旅の楽しみ方

海遊館に日本一低い山!? 子連れ大阪観光に外せない!1日遊べる天保山エリア

大阪観光でどこへ行こう? 子供が喜ぶレジャーも、大阪ならではのグルメも、1カ所でまとめて楽しめちゃう「天保山ハーバービレッジ」をご紹介します。

大阪観光でどこへ行こう? 子供が喜ぶレジャーも、大阪ならではのグルメも、1カ所でまとめて楽しめちゃう「天保山ハーバービレッジ」をご紹介します。

大阪で話題のスポットといえば、大人も子供も大興奮のアトラクションがいっぱいのUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™)! USJ目当てで1泊2日の大阪観光を予定しているファミリーは多いのではないでしょうか。
でも、2日目はどこへ行こう?と考えた時、子連れの場合は何カ所もまわるのは厳しいし、コレといった場所が思い浮かばない…なんて人もいるのでは。

実は、子供が大喜びのレジャーも、大阪ならではのグルメも、1カ所でまとめて楽しめちゃうスポットがあることをご存知ですか? その場所とは、ズバリ「天保山ハーバービレッジ」。家族で一日中楽しめる、天保山ハーバービレッジのおすすめスポットをご紹介します。

レジャーもグルメもなんでも揃う!「天保山ハーバービレッジ」

天保山ハーバービレッジ
撮影/筆者

天保山ハーバービレッジは、大阪市港区にある観光スポット。電車の場合は新大阪駅から約25分、車なら梅田から40分弱の場所にあり、USJからはシャトル船「キャプテンライン」も出ています。世界最大級の水族館「海遊館」を筆頭に、大型ショッピングモール「天保山マーケットプレース」や世界最大級の観覧車「天保山大観覧車」など、見どころ満載な話題のスポットです。

海遊館内、及びエントランスビル内には、授乳室が2カ所、粉ミルク用ポット1台、おむつ替えシートが8シート完備されています。また、天保山マーケットプレース内にも授乳室が1カ所、ベビーベッド(おむつ交換台)が5カ所にあり、小さな赤ちゃん連れでも安心して一日過ごせます。

それでは、気になるスポットを順にまわっていきましょう!

シースルーゴンドラでドキドキ!大阪港が一望できる「天保山大観覧車」

天保山のシンボルタワーでもある「天保山大観覧車」
撮影/筆者

まずは、天保山のシンボルタワーでもある天保山大観覧車へGo!
全部で60台あるゴンドラのうち、8台がシースルーゴンドラ。この日は朝一番に向かったため、一般のゴンドラは待ち時間なし、シースルーの方は待ち時間10分ほどでした。ゴンドラ内にはベビーカーを持ち込めるので、折り畳んで準備しておきましょう。

天保山大観覧車のシースルーゴンドラに搭乗
撮影/筆者

10分ほど待って、いよいよシースルーゴンドラに乗り込みます。こちらがゴンドラ内です。本当にスケスケ!

天保山大観覧車シースルーゴンドラ。本当にスケスケ
撮影/筆者

どんどんと地面が遠ざかっていきます。高所恐怖症の人はちょっと怖いかも…。筆者の娘たちも「怖い!」とキャーキャー騒いでおりました。

天保山大観覧車のゴンドラ内からの眺めは絶景
撮影/筆者

東は生駒山系、西は明石海峡大橋、南は関西国際空港、北は六甲山系まで、ぐるりと一望できるゴンドラ内からの眺めは絶景です。一周約15分、贅沢な空中散歩をご堪能あれ。

天保山 大観覧車

場所
天保山マーケットプレース3階
料金
800円(3歳以上有料)
営業時間
10:00~22:00 ※チケット販売は21:30まで
休業日
海遊館の休館日に準ずる

一面ブルーの世界に癒やされる!世界最大級の水族館「海遊館」

世界最大級の水族館「海遊館」
撮影/筆者

いよいよお待ちかねの海遊館! コミカルな生き物たちのイラストが印象的な建物前の広場では、定期的にストリートパフォーマンスが行われていて、常に賑わうスポットです。

車イス、ベビーカー優先のエレベーターや便利なコインロッカーもある
撮影/筆者

入口横に車イスやベビーカー優先のエレベーターがあり、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま入館できます。館内には一部、階段やエスカレーターのエリアがありますが、近くのスタッフに声をかけるとエレベーターまで案内してもらえますよ。ただし、エレベーターで移動する場合、一部の水槽を見逃してしまうことも…。
また、混雑時はベビーカーでは入れないことがあるので、その場合は3階サービスカウンターでベビーカーを預けてからまわりましょう。手荷物が多い場合は、コインロッカーを活用すると◎。

海遊館の「魚のとおりぬけ・アクアゲート」
撮影/筆者

入ってまず目を引くのが、「魚のとおりぬけ・アクアゲート」! 透明の海底トンネルの中に足を踏み入れると、一面が綺麗なブルーの世界です。右を見ても左を見ても上を見ても、かわいい魚たちに出会えます。
アクアゲートを抜けると、キュートなコツメカワウソが見られる「日本の森」、カリフォルニアアシカやゴマフアザラシが住む「モンタレー湾」、ペンギンたちの生体が垣間見える「南極大陸」など、世界各地の生き物たちに大興奮!

