旅の楽しみ方

宿ランキング1位「秋保温泉 ホテル瑞鳳」おもてなしと人気バイキングを宿泊体験!

楽天トラベルで、2018年11月1日~2019年10月31日までの宿泊利用実績をもとに集計した「2019年 秋保温泉の人気宿ランキングTOP10」で1位に輝いた「ホテル瑞鳳」。「おもてなし」「料理」「温泉」と、訪れた人の心を虜にする温泉宿の魅力を宿泊して体験してきました。

秋保温泉ってどんなところ?立地とアクセス

秋保温泉 ホテル瑞鳳 外観

東北を代表する人気温泉地、秋保温泉(あきうおんせん)。「仙台の奥座敷」とも呼ばれ、その水源を神室岳に発する名取川が、峡谷部を下ってきた辺りに位置しています。仙台駅から車で30分程度、JR仙台駅から無料の送迎バスも出ています。山間の名勝と、市街地、両方からの便利なアクセスが魅力です。

秋保温泉郷から車で約20~30分ほど先の場所には、秋保大滝や、高さ150mに及ぶ岩壁「磐司岩(ばんじいわ)」があります。

豪華絢爛なロビーがゲストをお出迎え

秋保温泉 ホテル瑞鳳

秋保温泉は、日本三御湯の一つという歴史と伝統があります。「御湯」は、皇室の御料温泉としてお墨付きをもらった称号です。御湯を名乗ることが出来るのは秋保温泉(名取御湯)、別所温泉(信濃御湯)、野沢温泉(犬養御湯)の3ヶ所。

その由来は、欽明天皇がその在位中に皮膚病に感染、一向に良くならなかったのが、秋保(名取)の湯を都に取り寄せ沐浴したところ全快したから、というものだそうです。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

1000年を優に越える歴史と、御湯の称号を持つ伝統ある秋保温泉のホテル瑞鳳。広々としたスペースを贅沢に使ったロビーが出迎えてくれます。大きな窓からは山間近くに佇む、四季折々の景色も楽しめます。

ゲストをもてなすスタッフの笑顔と細やかなサービス

秋保温泉 ホテル瑞鳳 スタッフ

温泉宿と言えば、和服の女将さんのイメージもありますが、こちらでは、制服姿が凛々しい女性スタッフのみなさんが出迎えてくれました。

秋保温泉 ホテル瑞鳳 スタッフ

スタッフの皆さん、どなたも自然で明るい笑顔が印象的です。

ゆっくり寛げる広々としたお部屋

秋保温泉 ホテル瑞鳳

今回宿泊したのは最上階(11階)のお部屋。畳にして15畳と6畳の二部屋ある広々とした和室の大部屋です。どのお部屋も和室は最低10畳から。大家族やグループでの宿泊も安心です。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

窓枠が大きく、眼下の名取川と、その先に広がる山間の景観も堪能できます。浴衣に着替えて窓際に立つと、その開放的な景色に旅のテンションもさらに上がります。

秋保温泉 ホテル瑞鳳 洋室

お部屋タイプは2016年に改装したシモンズベット設置の洋室タイプもあり、好みで選ぶことができます。ちなみに和室で用意されるお布団は、ふわふわの羽毛布団です。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

通常の廊下部にも、部屋の手前の入り口に和風のひさしがしつらえてあり、一部屋がそれぞれ一軒宿の入り口風の意匠という凝った造り。紅色を基調にした和風絵柄の絨毯も贅沢で、趣があります。

牛タン、海鮮、スイーツ…なんでも揃う豪華ビュッフェ!

秋保温泉 ホテル瑞鳳

「瑞鳳」の夕食ビュッフェは、クチコミの評価も高く、ゲストが訪れる理由の一つとなっています。

今回、実際に体験してみると、クチコミの評判だけではなかなか伝わらない、人気の秘密が隠されていました。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

まずはそのビュッフェ会場となるレストラン「seasons(シーズンズ)」 は、広さ約1,000平米、座席数にして約350人が収容可能という大スペースです。

2017年にリニューアルされたばかりとのことで、そのおしゃれで豪華な造りは本館の白眉と言っていいでしょう。

新鮮な海鮮類を好きなだけ

秋保温泉 ホテル瑞鳳

会場を見渡してすぐに目につくのは、目立つ色の紅ずわいガニとトゲずわいガニ。身がぎっしり詰まってジューシーな上物です。これでも数ある料理のなかの一品にすぎません。

秋保温泉 ホテル瑞鳳
秋保温泉 ホテル瑞鳳

三陸沖の新鮮な海鮮類も豊富です。旬のブリの切り身も、しゃぶしゃぶにして楽しめます。新鮮なブリをポン酢か胡麻だれでいただきます。※季節限定

秋保温泉 ホテル瑞鳳

こちらの「ビュッフェ」では、調理済みの料理を自分でお皿に取ってくるのではなく、お好みのネタを職人がその場で握ってくれます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

お寿司は良いネタと職人の握り技で、もはやビュッフェとは言えないクオリティの高さです。好きなネタを選んで職人さんに伝えたら、個数上限なしでいただくことができます。

シェフたちが焼く絶品の肉料理

秋保温泉 ホテル瑞鳳

会場には数え切れないくらいの豪華な料理が用意されています。

その中でも、ステーキなどの肉料理を上手に焼いてくれるシェフの存在が目を引きます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

仙台名物の牛タンも、炭火を使っての本格調理。

調理人が必要な分だけ、小皿に盛ってくれるので必要数を伝えましょう。ジューシーな仙台名物、牛タンを思う存分楽しむことができます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

