記憶に残る旅を!エレガントな「ホテルオークラ東京ベイ」で過ごす幸せな休日

ホテルオークラ東京ベイ

東京ベイエリア・舞浜に位置し、ヨーロッパの宮殿のような佇まいでゲストを迎える「ホテルオークラ東京ベイ」。「食のオークラ」と称されるように料理も好評で、特に朝食のフレンチトーストとオムレツは格別です。東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルのため、パークへのアクセスも抜群。カップルでの特別な旅や家族旅行などにおすすめの「ホテルオークラ東京ベイ」の魅力を、滞在記とともに詳しくお届けします。

 

毎月5と0のつく日は高級宿・温泉宿が5%OFF

毎月5と0のつく日は「ホテルオークラ東京ベイ」が5%OFF

 

「ホテルオークラ東京ベイ」へのアクセス

ホテルオークラ東京ベイ

1988年の開業以来、多くのリピーターに愛され続けている「ホテルオークラ東京ベイ」。ホテルオークラブランドとして上質なおもてなしを提供し、記憶に残る思い出をゲストと一緒に作ってくれるホテルです。

アクセスは、ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」より徒歩約3分。門を抜け、緑豊かな並木道を散策しながらしばらく歩くと、エントランスに到着します。JR舞浜駅~ホテル間、ベイサイド・ステーション~ホテル間は無料送迎バスも運行しています。

 

ホテルオークラ東京ベイ

ホテルの目印となるのが門柱のイルカの彫刻。東京湾のすぐそばに立つホテルのデザインコンセプトは、「海から陸へと続く自然の連なり」で、イルカは海と陸の仲立ちを象徴しています。

東京ディズニーリゾートで遊んでからホテルへチェックインする場合は、「バゲッジデリバリーサービス」を活用するのがおすすめ。JR舞浜駅前「東京ディズニーリゾート®・ウェルカムセンター」の「ホテル サービスカウンター」で8:00~15:00の間に荷物を預けると、無料でホテルまで届けてくれます。

 

輝く大理石に気分が上がるロビー&回廊

ホテルオークラ東京ベイ

エントランスから館内に入ると、広がっていたのはヨーロッパ調の美しいロビー。中心に生花が飾られ、大理石が輝く空間は高級感があふれていて、足を踏み入れるだけで気分が上がります。

 

ホテルオークラ東京ベイ

海に浮かぶ島に見立てたフロントでチェックイン。スタッフの丁寧でスムーズな案内から、「ホテルオークラ東京ベイ」で過ごす優雅な時間が始まります。

 

ホテルオークラ東京ベイ

射し込む自然光が心地よい大理石の回廊は、つい見とれてしまう美しさ。ヨーロッパの宮殿を歩いているような感覚になります。

 

ホテルオークラ東京ベイ

回廊の内側にある「コートヤード(中庭)」もホテルの大きな特徴。噴水が流れる音やハーブの香りに癒される、南欧のリゾート感ただよう空間です。

 

総大理石のバスルーム付き。広々とした「スーペリアルーム」

ホテルオークラ東京ベイ

客室棟はコの字型に建っており、2階から最上階の11階までが客室。地層をブラウンのグラデーションで表現した外装は、陸の断崖をイメージしています。客室数は全427室。周辺のホテルと比較すると小規模で、一人ひとりに対してのきめ細やかなおもてなしも魅力です。

 

ホテルオークラ東京ベイ

客室は11タイプあり、今回宿泊したのは2~5階に位置する「スーペリアルーム」Bタイプ。ソファベッド付き、44平米のゆとりある空間で定員は4名。ちなみに、「ホテルオークラ東京ベイ」はすべての客室が44平米以上です。

 

ホテルオークラ東京ベイ

室内は落ち着きのあるグレージュカラーを基調とし、ダマスク調の壁紙がエレガント。波を表現したカーペットの模様やTVボードが目を引きます。ダイニングテーブルが備わっているため、プライベートな空間で食事を楽しむことも可能です。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

スーペリアルームはほかにAタイプとCタイプがあり、Aタイプはツインベッド+会話を楽しめる2脚のアームチェアが特徴。Cタイプはベッドがあらかじめ3台用意されたトリプルです。

 

ホテルオークラ東京ベイ

総大理石のバスルームも優雅な滞在を彩るポイント。浴槽にはなんと1分でお湯がたまります! ラベンダーとベルガモットが香るバスジェルを入れると、泡風呂も楽しめます。ふわふわの泡に埋もれて、ゆっくりお湯に浸かる幸せなひととき。1日の疲れがリセットされます。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

バスアメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープのほかにクレンジングオイル、フェイスウォッシュ、ジェルローション、ミルキージェルなど。フェイスマスクはホテルからのプレゼントです。

 

ホテルオークラ東京ベイ

ルームウェアはワンピースタイプ。ワッフル生地が優しく身体を包み込みます。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