海遊館といえば「ジンベエザメ」
撮影/筆者

そして、海遊館といえば「ジンベエザメ」。大きな体で広い「太平洋」の水槽内を雄大に泳ぐ姿に、皆釘付けです。

海遊館の水槽の中の魚たちを眺めることができるスポットも
撮影/筆者

椅子に座ってゆっくりのんびりと水槽の中の魚たちを眺めることができるスポットも。思わず、時間が経つのも忘れて長居してしまいそうでした。

企画展示「ぎゅぎゅっとキュート」
撮影/筆者

企画展示も充実したラインナップ。「ぎゅぎゅっとキュート」では、カクレクマノミを見つけて大喜びしたり…

「顔カメラ」で人面魚になって写真が撮れる
撮影/筆者

ユニークな顔の魚たちが大集合する「顔博」では、「顔カメラ」で人面魚になって写真が撮れる&その写真を自分のスマホにダウンロードできるというサービスも。(写真左)
こちらは常設展示ですが、クラゲたちが大集合する「海月銀河」も神秘的でした。(写真右)

4階にある「新体感エリア」は、生き物たちとの距離が近く、まさに「生き物の世界を体感」できる子供連れにピッタリのスポット!

手が届きそうな距離にペンギンが
撮影/筆者

仕切りが大人の胸の高さまでしかないから、ペンギンに手が届きそう!

室内型のふれあい体験水槽ではサメとエイに直接タッチ
撮影/筆者

室内型のふれあい体験水槽では、なんとサメとエイに直接タッチできちゃいます。

サメにタッチしてみるとまさに鮫肌でした
撮影/筆者

サメに触るなんて、初体験! ちょっとザラッとしていて、まさに「鮫肌」でした(笑)。

入口から出口まで内容盛りだくさん!な海遊館。
館内をすべて見てまわるには、大人がゆっくり歩いて1時間半~2時間くらいが目安だそうですが、子供連れだと思うように進まないこともありますよね。途中で「お腹空いた!」なんてグズり始めることも。
そんなときは、「再入館システム」を利用しましょう。出口近くにあるサービスカウンターでスタッフの人に言えば、再入館スタンプを押してもらえます。子どもが寝てしまったときも、一度退館してパパやママも休憩し、お昼寝後にもう一度ゆっくり館内を巡ることができますよ。

海遊館

住所
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
入館料
大人(高校生・16歳以上)2,300円/子ども(小・中学生)1,200円/幼児(4歳以上)600円/シニア(60歳以上)2,000円※要証明書
営業時間
10:00~20:00(最終入館は閉館時間の1時間前まで)※時期により変動あり
休業日
2018年内はなし

大阪名物を一度に堪能!「なにわ食いしんぼ横丁」

大阪に来たからには、大阪名物と言われるグルメを堪能したい! そんなときは、天保山マーケットプレース2階にある「なにわ食いしんぼ横丁」へ。

大阪グルメが集まる天保山マーケットプレースにある「なにわ食いしんぼ横丁」
撮影/筆者

昭和40年前後の「元気な大阪」がテーマになっていて、大阪の下町が再現されています。なぜか落ち着く、レトロな雰囲気。

なにわ食いしんぼ横丁内の光で映し出された水路には海遊館のジンベエザメが泳いでいた
撮影/筆者

なにわ食いしんぼ横丁内には、光で映し出された水路も。海遊館のジンベエザメも泳いでいました!

串カツ、たこ焼き、いか焼き、お好み焼など大阪グルメがいっぱい
撮影/筆者

そして何より、大阪のうまいもんが勢揃い! 串カツにたこ焼き、いか焼き、お好み焼などなど、有名店が軒を連ねます。

自由軒の「名物カレー」
撮影/筆者

迷いに迷って選んだのが、「自由軒」の「名物カレー」(780円・税抜)。生卵とウスターソースを混ぜて食べるという、関西人以外にとっては新感覚のカレーです。

店内でももちろん食べられますが、子供が一緒だとちょっと落ち着かないので、「名物カレー」と「お子様セット」(780円・税抜)をテイクアウトにしてもらって、海が見える休憩スポットでランチをすることに。

なにわ食いしんぼ横丁は全店舗でテイクアウトOK
撮影/筆者

なにわ食いしんぼ横丁は、全店舗でテイクアウトOK。横丁内にはたくさんのベンチがあり、隣接するフードコートスペースも広々しているので、ファミリーの場合はテイクアウトしてゆっくり食べるのがおすすめです。

自由軒

場所
天保山マーケットプレース2階「なにわ食いしんぼ横丁」内
席数
36席
※テイクアウトOK、キッズメニューあり

そして、大阪に来たら外せないのがたこ焼き!

