旅のランキング

2017年初詣におすすめ!人気初詣スポットランキング

昨年たくさんのアクセスを集めた、注目の初詣スポットをランキングでご紹介!日本全国から参拝者が集まるおすすめの神社やお寺へ初詣に行きませんか?

昨年たくさんのアクセスを集めた、注目の初詣スポットをランキングでご紹介!日本全国から参拝者が集まるおすすめの神社やお寺へ初詣に行きませんか?

2017年の初詣はどこに行こう…という方におすすめ!人気の初詣スポットランキングをお届けします。初詣スポットとして全国的に知名度の高い神社やお寺を抑え、1位になったのは、パワースポットとして今人気を集めている神社!「初詣っていつまでに行けばいいの?」や「神社とお寺、どっちに行けばいいの?」といった疑問から、参拝のお作法まで、ぜひチェックしてみてください。

Number 1 ranking

東京都台東区

今戸神社

今戸神社

隅田川のほとり、浅草にある今戸神社が今年の第1位に! ここはイザナギノミコトとイザナミノミコトが祀られ、縁結びのパワースポットとして近年注目を集めています。招き猫発祥の地ともいわれており、夫婦の猫が仲良く並んでいる今戸焼招き猫が有名なほか、境内にはたくさんのかわいい猫の置物が出迎えてくれます。

【ご利益】良縁祈願、厄除け、家内安全、商売繁盛など

今戸神社 周辺のホテル・旅館
Number 2 ranking

千葉県成田市

成田山新勝寺

成田山新勝寺

三が日の参拝者は300万人近くにものぼり、日本有数の人出を集める成田山新勝寺が今年の第2位。22万平方メートルの広大な境内を持ち、日本有数規模の寺院でもあります。例年1月1日0時より、新しき年の無事平安を祈願する「元朝大護摩供」が厳修されます。

【例年の人出】約300万人
【ご利益】厄除け・交通安全・商売繁盛・家内安全など

成田山新勝寺 周辺のホテル・旅館
Number 3 ranking

愛知県名古屋市

熱田神宮

熱田神宮

全国から大勢の参拝者が押し寄せる全国屈指の大宮、熱田神宮が第3位に。毎年1月5日の0時から「初えびす」という神事が開催されるため、三が日が過ぎても境内は大勢の参拝者で賑います。大晦日から正月三が日の期間中には交通規制があるので注意して出かけましょう。

【例年の人出】約230万人
【ご利益】家内安全・業務繁栄など

熱田神宮 周辺のホテル・旅館
Number 4 ranking

栃木県日光市

日光東照宮

日光東照宮

徳川家康を祀る日光東照宮は、2016年に御鎮座400年を迎えました。国宝にも世界遺産に登録されており、眠り猫や「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿、麒麟や龍など、動物の見事な彫刻が有名です。元旦は0時から2時半頃まで、家内安全などを祈願する「新年特別祈祷祭」が行われます。

【例年の人出】約2万3千人
【ご利益】心願成就、延命長寿、家内安全など

日光東照宮 周辺のホテル・旅館
Number 5 ranking

神奈川県高座郡寒川町

寒川神社

寒川神社

寒川神社は、縁起の悪い方位や家相、厄年などから来る災いを防ぐ「八方除け」で有名。正月だけでなく一年中お祓いを受けに訪れる人々が絶えません。毎年初詣の時期には、見事な色彩で迫力のある「迎春干支ねぶた」が飾られ、参拝客を出迎えてくれます。

【例年の人手】約40万人
【ご利益】八方除け、厄除け、交通安全など

寒川神社 周辺のホテル・旅館
Number 6 ranking

東京都台東区

浅草寺

浅草寺

第6位は雷門が有名な東京都内最古の寺、浅草寺。元旦は午前0時に弁天山にある鐘楼で「除夜の鐘」の第一打を合図に、本堂内陣のご宝前では「新年特別祈祷」が始まり、たくさんの参拝客が表参道である仲見世を埋め尽くします。仲見世を飾る様々な正月飾りも見どころです。

