旅の楽しみ方

南禅寺で豊かな自然に癒される大人の京都旅。おすすめ周辺スポットも

京都には観光スポットが多数ありますが、大人の京都旅におすすめなのが南禅寺。緑豊かな境内の四季折々の景色や、美しい庭園をのんびりと楽しめます。また、有名な三門や水路閣、美しい庭園など南禅寺エリアならではのフォトジェニックなスポットを巡るのもよし。南禅寺名物の湯豆腐など、歩いて回れるおすすめの立ち寄りスポットも合わせてご紹介します。

大人旅にぴったりの南禅寺の魅力

南禅寺までのアクセス

南禅寺 アクセス

左京区にある南禅寺までは、京都駅から京都市営烏丸線で「烏丸御池」駅へ。京都市営東西線に乗り継ぎ、「蹴上」駅で下車、徒歩約10分です。または、京都駅前のバス乗り場より京都市営バスに乗っても、「南禅寺・永観堂道」と「東天王町」バス停のどちらからでも徒歩10分ほどで到着できます。

緑豊かな「南禅寺」を参拝

京都 南禅寺

南禅寺の正称は「瑞龍山太平興国南禅禅寺(ずいりゅうざんたいへいこうこくなんぜんぜんじ)」。臨済宗南禅寺派の大本山です。

360度の絶景「三門楼上」

京都 南禅寺 三門

南禅寺でも、特に有名な建造物が「三門」。別名「天下龍門」とも呼ばれる南禅寺の三門は、五鳳楼と呼ばれる楼が美しく、日本三大門の1つに数えられています。もとは1295年に創立されましたが火災で焼失し、現在の三門は1628年に再建されたもの。

「絶景かな、絶景かな」というフレーズでおなじみ、歌舞伎『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』の石川五右衛門の伝説でも有名な三門です。

京都 南禅寺 三門

三門の拝観券は、大人500円、高校生400円、小中学生300円。三門の参拝は、通常期は入口と出口が同じ側ですが、紅葉の季節などの繁忙期は一方通行となります。

京都 南禅寺 三門

歴史を感じさせる急な階段を上って、楼上へ。三門の高さは22メートル。高い建物がない京都市街を見渡すことができますよ。

京都 南禅寺 三門

南禅寺の三門は2階建てになっています。楼上内陣には、本尊の宝冠釈迦座像(ほうかんしゃかざぞう)を中心に、月蓋長者(がっかいちょうじゃ)、善財童士(ぜんざいどうじ)、十六羅僕(じゅうろくらぼく)と、本光国師、徳川家康、藤堂高虎の像が置かれています。

また天井には鳳凰、天人(てんにん)の極彩色の図が描かれていて、こちらは狩野探幽、土佐徳悦の筆だとされています。内陣は撮影できないので、じっくり目で見て堪能してくださいね。

京都 南禅寺 三門 絶景
京都 南禅寺 三門 絶景

三門楼上からの景色もまた絶景です。遠くは京都市街の町並みのほか、緑豊かな四季折々の南禅寺の境内を見下ろすことができます。

南禅寺の中心「法堂」

京都 南禅寺 法堂 紅葉スポット

三門をくぐったら、奥へ進みましょう。三門から法堂へと続く道は、特に緑が美しいのです。秋には紅葉も楽しめる人気スポット。

京都 南禅寺 法堂

法堂は南禅寺の中心となる建物で、公式の法要などが行われます。現在の法堂は、1909年に再建されたもので、1990年に開山大明国師700年大遠忌記念行事として屋根葺替工事と敷瓦(しきがわら)取替工事が行われました。

京都 南禅寺 法堂

法堂には本尊釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像が安置されていて、床は一面の敷瓦、天井には今尾景年の大作と言われる幡龍(ばんりゅう)が描かれています。