たこ焼き屋「会津屋」
撮影/筆者

創業昭和18年という老舗たこ焼き屋「会津屋」で、たこ焼きに肉・ネギ・こんにゃくが入った「元祖ラヂオ焼き」(12個入り/700円・税込)をオーダー。

老舗たこ焼き屋「会津屋」の「元祖ラヂオ焼き」
撮影/筆者

ダシがしっかり効いてるから、何もつけなくても抜群においしい! 思わずおかわりをしちゃいました。

会津屋

場所
天保山マーケットプレース2階「なにわ食いしんぼ横丁」内
席数
6席
※テイクアウトOK
「昆北」(こんぺい)
撮影/筆者

デザートは別腹…ということで、「昆北」(こんぺい)でプレミアム生クリームソフト「クレミア」を。

昆北定番の「クレミア」と「ショコラプレミアム」
撮影/筆者

ひやし飴味や昆布醤油味も気になりつつ、定番の「クレミア」(540円・税込)と「ショコラプレミアム」(650円・税込)をチョイス。どちらもコクがあって、でも上品な甘さで、子供たちにも大好評でした。

昆北

場所
天保山マーケットプレース2階「なにわ食いしんぼ横丁」内
席数
10席
※テイクアウトOK

かわいい動物たちとふれあえる!「天保山アニパ」

かわいい動物たちとふれあえる「天保山アニパ」
撮影/筆者

動物大好きな子供には、天保山アニパがおすすめ。
うさぎやモルモット、カピバラ、アルパカ、カンガルーたちに餌やりができるほか、とってもかわいい犬や猫たちと一緒に遊べる、動物好きにはたまらない施設なんです。

天保山アニパのふれあいゾーンには、うさぎやモルモットがいっぱい
撮影/筆者

ふれあいゾーンには、ふわふわのうさぎ&モルモットがいっぱい。おやつカプセル(100円・税込)を購入すると、小さく刻まれたにんじんを食べさせることができます。クシの先に刺したにんじんをパクリと食べる姿が可愛すぎる! もちろん、頭をなでなですることもできますよ。

天保山アニパのペットゾーンには様々な種類の犬と猫が
撮影/筆者

ペットゾーンには、様々な種類の犬&猫ちゃんが。どの子も人懐っこくて、たっぷりとなでなでさせてもらいましたよ。ベンチがあるので、ちょっと疲れたパパママの休憩スポットにもなっていました。

ジャングルゾーンではアルパカにおやつをあげられる
撮影/筆者

一番奥のジャングルゾーンでは、アルパカやカピバラ、カンガルーが自由にエリア内を歩きまわっていてビックリ。お腹を空かせたカピバラに、おやつカップ(300円・税込)に入っていた白菜(いつもは笹の葉だそうです)を近づけると、すぐに寄ってきてパクパク食べてくれました。ほかにも、フクロウやリクガメなど、普段あまりお目にかかれない動物たちにも出会えますよ!

天保山アニパ

場所
天保山マーケットプレース3階
入場料
中学生以上600円/小学生以下300円/3歳以下 無料/60歳以上300円
営業時間
11:00~19:30(最終入場19:00)
定休日
木曜日(祝日・春夏冬休み・GW中は営業)

友達への土産話に!日本一低い山!?「天保山」に登ろう

日本一低い山「天保山」は天保山公園にある
撮影/筆者

たっぷり一日満喫して、いざ帰路へ…とその前に、大阪旅行の土産話として、「日本一低い山」に登っておきませんか? 時間に余裕があれば、天保山マーケットプレースのすぐ隣にある「天保山公園」に向かいましょう。

天保山公園を案内板の通りに歩いてみると…
撮影/筆者

この公園のどこに山が?とキョロキョロしていると、左のような看板を発見。半信半疑のまま進んでいくと…ありました!

山頂4.53mの天保山
撮影/筆者

山頂4.53m。子どもの足でもラクラク登頂成功~! 所要時間約5分、ネタとしてピッタリの登山です(笑)。

天保山公園近くの商店街で登頂証明書がもらえる
撮影/筆者

ちなみに、天保山公園近くの商店街では、登頂証明書がもらえます。記念にぜひ1枚受け取って帰ってくださいね!