キッズアメニティも充実しており、子ども用歯ブラシやコップ、滑り止めマットやステップ台などが用意されています。ベッドガードやベビーベッドなど、子ども連れにうれしい貸し出し品も豊富です。さらに、ベッドは2台がくっついたハリウッドスタイルのため、添い寝も安心。添い寝は小学生6年生までで(宿泊料金無料)、ベッド1台につき1名の添い寝が可能です。

 

 

和室やスイートなど、旅のスタイルに合わせて選べる客室

ホテルオークラ東京ベイ

「ホテルオークラ東京ベイ」は、旅のスタイルに合わせて客室タイプを選べるのも魅力です。2〜3階の「和風空間 渚亭」は床の間を備えた純和風の客室。和室の宿泊者は室内のバスルームのほか、広々とした「温泉風浴場」を貸切で利用することもできます(予約制)。

 

ホテルオークラ東京ベイ

靴を脱いでゆったりとくつろげる畳の部屋は、特に赤ちゃん連れの旅行にうってつけ。寝るときは布団敷きのため、ベッドから落ちる心配もなく、家族みんなで安心して過ごせます。

 

ホテルオークラ東京ベイ

6~9階の「デラックスルーム」は、温かみのあるカラーの「ヨーロピアン・エレガンス」がコンセプトで、広さ44平米の定員は3名。特に女性に人気で、布製オリジナルポーチに入れてアメニティセットをそのまま持ち帰ることもできます。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

特別な記念日に一押しの客室が4階~5階の「ジュニアスイートルーム」。定員4名、53~56平米の広々とした空間に特注品のソファやダイニングテーブルが置かれ、プライベート感のある上質な滞在を演出します。

 

ホテルオークラ東京ベイ

「ジュニアスイートルーム」は東京湾に面しており、美しい海を望むオーシャンビュー。バスルームの大きな窓からも海を見渡せる仕様となっています。

 

ホテルオークラ東京ベイ

10~11階に位置する広さ62平米、定員3名の「シニアスイートルーム」は、上品なインテリアが配されたラグジュアリーな客室。大きな窓からは東京ディズニーリゾートも見え、高層階からの眺望を楽しめます。

 

 

アニバーサリーコーディネーターと作る思い出の記念日

ホテルオークラ東京ベイ

ホテルオークラ東京ベイは「アニバーサリーホテル宣言」を掲げ、ゲストの記念日を全力で応援してくれます。誕生日や結婚記念日などはもちろん、ゲストそれぞれが大切にしている日のお祝いをサポートする体制が整っています。

その象徴と言えるのが「アニバーサリーコーディネーター」。宿泊予約後に電話やメールでやりとりを行いながら、サプライズや思い出に残る演出を一緒に考えてくれる、記念日コーディネートのプロフェッショナルです(相談料は無料)。アニバーサリーコーディネーターの越 晴海さんは、「お客様の想像を超えた感動を提案したいですね」と笑顔で話してくれました。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

「客室でプレゼントを渡すのに、どこかに隠しておきたい」という要望には、隠し収納スペース付きのサイドテーブルを用意し、タイミングを見てそこからプレゼントを出せるようにすることも。そのほか、花束やケーキ、シャンパンなど定番のアニバーサリーアイテムを注文することもできます(別途料金)。

 

ホテルオークラ東京ベイ

さらに、部屋に入った瞬間に大切な人を驚かせたい場合は、バルーンを使ったサプライズ演出がおすすめ。部屋中にランタンが浮かぶ幻想的なルームメイク「フローティングランタン」(サービス料込み 36,500円)や、ベッドをバルーンで埋め尽くすベッドメイク「バースデイ ピンク」(サービス料込み 6,600円)などは、一生に一度の思い出になること間違いありません。

 

ホテルオークラ東京ベイ

プロポーズの演出もアニバーサリーコーディネーターにお任せを。ホテル内のチャペルを利用して、2人だけの特別な空間で想いを伝えることができます。

 

「カフェレストラン テラス」でティータイム

ホテルオークラ東京ベイ

チェックインして客室でのんびりした後は、「カフェレストラン テラス」へ。ホテルオリジナルブレンドの生クリームを使用した自慢の「ショートケーキ」や、デンマーク産の高品質なクリームチーズ入り「ニューヨークチーズケーキ」といったホテルメイドのケーキやパンを購入できます。

 

ホテルオークラ東京ベイ

おいしい紅茶とともに、パティシエによるこだわりのケーキでティータイム。その名の通りテラスで食べられるほか、中庭に面した回廊のテーブル席でも楽しめます。

 

「レストラン フォンタナ」で上質と旬を味わうディナー

ホテルオークラ東京ベイ

夕食は「レストラン フォンタナ」でヨーロピアンライトキュイジーヌに舌鼓。コースやセットメニューが注文でき、今回は、ディナーコースの「キャトル セゾン」をいただきました。

 

