旅の楽しみ方

【2020】東京駅の人気駅弁&弁当20選! 全国の定番、ユニークな弁当も

言わずと知れた日本の鉄道玄関口であり、日本一のターミナル駅である「東京駅」。

東京駅には日本各地の有名駅弁からここでしか味わえないお弁当まで数多く販売され、つい選ぶのに迷ってしまうことも。そこで今回は、東京駅の構内や周辺にある「駅弁屋 祭」「グランスタ」「大丸東京店」で購入できる、おすすめの人気弁当20選をご紹介します。

東京駅

駅弁200種類以上!駅構内「駅弁屋 祭」

日本最大級の品数を誇るのが、東京駅構内にある「駅弁屋 祭」。日本各地の駅弁が200種類以上そろい、ロングセラーの駅弁や期間限定駅弁のほか、出来立てを提供するライブキッチンもあります。

営業時間は5:30〜23:00まで。中央通路沿いにあるので、在来線から新幹線への乗り換え途中に購入することができます。ただし、種類が多く選ぶのにも迷ってしまうので、余裕を持って行くのがおすすめ。

新杵屋「牛肉どまん中」

牛肉どまん中

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

常に上位の人気を誇るのが、米沢名物「牛肉どまん中」。山形新幹線開業に合わせて開発された駅弁で、山形県産米「どまんなか」をふっくら炊き上げ、その上に特製の甘めのタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせています。柔らかいお肉は、ご飯との相性も抜群です。

商品名
牛肉どまん中
価格
1,250円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

日本ばし大増「東京弁当」

「東京弁当」

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

東京老舗8店の味を詰め合わせた東京駅限定の「東京弁当」もおさえておきたい一品。「浅草今半」の牛肉佃煮や「魚久」のキングサーモンの粕漬け、「すし玉青木」の玉子焼きなど、東京の老舗の味がたっぷり堪能できます。

どれから手をつけていいか迷うほど名だたる老舗味が詰まっているのでお値段以上の価値がありますよ。ちょっと贅沢したい気分の時に。

商品名
東京弁当
価格
1,850円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

新発田三新軒「えび千両ちらし」

えび千両ちらし

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

新潟の名物駅弁「えび千両ちらし」。「JR東日本 駅弁味の陣2017」では、ランキング1位の「駅弁大将軍」を受賞した、全国的にも人気の高い海鮮系の駅弁です。

蓋を開けると一面に卵焼きが敷かれ、その下には魚介系のネタが隠れています。インスタ映えするサプライズ系として人気ですが、惣菜などの味付けも上品です。

商品名
えび千両ちらし
価格
1,380円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

淡路屋「ひっぱりだこ飯」

ひっぱりだこ飯

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

1998年の販売開始から累計約1,200万個(2019年12月時点)を突破した、西明石駅等で販売されている名物駅弁「ひっぱりだこ飯」。たこつぼをイメージした陶器が特徴的で、中には真だこと穴子、季節の野菜が入っています。

素朴ながらも安定のおいしさで、根強いファンが多いのも頷けます。旅のお供だけでなく、お土産にもぴったりですね。

商品名
ひっぱりだこ飯
価格
1,080円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

こばやし「極撰 炭火焼き牛たん弁当」

極撰 炭火焼き牛たん弁当

写真提供:株式会社こばやし

仙台名物「牛たん」を楽しめる駅弁の中で人気の「極撰(ごくせん) 炭火焼き牛たん弁当」。人気の秘密は、アツアツ弁当を楽しめる加熱式容器。

牛たんは特製塩だれに漬け込んだ後で、旨味を引き出すために炭火で一枚一枚焼き上げられているそう。ご飯は牛たんに合う麦めし。温めなくとも柔らかいお肉なので、冷めた状態でも十分おいしくいただけるそうですよ。

