旅の楽しみ方

大阪・新世界と通天閣で食いだおれ!家族で楽しむ歩き方とおすすめグルメ

コテコテの大阪を満喫できるスポットといえば、新世界! 通天閣のビリケンさんをはじめ、レトロな雰囲気いっぱいの商店街や賑やかな街並みは、「これぞ大阪!」という気分にさせてくれます。
そして、忘れちゃいけないのが「串カツ」や「ヘレカツサンド」などの大阪グルメ。今回は、新世界の観光スポット&子連れでも入りやすいお店をピックアップしてみました。おもろくて安くてうまいもん、いっぱいやで〜!

これぞ大阪!新世界ってどんなエリア?アクセスは?

大阪の新世界

「新世界」は大阪市南部にある下町で、昔ながらの大阪の雰囲気を存分に味わえると人気の観光スポット。ビリケンさんで有名な通天閣や、ふぐの提灯をはじめ色とりどりの看板が立ち並びます。

JR「新今宮駅」か大阪メトロ御堂筋線「動物園前駅」で降りると、通天閣まで続く新世界の街並みが楽しめます。通天閣まですぐに行きたい場合は、「動物園前駅」で大阪メトロ堺筋線に乗り換えて、ひとつ先の「恵美須町駅」で降りると便利。いずれも新大阪駅から20分程度で行ける、好アクセスなスポットです。

今回は、娘2人を連れて新世界へ! 地下鉄「動物園前駅」で降りて通天閣まで向かうルートを中心に、ぜひ足を運んで欲しいお店やスポットをご紹介します。

昭和にタイムスリップ!?「ジャンジャン横丁」

新世界のジャンジャン横丁

南北130mの間に、串カツ屋やどて焼き屋などがひしめき合う「ジャンジャン横丁」。正式名称は「南陽通(なんようどおり)商店街」ですが、昭和初期にお客さんを呼び込む三味線のジャンジャンという音で賑わっていたため、いつの間にか「ジャンジャン横丁」という名で愛されるようになったのだとか。映画やドラマのロケ地にもなっているので、名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

昔懐かしいゲームが楽しめる「かすが娯楽場」

新世界のテレビゲームかすが

昭和の雰囲気に浸りながら歩いていると、ひときわ賑やかな一角が。「テレビゲーム かすが」、どうやらゲームセンターのようです。 

レトロな看板が味わい深い「かすが娯楽場」

入口に輝く看板。レトロな書体が味わい深いです。聞けば、50年以上の歴史ある看板なのだとか。

かすが娯楽場の場内には懐かしいゲームの数々が

中をのぞくと、お父さんやお母さん世代には懐かしくて涙が出そうなアーケードゲームやビデオゲーム、メダルゲームがズラリ! しかも1回50円からという、超良心的な価格。

かすが娯楽場のゲームに夢中な子ども達

娘たちは、ワニワニパニックに夢中! 奥のゲームは小学生以上じゃないとちょっと難しいかな? と思いましたが、入口付近にあるゲームは3歳と6歳の子どもたちでも十分楽しめました。ちょっと歩き疲れたら、ゲームをしながら一息つける休憩スポットです。

かすが娯楽場

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東3-2-19
営業時間
9:00〜21:30(状況により閉店時間は前後)
定休日
第1を除く火曜日
アクセス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1番出口より徒歩約3分

気分はスナイパー!射的場「秘宝館」

新世界の秘宝館

もっと遊びたい気持ちをぐっと堪えてゲームセンターを出ると、こちらも魅力的なお店が目に飛び込んできました!。「景品付 最新式遊技場」、射的のお店です。TV番組の取材などで芸能人も多数やってきているようで、娘たちは写真を指さして「この人、知ってる!」と大興奮。

見事打ち落とせば景品をゲットできる

やり方は簡単、引き金をひいてコルクの弾を込め、欲しい景品に狙いを定めて「パン!」と撃つだけ(7発500円)。ちなみに、弾が当たるだけじゃ景品はもらえません、下に落ちなければアウトです。

「3つくらい落ちるんじゃない?」と思って挑戦するも、これがなかなか難しい…。どの弾も当たりはするものの、お目当ての品はなかなか落ちてくれません。最後の1発を撃った瞬間、娘が服を引っ張ってきて、ピストルの先がブレた!と思ったら、なんと隣の景品に大当たり!