表面はこんがり焼き、旨味を閉じ込めた柔らかい肉の仕上がりに。隣で焼いているサザエも新鮮で、クオリティの高いメニューを堪能できます。

「専門店が軒を連ねる、食べ放題のフードコート」のようなビュッフェ。ぜひ好きなだけ堪能してみてくださいね。

約80種類の料理をゆっくり堪能

秋保温泉 ホテル瑞鳳

試しに小皿でもらってきた料理をテーブルに運んでみました。提供料理の種類は約80品もあるので、旬なものからご当地のグルメまでたっぷり堪能できます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

身がぎゅっと詰まったすわいガニ。新鮮なカニの身はサッパリとカニ酢でいただきます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

仙台名物、牛タンは外せません。青唐辛子を味噌に漬け込んだ味噌なんばんと一緒にいただきます。

また、料理を乗せたお盆が持ちにくい場合、お盆を乗せて運べるカートをスタッフが用意してくれます。お年寄りの方も、両手でお盆を持って席まで運ぶ作業がスムーズにできるので安心ですね。

甘さ控えめで上品な味わいの自家製スイーツ

秋保温泉 ホテル瑞鳳

スイーツは全て自家製で、パティシエが調理している姿を、ガラス越しに見られるコーナーも。

予約をすればお誕生日や記念日での利用に便利なホールケーキも対応できるのだそうです。

※生クリームケーキ 4号 2,200円〜

秋保温泉 ホテル瑞鳳

デザートのケーキやスイーツ類も種類が豊富で、女性客から大人気のコーナーになっています。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

チョコレートファウンテンが設置されているなど、お子さんが喜ぶメニューも豊富です。女性客や子連れ客にも人気の理由が分かりますね。

本格カクテルや地酒を提供するドリンクバーも

秋保温泉 ホテル瑞鳳

ビュッフェ会場にはドリンクバーもあり、ビールや焼酎、日本酒にワイン、カクテルなど豊富な種類のお酒を取りそろえています。(酒類飲み放題はお一人様2,200円 90分)

朝食ビュッフェは和風から洋風まで本格指向

秋保温泉 ホテル瑞鳳

翌朝の朝食は夕食よりも軽めの内容で、和・洋それぞれの好みで朝食スタイルを楽しめます。右は子持ちシシャモ、その左はかりかりベーコンが並び、他にも豚汁やポタージュなどがあります。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

朝食で人気のオムレツコーナー。ほうれん草、トマト、チーズなどから、好みのトッピングを選んで目の前で焼いてもらえます。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

シェフが作るオムレツは食感もふわふわ。その他、たくさんの「サラダ」や「フルーツ」、名物「甘いお赤飯」や「笹かま」など定番の和食セットなど、種類豊富です。

天下の名湯を堪能できる露天風呂へ!

秋保温泉 ホテル瑞鳳

温泉は、大浴場、露天風呂とも地下階にあります。大浴場の男湯(牽牛)と女湯(織女)は左右に分かれていて、全部で6種ある露天風呂も、それに合わせて左4つ、右2つに分かれています。

暖簾入替制で日ごとに男湯と女湯が入れ替わるので、それぞれの風情を全部堪能できるようになっています。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

露天風呂は、昔ながらの日本庭園の中に、温泉を岩で囲った風情のある造り。打たせ湯や、深さ約130cmの立ち湯など、入浴の変化を楽しみながら、ホッとリラックスできるようになっています。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

泉質は塩化物泉で、皮膚病や創傷にも効能があるそうです。一般にリウマチや神経痛にも良いと言われ、保温効果抜群で湯冷めしにくく、美肌効果も期待できます。温度も熱すぎず、ぬるすぎず、じっくり入浴できました。

さらに屋内温水プールも!

秋保温泉 ホテル瑞鳳

館内設備の中で驚いたのは、全天候型の屋内温水プールがあったことです。こちらの温水プールは、外からは見えない本館の4階フロアにあり、2019年の夏にリニューアルされたばかり。

大人からお子様まで老若男女問わず、ホテルの中でアクティビティを楽しめます。

宮城の名産品が揃うお土産店も

秋保温泉 ホテル瑞鳳

チェックアウトの前に、1階のお土産店へ。独立した一軒屋の入り口といった意匠の外観で、館内であることを感じさせない圧倒的な大きさを誇ります。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

品揃えも1,200点は越えるのだそうです。お菓子だけでなく仙台名物の牛たん、笹かまはもちろん、宮城伝統工芸のこけしなど、幅広い品揃えです。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

探しやすく1ヶ所に仙台スイーツ「ずんだ」菓子を集めたコーナーもありました。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

人気のお土産ランキングコーナーの左側には部屋菓子で出しているキャラメルアーモンド味のレリッシュセッションも。お土産に迷ったらこちらのコーナーから選ぶのがおすすめです。

秋保温泉 ホテル瑞鳳

仙台市内からもアクセスが良く、歴史ある温泉と贅沢なビュッフェを堪能できる至れり尽くせりのお宿。

3世代での家族旅行や、友人同士のグループ旅行、カップル旅行まで、幅広い世代の方たちにおすすめ。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


秋保温泉 ホテル瑞鳳

住所
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字除26-1
アクセス
東北自動車道仙台南ICより約15分。
仙台市街地まで車で約30分。
JR仙台駅東口無料シャトルバス毎日運行(※要予約)
客室数
117室

 

写真・取材・文/久保田耕司

トップヘ