旅の楽しみ方

日本初ムーミンバレーパークがオープン!アトラクションをレポート

埼玉県飯能市の宮沢湖畔でムーミンの物語を体験しよう!子どもから大人まで楽しめるアトラクションやグルメ、フォトスポットをご紹介します。

埼玉県飯能市の宮沢湖畔でムーミンの物語を体験しよう!子どもから大人まで楽しめるアトラクションやグルメ、フォトスポットをご紹介します。

2019年3月16日に日本初となるムーミンの世界をテーマにした「ムーミンバレーパーク」がいよいよ開業します。「ムーミンバレーパーク」が誕生したのは埼玉県飯能市の宮沢湖畔に2018年11月にオープンした、ショッピングやワークショップなどを楽しみながら北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」のお隣。
ムーミンやスナフキン、リトルミイらが暮らすムーミン谷で、子どもから大人まで楽しめるアトラクションやグルメ、フォトスポットをご紹介します!

池袋駅から最短約40分!ムーミンバレーパークへのアクセス

ムーミンバレーパークの最寄り駅は西武池袋線「飯能駅」。池袋駅から特急レッドアロー号に乗れば約40分で到着します。前面の曲面ガラスや大型の窓など独特なデザインが話題の新型特急「ラビュー」も2019年3月16日のダイヤ改正に合わせて運行が開始されます。駅北口を出たらバス乗り場へ。揺られること約13分で到着します。

車でのアクセスなら圏央道「狭山日高IC」から県道262号線経由で約12分。東京・神奈川方面からだけではなく、関越自動車道経由で北関東からのアクセスもバッチリです。駐車場の利用は、事前精算のWeb予約(平日1,500円、土日祝2,500円)がおすすめ。確実に駐車でき、時間を気にせずに過ごせます。

本をくぐってムーミンの物語の世界へ

ムーミンバレーパークの入口

メッツァビレッジの中を抜けて、ムーミンバレーパークの入口を目指します。宮沢湖を眺めながら北欧の雰囲気を感じているとムーミンがお出迎え!

ムーミンバレーパークのウェルカムゲートのモチーフは本

ウェルカムゲートのモチーフは本。4つのゲートは、メインキャラクターでもあるムーミン&スノークのおじょうさん、スナフキン&リトルミイ、ムーミンママ&トフスラン・ビフスラン、ムーミンパパとニョロニョロの組み合わせ。他のキャラクターもひっそりと隠れているので、写真を撮りながら探してみてくださいね。ここをくぐれば、もうそこからはムーミン谷の世界。

ムーミンバレーパークの案内図

ムーミンバレーパークは「はじまりの入り江(ボウカマ)」「ムーミン谷(ムーミンラークソ)」「コケムス」「おさびし山(ウクシナイセット ブオレット)」の4つのエリアにわかれていて、それぞれ違った楽しみ方ができます。

エントランス施設にはレストランとムーミングッズ

エントランス施設にはレストランとムーミングッズのお土産があります。授乳室や調子が悪くなったり、ケガをした場合に対応してくるファーストエイドがあるのもこちら。

ムーミンバレーパークのエントランスにあるインフォメーション

インフォメーションもあるので、場所を最初にチェックしておきたいですね。

再現された物語の世界とキャラクターを楽しもう!

ムーミンパパが作った水浴び小屋

最初のエリアはムーミンバレーパークのメインエリアとなる「ムーミン谷」。ここでは物語に登場する建物とムーミンキャラクターと出会えます。
はじめに見えてくるのは、ムーミンパパが作った水浴び小屋。泳ぐのが大好きなムーミン一家が夏を過ごす大切な場所です。ムーミン一家が冬眠中は他の登場キャラクターの住み家になります。

ムーミンバレーパークのシンボル・ムーミン屋敷

パークのシンボルにもなっている「ムーミン屋敷」。ムーミンパパが自分で設計図を書いて建てた理想の家です。煙突からの煙や干してある洗濯物まで再現されていて、中にも入れます。ガイドによる特別ツアーもあるので、北欧やヨーロッパから集められた調度品を楽しみながら物語の世界へ。

ムーミン屋敷に置かれているムーミンパパのパイプ

まずは貯蔵庫になっている地下室から。ムーミンパパが愛用するパイプなど、一つひとつのものを見ているだけでもあっという間に時間がたってしまいます。

屋敷の品々にはちょっとした仕掛けが隠れている
天井の隙間に何かが潜んでいる

かけてある布をめくったり、ふと天井を見上げるとキャラクターが隠れているので探してみてくださいね。

ムーミン屋敷をツアーガイドが案内してくれる

1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋。3階にはムーミンの部屋とリトルミイの部屋、ゲスト部屋にはスノークのおじょうさんの部屋、そして屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎があります。

物語とつなげながら案内するツアーガイド

ツアーガイドさんが物語とつなげながら案内をしてくれるので、ムーミンの物語を全部知らなくても大丈夫!ムーミン好きにも新しい発見がありそうです。

ムーミン屋敷のダイニングテーブル
ムーミンママの裁縫道具

原作を忠実に再現しているので、ついつい見入ってしまいます。

ムーミン屋敷

ガイドツアー料金
大人・子ども 1,000円、3歳以下は無料

アトラクションも充実!迫力満点のモーフィングシアターも

リトルミイのプレイスポット

ムーミン谷エリアではアトラクションも楽しめます。「リトルミイのプレイスポット」では、リトルミイの自由気ままでかわいいいたずらがムーミン屋敷で繰り広げられます。

スクリーンにはある仕掛けが

スクリーンにはある仕掛けがあるのでドキドキしっ放し。

リトルミイのプレイスポット

料金
大人・子ども 700円、3歳以下は無料
海のオーケストラ号

「海のオーケストラ号」のテーマは勇気、挑戦、友情、家族の絆。迫力満点のモーフィングシアターです。

立体の船や飛行機も登場

壁や床にも映像が映され、立体の船や飛行機も登場するので、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんのヨクサル、スニフのお父さんのロッドユールたちと一緒に冒険している気分に。

海のオーケストラ号

料金
大人・子ども 1,000円、3歳以下は無料

劇場でキャラクターと会える!風を感じながら劇と歌を野外で

エンマの劇場

ムーミン谷エリアで外せないのが「エンマの劇場」。小説『ムーミン谷の夏祭り』の舞台となったムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」では、ムーミンとその仲間たちによる劇が無料で楽しめます。上映時間が決まっているので、スケジュールを要チェック!豪華声優陣によるキャラクター音声と歌も見どころです。

思い出の写真撮影とゲームにチャレンジ

スタジオ・ムイック フォト

ムーミン谷エリアにはまだまだ楽しめるスポットがいっぱい。写真スタジオ「ムイック フォト」ではムーミンたちと一緒に写真が撮れます。ムイックはフィンランドで写真を撮るときの合言葉。撮影は2種類あるスタジオから選べます。

ムイック フォト

料金
1カット台紙付き 2,000円

ムーミンの世界観を表現した食事!デザートメニューも豊富

KOKEMUS(コケムス)

お腹が空いたらムーミン屋敷の隣にあるKOKEMUS(コケムス)エリアへ。コケムスはフィンランド語で「体験」という意味。

コケムスのフロアガイド

地上3階建ての展示施設には、インタラクティブな体感展示スペース、常設展や企画展、物語にちなんだものづくりワークショップも。また、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップもあるので要チェック。

レストランやメニューにもムーミンの世界観がたっぷり

ムーミン谷の食堂「ムーミラークソルオカラ」の店内やメニューには、ムーミンの世界観がたっぷり。ムーミン谷を旅している気分でお食事をいただけます。

緑の帽子パスタと青い帽子のシトラスタルト

スナフキンの帽子をイメージした「緑の帽子パスタ」(1,296円)。

彗星ハンバーグ

『ムーミン谷の彗星』のワンシーンをイメージした「彗星ハンバーグ」(1,620円)はお子さんも喜びそうな味付け。

ヤーコブさんの空飛ぶシチュー

「ヤーコブさんの空飛ぶシチュー」(1,404円)は、スウェーデンの家庭料理を元に作っていて、バナナとピーナッツベースのまろやかな味わいを楽しめます。

オリジナルHOTDOG

空の下で食べたい場合はムーミン谷エリアのテイクアウトフードの「オリジナルHOTDOG」(756円)がおすすめ。ビールとの相性もピッタリなのでガッツリ食べたいパパにもいいかも。こちらは写真スタジオ「ムイックフォト」のお隣にあります。

ワークショップで自分だけのお土産づくり

ワークショップ・パヤ

お腹がいっぱいになったらコケムス2階のワークショップ「パヤ」へ。白を基調とした空間で、ムーミンの物語に基づいたものづくりなどが楽しめます。

うみうまの絵付け体験

埼玉県飯能市の有名な木材「西川材」を使用して、ムーミンの物語に登場する「うみうま」の絵付け体験やキャラクターたち20種類のデザインから選ぶことができるオリジナル缶バッジ作り、ムーミンバレーパークオリジナルのジェルネイルを楽しめます。