後日談ですが、よくよく調べてみると、2018年8月現在日本で一番低い山は宮城県の日和山(ひよりやま・標高3m)なのだそうです。どうやら2014年に王者の座を明け渡したのだとか…。
とはいえ、「日本で二番目に低い山」でも十分インパクトがありますし、海が見える絶景スポットであり、春には隠れたお花見の名所にもなっているそうなので、一度訪れてみてはいかがですか?

天保山公園

住所
大阪府大阪市港区築港3-2
入園料
無料

1日じゃまわりきれない!ほかにも気になる施設がいっぱい

このほかにも、カラフルなレゴ®の世界が思う存分楽しめる「レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪」もおすすめのスポットです。

レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪

迫力満点の大画面でレゴ®の工場見学ができる「レゴ®ファクトリーツアー」や、戦車に乗り込んで敵と戦い、プリンセスを助け出す「キングダムクエスト」など、レゴ®ブロックの楽しさを五感で感じられるアトラクションの数々に大興奮間違いなし!

レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪

場所
天保山マーケットプレース3階
入場料
3歳以上2,300円(大人・こども共通)
営業時間
【平日】10:00~19:00 【土日・祝】10:00~20:00
※最終入場は閉館時刻の2時間前
定休日
不定休(天保山マーケットプレースの休館日に準ずる)

「キャプテンライン」でUSJと天保山を行き来できる!

実は、USJと天保山は目と鼻の先の距離にあります。電車の場合は、ユニバーサルシティ駅から大阪港駅までJRと大阪メトロの乗り換え2回で、スムーズにいけばトータル20分ほどで到着です。

ですが、おすすめは船の旅!
「シャトルクルーザー キャプテンライン」は、ユニバーサルシティポートと海遊館西はとばまでを、片道約10分で結んでいます。しかも、大観覧車やホテルでの飲食割引などのお得な特典付で、海遊館の入館券とセットになった最大300円オフのジョイントチケットもあるので、お財布の紐を握るママは見逃せませんよ!

ユニバーサルシティポートと海遊館を結ぶシャトルクルーザー キャプテンライン
撮影/筆者

今回乗船したのは、ユニバーサルシティポート発のキャプテン・シルバー号。ほかにも、キャプテン・クック号、キャプテン・アンクル号があるそうです。

キャプテンラインはベビーカーのまま乗船OK
撮影/筆者

入口はスロープになっているので、ベビーカーのまま乗船OK。混雑していなければ、子供を乗せたまま船の旅を楽しめます。畳んで置いておく場合は、ストッパーを忘れずに。

キャプテン・シルバー号の1階はゆったりできるイス席
撮影/筆者

1階はゆったりできるイス席で、のんびりと海の様子を眺められます。

キャプテン・シルバー号の2階はオープンデッキ
撮影/筆者

2階はオープンデッキになっていて、潮風を感じながら「これぞ海の上!」という気分が味わえます。あっという間に、天保山の大観覧車が見えてきました。

USJ側のユニバーサルシティポートは、各ホテルから徒歩1~5分程度、海遊館側の海遊館西はとばは、「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」の目の前で海遊館まで徒歩約2分と、移動時間・距離ともにぐっと短縮できるので、特に小さな子連れにはありがたい限り。船内にはお手洗いもあり、急な「トイレ~!」という事態でも安心です。

シャトルクルーザー キャプテンライン

乗り場
ユニバーサルシティポート/海遊館西はとば
料金
大人(中学生または13歳以上)片道700円/往復1,300円、小人(小学生)片道400円/往復700円、幼児(4歳以上)片道300円/往復500円 ※1~3歳の幼児は大人1名につき1名無料
運休日
USJの休園日、または海遊館の休館日に準ずる

天保山、ユニバーサルシティなら宿泊施設も充実

さらに1泊したくなっちゃうほど、充実した施設がぎゅっと詰まった「天保山ハーバービレッジ」。USJとラクラク行き来できるので、ユニバーサルシティ周辺のホテル、もしくは天保山の中の唯一のホテル「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」に宿泊して、大阪をまるっと味わい尽くしちゃいましょう!

ホテルシーガルてんぽーざん大阪

ホテルシーガルてんぽーざん大阪

住所
大阪府大阪市港区海岸通1-5-15
アクセス
大阪市営地下鉄中央線「大阪港駅」から徒歩約5分
駐車場
あり(81台/1,500円・税抜)※14:00〜翌10:00まで

取材・撮影・文/水谷映美


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ

夏のテーマから探す

エリアから探す