旅のランキング

東京の離島で湯めぐりできる!八丈島の日帰り温泉7施設

八丈島の風景

羽田空港から1時間足らずで行ける東京都の離島、八丈島。
実は、八丈島には個性あふれる数々の温泉があることをご存じでしょうか。温泉天国の側面を持つ八丈島には有料、無料をあわせて7つの日帰り温泉施設があります。サウナも付いているような充実した設備を持つ温泉から、大海原に沈み行く夕日を眺める絶景の足湯まで、個性的な温泉が揃っています。温泉目的で行ける離島・八丈島の日帰り温泉施設全てを紹介します。

湯めぐりするならお得な周遊券がおすすめ

複数の日帰り温泉をめぐりたい場合、お得なチケットも販売されています。各温泉施設の受付で購入できる温泉1日周遊券は大人600円、小学生200円。町営バスの受付やバス車内で購入できる2日間バス乗り放題・温泉入り放題の「BU・S・PA」は大人1,000円、小学生500円です。

各温泉施設を効率良く回るならレンタカー利用がおすすめですが、路線バスでめぐることもできます。交通手段に合わせてチケットを購入して、有効に活用しましょう。

露天風呂から大海原の絶景や満天の星空を眺めよう

末吉温泉 みはらしの湯

みはらしの湯外観
みはらしの湯外観
みはらしの湯から見える絶景
みはらしの湯から見える絶景

八丈島の温泉施設の中でも、特に人気なのが島の東部に位置する「末吉温泉 みはらしの湯」。施設が高台にあり、露天風呂からは太平洋の大海原の絶景が望めます。満天の星空を眺めながらの夜の入浴も、ここならではの醍醐味。

露天風呂と内風呂の2つのお風呂があり、内風呂には備え付けのボディソープとリンスインシャンプーも。泉質はナトリウムー塩化物強塩温泉で、神経痛や関節痛、筋肉痛などへの効果が期待できます。展望休憩所があり、絶景を眺めながら入浴後の休憩が可能。

住所
東京都八丈島八丈町末吉581-1
営業時間
10:30~21:30(入場は21:00まで)
定休日
火曜日(祝日、夏期、年末年始は休まず営業)
料金
500円


自然の中で、野性味あふれる入浴体験ができる

裏見ヶ滝温泉

裏見ヶ滝温泉外観
裏見ヶ滝温泉外観
水着着用必須の露天風呂
水着着用必須の露天風呂

島の南東に位置する「裏見ヶ滝温泉」は、裏見ヶ滝を見下ろすロケーションに建つ無料の温泉施設。

湯船は混浴の露天風呂のみで、水着の着用が必須です。石鹸やシャンプーを使うことはできません。ロッカーなどはないので、貴重品は車の中にしまっておきましょう。また、脱衣所がひとつしかないため、事前に水着を着ておくなどの工夫が必要。

滝の流れる音を聞き、緑の香りを味わいながらの入浴は、ここならではの野性味あふれる時間。泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉で、冷え性や疲労回復、火傷、慢性皮膚病などに効果があるとされています。

住所
東京都八丈島八丈町 中之郷
営業時間
9:00~21:00
定休日
年中無休
料金
無料


地元の人にも愛される総ヒノキ造りの浴槽がある施設

樫立向里温泉 ふれあいの湯

樫立向里温泉ふれあいの湯の外観
樫立向里温泉ふれあいの湯の外観
樫立向里温泉ふれあいの湯の大浴場
樫立向里温泉ふれあいの湯の大浴場

写真提供:一般社団法人八丈島観光協会

島の中心部に近い場所にある「樫立向里(かしたてむかいざと)温泉 ふれあいの湯」は、総ヒノキ造りの眺めのよい露天風呂と大浴場(内湯)を備えた温泉施設。地元の人たちに愛されている施設で、毎日のように通う常連もいるほど。施設自体がきれいなため女性客にも人気です。

泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉。鍵付きのロッカーやボディソープ、シャンプー、リンスを備えているほか、フェイスタオルを購入できるので手ぶらで行ってもOKです。

住所
東京都八丈島八丈町樫立1812-3
営業時間
10:00~22:00(入場は21:30まで)
定休日
月曜日(祝日、夏期、年末年始は休まず営業)
料金
300円


