旅の楽しみ方

東京湾に浮かぶ豪華絢爛な徳川の巨船 御座船 安宅丸のクルージング乗ってみた

豪華な和船の東京湾クルージングの実態はマグロのディナーや船内ライブショーも楽しめる船上のエンターテインメント空間だった!

豪華な和船の東京湾クルージングの実態はマグロのディナーや船内ライブショーも楽しめる船上のエンターテインメント空間だった!

こんにちは。楽天トラベルスタッフ、旅行大好きなツユコです。ツユコ
今回は東京湾クルージング、豪華な御座船乗ってみた編です!
東京湾には水上バスや屋形船など船上から東京を楽しむコースも人気です。
その中でひときわ目を引く船である「徳川の巨船 御座船 安宅丸」を今回はご紹介いたします!
劇団四季出身の方々のパフォーマンスも楽しみにしてました!
※ご紹介する内容は個人的な思いもありますのでご参考程度にしていただけたらと思います。

御座船

東京観光にも!宴会やデートにも!船上のエンターテイメント空間
徳川の豪華巨船 御座船安宅丸で東京湾クルーズ!

利用した船
徳川家の巨船~御座船安宅丸 東京湾クルーズ
利用したコース名
ディナークルーズプラン<マグロと肉のいいとこどりコース/ナイトクルーズ>
利用した日
2月19日(火)19:35発
出発地
日の出桟橋

出港は日の出桟橋から

1: いざ乗船!どんな人が乗ってるの??

船は日の出桟橋から出港します。
JR浜松町駅からは南口を出て徒歩約10分。 ゆりかもめだと日の出駅を出てすぐのところにあります。
待合室に着くと、乗船を待つ参加者の人たちがいました。

他の参加者は外国人観光客や、仕事終わりで利用する6人グループの方や団体のお客様がいました。

ターミナル待合室外観
御座船の看板が目印です

出航時間10分前に乗船案内アナウンスが流れました。

船!
ギラギラしてますね、バブリーなにおいがしますね。そして思っていたより大きい。

御座船外観
想像していたより大きい船です!

御座船横
おお、近くで見るとギラギラしてますね

御座船乗船
いざ!乗船!!!

船へ入るとその場で予約確認です。
おお、これが噂のお持て成し役者さんたち。
さっそく異空間へ入り込んだ感じになります!

席は全席指定席になっていますので、クルーに案内されて自分の席へ着きました。

受付
予約名を伝えて案内してもらいます

ツユコメ

日の出桟橋にはほかの船の待合室もあるから要チェック!!

外観だけでなく内装もすごい!

2: 豪華な船内やコース内容をご紹介!

乗船すると、自分の席へ案内される間に注目ポイント多し!!!
キョロキョロしちゃいます!いえ、いいんです!じっくり見てみましょう!

踊り場階段がありますがその背後
豪華客船のような内装!

日本の障子を思わせるデザイン!
船の中とは思えない細かい装飾

外観だけでなく、内装にも豪華な和の装飾が施されています。ここが船内であるということを忘れてしまいそうな細部にまでこだわった装飾!
内装はあのJR九州の「ななつ星in九州」の車両デザインを手がけた水戸岡氏監修なのでじっくり見てみましょう。

三戸岡氏デザイン
右端の水戸岡さんのサインもチェック!

入口には当日のお持て成し役者の方のお名前が!
そしてステージ横のカエルのオブジェ・・・動きそうな気配がします・・・

バーカウンター
おお、バーカウンターがついてます

オブジェのカエル
ステージ横のカエル。怪しい。動く?
ステージ
席にはすでにお料理が!
御座船のルート
ゲートブリッジを通るルートは珍しい!

【コースの内容】所要時間約120分
19:15 乗船開始
19:35  出航
19:45  オープニングパフォーマンス(約5分)&乾杯

食事タイム

20:25頃 東京ゲートブリッジ通過
20:40  お持て成し役者 WAGAKUの催し物
21:15  帰港
21:30頃 新橋行き送迎バス出発

ツユコメ

最後は無料シャトルバスで新橋駅へ!ラクですね

外の景色を楽しみながら食事開始!

3: まずは乾杯からのお料理登場!

テーブルにはすでにお料理が置かれており、1ドリンクオーダーをします。
コース料理になっているので、次々に食事が席に運ばれてきました。後半はショーを満喫する時間なので今はお食事を堪能しましょう!(でも東京湾夜景もチラリ)

最後にマグロのお寿司が出てきました!美味!

徳川紋章と夜景
徳川家紋とレインボーブリッジ!

食事①
添えられてある貝で身をほぐします

食事②
次々にお料理が運ばれてきます

飲み物が運ばれてまもなくオープニングパフォーマンスが始まりました!
わくわく!気分が高まります!いいですねぇこういうの大好きです!

オープニングパフォーマンス
出港してオープニングショーが始まりました
乾杯
一人一人に乾杯しに来てくれます!