秘宝館で当てた景品

今回の戦利品。まぐれ当たりだったけど、うれしかったです。思わず夢中になってしまいました。ちなみに、上手い人は3〜4個撃ち落としていましたよ。

秘宝館

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-11
営業時間
10:00〜22:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1番出口より徒歩約3分

なにわのシンボルタワー「通天閣」はココをチェック!

ジャンジャン横丁を抜けると通天閣が

いよいよ大阪のシンボル「通天閣」へ。ジャンジャン横丁を抜けると、きらびやかな看板の向こうに見えてきました。先端部分のトラ柄が大阪っぽい!

二代目の通天閣は1956年に完成

通天閣は、1912(明治45)年に当時日本一の高さのタワーとして建てられました。その後、火事のもらい火に巻き込まれ解体するも、1956(昭和31)年に現在の2代目・通天閣が完成。高さは108mで、耐震タワー改修工事や新たな避雷針を設置するなど、セキュリティ面もバッチリです。

館内は地下1階から3階が商業フロア、4階・5階・屋上が展望台(有料)になっています。夜は月ごとに違った色でタワー全体がライトアップされ、さらに、てっぺんの丸い部分の色の組み合わせを見れば、翌日の天気も分かるのだとか! 夜訪れたときは、ぜひチェックしてみてくださいね。

通天閣の守り神!名物「ビリケンさん」

通天閣のビリケン像

通天閣といえば、「ビリケン像」。足の裏を触るとご利益があると言われており、通天閣の守り神として人々に親しまれています。
5階「黄金の展望台」には、3代目・金髪のビリケンさんが! カメラを持っていけば、記念撮影もしてもらえます。ちょっと高い場所にあるので、子どもが足の裏をなでなでするときは、抱っこしてあげてくださいね。

通天閣のあちらことらにあるビリケン像

4階「光の展望台」にはしゃべるビリケン像、2階にはローマの休日ならぬ「オーサカの休日」のモチーフ横にもビリケンさんがいます。そのほかにもいろいろな場所にビリケンさんが隠れているので、探してみると面白いですよ。

通天閣の3つの「展望台」から大阪の街を堪能!

通天閣には、4階「光の展望台」(84m)、5階「黄金の展望台」(87.5m)があり、どちらからの眺めもバツグンですが、おすすめは高校生以上500円、5歳〜中学生300円をプラスで払うと出られる「特別屋外展望台 天望パラダイス」(94.5m)。

大阪の街が一望できる通天閣の展望台

5階展望台からつながる階段を登った先には、大阪の街が一望できる大パノラマが待っていました!

通天閣の先端である避雷針

見上げれば、すぐそこに通天閣の先端である避雷針が。

ガラス張りの通天閣の展望台

吹き抜ける風が気持ちいい! でもガラス張りなので、高所恐怖症の人はちょっと怖いかも…。ベンチがあるので、のんびり景色を眺めて休憩もできます。キューピッドの姿をしたビリケンさんもどこかにいますよ。

特別屋外展望台 天望パラダイス

場所
通天閣屋上
営業時間
平日10:00〜18:00(最終受付17:45)、土日祝10:00~20:00(最終受付19:45)
料金
一般展望料金(大人800円/中学生~5歳以上400円)に別途、大人500円/中学生~5歳以上300円

カフェで一息!「通天閣パフェ」を堪能しよう

ちょっと歩き疲れたら、カフェでひと息しましょう。3階トップフロアにあるのが、マザー牧場がプロデュースする「カフェ・ド・ルナパーク」。

通天閣のカフェ・ド・ルナパーク

流行りのタピオカドリンクや大阪名物ミックスジュースなど、さまざまなメニューが揃います。そして1番の名物が…。

カフェ・ド・ルナパークの通天閣パフェ

「通天閣パフェ」(700円)! ソフトクリームにシュークリーム、いちごゼリーなどがてんこ盛りで、ボリューム満点です。

カフェ・ド・ルナパークから大阪の街も眺められる

ソファ席でまったりするも良し、テーブル席を選べば、のんびり景色を眺められますよ。

カフェ・ド・ルナパーク

場所
通天閣3階
営業時間
8:30〜21:00
定休日
通天閣に準ずる

ほかにも小ネタいっぱい! 楽しいスポットいっぱい!

