長門湯本温泉で「音信川うたあかり2022」が開催!金子みすゞの詩の世界を光と音で演出

山口県長門市の長門湯本温泉で2022年1月28日から2月27日まで、童謡詩人・金子みすゞの詩をテーマにしたイベント「音信川(おとずれがわ)うたあかり」が開催されます。同イベントでは、詩のナレーションや⾳楽に合わせた光の演出に加え、市内の児童・⽣徒が制作したあかりのモチーフが設置される予定。​冬の温泉街が、幻想的な光に彩られます。

 

金子みすゞの詩にちなんだ、約3,000個の「あかりのうつわ」がお出迎え

2018年に始まり今年4回目の実施を迎える「⾳信川うたあかり」は、『こだまでしょうか』や『私と小鳥と鈴と』などの美しい詩で知られる童謡詩⼈・⾦⼦みすゞの詩をテーマにした灯りイベントです。

音信川うたあかり 幻燈輪舞エリア

幻燈輪舞(げんとうロンド)エリア(竹林の階段〜恩湯・雁木広場)で楽しめるのが、詩のナレーションに合わせた幻想的な光の演出「うたあかり幻燈輪舞」。金子みすゞの詩の朗読と音楽にあわせて、いくつもの影絵が踊ります。合わせて鮮やかに変化する、周辺の竹林のライトアップや広場の照明にも注目です。

音信川うたあかり みすゞのお庭エリア あかりのうつわ

みすゞのお庭エリア(恩湯・芝生広場)に設置されるのは、長門市内すべての幼保小中学校の児童・生徒約3,000人が作成した「あかりのうつわ」です。

今年は金子みすゞの『私と小鳥と鈴と』『落ち葉のカルタ』『さくらの木』『大漁』の4詩をテーマに、さくら、もみじ、とり、さかなの形のモチーフを制作。子どもたちが型紙に沿って作り思い思いの色で着色した「あかりのうつわ」が、訪れる人を暖かく出迎えてくれます。

音信川うたあかり お魚たちの夢エリア

2022年はエリアを拡大し、新たに河川公園のライトアップも計画されています。音信川河川公園のお魚たちの夢エリアには、同じく市内の児童・生徒が作成した魚型のあかりを配置予定。真っ青な海に大きな魚が浮かび上がるような、幻想的なライトアップを楽しめます。

音信川うたあかり 土あかりエリア ランプシェード

さらにもう1つ新たな見どころとなっているのが、土あかりエリア(恩湯食〜河川公園間)の川沿いの道に設置されるランプシェードです。これは長門湯本温泉のほど近く、三ノ瀬地区で約360年の歴史を持つ萩焼深川窯の協力により、地元向陽小学校6年生の児童が萩焼で作ったもの。20灯を超える萩焼のランプシェードが、暖かな光で夜の川沿いを照らします。

長門湯本温泉の冬の風物詩でもある「音信川うたあかり」。美しいライトアップや光と音の演出とともに、金子みすゞの詩の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

音信川うたあかり

開催期間
2022年1月28日から2月27日
点灯時間
⽇没(17:30ごろ)〜22:00まで
場所
長門湯本温泉(山口県長門市深川湯本)竹林の階段および音信川周辺
入場料
無料
詳細
音信川うたあかり2022特設ページ 

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。