旅の楽しみ方

初心者におすすめ!トレッキングinハワイ ダイヤモンドヘッド編

提供:Koi Koi Hawaii

海や山が美しい島、ハワイ。滞在中ビーチやショッピングに行かれる方は多いと思いますが、一度はトレッキングを体験してハワイの大自然を身近に感じてみてはいかがでしょうか。

今回は、初めての方でも無理なく楽しめる「ダイヤモンドヘッド」のトレッキングコースをご紹介します!

オアフ島のシンボルから絶景を望む「ダイヤモンドヘッド」!

ダイヤモンドヘッドは噴火によって形成された標高約232メートルの山。ホノルルを訪れれば必ず誰もが目にする壮大なランドマークです。

ワイキキから見るダイヤモンドヘッドが美しいのはもちろんのこと、その頂上から望むワイキキの海や街の景色も素晴らしいもの。片道約1.1キロメートルのハイキングコースがあり、比較的簡単に登れるので初心者にもおすすめです!

ダイヤモンドヘッドまでのアクセス

ダイヤモンドヘッド

まずは、ダイヤモンドヘッドへの主なアクセス方法をご案内します。

バス(お得に行きたい方におすすめ)

アクセス
ホノルル・クヒオ通りの海側(東方面行き)にあるバス停から2番、もしくは23番の「ザ・バス」に乗車。最寄のバス停(Kapiolani Community College・2番/Diamond Head Rd+ Opp 18th Ave・23番)で降車。
登山口の料金所までは徒歩約15分。
料金
片道$2.75
1日パス$5.50
乗車時間
約20分

トロリー、タクシー、レンタカーなど(すぐに登山を始めたい方におすすめ)

■トロリー■
 
アクセス
ワイキキトロリー(グリーンライン)を利用。
ダイヤモンドヘッド州立記念公園内の駐車場付近にある停留所(ダイヤモンドヘッド・クレーター・内側)で降車。登山道入口近くまで行くため、すぐに登山を始められます。
料金
1日券大人$25.00、子ども$15.00
■タクシー/Lyft/Uber■
 
料金
ホノルルより$15.00前後
■レンタカー
 
アクセス
ダイヤモンドヘッド州立記念公園内の駐車場($5.00)を利用。
※時間帯により満車の場合がございます。
ダイヤモンドヘッド料金所

料金所で入山料$1.00を支払うとチケットがもらえます。左側が歩行者、右側が車専用の入り口です。支払いは現金のみなのでご注意ください。

ダイヤモンドヘッド パイナップルジュース

駐車場にはフードトラックも停まっていて、軽食やスムージーなどの購入ができます。ドールプランテーションのパイナップルを贅沢に使用したジュースが人気です! 登山前にこちらでエネルギーチャージをするのも良いですね。

ダイヤモンドヘッド インフォメーション

インフォメーション付近からトレイルスタートとなり、その近くにはビジターセンターや自動販売機、お手洗いがあります。お手洗いはこの先にはないため事前に済ませておきましょう。それでは、早速トレッキングコースをレポートします!

片道約1.1キロメートル!頂上を目指してトレッキング開始

ダイヤモンドヘッド トレッキング

まずは平坦な歩道からスタート。最初の10分ほどはコンクリートで舗装されている道が続きスムーズに歩けます。

ダイヤモンドヘッド トレッキング

徐々に山道になりトレッキングらしくなってきます。しばらく進むと70段ほどの階段へ。比較的緩やかな階段ですが、スペースが少し狭いのでゆっくり登りましょう。

ダイヤモンドヘッド トレッキング

階段を登りきると50メートルほどの短いトンネルに入ります。出口の光を目指して進みましょう! 天井が低いので気をつけてくださいね。

ダイヤモンドヘッド トレッキング

頂上前ラストスパートに99段ある階段が登場。こちらには少し驚かれるかもしれませんが、そこを乗り越えるとついにダイヤモンドヘッド頂上! 迫力満点の眺めが待っています。

階段に自信のない方は左側に緩やかな坂道の迂回路もありますのでご安心ください。

ダイヤモンドヘッド 山頂からの眺め

ついに頂上に到着! ダイヤモンドヘッドの展望台は視界360度。カピオラニ公園やワイキキの高層ビル群を一望できます。ガイドブックやSNSなどでおなじみの風景ですが、実際に目にするとその美しさは格別で思わず声が出てしまいます。ぜひ朝の気持ちの良い時間に登って、頂上からの眺望をお楽しみください。

ダイヤモンドヘッド・トレイル

住所
Diamond Head State Monument, Honolulu, HI 96815
開園時間
6:00~18:00 ※最終入場は16:30
入園料
$1.00 (車1台につき$5.00)

今回はハワイでのトレッキングが初めての方にも楽しんで頂ける「ダイヤモンドヘッド」をご紹介しました。気軽に楽しめるとは言え、動きやすい服装と歩きやすいスニーカーで登ることをおすすめします。また、ハワイは日差しが強く、トレッキングコースにはほとんど日陰がないため、日焼け対策や水分補給は欠かせません。日焼け止めをしっかり塗り、帽子やサングラスを持って行くことも忘れないでくださいね!

トップヘ