晴れた日には約67km先の青ヶ島を望める

中之郷温泉 やすらぎの湯

中之郷温泉やすらぎの湯の外観
中之郷温泉やすらぎの湯の外観
窓から海を一望できる内湯
窓から海を一望できる内湯

「中之郷温泉 やすらぎの湯」は、温泉が集中する中之郷地区の高台に建てられています。八丈島の温泉施設の中でも小規模な温泉で、内湯と休憩所があるだけのシンプルな施設。洗い場はありません。

濃厚な強塩温泉が揃う八丈島の中にあって、若干、塩分控えめのこの温泉の色は無色透明。内湯の窓からは海を一望できるほか、よく晴れた日には東京都の離島のひとつ青ヶ島を眺めることができます。

住所
東京都八丈島八丈町中之郷1442
営業時間
10:00~21:00(入場は20:30まで)
定休日
木曜日(祝日、夏期、年末年始は休まず営業)
料金
300円


サウナやジャグジーなどの設備も充実!

ブルーポート・スパ ザ・BOON

ブルーポート・スパ ザ・BOONの外観
ブルーポート・スパ ザ・BOONの外観
ブルーポート・スパ ザ・BOONの内湯
ブルーポート・スパ ザ・BOONの内湯

写真提供:一般社団法人八丈島観光協会

やすらぎの湯のそばにある「ブルーポート・スパ ザ・BOON」は、ジャグジーや打たせ湯、サウナ、水風呂などを完備した温泉施設です。ボディソープやシャンプー、リンスを備えているほかロッカー室や畳敷きの休憩室もあり、八丈島の日帰り温泉施設の中では最も設備が整っています。湯船からは海が眺められます。

泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉で、お湯はうっすらと緑がかっています。効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、慢性婦人病、慢性皮膚病など。

住所
東京都八丈島八丈町中之郷1448-1
営業時間
10:00~21:00(入場は20:30まで)
定休日
水曜日(祝日、夏期、年末年始は休まず営業)
料金
500円


長湯向きの透明で柔らかいお湯につかれる

洞輪沢温泉

洞輪沢温泉の入口
洞輪沢温泉の入口
洞輪沢温泉の内湯
洞輪沢温泉の内湯

洞輪沢(ぼらわざわ)漁港の一角にある「洞輪沢温泉」は、元々は漁師のために作られた施設。近くにサーフスポットがあるので、サーファーの利用が多いのが特徴のひとつです。ボディソープやシャンプーなどの用意はなく、男女それぞれ湯船(内湯)がひとつあるだけの施設。せっけんとシャンプーの使用はできません。鍵つきのロッカーが3つだけあります。

泉質はカルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩温泉。お湯は透明で柔らかく、温度は40度ほどなので長湯が好きな方に向いています。

住所
東京都八丈島八丈町末吉
営業時間
9:00~21:00
定休日
月曜日(祝日、夏期、年末年始は休まず営業)
料金
無料


足湯に浸かりながら太平洋を展望!

足湯きらめき

足湯きらめき
足湯きらめき
足湯につかりながら海を眺められる
足湯につかりながら海を眺められる

「足湯きらめき」は、大海原の絶景を堪能できる無料の足湯施設。冬には水平線に沈む夕日を眺められる絶好のロケーションに位置します。

施設自体が新しく清潔なため、多くの観光客が訪れます。泉質はナトリウム-塩化物温泉 。一日の終わりに足湯につかりながら大海原に沈み行く夕日を眺めれば、観光で疲れた体が癒されること間違いなし。

住所
東京都八丈島八丈町中之郷1523-14
営業時間
11:00~21:00
定休日
年中無休
料金
無料

個性的な温泉施設が多数ある八丈島。羽田空港から1時間足らずで行けるので、首都圏から温泉を目的とした1泊2日の旅行も十分可能です。八丈島は温泉だけでなく、美しいシルエットを持つ八丈富士の登山や、色鮮やかな魚が楽しめる釣りなど、アクテビティも豊富。東京から近い離島・八丈島にぜひ足を伸ばしてみて下さい。

取材・撮影・文/八鍬悟志

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

トップヘ