商品名
極撰 炭火焼き牛たん弁当
価格
1,380円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

斎藤松月堂「平泉うにごはん」

平泉うにごはん

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

岩手県一関市からは、こちらの「平泉うにごはん」。駅弁屋 祭が販売する中でも人気の海鮮系駅弁です。

お弁当箱の中には、ゴールドに輝くたっぷりの「蒸しウニ」と「いくらの醤油漬け」「錦糸卵」が敷き詰められており、とても贅沢。小さめなので、女性でも食べやすいサイズ感です。ウニ好きの方、インスタ映えを狙う方にもおすすめ。

商品名
平泉うにごはん
価格
1,200円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

氏家待合所「氏家かきめし」

氏家かきめし

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

北海道・厚岸(あっけし)名物の、「氏家かきめし」。全国的にも珍しく1年を通じて牡蠣が出荷される、厚岸ならではの駅弁です。

牡蠣の煮汁とひじきでご飯を炊き上げ、牡蠣、つぶ貝、アサリなどの海の幸と、フキやシイタケなどの山の幸を盛り付けた一品です。甘めに炊き込んだご飯には旨味がしっかりと染み渡り、貝類やおかずとの味のハーモニーは抜群。

商品名
氏家かきめし
価格
1,080円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

大船軒「つまんでよし、食べてよし『酒肴弁当』」

つまんでよし、食べてよし「酒肴弁当」

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

駅弁と一緒にビール飲んじゃうよね、という酒飲みさんにおすすめなのが、「つまんでよし、食べてよし『酒肴(しゅこう)弁当』」。湘南鎌倉エリアの駅弁の老舗「大船軒」の駅弁です。

おつまみにぴったりのおかずが色々詰まっていて、ご飯もお寿司になっているので食べやすい。お酒を飲まない方でもおいしくいただけます。

商品名
つまんでよし、食べてよし「酒肴弁当」
価格
1,100円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

日本ばし大増「チキン弁当」

チキン弁当

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

チキン弁当は、1964年に発売が開始されたロングセラー商品です。

トマト風味のライスとから揚げがセットになっていて、家庭的な味でありながら子どもから大人まで幅広い世代に人気。昭和の古き良き洋食テイストなので、ノスタルジックな気分に浸りたい時にどうぞ。

商品名
チキン弁当
価格
900円
販売場所
JR東京駅改札内 駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

日本ばし大増「新幹線E7系弁当」

新幹線E7系弁当

写真提供:株式会社JR東日本フーズ

電車好きのお子さんをお持ちの方におすすめなのが、こちらの「新幹線E7系弁当」。北陸新幹線をイメージしたお弁当箱に、唐揚げやソーセージ、肉団子、マカロニサラダ、おにぎり、プチケーキなど、子どもたちに人気のメニューが入っています。

食べた後のパッケージは、お土産として家に持って帰って楽しむこともできますよ。

商品名
新幹線E7系弁当
価格
1,300円
販売場所
駅弁屋 祭(JR東京駅改札内 1F )

エキナカでおしゃれなお弁当なら「グランスタ」

東京駅の改札内で、最大のショッピングスポット「グランスタ」。全国の名産物を使った駅弁もいいのですが、店内の厨房で作られた出来立てのお弁当も魅力的。

「グランスタ」は改札内のB1Fから1Fにあり、列車の出発時刻まで少し余裕があるときには、お弁当のついでにお土産も買えてとても便利なんです。

築地 竹若「塩にぎり」

塩にぎり

写真提供:株式会社鉄道会館

市場で仕入れた新鮮なネタを使って、売場併設の厨房で作られる「築地 竹若」。マグロたっぷりの「上にぎり」もありますが、おすすめは夏季限定販売の「塩にぎり」。

新鮮な魚を使用した寿司を、藻塩とすだちでさっぱりと味わうことができます。醤油を使わないので、列車の中でも食べやすいですね。なお、1日100個限定で、販売時間は11:00〜17:00頃までとのこと。あっという間に売り切れてしまうので、見つけたらお早めにどうぞ!