ここでしかできない体験は、きっと忘れられない思い出になるはず。ワークショップ開催日当日の10時から参加券の販売が始まります。各回の人数が限られているので、事前に目星をつけておきたいところ。

ワークショップ パヤ

料金
うみうま(はなうま)の絵付け 1,500円
オリジナルバッジづくり 1個500円
オリジナルジェルネイル 1本800円

絵本の中の世界へ!大人も子どもも楽しめる展示

トーベ・ヤンソンが手がけた壁画の再現やオリジナルの原画を展示

ここだけでも半日は過ごせそうな数々の展示も見逃せないポイント。ムーミンの作者のトーベ・ヤンソンが手がけた壁画の再現やオリジナルの原画、ムーミンキャラクターズ社の貴重なコレクションは美術館のように大人も楽しめます。

歩くと水面が波打つ展示

歩くと水面が波打つ展示では大人もついつい童心に帰ってしまいます。

スナフキンと一緒に写真が取れるフォトスポット

お気に入りのキャラクターと一緒に写真が取れるフォトスポットもたくさんあるのでカメラとスマホの充電は忘れずに!

まるで絵本の中へ迷い込んだかのような空間

そして、まるで絵本の中へ迷い込んだかのようなドキドキの空間を歩くことができます。

世界最大級!キャラクターグッズやお土産をチェック

ムーミン谷の売店にはかわいいお土産がいっぱい

1階の「ムーミン谷の売店」は、パークのメインショップです。パーク内で一番広く、ムーミングッズを集めた店舗としては売り場面積・商品数とも世界最大級。

店内に所狭しとムーミンのグッズが並ぶ

かわいらしいグッズの数々は、思わず買い集めたくなってしまいます。

森の白夜のダンス場をイメージしたキッズスペースがあるので、お子さんたちが遊んだり本を読んだりしているうちにお買い物をすることもできます。

五感を使って物語を楽しむ冒険と散策の山

ムーミンの物語を体験できるおさびし山エリア

4つ目のエリアは「おさびし山」。物語を体験できるこのエリアは体を動かすのが大好きな子どもにピッタリ!最初にここに来てしまうと離れたくなくなって他のエリアを周る時間がなくなってしまうかも。

アスレチックツリーハウス
ヘムレンさんの遊園地

子どもたちが好きなものしかない「ヘムレンさんの遊園地」。メインは小説『ムーミン谷の仲間たち』の「しずかなのが好きなヘムレンさん」をモチーフにしたアスレチックツリーハウス。

飛行おにのジップラインアドベンチャー
提供:ムーミンバレーパーク

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は、おさびし山の頂上からスタートするジップラインです。小説『たのしいムーミン一家』に登場する「飛行おに」になって、往復約400mの宮沢湖面を滑空します。パーク全体を眺めながら、風を感じられるアトラクションです。

飛行おにのジップラインアドベンチャー

料金
1,500円
対象
小学3年生以上、身長120㎝以上190㎝未満、体重30㎏以上100㎏未満、乗車時にハーネスの装着できる方に限る。
※施設スタッフの判断により、ご利用を控えていただく場合があります。予めご了承ください。

チケットは事前予約がおすすめ!ムーミンの世界を旅してみませんか?

ムーミンの物語の世界を体験できるムーミンバレーパーク

子どもはもちろん、大人もたっぷり楽しめる「ムーミンバレーパーク」。ムーミンの世界観に浸ったら、周辺のホテルに泊まって秩父やライン下りで有名な長瀞など周辺地域の観光を合わせて楽しむのもおすすめ。
入園チケットは、公式WEBサイトよりご予約できます。ムーミンの物語の世界を旅人として体験してみませんか?

ムーミンバレーパーク

住所
埼玉県飯能市宮沢327-6メッツァ
営業時間
10:00〜20:00
定休日
不定休
入園料
大人1,500円、子ども1,000円、3歳以下無料
※一部有料アトラクションあり
アクセス
西武池袋線「飯能」駅よりバスで約13分

取材・写真・文/ヤムラコウジ

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますので公式ホームページなどでご確認ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。価格はあくまでも参考価格で、時期などによって変動する場合があります。

トップヘ