ホテルオークラ東京ベイ

料理は日替わりの「一口のお楽しみ」から始まり、この日はチーズスティック付きの「京にんじんのムース」。にんじんが繊細に香るなめらかなムースは、とても上品な味わいでした。

 

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

オードブルは「ホタテのグリル 大葉入りピストーソースで」。バジルやオリーブオイルで作る南フランス発祥のピストーソースに、夏が旬の大葉がアクセントを加えています。香ばしく焼き目をつけたホタテとの相性が抜群です。続く「冷製ジャガイモのクリームスープ」も透明感のある、夏らしいスープ。

 

ホテルオークラ東京ベイ

「ホテルオークラ東京ベイ」は、パンも自慢の一つ。職人が生地から作り、焼き上げるパンは、定番から季節限定まで様々な味を堪能できます。この日はバターロール、よもぎロール、フランスパン、トマトパンの4種。

 

ホテルオークラ東京ベイ

メインの「本日の肉料理」は、「牛肉のロースト マジョレーヌソース」。マジョレーヌソースは刻んだマジョラム(ハーブ)とフォン・ド・ボーを合わせ、ビネガーの酸味を効かせています。外は香ばしく、中はレアに焼き上げられた牛肉はとてもやわらか。ソムリエおすすめの赤ワインとのマリアージュで、幸せな気待ちになります。

 

ホテルオークラ東京ベイ

デザートはピーチ&ラズベリーソースが絶品のバニラアイスクリーム。会話の中で「今月、誕生日なんです」と話していたら、うれしいメッセージ入りのチョコプレートを付けてくれました。希望者には、その場で撮影した記念写真付きのカードもプレゼントしてくれるそう。「アニバーサリーホテル宣言」を掲げるホテルならではの無料サービスで、大切な人へのサプライズとしてもぴったりです。

 

ホテルオークラ東京ベイ

ディナーの余韻に浸りながら、ライトアップされたコートヤードや並木道を散策。ホテルを象徴するイルカも幻想的に光り、1日を最高の気分で締めくくれます。

 

 

絶品のオムレツやフレンチトーストを味わえる朝食ブッフェ

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

翌朝は「レストラン フォンタナ」でいただく、お楽しみの朝食ブッフェ。「ホテルオークラ東京ベイ」の朝食はクチコミの評価がとても高く、地元産のみずみずしい野菜や毎朝焼き上げるパンをはじめ、和食・洋食・中華の豊富な料理の中から好きなものを味わえます。

 

ホテルオークラ東京ベイ

一押しは、注文してからシェフがゲストの目の前で焼き上げるオムレツ。この日は調理部次長の飯田明男さんが目にも止まらぬ速さでオムレツを作ってくれました。おいしいオムレツの作り方は、飯田さんによると「強火・短時間」。平均45秒ほどで作り上げる手際の良さに、思わず見とれてしまいます。

 

ホテルオークラ東京ベイ

ソースはお好みでデミグラスソースやトマトソースなど4種類から選べます。美しく成型されつつ中はトロトロのオムレツは、まさに「食のオークラ」を堪能できる絶品メニュー。中には2回、3回とおかわりする人がいるほどの人気です。オムレツは作り立てがいちばんおいしいので、他のメニューを取り終わってから最後に注文するのがおすすめとのこと。

 

ホテルオークラ東京ベイ

朝食ブッフェでぜひ味わってもらいたい、もう一つのメニューが「フレンチトースト」。前日から卵液に浸し、シェフが一つ一つ丁寧に焼き上げるオークラ伝統の味です。ふわふわでとろけるような口どけのフレンチトーストも、何枚も食べたくなります。

 

 

家族で楽しめる夏限定イベントも見逃せない!

ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

2022年7月22日(金)~8月27(土)の期間には、「家族で楽しむ夏休み」をテーマに子ども連れの宿泊者限定イベントを開催。ヨーヨー釣りやわなげ、わたあめ、アイスキャンディーなどの模擬店が無料で楽しめる「Hotel Okura TOKYO BAY 夏まつり」のほか、全国各地のオークラ ニッコー ホテルズのご当地グルメが堪能できる朝食の特別企画「全国<オークラ ニッコー ホテルズ>めぐり ご当地グルメ de 朝食ブッフェ」も開かれます。


エレガントな空間とともに、オークラグループならではの食とおもてなしで記憶に残る旅を演出してくれる「ホテルオークラ東京ベイ」。大切な人や家族と一緒に、思い出に残る幸せな時間を過ごしてみませんか。

 

ホテルオークラ東京ベイ

住所
千葉県浦安市舞浜1-8
アクセス
JR「舞浜」駅より車で5分、ディズニーリゾートライン「ベイサイド・ステーション」より送迎バス、または徒歩約3分
客室数
427室
チェックイン
15:00 (最終チェックイン 24:00)
チェックアウト
12:00

 

取材・撮影・文/小浜みゆ

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

記念日特集

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP