おしゃれ&上質なリラックス空間!大阪のライフスタイルホテル「Zentis Osaka」宿泊記

605views
ゼンティス大阪 客室

大阪で一二を争う繁華街・北新地。そんなにぎやかな場所にありながら、驚くほど静かで、驚くほどリラックスできる注目のライフスタイルホテルがあります。2020年7月にオープンした「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」です。コンセプトは「Encounters of a New Kind ~感性が、深呼吸する場所~」。このホテルに宿泊することで、なにか新しい自分が発見できる、明日から少し違った自分になれる――。そんな場所でありたいという願いが込められています。

世界的に有名なインテリアデザイナーが手がけた、見惚れるほどに美しく、かつ心安らぐ「Zentis Osaka」でのステイの様子をご紹介します。

 

素材・色・光・空間…世界的インテリアデザイナーの計算し尽くされたデザインを体感

ゼンティス大阪

東京・丸の内の「パレスホテル東京」などを運営する「パレスホテル」の新ブランド「Zentis」の1号店として、2020年7月に誕生した「Zentis Osaka」。大阪の中心地・梅田から徒歩10分程度、目の前は大阪を代表する繁華街・北新地という立地ながら、ホテル内に一歩入ると、豊かな緑に囲まれ、静けさすら感じる不思議な空間が広がります。

「イギリスの邸宅」をデザインコンセプトに、イギリスのインテリアデザイナー、タラ・バーナードがホテル全体をデザイン。彼女はレジデンスやラグジュアリーホテルなどを多く手がけてきただけに、自宅のようにくつろげる空間作りを得意としています。

 

ゼンティス大阪

館内に入ってまず目を引くのが、正面に据えられた大きな階段。ホテルというよりまさに邸宅のよう。この階段は彼女のデザインアイコンであり、館内全体がナチュラルなトーンで統一されていることにも温もりをおぼえます。

 

ゼンティス大阪
ゼンティス大阪
ゼンティス大阪

オーガニック(天然素材)とインオーガニック(工業素材)の融合にこだわり、階段の手すりにまでナチュラルなレザーを用い、エレベーターのボタンも見事にデザインに溶け込み、細部にまでタラの感性が表現されています。ひとつずつの本や調度品の配置まで、デザイナーが計算して配しているので、美しくも抜け感がある、究極のリラックス空間が広がります。

 

ゼンティス大阪 ゲストラウンジ

階段の後ろにはゲストが自由に使えるラウンジが。ここもナチュラルなトーンでまとめられ、くつろげる雰囲気。コーヒー・紅茶の無料サービスもあるので、コーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しんだり、本を読んだり、仕事をしたり、まるで自宅のリビングのようです。

 

ゼンティス大阪
※撮影時のみマスクとアクリル板をはずしています

そして、スタッフのユニフォームもインテリアと見事に調和。洗練されたデザインながら、アットホームさを感じさせます。

 

ハイセンスながら静かでほっと落ち着く客室

スタンダードな客室「Studio(ステュディオ)」

ゼンティス大阪 客室

「Zentis Osaka」には全212室、3タイプの客室があり、その中で一番多い168室を占めるのが「Studio」タイプ。ホテルの客室というと、長方形の間取りが多いなか、このStudioはほぼ正方形。25平米とコンパクトながら、スーツケースも余裕で広げられる使い勝手のいい設計がなされています。

もちろん客室も全室、オリジナルデザインの家具を配し、ナチュラルなカラーリングで統一され、ハイセンスな中にもゆったりとした穏やかな空気が流れます。

目を引くベッド上のアートは、日本人アーティストによる作品で、「Zentis Osaka」のコンセプトからインスピレーションを得て、描かれたのだそう。

 

ゼンティス大阪 客室

もうひとつ注目したいのが、ベッドサイドテーブルに信楽焼が使われていること。一見、客室には和のテイストは見受けられませんが、こんなところに関西ならではの逸品が隠れていました。

 

ゼンティス大阪 アメニティ

Studioのバスルームはシャワーブースのみとシンプル。でも、アメニティにも「Zentis」らしいこだわりが。シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、添加物など肌に刺激を与えるものを極力排除したオーストラリア・メルボルン生まれのナチュラルスキンケアブランド「HUNTER LAB(ハンターラボ)」を採用しています。

また、アメニティのパッケージに添えられた一言がユニーク。たとえば、TOOTHBRUSH(歯ブラシ)には「MAKE FRIENDS WITH FRESH BREATH (さわやかな息とお友だち、そしてさわやかな息でお友だちを作る)」、WASH CLOTH(ボディタオル)には「YOUR SHOWER DANCE PARTNER(シャワーをご一緒するダンスパートナー)」といった具合。知的な遊び心を感じます。