【例年の人出】約283万人
【ご利益】商売繁盛・家内安全・学業成就など

浅草寺 周辺のホテル・旅館
Number 7 ranking

三重県伊勢市

伊勢神宮・内宮

伊勢神宮・内宮

年間を通して日本全国から参拝者が訪れ、人気の高い伊勢神宮・内宮が第7位。2000年の歴史をもつ日本の神社の中心で、内宮は日本人の総氏神である天照大御神を祀っています。例年12月31日~1月5日は終日参拝が可能となっており、毎年多くの参拝者が訪れます。

【例年の人出】約27万人
【ご利益】家内安全・安産など

伊勢神宮・内宮 周辺のホテル・旅館
Number 8 ranking

島根県出雲市

出雲大社

出雲大社

10月になると日本中の神様が集まって会議をするという、由緒正しき神社が出雲大社です。祭神は大黒様として親しまれている縁結びの神様、オオクニヌシで、全国から良縁を求めて参拝者が訪れています。国宝指定の本殿や日本最大級の大しめ縄など見どころもいっぱいです。

【例年の人出】約60万人
【ご利益】縁結び、家内安全、開運など

出雲大社 周辺のホテル・旅館
Number 9 ranking

京都府京都市

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

第9位の伏見稲荷大社は、農耕の神である稲荷神を祀る全国約3万社の稲荷神社の総本宮とされています。朱塗りの鳥居が無数に並ぶ「千本鳥居」は幻想的で美しく、初詣参拝とともにぜひとも見ておきたい人気観光スポットでもあります。

【例年の人出】約270万人
【ご利益】商売繁盛・五穀豊穣など

伏見稲荷大社 周辺のホテル・旅館
Number 10 ranking

福岡県太宰府市

太宰府天満宮

太宰府天満宮

菅原道真を祀る天満宮約1万2,000社の総本宮の太宰府天満宮が第10位。初詣には全国から200万人以上の参拝者が訪れます。1月上旬から御神木である飛梅、白梅や紅梅など境内にある約6,000本の梅が次々と開花するのも見どころの一つです。

【例年の人出】約200万人
【ご利益】学業・受験合格・就職成就など

太宰府天満宮 周辺のホテル・旅館
Number 11 ranking

広島県廿日市市

嚴島神社

嚴島神社

世界遺産にも登録されている嚴島神社は1400年の歴史があり、平安末期には平清盛の寄進により現在の見事な朱塗りの寝殿造りの社殿となりました。海に浮かぶような姿はまさに絶景。日本三景のひとつに数えられることも納得です。初詣に参拝すると先着でもらえる「干支しゃもじ」には、その年の干支の姿が描かれています。

【例年の人出】約12万人
【ご利益】家内安全、海上安全、交通安全など

嚴島神社 周辺のホテル・旅館
Number 12 ranking

大阪府大阪市

住吉大社

住吉大社

第12位は、全国に約2,300社ある住吉神社の総本社である住吉大社。三が日の参拝者数は250万人を誇り、全国でも有数な初詣スポットとして有名です。参道にはたくさんの露店が立ち並び、多くの人で賑わいます。

【例年の人出】約250万人
【ご利益】海上守護・交通安全・商売繁盛・家内安全など

住吉大社 周辺のホテル・旅館
Number 13 ranking

東京都中央区

東京水天宮

東京水天宮

安産や子授けにご利益がある神社として有名で、多くの初詣客が水天宮へ安産、子授けを祈りに訪れます。銀座や日本橋も近くアクセスがよいのも人気のポイント。

【ご利益】安産・子授け・芸能祈願・水難除けなど

東京水天宮 周辺のホテル・旅館
Number 14 ranking

東京都千代田区

日枝神社

日枝神社

東京の都心にある日枝神社は、江戸の地や江戸城を守る存在。「山王さん」の通称で親しまれています。この神社の神の使いは猿。境内には夫婦の猿の像があり、撫でると「災いがサル」「魔がサル」など厄除けのご利益があるとか。猿=エンの読みから縁結び、子宝や安産の神様としても崇められています。