白壁が美しい「本坊」と、美しいお庭「方丈庭園」

京都 南禅寺 本坊 方丈庭園

白と黒とのコントラストが美しい本坊。方丈庭園まで見られる拝観券は、大人500円、高校生400円、小中学生300円です。

京都 南禅寺 本坊 方丈庭園

本坊の左手にあるのは、大玄関。特別な行事の時にのみ使われる玄関です。通常は中に入ることはできませんが、石畳と玉砂利が美しく、特別な雰囲気があります。

京都 南禅寺 本坊 方丈庭園

本坊の廊下は、板張りになっています。

京都 南禅寺 本坊 方丈庭園

大玄関には、南禅寺の山号(さんごう)である「瑞龍」の文字が描かれています。

京都 南禅寺 本坊 方丈庭園

方丈へと続く廊下には、南禅寺オリジナルの映像を見られるスペースも。約10分の映像を観ると、南禅寺についてより深く知ることができますよ。

京都 南禅寺 本坊 抹茶

また、お茶券1人500円を購入すると、玄関を入ってすぐ右手にある滝の間にて、滝を眺めながらお抹茶をいただくことができます。

京都 南禅寺 本坊 抹茶

お抹茶には、南禅寺オリジナルの紋菓つき。清涼の滝と呼ばれる滝が流れる音を聞きながら、ほっと一服するのもおすすめです。

複数の重要文化財を見られる「方丈」

京都 南禅寺 方丈

南禅寺の方丈は、大方丈と小方丈からなり、どちらも杮葺きの国宝指定の建造物です。1611年に御所の建物の下賜を受けて再建されました。

京都 南禅寺 方丈 御昼の間

本坊から進むとまず見えてくる大方丈の「御昼の間」は、この建物が御所にあった当時、昼の御座であった御帳(みちょう)の間であったスペース。近世の宮室建築を間近に見ることができます。

京都 南禅寺 方丈 御昼の間

内部は重要文化財に指定された狩野派絵師筆による障壁画で彩られていましたが、400年もの歳月の経過により傷みが見られたため、2011年12月に124面中84面を当時の色合いで復元した新たな障壁画に入れ替えられています。

京都 南禅寺 方丈庭園

方丈庭園は、小堀遠州作と伝えられる枯山水庭園。1951年に国指定の名勝となった、「虎の子渡しの庭」と呼ばれる巨大な石を横に寝かして配置された庭です。

京都 南禅寺 方丈 群虎図

大方丈の背後に接続した小方丈の中でも有名な障壁画が、国の重要文化財に登録されている南禅寺小方丈の「群虎図(ぐんこず)」。狩野探幽筆と伝えられる40面の障壁画は、豪華で猛々しい虎が生き生きと描かれています。障壁画は撮影禁止ですが、襖絵「群虎図(水呑の虎の図)」は御朱印帳にも使われています。

京都 南禅寺 方丈 如心庭

小方丈の庭園は、別名「如心庭(にょしんてい)」と言われています。心字型(しんじがた)に庭石を配した禅式枯山水の石庭で、悟りの心の風景を表しているとされています。

京都 南禅寺 方丈 六道庭

さらに奥へと進んだ場所にあるのが、「六道庭(ろくどうてい)」。六道輪廻の教えを考える庭とされています。杉苔の美しい庭を、ぜひゆっくりと眺めてください。

庭園を楽しむ「南禅院」

京都 南禅寺 南禅院

南禅寺は、亀山天皇が1289年に出家して法皇となり、離宮を寄進して禅寺として大明国師を開山としました。南禅院は離宮の遺跡であり、また南禅寺発祥の地でもあります。南禅院の拝観券は、大人300円、高校生250円、小中学生150円。

京都 南禅寺 南禅院庭園

南禅院庭園は鎌倉時代末期の代表的な池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)で、京都の三名勝史跡庭園の1つに指定されています。

京都 南禅寺 南禅院 方丈

南禅院の方丈は、徳川綱吉の母・桂昌院の寄進で1703年に再建された、総桧の入母屋造こけら葺きの建物。内陣中央には重要文化財に指定された亀山法皇御木造が安置されています。

京都 南禅寺 南禅院庭園

庭園にある池は上池と下池からなり、上池は竜の形を模しているとされています。南禅院はこの池の周りをぐるりと回りながら、美しい庭を観賞することができます。創業当時のおもかげを残す南禅院の庭園をゆっくりと散策して、鎌倉時代に思いを馳せてみては。

南禅寺(三門・方丈庭園・南禅院)

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約8分。市バス「東天王町」または「南禅寺・永観堂道」より徒歩約8分
拝観時間
9:00〜17:00
冬期(11月~2月15日):9:00~16:30
ライトアップ期間(11月15日~11月30日):17:30~20:45
定休日
12月28日~31日
拝観料
三門:大人500円、高校生400円、小中学生300円
方丈庭園:大人500円、高校生400円、小中学生300円
南禅院:大人300円、高校生250円、小中学生150円
電話
075-771-0365
詳細
南禅寺公式ページ
拝観上の注意
建物内の撮影は原則ご遠慮いただいております。

南禅寺から歩いて巡れる、周辺スポットも充実

外国人にも人気のフォトジェニックな「水路閣」

京都 南禅寺 水路閣

南禅院の目の前、南禅寺の境内にある「水路閣」。琵琶湖から京都市内へと引かれた琵琶湖疏水の一部で、1888年に完成しました。全長93.2メートルのレンガ・花崗岩で造られたアーチ橋脚の構造物で、国および京都市指定の史跡です。