通天閣庭苑 通天閣わくわくランド

通天閣には、このほかにも日本庭園をイメージして造られた「3R階 通天閣庭苑(つうてんかくていえん)」や、関西ゆかりの食品メーカーのアンテナショップが集う「B1階 通天閣わくわくランド」、そして至るところに記念撮影したくなるスポットが盛りだくさん。思わずツッコミたくなるような看板もいっぱいなので、隅々までよーく見ながら通天閣を満喫してくださいね。

通天閣 オムツ替え

ちなみに、オムツ替えスペースは地下1階「障がい者用トイレ・女子トイレ」、2階「女子トイレ」、3階「障がい者用トイレ・女子トイレ」に。授乳室は3階「トイレ横」にあるので、赤ちゃん連れのママも安心です。

通天閣

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
営業時間
8:30〜21:30(最終受付21:00まで)
展望料金
【一般展望台】大人800円/中学生~5歳以上400円
【特別屋外展望台】一般展望料金に別途、大人500円/中学生~5歳以上300円
定休日
無休
アクセス
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3番出口より徒歩約4分、地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1番出口より徒歩約7分、JR 環状線「新今宮駅」東口より徒歩約7分

安くてうまい! 新世界の地元グルメで食いだおれ

これぞ大阪・新世界!熱々の串カツ&コロッケ「肉のさかもと」

大阪といえば、安くておいしいものもいっぱい! ここからは、新世界を訪れたらぜひ行きたいお店を厳選してご紹介します。

新世界 肉のさかもと

大阪といえば、串カツ! 「ソース2度づけ禁止」というルールはあまりにも有名です。新世界には有名店がひしめき合いますが、土日やお昼時には長い列ができることも。子連れだとちょっと厳しいですよね。できれば、並ばずに持ち帰って食べたい! そこでファミリーにおすすめなのが「肉のさかもと」。

通天閣の肉のさかもとはお値段もリーズナブル

通天閣の北側にある通天閣本通商店街の一角にあります。お肉専門店ということで、使っているお肉は質が良く、しかもリーズナブル! 注文すると、目の前で揚げてもらえます。今回は「串カツ」(100円)、「イモ」(100円)、「ウインナー」(90円)、そして名物の「通天閣コロッケ」(80円)をオーダー。

肉のさかもとの串カツとコロッケ

コロッケはソースをつけなくても、しっかり味がついていておいしい! 串カツもジューシーで、娘たちもペロリと平らげてしまいました。多くの人は、そのまま食べ歩きするそうです。テイクアウトできるのは子連れにもうれしいですよね。

肉のさかもとのイートインスペース

店内のイートインスペースが空いていたら、座ってゆっくり味わうのもおすすめ。ソースは甘口と激辛の2種類あり、串カツの方にかけるのであれば、何度でも追加できます。飲み物など持ち込み可なので、お好みのドリンクを持参して向かいましょう。ちなみに、白いご飯やおにぎりも持ち込みOK。手軽においしい食事ができちゃいますよ。

肉のさかもと

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-22-6
営業時間
9:00〜16:30
定休日
木曜日
アクセス
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3番出口より徒歩約2分、地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」5番出口より徒歩約6分

お肉が柔らかい!名物ヘレカツサンド「グリル梵」

もうひとつ、大阪の名物といえば「ヘレカツサンド」。「ヒレカツ」ではなく、「ヘレカツ」です。なんでも、大阪では牛肉のフィレ肉を「ヘレ肉」と呼んでいるのだそう。

ヘレカツサンドのグリル梵

そんなヘレカツサンドの名店といえば、「グリル梵(ぼん)」。70年以上、伝統の味を守り続けている歴史あるお店です。

グリル梵の店内

レトロな雰囲気漂う店内には、有名人たちのサインもいっぱい。時間帯によっては行列ができることも多いですが、持ち帰りOK。電話しておけば、希望の時間に作っておいてもらえますし、お昼と夜の間の休憩時間でも持ち帰り可能とのこと。テイクアウトしたい場合は、事前にお願いしておくといいですね。

グリル梵のヘレカツサンド

こちらが待ちに待った、憧れの「ヘレカツサンド」(1,940円)。お肉が本当に柔らかく、ソースとパンとの組み合わせは最強です!

