旅の楽しみ方

サンシャイン水族館見学ガイド!子連れやデートにおすすめ

デートや子連れに人気の「サンシャイン水族館」。おすすめ見学コースや人気プログラムなどの見どころをご紹介!

デートや子連れに人気の「サンシャイン水族館」。おすすめ見学コースや人気プログラムなどの見どころをご紹介!

サンシャイン水族館ってどんなところ?

再開発が進み、東京都内の注目スポットとして人気を集めている東池袋界隈。「サンシャイン水族館」は、池袋・サンシャインシティ内のワールドインポートマートビル屋上にあります。

サンシャイン水族館

1978年に日本初の都市型高層水族館として開館。屋外エリアのマリンガーデン「天空の旅」では、サンシャイン60ビルを背景に泳ぐアシカや、青い空をはばたくように泳ぐペンギンが見られ、多くの来場者を楽しませています。

サンシャイン水族館へのアクセス

サンシャイン水族館

人気の秘密は、アクセスの良さにもあります。最寄り駅は東京メトロ有楽町線・東池袋駅で、駅直結。雨の日でも濡れずにアクセスできます。

ほかにもJR・東京メトロ・西武線・東武線が走る池袋駅からも徒歩約8分、そして都電荒川線・東池袋四丁目(サンシャイン前)停留場からも徒歩約4分でアクセスできます。

また、渋谷から池袋サンシャイン行きの都バスに乗れば、ビルの駐車場までダイレクトに行けて便利です。

混雑回避しながらサンシャイン水族館を楽しもう

サンシャイン水族館

限られた時間のおでかけは、効率よく回りたいもの。そこで今回は、サンシャイン水族館スタッフ直伝の「効率よく水族館を楽しむ方法」をご紹介します。

一番効率よく見学できる時間帯は、やはり平日の午前中。週末と比較するとこの時間帯は入場者が少なめなので、イベントの場所取りなどに時間を取られることなく、ゆっくり回ることができます。

チケットを購入して「天空の旅」へ

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館は「大海の旅(1階)」「水辺の旅(2階)」「天空の旅(屋外エリア マリンガーデン)」の3つのエリアに分かれています。

オープン時間の10:00にチケットを購入して館内へ入ると、屋内エリアと屋外エリアへ分かれる場所があります。スタッフのおすすめは、ここから屋外エリアに行き、まずは天空の旅から巡回するコースです。

サンシャイン水族館 天空の旅 「サンシャインアクアリング」

天空の旅は天空のオアシスと呼べる、ビルの屋上とは思えない開放感のある屋外スポット。地上約2.3mの高さに設置された透明のドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」では、アシカが泳ぐ様子を下から見上げることができます。

サンシャイン水族館 天空の旅 「天空のペンギン」水槽

子どもはもちろん、大人にも人気が高いのが「天空のペンギン」水槽で、まるでペンギンが都会の空を飛んでいるかのような、サンシャイン水族館ならではのペンギンの姿が楽しめます。

水中パフォーマンスを目指して大海の旅エリアへGo!

天空の旅を一周したら、次は屋内エリアへ。館内で一番大きな水槽「サンシャインラグーン」では水中パフォーマンスが10:30〜(1日6〜7回実施)始まるので、開始時間までは1階にある「大海の旅」を見て歩きましょう。

サンシャイン水族館 大海の旅 「サンシャインラグーン」

大海の旅にはビルの10階にあるにもかかわらず、最大水深2.5m、240トンの水が入る巨大水槽「サンシャインラグーン」が。浅瀬の海の中の世界をイメージしてできたそうです。

サンシャイン水族館 大海の旅 クラゲ展示「ふわりうむ」

大海の旅で人気を集めているのがクラゲの展示コーナー「ふわりうむ」。特にドーム型のクラゲのトンネルは、ベビーカーからの目線でもクラゲたちが優雅に泳ぐ姿が楽しめます。

水中パフォーマンスが始まるまで大海の旅を鑑賞してもよいのですが、欲張りにイベントを楽しむなら、一度天空の旅へリターン!運が良ければ人気者・コツメカワウソのお散歩に出会えるかもしれません。

サンシャイン水族館 コツメカワウソ散歩

コツメカワウソは水辺の生き物にも関わらず体が濡れたままでいることが嫌いで、タオルやTシャツを敷くとそこに体を擦りつけて体を乾かそうとする様子が見られます。

何度も体を回転させてクルクルとTシャツの上を転げ回る姿がとてもキュート!カワウソを愛する「ウソラー」の皆さんに混じってシャッターチャンスを狙ってみましょう!

サンシャイン水族館 「サンシャインラグーン」 水中パフォーマンス

コツメカワウソに癒されたら、すぐに「サンシャインラグーン」に向かい、水中パフォーマンスを楽しみましょう。ダイバーが海の生き物たちと遊ぶ姿は、多くの子どもたちにとって一度は体験してみたいと憧れる姿です。

水辺の旅で水族館自慢の「イケメン」に会おう!