商品名
塩にぎり
価格
1,550円
販売場所
築地 竹若 グランスタ店(JR東京駅改札内 B1F グランスタ)

※販売状況に関しては、店舗までお問い合わせをお願いいたします。

浅草今半「牛肉弁当」

牛肉弁当

写真提供:株式会社鉄道会館

創業1895年と明治生まれのすき焼の名店「浅草今半」。

定番の「牛肉弁当」は、秘伝の割り下で丁寧に仕上げた国産黒毛和牛がご飯の上にたっぷりとのっています。お店の奥にあるキッチンで次々にお弁当を作っているので、出来立てのお弁当をいただけるのもうれしい。老舗の名店の味を、ぜひ召し上がれ。

商品名
牛肉弁当
価格
1,295円
販売場所
浅草今半 グランスタ店(JR東京駅改札内 B1F グランスタ)

豆狸「グランスタ限定6種いなり詰合せ」

グランスタ限定6種いなり詰合せ

写真提供:株式会社鉄道会館

大阪に本店を構える「豆狸(まめだ)」は、いなりすしの専門店。一番人気は、「グランスタ限定6種いなり詰合せ」。

東京駅舎のレンガをイメージした焼き印入りのグランスタ限定「穴子いなり」をはじめ、豆狸・わさび・五目・焼き揚げ生姜・月替りの6種類のいなりすしの詰め合わせです。列車の中でも食べやすく、色々な味わいを楽しめて食べ飽きません。

商品名
グランスタ限定6種いなり詰合せ
価格
6個入 948円〜※「月替りいなり」により価格は変動します
販売場所
豆狸 グランスタ店(JR東京駅改札内 B1F グランスタ)

つきぢ松露「松露サンド」

松露サンド

写真提供:株式会社鉄道会館

築地にある、玉子焼専門店「つきぢ松露(しょうろ)」。秘伝のだしと新鮮な卵が決め手の厚焼き玉子をそのままに楽しめる、「松露サンド」は一度味わって欲しい一品です。

しっとりもちもち食感のパンとの間に塗ったマヨネーズの酸味が、玉子焼のおいしさを引き立てています。

商品名
松露サンド
価格
648円
販売場所
つきぢ松露 グランスタ店(JR東京駅改札内 B1F グランスタ)

マンゴツリーキッチン“ガパオ” 「鶏の唐揚げガパオ」

鶏の唐揚げガパオ

写真提供:株式会社鉄道会館

タイ・バンコクに本店を構えるタイ料理レストラン「マンゴーツリー」。そのテイクアウト&イートイン店舗である「マンゴツリーキッチン」ではガパオをテイクアウトすることができます。

おすすめの「鶏の唐揚げガパオ」は、唐揚げした鶏を特製ガパオソースで味付けしたスパイシーでボリューム感あるお弁当です。エスニック好きならば駅弁がわりにガパオの選択肢もいいですね。

商品名
鶏の唐揚げガパオ
価格
900円
販売場所
マンゴツリーキッチン“ガパオ” グランスタ(JR東京駅改札内 B1F グランスタ)

グルメが充実!八重洲北口直結「大丸東京店」

JR東京駅八重洲地下中央口から徒歩約1分の、「大丸東京店」。B1Fにある弁当売り場「大丸東京店ほっぺタウン」は全55ブランドと日本随一の規模の食品売り場を誇り、お弁当やスイーツの名店がずらりと集結しています。

贅沢なお弁当が豊富なので、わざわざ改札外に出て買にいく価値があること間違いなし!

ミート矢澤「ハンバーグ弁当」

ハンバーグ弁当

写真提供:大丸東京店

行列で有名な、五反田に本店を置くステーキ・ハンバーグ専門店「ミート矢澤」のお弁当屋さん。黒毛和牛100%使用の「ハンバーグ弁当」は1,800円とお弁当としては高級ですが、肉質の良さは折り紙つき。

注文してからハンバーグを焼いてくれるので、アツアツで持ち帰ることができます。事前にホームページからWEB予約決済すれば待たずに購入することも可能。肉汁たっぷりのハンバーグを、贅沢に楽しんでみては?