【例年の人出】約25万人
【ご利益】厄除け、子授け、安産、縁結びなど

日枝神社 周辺のホテル・旅館
Number 15 ranking

東京都渋谷区

明治神宮

明治神宮

明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮。国民からの献木365種・約10万本により造成された広い杜は、ここが都心であることを忘れさせてくれます。それでも初詣は毎年全国トップの人出で賑わいます。初詣の時期だけに販売される干支の絵馬や土鈴も人気です。

【例年の人出】約316万人
【ご利益】皇室弥栄、世界平和、家内安全、交通安全など

明治神宮 周辺のホテル・旅館

ちょっと気になる!初詣にまつわる疑問

Q.初詣はいつまでに行けばいい?
A.決まりはありませんが「松の内」がひとつの目安
地域などによっても異なりますが「三が日に行く」、もしくは「松の内に行く(1月7日まで/関西では1月15日まで) 」という考えが一般的なようです。遅くとも節分までには行きたいところでしょうか。

Q.神社とお寺、どちらに行けばいい?
A.どちらでも構いません
日本には神仏習合の信仰の歴史があるためで、どちらに詣でても、もしくは両方に詣でても構いません。ランキングの結果にもあるように、神社・お寺とも初詣の参拝先として親しまれているようですね。

Q.お賽銭の額は多い方がいい?
A.気持ちが大事。自分の払える範囲で大丈夫
そもそもこの「お賽銭」、本来は意味は「日々の感謝の気持ちを神様に伝えるためにさしあげるもの(神社)/自分の欲を捨てる修行のひとつ、お布施にあたるもの(お寺)」であり、願い事の対価ではありません。「5円玉が縁起が良い」「10円玉1枚は遠縁になる」など金額にまつわる迷信も語呂合わせなどからきているので、こだわってもこだわらなくても大丈夫。なお、TVなどで賽銭箱に勢いよくお賽銭を投げる光景を目にしますが、これはマナー違反。仕方がない場合もありますが、出来るだけ丁寧に入れるように心がけましょう。

Q.初詣の参拝の作法は?
A.通常の参拝の時と同じ。ただし、神社とお寺では作法が異なるのでご注意を
知っているようで実は知らない参拝の作法。まず覚えておきたいのは神社とお寺では参拝作法が異なるということ。代表的なものとしては、神社は「二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)※神社によっては独自の拝礼作法がある場合も」で祈願しますが、お寺では柏手を打たず静かに手を合わせるのみ。意外と知らない人も多いのでご注意を。服装に関しては、参拝のみであれば普段通りでも問題はありませんが、帽子やサングラスなどは外しましょう。

―― 神社/お寺 一般的な参拝の作法 ――

神社への参拝の作法
鳥居の前で一礼。参道の中央(神様の通り道といわれている)を避けて歩く
「手水舎」にて心身を清める
拝殿の前に進み、軽く一礼
お賽銭を賽銭箱に入れ、鈴を鳴らす
「二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)」で拝礼 ※下段を参照
深く2回礼をする【二拝】
手のひらを合わせ、右手を少し下にずらし2回拍手をする【二拍手】
両手をきちんと揃え、祈願する
最後にもう1度深く礼をする【一拝】

お寺への参拝の作法
山門の前で軽く一礼
「手水舎」にて心身を清める
線香を焚く香炉があれば、線香を焚き煙で身を清める
本堂へ参る
お賽銭を賽銭箱に入れる
一礼し胸の前で「静かに合掌」する
一礼して退く

―― 「手水舎」での作法 ――

手水舎での作法
ひしゃくを右手で持ち水を汲み、左手にかけて清める
ひしゃくを左手に持ち替えて、右手を洗い清める
再度ひしゃくを右手に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぐ
口に触れた左手に水をかけ清める
ひしゃくを立てるように持ち、残った水で柄の部分を流し清める
ひしゃくを元の場所に伏せて置く

※このランキングは、楽天トラベル 観光案内サイト「たびノート」のアクセス数を元に算出しています
※計測期間:2015年12月1日~2016年1月31日
※掲載画像の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright(C)2016 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

トップヘ