パフォーマンスが終了すると、お持て成し役者さんがテーブルを回って乾杯してくれます!はい、テンション上がります!
ステージでは役者さんと記念写真が撮れます!

記念写真
ぜひ、役者さんたちと記念撮影を!

ツユコメ

乾杯の瞬間って楽しいですね。しばしご歓談タイムでお食事を堪能!

御座船ならではの必見ポイント!

4: 東京湾夜景を船上から楽しめる!

この日はあいにくの雨でしたが、そろそろゲートブリッジが近づいてきたようなので外に出てみました!

おお、すでにゲートブリッジが近くに!
こんな近くで見ることあまりないですね、 他のクルージングでもゲートブリッジの下をくぐるコースは少ないかと思います。

ゲートブリッジ
おお、ゲートブリッジ近い!

ここから見る東京の夜景がとてもキレイでした!
お気づきだろうか・・・そう言って東京の夜景を撮らずに工場夜景のほうを撮っていました・・・・

工場夜景
一応東京タワーが写ってます!

このコースのすごいところが、羽田空港滑走路の延長線のところを通過するところです!

つまり上空には着陸や離陸する飛行機を見ることができます!
この日も着陸する飛行機が頭上を飛んでいたのですが、 雲で翼のライトしか見れず・・・・
がしかし近くを飛んでいたことは音で体感できました!

幌
近くに飛行機の音が!きっと大迫力!
ゲートブリッジ
これは船に乗ってないと撮れない構図!

ゲートブリッジを間近に見れる絶景ポイントです!

お持て成しの役者さんたちも外に出てきますので 夜景と一緒に記念撮影をすることもできます!

夏はなんと船上ビアガーデンになるようです!

甲板横
ゲートブリッジで折り返します

ツユコメ

ゲートブリッジを近くに見ることができるのもこのクルージングの醍醐味!

いよいよクルージングもフィナーレです

5: これが船上エンターテインメント!LIVEショー!

船内に戻って間もなくして、ショー開始のアナウンスがありました。

照明が変わり、さっきまで接客をしてくれていたお持て成し役者の方々がon theステージに!!!

さっきのカエルが喋った!動いた!

ステージイベント
船内に戻ってIt's a SHOW time!!
ライブパフォーマンス
ちらっと天井の装飾もすごい!

おお!歌いました!生歌です!
さすが劇団四季出身の方々!

船上でショーが楽しめるとは驚きです!(実はツユコは劇団四季観劇歴約15年です)

ステージショー
船内のステージなので間近で楽しめます
参加型ライブパフォーマンス
お客さんも参加で「いやさかじゃ~!」

生歌と乗客参加型のパフォーマンスで船内に溢れる一体感!

心満たされるLIVEパフォーマンスが仕事終わりで体感でき、「あれ、さっきまで仕事してたっけな」と思わせてくれるレベル!
お持て成し役者の方は日によって違うようなので次回乗船するとまた違った雰囲気になるようです!

ツユコメ

みんなで最後に三三七拍子!久しぶりすぎて間違えた!

終わってしまって現実世界に・・・

6:シャトルバスで帰路へ

シャトルバス
ありがたい!帰りはバスです!

21:15 予定通り船は日の出桟橋へ帰港しました。 ターミナルには送迎のバスが!

御座船ラッピングの豪華なバスです。 このバスで新橋まで送迎してもらえるので 帰りはラクラクですね。

バスに乗って約10分でJR新橋駅に到着しました。 いやー楽しかった。

新橋
東京の日常の景色を撮ってみた

【おまけ】
船内でLINE友達登録をしてノベルティをGETしました!
だいたいこういうのってポストカードとかだよなぁと思ってたらビックリ!
結構いいものもらえます。
御座船デザインのペットボトルカバー・ポーチ・お箸・ストラップの中から1点チョイス!

ポーチをGETしました!

ノベルティ
迷ったけど、ポーチにしました!

あっという間の120分でした!
船上のエンターテインメント空間とても楽しかったです!

ゲートブリッジの下をくぐるクルージングはなかなかないので、いつもと違った角度から東京の夜景を楽しむことができました!

終わり

19:35出港なので仕事終わりの宴会や夜の東京観光アクティビティとしてもオススメです!
豪華できらびやかないかにも東京JAPANを体験できるクルージング。
夏には船上ビアガーデンも開催されるそうなので要チェック!

▼今回乗船したコースはこちら▼

徳川の和船 御座船 安宅丸 ディナークルーズプラン<マグロと肉のいいとこどりコース/ナイトクルーズ>

▼夕方出港のコース▼
※こちらのコースはゲートブリッジ下は通過しません

徳川の和船 御座船 安宅丸 サンセットクルーズプラン<マグロと肉のいいとこどりコース/サンセットクルーズ>

現地発着の観光バス

沖縄や関西エリアなど

観光バス特集
観光バスTOPページへ

観光バスツアーや高速バス

バスTOPページ

バスTOPへ
バスTOPページへ
トップヘ