京都 南禅寺 水路閣

この水路閣のアーチ橋脚が美しいと、若者や外国人からも人気のあるスポットです。アーチ橋脚の奥行きを活かせば、こんな味のある写真も撮影できますよ。

京都 南禅寺 水路閣

ちなみに、こちらの水路閣は現役。現在も琵琶湖疏水がとうとうと流れています。水路閣の様子は、一般の人でも近くで眺めることができます。

美しい庭園を楽しむ「天授庵」

京都 南禅寺 天授庵

南禅寺方丈や水路閣から徒歩2分ほどの場所にある「天授庵」は、南禅寺塔頭(たっちゅう)の1つ。枯山水の庭と池泉回遊式の庭がある、庭を楽しむ施設です。拝観料は大人500円、高校生400円、小中学生は300円。

京都 南禅寺 天授庵

枯山水の庭では、敷石と苔の美しいコントラストが楽しめます。秋には一面が美しい錦に染まる紅葉スポットとしても人気。

京都 南禅寺 天授庵

枯山水の庭と池泉回遊式の庭との間は、門で仕切られています。それぞれ違った趣があり、2つの庭を1度に楽しむことができます。

京都 南禅寺 天授庵

池泉回遊式の庭には、大きな池が2つ。1つ目の池の水面には池の周りに植えられた木々が映り込み、幻想的な風景が広がっています。

京都 南禅寺 天授庵

2つ目の池には蓮が広がっています。池の周りをぐるりと歩きながら、角度によって異なる景色を楽しむことができます。

2019年11月15日から30日までの期間は、夜間のライトアップも開催。ライトアップ期間中の拝観料は、大人600円、高校生500円、小中学生400円です。

天授庵(南禅寺塔頭)

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約8分。市バス「東天王町」または「南禅寺・永観堂道」より徒歩約8分
拝観時間
9:00〜17:00
冬期(11月~2月15日):9:00~16:30
ライトアップ期間(11月15日~11月30日):17:30~20:45
拝観料
大人500円、高校生400円、小中学生300円 
ライトアップ期間:大人600円、高校生500円、小中学生400円
定休日
11月11日午後~12日午前中は行事のため休止
電話
075-771-0744

珍しい造りのトンネル「ねじりまんぽ」

京都 南禅寺 ねじりまんぽ

「ねじりまんぽ」は、三条通から南禅寺へ向かう道路の造成に伴って1888年に完成したトンネル。「まんぽ」とは、トンネルのことを指す古い言葉なのだそう。

京都 南禅寺 ねじりまんぽ

トンネルの上部にある、台車に乗った船が行き交うインクラインの重さに耐えられるように、内部のレンガが斜めにねじれているように巻かれていることから、ねじりまんぽという名で呼ばれています。

フォトジェニックと人気の「蹴上インクライン」

京都 南禅寺 インクライン

ねじりまんぽから徒歩2分ほどのところから入ることができる、「蹴上インクライン」。インクラインとは、傾斜鉄道のこと。国の史跡にも指定されています。フォトジェニックな写真が撮影できるとして、若者に人気の高いスポットです。

京都 南禅寺 インクライン

琵琶湖疏水の蹴上船溜から南禅寺船溜までの区間は高低差が大きいため、かつては船ごとインクラインの台車に載せて運搬していたのだそう。

京都 南禅寺 インクライン

蹴上インクラインは現在は使われていませんが、一部当時のレールを再び敷設して復元しています。ぜひこの風景を活かして、ノスタルジックな雰囲気のある1枚を撮影してみてください。

ねじりまんぽ・インクライン

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約5分。市バス「東天王町」または「南禅寺・永観堂道」より徒歩約15分

南禅寺を訪れたら外せない、湯豆腐の老舗「順正」

京都 南禅寺 湯豆腐 順正

南禅寺グルメと言えば、やはり湯豆腐。南禅寺の湯豆腐は、江戸時代の京都の案内書『花洛名勝図会(からくめいしょうずえ)』にも掲載されているほど、その歴史が古いのです。

そのため、南禅寺周辺には現在も湯豆腐の名店が軒を連ねています。南禅寺方丈や水路閣から徒歩4分ほどの場所にある「南禅寺 順正(じゅんせい)」は、そんな湯豆腐の名店の1つ。

京都 南禅寺 湯豆腐 順正

「ゆどうふ(花)」(3,000円)は、女性や小食の人にもおすすめのボリューム。ゆどうふをメインに、焚合(たきあわせ)、田楽、進肴(すすめざかな)、小鉢、御飯、香物が付いて、いろいろなものを気軽に食べられるコースになっています。