 

ゼンティス大阪 アメニティ
ゼンティス大阪 アメニティ

さらに、シーリー社製のベッドに、綿100%のシーツ、ふわふわの今治タオル、洗うほどに柔らかくなるヘリンボーン生地の上下セパレートのパジャマと、肌に触れるものの品質と肌触りにもとことんこだわっています。

 

ゼンティス大阪 客室

フリーのドリンクは、ドリップコーヒー、グリーンティーに加え、デカフェのコーヒーも用意。外の喧騒がうそのような、静かで落ち着く空間でゆっくり堪能したくなります。

客室内のエンターテイメントとしては、Apple TVが導入されていて、NetflixやYouTube、海外のニュースチャンネルなども見ることができます。また、テレビには館内の情報はもちろん、チェックイン時にクレジットカードを提示していれば、フロントに寄らずに、テレビ画面上でチェックアウトすることが可能です。どこまでも快適さを追求したシステムに感動。なお、車椅子対応の客室も1室用意されています。

 

角部屋の「Corner Studio(コーナー ステュディオ)」

ゼンティス大阪 客室

ほかの客室タイプも見ておきましょう。ホテル内に41室ある「Corner Studio」は、「Studio」より広い32平米で、その名の通り角部屋。ツインベッドと、窓辺にはソファを備え、一部の客室では大阪市街の景色を望めます。

 

ゼンティス大阪 客室

Corner Studioのバスルームは、シャワーブースに加えてバスタブもあるので、のんびりバスタイムを楽しめます。

また、ファミリーやグループで宿泊する際には、となりのStudioの客室とともに、コネクティングルームとしても利用可能。観光にビジネスに、ステイケーションにと、楽しみが広がります。

 

最上級客室の「Suite(スイート)」

ゼンティス大阪 客室
ゼンティス大阪 客室

館内に2部屋のみの最上級客室「Suite」は、まさにスペシャルな空間。広さ57平米に、ソファやダイニングテーブルを配したリビングとベッドルームが。

 

ゼンティス大阪
窓の外には高速道路や堂島川、日本銀行大阪支店、大阪市役所など中之島の風景が広がります。

 

ゼンティス大阪 夜景

夜はまた、雰囲気が一変。夜が更けるほどに、大阪の夜景を独り占めしている気分に浸れます。

 

ゼンティス大阪 客室
ゼンティス大阪 客室

ベッドルームの奥にあるのは、バスルームと独立した洗面台。Suiteではバスタブに浸かりながら、大阪の景色を眺めることもできます。夜になれば、さらにきらびやかな世界が眼下に広がります。

 

ゼンティス大阪 客室
ゼンティス大阪 客室
ゼンティス大阪 客室

Suiteだけの特別なおもてなし、ウェルカムスイーツやネスプレッソなども。この日のウェルカムスイーツは、ホテルから近い中之島にある「菓菓かはん」のグラッセゼリー「円雨(つぶらう)」に、2019年に開催されたG20大阪サミットのお土産にも選ばれたアーモンド菓子「粟玄(あわげん)」の「和洋」が用意されていました。

 

ゼンティス大阪 客室

どの客室も、ライティングさえ手を抜かず、オリジナルの家具やこだわりのアメニティをそろえ、どこを切り取っても完璧にコーディネートされた上質な空間。それでいて、温もりを感じるほっと落ち着く客室が「Zentis Osaka」最大の特長といえそうです。

 

ホテル内のサードプレイス、ゲストラウンジ&ガーデン

ゼンティス大阪 ゲストラウンジ
ゼンティス大阪 ゲストラウンジ

冒頭で少し触れた、1階の階段奥にあるゲストラウンジも「Zentis Osaka」の特長のひとつ。宿泊ゲストが思い思いの時間を過ごせるリビングのようなスペースで、外には「ガーデン」と呼ばれるテラスも。テーブルには電源コンセントを設け、プライベートブースのようなソファ席も用意されているので、テレワークにも最適です。

 

ゼンティス大阪 ゲストラウンジ

ラウンジでは、コーヒーや紅茶の無料サービスのほか、地ビールや地元銘柄のサイダー、ミネラルウォーターなどを購入可能。コンビニなどではなかなか手に入らない大阪ならではのラインナップに、旅のワクワク感も味わえます。

 

ゼンティス大阪 ゲストラウンジ

ゲストラウンジ内や「ガーデン」で一杯を楽しむもよし、お部屋に持っていくもよし。出張でステイする際は、仲間とゲストラウンジでお疲れ様の乾杯をしてから、各々の部屋に帰る…というのもスマートな楽しみ方です。

ちなみに、このゲストラウンジも、テーブルやソファの色や素材から、雑誌やクッションの配置まで、タラ・バーナードがデザインし、クッションの位置が少しでも乱れるとスタッフがすぐ元に戻しているのだとか。空間全体を計算してオーダーしているからこそ、すべてのインテリアがベストマッチし、いつ見ても完璧なポジションが保たれています。

 

ランドリーや靴磨きサービスがある「Room 001」で最高の身支度を整える

ゼンティス大阪 Room001

「Zentis Osaka」が誇る、もうひとつの特徴的なスペースが「Room 001」。最高の身支度を整える場として、ランドリー、アイロン、シューシャイン(靴磨き)、フレグランスバーなどが1部屋に集められています。

 

ゼンティス大阪 ランドリー
ゼンティス大阪 ランドリー
ゼンティス大阪 ランドリー

こちらのランドリーマシンで使用しているのは、大正13年創業、大阪の老舗石鹸メーカー「木村石鹸」の天然素材由来の洗濯石鹸とリンス剤。さすがは「Zentis」、洗濯洗剤まで上質なものにこだわっています。

 

ゼンティス大阪 Room001

上質へのこだわりは、シューシャインサービスも然り。アメリカ最大の靴磨き職人集団で修行し、中学校の教科書にも掲載された関西随一の靴磨き職人が、靴をピカピカに磨き上げてくれます。職人による丁寧な仕事をぜひ体感してみては。(1足2,000円/2021年9月現在、事前予約制)

 

ゼンティス大阪 Room001

そして、フレグランスバーには、フレグランスアドバイザーが季節ごとにセレクトした香水が並びます。自由にテイスティングでき、新たな好みの香りに出会えるかも。

 

ゼンティス大阪 ランドリー
ゼンティス大阪 Room001
ゼンティス大阪 Room001

「Room 001」にはソファや無料のコーヒーサービスもあるので、洗濯をしている間に、のんびり本を読んだり、PCを開いて仕事をしたり、コーヒーを飲んでひと息ついたり…。大阪にまつわる書籍や写真集、漫画までそろっていて、つい長居をしてしまいそうです。

 

ゼンティス大阪 フィットネス

また、「Room 001」のお隣にはフィットネスが。宿泊ゲストは無料で24時間いつでも、トレッドミル、バイク、ペダル、デュアルアジャスタブルプーリーを自由に使って汗を流すことができます。

 

朝食からアフタヌーンティー、ディナー、バーまで1日中楽しめる「UPSTAIRZ」

ゼンティス大阪 レストラン

1階の大きな階段を上がった先にあるのがダイニング、その名も「UPSTAIRZ(アップステアーズ)」。東京・中目黒にあるミシュラン一つ星「CRAFTALE(クラフタル)」のエグゼクティブシェフ・大土橋真也(おおつちはし しんや)氏が料理を監修しています。店名には、大阪の食文化を敬い大切に、一段上(UPSTAIRS)の洗練された食の空間を目指すというシェフの思いも込められています。

 

ゼンティス大阪 ダイニング
ゼンティス大阪 ラウンジ
ゼンティス大阪 バー

「UPSTAIRZ(アップステアーズ)」はひとつの店舗でありながら、朝食からディナーまで楽しめるオールデイダイニング、アフタヌーンティーからカクテルまで楽しめるバーとラウンジ、3つのエリアで展開されています。時間帯によって違った表情を楽しめ、1日中いろいろな使い方ができるのも魅力です。

 

Scene1:昼下がりはラウンジでアフタヌーンティー

ゼンティス大阪 アフタヌーンティー

日中、バー&ラウンジで楽しめるのが、旬のフルーツをはじめ、プティデザート、セイボリーがそろうアフタヌーンティー。女性を中心に注目を集めています。色とりどりの美しいスイーツとラウンジの窓の外に広がる緑が、優雅なひとときを演出してくれます。

 

Scene2:ディナーはダイニングでコース料理に舌鼓

ゼンティス大阪 ダイニング
ゼンティス大阪 ディナー
ゼンティス大阪 ディナー

ディナーは、オープンキッチンのダイニングで大土橋シェフ自慢の料理を。アラカルトもありますが、コースでオリジナリティあふれる料理の数々を堪能するのがおすすめです。シェフは鹿児島の出身で、鹿児島や奄美の食材をふんだんに使用しているのが特徴。大阪ではなかなかお目にかかれない魚や南国のフルーツなども味わえます。

 

Scene3:バーのカウンター席でとっておきの一杯を

ゼンティス大阪 バー
※撮影時のみマスクをはずしています

ディナー後は隣のバーエリアに移動して、オリジナルカクテルで贅沢な時間を堪能。バーテンダーのユニフォームが白衣なのは、カクテル=調合して新しいものを生み出す研究のイメージからなのだそう。バーカウンターの上に並ぶたくさんのボトルや、隣のダイニングから届くフルーツやハーブなどを使って、ここでしか味わえないとっておきの一杯を生み出してくれます。

 

ゼンティス大阪 バー

この日作ってもらったのは、川が近く、緑に囲まれたこのホテルのロケーションをイメージした「リバーサイドガーデン」。シソの葉をつぶして香りを出し、ジン、エルダーフラワーリキュール、レモンジュース、最後にタイムの葉を添えて。シソが香る、とても爽やかなお味でした。

 

Scene4:朝食はテラス席で

ゼンティス大阪 朝食

お天気がいい日は、テラス席で優雅な朝食を。朝食のメニューは、7種のプチ・プレートと季節のスープ、牛出汁巻き、特製クロワッサン、ドリンクのセットで、いろいろな料理を少しずつ楽しむ贅沢を味わえます。

 

ゼンティス大阪 朝食

7種のプチ・プレートの内容は日替わりで、この日は、自家製コロッケやメロンと生ハムのカプレーゼ、牛ほほ肉のハッシュドビーフ、ホワイトアスパラのサラダなどが。朝食も「薩摩甘照(さつまあまてらす)」トマトやパッションフルーツなど、シェフの故郷・鹿児島の食材が使われています。

 

ゼンティス大阪 朝食
ゼンティス大阪 朝食
ゼンティス大阪 朝食

牛出汁巻きには、兵庫の「日本一こだわり卵」を使用。栄養価たっぷりの天然のエサを食べ、天然水を飲んで育ったニワトリから採れた卵は、濃厚で絶品。フレッシュジュースは果肉感たっぷり。店内で焼き上げたクロワッサンはサクッ&もちっの幸せなハーモニーを奏でます。

なお、朝食付きプランに付いているのは洋食のセットですが、追加料金で和食のセットに変更することもできます。

UPSTAIRZ Lounge, Bar, Restaurant

朝食
7:00~10:00
カフェ
10:00~24:00(L.O.22:00)
ランチ
11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー
17:30~23:00(L.O.22:00)
バー
14:00~24:00(L.O.23:30)

※2021年9月現在、20:00閉店(フード・ドリンクともL.O.19:00、ディナーのコース料理は18:00最終入店)に営業時間を短縮しています

 


とにかく、目に入るインテリアすべてがおしゃれで洗練されていて、でもなぜかまったりと落ち着く「Zentis Osaka」。ゲストラウンジでふだんは手に取らないインテリア雑誌をめくってみたり、客室から大阪の夜景をぼーっと眺めたり、上質なベッドでぐっすり眠り、テラスでカラフルな朝食を堪能してみたり、最高の非日常体験ができた1泊2日でした。

次回は、できるだけ荷物を減らして、「Room 001」で洗濯をして、暮らすように長期滞在したり、PCを持ち込んでワーケーションをしたり、友だちとステイケーションを楽しむのよさそう…なんて、早くも次のステイも楽しみに。ビジネスでもレジャーでも、「Zentis Osaka」で上質なものに囲まれたリラックスステイを体験してみませんか?

 

住所
大阪府大阪市北区堂島浜1-4-26
アクセス
JR「北新地」駅より徒歩約4分
阪神「大阪梅田」駅より徒歩約6分
大阪メトロ四つ橋線「肥後橋」駅より徒歩約7分
駐車場
なし(近隣に提携駐車場あり)
チェックイン
15:00(最終チェックイン24:00)
チェックアウト
12:00
宿泊予約
楽天トラベル「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」

 

「楽天トラベル」では、毎月5と0のつく日に「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」を予約すると、宿泊料金が5%OFFになるキャンペーンを実施中です。お得に泊まれるこの機会をお見逃しなく!

 

撮影:福羅広幸  取材・文:水谷映美

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

また、自治体によって自粛要請がされている場合があります。あらかじめ公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。