商品名
ハンバーグ弁当
価格
1,800円
販売場所
ミート矢澤&ブラッカウズ 大丸 東京 テイクアウトステーション(JR東京駅八重洲北口直結 大丸東京店 B1F )

創作鮨処 タキモト「贅沢ミルフィーユ」

贅沢ミルフィーユ

写真提供:大丸東京店

海鮮系ではずせないのが、「創作鮨処 タキモト」の「贅沢ミルフィーユ」。テレビや雑誌でもよく紹介されるなど、大人気のインスタ映え海鮮弁当です。

10種類もの海の幸をミルフィーユ状にして、ギュッと詰めこんだ贅沢な仕上がり。まるで宝石箱のようなお寿司は、お好みに合わせてさまざまな味わいを楽しめます。ごはんの量だけを2/3に減らした「ドリーム プリティミルフィーユ」(1,490円)は女性や子どもにも大人気。

商品名
贅沢ミルフィーユ
価格
1,728円
販売場所
創作鮨処 タキモト(JR東京駅八重洲北口直結 大丸東京店 B1F )

穴子寿司 平島「とろける一口穴子にぎり」

とろける一口穴子にぎり

写真提供:大丸東京店

水揚げ量日本一と言われる、長崎県対馬産の穴子を使った穴子寿司弁当です。しっかりと甘味のあるタレで煮込まれており、ふっくらした食感にまさしく舌の上でとろける味わい。

関東ではここでしか味わえないという、レア感もいいですよね。一口サイズなのでとても食べやすく、旅のお供にもぴったりです。

商品名
とろける一口穴子にぎり
価格
980円
販売場所
穴子寿司 平島(JR東京駅八重洲北口直結 大丸東京店 B1F )

なだ万厨房「幕の内弁当 琴」

幕の内弁当 琴

写真提供:大丸東京店

老舗日本料理屋「なだ万」のお弁当部門である、「なだ万厨房」。こちらでお手頃で満足感が高いのが、季節の食材に合わせてメニューが変わる「幕の内弁当 琴」。

8つに区切られた仕切りの中に、一つ一つ手の込んだおかずが散りばめられています。色々な料理を少しずつ楽しみたい方は、ぜひ選んでみてください。一品ごとにしっかりと上品な味付けで、染み入るようなおいしさです。

商品名
幕の内弁当 琴
価格
1,350円
販売場所
なだ万厨房(JR東京駅八重洲北口直結 大丸東京店 B1F )

イーション「豆腐バーグの野菜たっぷり重」

豆腐バーグの野菜たっぷり重

写真提供:大丸東京店

ヘルシーで女性に大人気なのが、「イーション」の「豆腐バーグの野菜たっぷり重」。大きめにカットされた、たくさんの彩り豊かな野菜と越後産大豆を使った豆腐ハンバーグなどが入り、これ一品で28品目もの食材を摂れるのがうれしい。

健康には気を遣いつつもしっかりと食べたい方は、コスパ良く満足感もあるこちらを選んで。

商品名
豆腐バーグの野菜たっぷり重
価格
699円
販売場所
イーション(JR東京駅八重洲北口直結 大丸東京店 B1F )

いかがでしたか?日本各地の有名駅弁から、出来立てのお弁当、そしてちょっと贅沢弁当まで、選択肢は限りなく広がります。

圧倒的な品揃えを楽しみながら「駅弁屋 祭」で購入するもよし、乗り換えにサクッとエキナカの「グランスタ」で購入するもよし、改札外の「大丸東京店」でゆったり選ぶもよし、お弁当目的に訪れるというのもありですね。ぜひ東京駅で、色々なお弁当を楽しんでみてください!

東京駅の駅弁・弁当マップ

取材・文/福田美佐子

トップヘ