京都 南禅寺 湯豆腐 順正

クツクツと軽く煮た時に柔らかさと大豆の風味を楽しめるようにと計算されたお豆腐は、木綿豆腐だとは思えないほどふんわりとなめらか。特製の湯豆腐のたれでいただきましょう。

京都 南禅寺 湯豆腐 順正 庭園

食後には、ぜひ庭園散策を。書院玄関脇から国の登録有形文化財の石門をくぐると、東山を借景にした庭園が広がっています。大きな池には鯉が泳ぎ、四季折々の景色が楽しめる美しい庭園散策は腹ごなしにもピッタリです。

京都 南禅寺 湯豆腐 順正書院

庭園にある「順正書院」は、国の登録有形文化財。江戸時代に医学学問所として建てられた建物で、幕末の京都の案内書にも記されています。大名や文人墨客が集った歴史ある書院を眺め、思いを馳せてみるのも。

南禅寺 順正

住所
京都府京都市左京区南禅寺門前
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約5分。市バス「南禅寺・永観堂停留所」より徒歩約10分
営業時間
11:00〜21:30(L.O.20:00)
定休日
不定休
電話
075-761-2311
詳細
南禅寺 順正公式ページ

喫茶のみの利用できる名店「八千代」

京都 南禅寺 八千代 庭園レストラン「料庭」

南禅寺方丈や水路閣から徒歩約7分の場所にある「八千代」は、南禅寺参道沿いにある草庵茶室にならった簡素枯淡な趣のある宿。

庭園レストランは「料庭」と名付けられ、老舗料亭の京料理と植治(うえじ)の庭を味わえる空間です。そんな料庭八千代では、お昼と夜の間の時間帯に喫茶や甘味のみの利用も受けています。

京都 南禅寺 八千代 庭園レストラン「料庭」

「くりーむぜんざい」(700円)は、丹波の大納言を丁寧に炊いたぜんざいに、自家製の白玉、栗の甘露煮、バニラアイスを合わせ、アイスの上には宇治の抹茶をかけた一品。甘さ控えめの上品なぜんざいは、思わず頬が緩んでしまいます。

京都 南禅寺 八千代 庭園レストラン「料庭」

「抹茶と干菓子」(700円)は、こだわりの宇治の抹茶と数種の干菓子がセットになっています。京都ならではの色とりどりで美しい干菓子は、思わず写真を撮りたくなってしまうほど。

京都 南禅寺 八千代 庭園

八千代の庭園は、小川治兵衛(おがわじへえ)が手掛けた庭。山県有朋の別邸・無鄰庵(むりんあん)や円山公園、東京の旧古河庭園といった、明治から大正にかけての名庭園を数多く手がけた近代を代表する名庭師による意匠は必見です。夏は緑を眺めながら、春にはお花見をしながら、喫茶を楽しむことができます。

八千代

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町34
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約5分。市バス「法勝寺町」より徒歩約5分
営業時間
昼席11:00〜16:00(L.O.15:00)、夜席17:00〜21:00(L.O.19:00)
甘味・喫茶は繁忙期などを除く15:00~16:30の時間帯で受け入れ
定休日
無休
電話
075-771-4148

「八つ橋庵しゃなり」で京都ならではの体験を

京都 南禅寺 八つ橋庵しゃなり

京料理や京菓子作りなど京都ならではの体験ができる施設としておすすめなのが、「八つ橋庵しゃなり」。南禅寺の参道沿い、八千代のすぐ前にあり、食事もできます。

京都 南禅寺 八つ橋庵しゃなり 八つ橋体験

おすすめの体験は、「生地から作る生八つ橋手づくり体験」(1,230円)。約60分の体験で、3個分の八つ橋を生地から手作りすることができます。プラス300円で、お抹茶も合わせて楽しめる体験プランもありますよ。

八つ橋庵しゃなり

住所
京都府京都市左京区南禅寺草川町69-1
アクセス
市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約5分。市バス「南禅寺・永観堂停留所」より徒歩約5分
営業時間
10:00~17:30
定休日
火曜日(火曜日が祝日の場合は翌水曜日)、12月24日〜31日
電話
075-754-0611
詳細
八つ橋庵しゃなり公式ページ
京都 南禅寺
京都 南禅寺

今回は、大人の京都旅におすすめの南禅寺とその周辺のスポットをご紹介しました。京都市の中でも緑豊かなエリアである南禅寺とその周辺エリア。庭園が多いので、秋の紅葉はもちろんのこと、四季折々の景色が楽しめるのでぜひ訪れてみては。

取材・撮影・文/河合理恵

トップヘ
季節のテーマから探す
旅のシーンから探す
エリアから探す