サンシャイン水族館 水辺の旅

水中パフォーマンスを楽しんだあとは、2階の「水辺の旅」へ。

水辺の旅ではアフリカや東南アジア、世界最大のアマゾン川から日本の清流まで、世界中の水中の生物の様子を観察することもできるほか、無脊椎動物、水草、カエル、ヘビ、カメなどを見ることができる不思議な空間です。

サンシャイン水族館 水辺の旅 「イケメントカゲ」

人気を集めているのが「イケメントカゲ」。その呼び名にふさわしく、凛とした姿を見せてくれます。

再び天空の旅に戻ってパフォーマンスを堪能!

サンシャイン水族館 天空の旅 アシカ・パフォーマンスタイム

水辺の旅を一周したら、再び天空の旅へ戻りますが、ここからはまさにイベントラッシュ!まずは11時から始まるアシカ・パフォーマンスタイムを楽しみましょう(1日に4〜5回実施)。

サンシャイン水族館 天空の旅 ペリカンフィーディングタイム

イベントは1回10分が目安なので、アシカ・パフォーマンスタイムが終わったら、すぐにペリカンフィーディングタイム(11:15〜)、ペンギンダイビングタイム(11:45〜)までたっぷり堪能できます。

館内を一周し、さらにイベントもたっぷり楽しむ今回のコースでも、約2時間で周ることが可能です。

ランチは水族館限定メニューがあるカフェへ!

サンシャイン水族館 タリーズコーヒー 「パンケーキ かわうそ」「パンケーキ ぺんぎん」

ランチは2019年の4月に天空の旅にオープンしたタリーズコーヒーへ。

水族館限定メニューも多く、「T’sスプラッシュ ブルーオアシス」(Tall:500円)、「パンケーキ かわうそ」「パンケーキ ぺんぎん」(水族館店・サンシャイン60展望台店限定各380円)など、サンシャイン水族館ならではのメニューがいただけます。

午後は滞在時間を考慮して楽しもう!

サンシャイン水族館 イベント「探検ガイドツアー」「エサやり体験」

もし体力に余裕があれば、丸一日水族館を楽しんでみてはいかがでしょうか? 

「探検ガイドツアー」(11:00〜・14:00〜約50分・500円)、サンシャインラグーン水槽エサやり体験(16:30〜約20分・300円)といった有料イベントの参加や、午前中のお楽しみポイントを再度じっくり見学するのもおすすめです。

子連れに便利!充実のベビー関連施設

サンシャイン水族館 ベビー関連施設も充実

サンシャイン水族館は、ベビー関連施設も充実しています。
水族館内2階にある「ベビールーム」にはオムツ交換台や授乳用の個室があるほか、給湯室があるのでミルク用のお湯も調達できます。

サンシャイン水族館 ベビーカー置き場

館内のほとんどの場所はベビーカーで移動可能ですが、イベント鑑賞中で座席に座っている時などはどうしても邪魔になりがち。

そこで館内でもパフォーマンスが行われる場所の近くには、パフォーマンス実施の前後15分程度を目安に臨時のベビーカー置き場が設置されます。(混雑時の使用には十分ご注意を!)

お土産は「ショップ アクアポケット」へ

サンシャイン水族館 「ショップ アクアポケット」

水族館を訪問した記念に、最後は館内にある「ショップ アクアポケット」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか? 外に向かって大きく開かれた窓からは天空の旅も一望できます。

サンシャイン水族館 オリジナルハンドパペット カワウソ

最近人気の商品は、「サンシャイン水族館 オリジナルハンドパペット」(1,799円)で、飼育員の方が監修して作っただけに「リアルかわいい」仕上がりになっています。

「年パス」で何度も水族館を楽むのもおすすめ!

サンシャイン水族館 年間パスポート

サンシャシン水族館の入場料は、大人2,200円、小・中学生1,200円、4歳以上700円です。

そこでおすすめなのが、年間パスポートの活用です。年間パスポートの料金はそれぞれ4,400円・2,400円・1,400円なので、2回分の入場料金で1年間何度でも入場できるお得なチケットです。

さらに水族館でのさまざまな特典や同伴者の入場料割引、サンシャインシティ内のアミューズメント施設やお買物・お食事でも割引や特典が受けられるメリットもあり、見逃せません!

見どころいっぱいのサンシャイン水族館を楽しもう!

サンシャイン水族館

魚類だけではなく最近話題のクラゲやカワウソの観察をはじめ、ペンギンやペリカンも、展示の工夫でここだけの姿が楽しめるサンシャイン水族館に、ぜひカップルや家族、三世代でおでかけください!

料金・チケット 基本情報

住所
東京都豊島区東池袋3-1 ワールドインポートマートビル
アクセス
JR「池袋駅」東口より徒歩約8分/東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より徒歩約3分/都電荒川線東池袋四丁目(サンシャイン前)停留場徒歩約4分
営業時間
10:00~20:00(10~3月は18:00まで、最終入館は終了1時間前まで、時間は変更になる可能性あり)
定休日
無休
入館料
大人2,200円(高校生以上)/小・中学生1,200円/幼児(4歳以上)700円
電話番号
03-3989-3466
駐車場
1,800台(30分300円)
詳細
「サンシャイン水族館」公式サイト

取材・撮影・文/別当律子
取材協力/サンシャイン水族館

トップヘ
季節のテーマから探す
旅のシーンから探す
エリアから探す