グリル梵のヘレカツサンド 

ちょっと贅沢ランチだけど、お値段以上の味。こんなに夢中で食べる娘たちを見るのは初めてかも…というくらい、瞬く間にお皿がきれいになりました。食事についてくるオニオンスープも絶品でした。

グリル梵

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-17
営業時間
昼12:00〜14:00/夜17:00〜20 :00
定休日
毎月6、16、26日(土日祝日の場合は、翌月曜日)
アクセス
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」より徒歩約3分、地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」5番出口より徒歩約6分

デザートは新名物の新世界クレープ!「CREAM KITCHEN」

クリームキッチン

新世界の名物は数あれど、最近話題なのが「新世界クレープ」。2018年にオープンしたばかりのお店「CREAM KITCHEN(クリームキッチン)」の人気スイーツです。

クリームキッチンの店内

おしゃれな店内には、テーブル席とカウンター席、テラス席もあります。

クリームキッチンのブリュレティラミス

食べられるお花が散りばめられた、なんともフォトジェニックな「ブリュレティラミス」(950円)。中には、コーヒーでコーティングされたレーズンやブラウニーが。モチモチの生地とマッチして、おいしい! ちょっぴり大人なスイーツです。

クリームキッチンの新世界クレープ

こちらは、「苺のシャルロットクレープ」(1,058円)にプラス100円で「ビリケンさんクッキー」をトッピング。可愛くて、おいしくて、娘たちも大満足でした! テイクアウトの場合は、このクレープをくるくる巻いて渡してもらえます。

クリームキッチンのドリンクカップ

スムージーなどのドリンクを持ち帰るときは、希望すればこんなキュートなくまさんカップに入れてもらえますよ。ブランケットが用意してあったり、子どもにはイスに座布団を重ねてくれたりと、子連れにもやさしく、のんびりくつろげる素敵なお店でした。

CREAM KITCHEN 新世界店

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東2-1-22
営業時間
9:00〜21:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1番出口より徒歩約5分

新世界はほかにも見どころ満載!

新世界で一日たっぷりお風呂を大満喫!「スパワールド」

今回まわったスポット以外にも、新世界には子連れでも楽しめそうなスポットがいっぱいです。

新世界のスパワールドにある世界の大温泉
新世界のスパワールドにあるウォータースライダー

世界の大温泉に岩盤浴、プールと一日中たっぷり楽しめるのが「スパワールド」。0歳児から楽しめるスパプーキッズや水着のまま家族で混浴できる展望風呂など、ファミリーで大満喫できる施設です。

宿泊も可能なので、新世界を満喫した翌日はスパワールドでリラックス…なんてコースもいいですね。館内着やタオルなどのアメニティなどすべて用意されているので、手ぶらで行けるのもうれしいポイント!

スパワールド 世界の大温泉

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4−24
入館料
中学生以上1,200円~/小学生以下1,000円~
※大型連休等の特定日は変更あり、要問い合せ
営業時間
24時間営業(8:45~10:00は入館・入浴不可)
定休日
無休
アクセス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」5番出口よりすぐ

動物たちと触れ合おう!「天王寺動物園」

天王寺動物園
天王寺動物園のコアラ

2019年で開園104年。都心にいながら、たくさんの動物たちに出会える「天王寺動物園」も通天閣のすぐ近くにあります。広い園内には、動物たちの生息地の景観が可能な限り再現されているエリアもあり、ライオンやキリン、コアラ、ホッキョクグマからは虫類まで、およそ180種類の動物が飼育されています。

ごはんやおやつタイム、ふれあい体験など、動物たちを身近に感じられるイベントも多数。大人500円というリーズナブルな入園料も魅力です。8月にはナイトZOOも予定されています。

天王寺動物園

住所
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
入館料
大人500円/小・中学生200円/未就学児 無料
営業時間
9:30〜17:00(入園は16:00まで)
休園日
毎週月曜日(休日にあたる場合は、翌平日休)
アクセス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1番出口より徒歩約5分

1日じゃとてもまわりきれないくらい、魅力的なスポットがいっぱいの大阪・新世界。大阪観光の定番スポット「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」や「海遊館」からも電車で20~30分程度でアクセスできるので、ぜひ家族で遊びに出かけて、コテコテの大阪の雰囲気にどっぷり浸ってみてくださいね!

取材・撮影・文/水谷映美

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。

トップヘ