ
Number 7 ranking

【東京都】青梅市

小澤酒造

小澤酒造

1702年創業した「小澤酒造」が第7位にランクイン。まずは日本酒が作られる工程を教わってから工場見学がスタート。近代化された蔵の中の様子を見ることができる。蔵の外には多摩川の渓流と美しい庭園が広がっていて、庭園には、小澤酒蔵の酒をじっくり味わうための「きき酒処」を設置。屋外にはテラス席も用意されているので、秋には紅葉が楽しめる。

営業時間
10:00~17:00(閉館)
※見学は11:00、13:00、14:00、15:00(時期により異なる)
※定休日/月曜日(祝日の場合は翌日)
見学料金
無料
住所
東京都青梅市沢井2-770
電話番号
0428-78-8210
最寄駅・バス停
JR青梅線沢井駅から徒歩約3分
Number 8 ranking

【沖縄県】名護市

ヘリオス酒造

ヘリオス酒造

沖縄県にある「ヘリオス酒造」が第8位。沖縄を代表する酒である泡盛をはじめ、さとうきびから作るラムリキュール、沖縄の紅芋を原材料にした焼酎、地ビールなどの製造を行う総合酒メーカー。工場見学では、600年の歴史を持つ伝統的な製法をもとに、近代的技術を生かして作られる泡盛の様子を間近に見ることができる。工場見学の最後には飲み比べができる試飲も。

営業時間
9:00~18:00(閉館)
※見学は10:30、13:30、15:00、16:30
※休館日/12月30日~1月3日
見学料金
無料
住所
沖縄県名護市許田405
電話番号
0120-41-3975
アクセス
沖縄自動車道許田ICから車ですぐ
Number 9 ranking

【岩手県】盛岡市

酒蔵あさ開

酒蔵あさ開

第9位は岩手県にある「酒蔵あさ開」がランクイン。まずは白壁に黒瓦が立派な昭和旭蔵にて、伝統の手づくり工程と近代工程の2つを同時に見学。製品工場では、搾りたての酒や貯蔵している酒を、瓶に詰めたりラベリングしたりといった工程を見ることができる。最後は、地酒物産展で酒の無料試飲を楽しめる。販売コーナーでは限定酒や酒器、酒の肴にぴったりな岩手県珍味もラインナップ。

営業時間
9:00~16:30(受付16:00まで)
(冬期間 11月下旬~3月下旬 9:00~15:30)
※休館日/12月31日、1月1日
見学料金
無料
住所
岩手県盛岡市大慈寺町10−34
電話番号
0120-756-675
最寄駅・バス停
JR盛岡駅から岩手県交通茶畑行きバスで約15分、松尾前下車して徒歩約3分
Number 10 ranking

【石川県】能美市

宮本酒造店

宮本酒造店

白山水系から流れ出る手取川の近くに位置する酒蔵「宮本酒造店」が第10位。美しい自然が育んだ米と水を使い、金沢酵母や伝統の技を駆使して丁寧に仕込んでいる。酒蔵見学は時期により異なる。12月~3月中旬は日本酒酒蔵見学、3月下旬~5月下旬は焼酎の見学となる。見学に対応できない日もあるため、必ず事前に問い合わせを。

営業時間
9:00~17:00
※見学は対応可能な時間帯(要相談)
※定休日/土曜日、日曜日、祝日、GW期間中・夏期・年末年始
見学料金
無料
住所
石川県能美市宮竹町イ−74
電話番号
0761-51-3333
アクセス
北陸鉄道石川線鶴来駅からタクシーで約10分

※このランキングは、楽天トラベル 観光案内サイト「たびノート」のアクセス数を元に算出しています
※掲載内容の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2016 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