提供:ビクトリア州政府観光局

おしゃれな街歩きや、グルメやカフェ巡りなど、魅力いっぱいのモデルプラン

メルボルンはオーストラリアの南東に位置し、19世紀の面影を残したビクトリア調の建物と現代アートの建物が融合した街並みが魅力なオーストラリア第2の都市です。別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、イギリスの雑誌「エコノミスト」の調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい街」ランキングでは2011年から2017年まで7年連続で1位に選ばれました。

また、1年を通し国際的なイベントが多いのも特徴で、スポーツやファッション、アート、フードなど多岐にわたります。多民族国家として知られるメルボルンは食文化が発達し、近年では「モダン・オーストラリア料理」と呼ばれる多国籍文化が融合した独特かつ繊細な料理は、世界の美食家からも高い評価を得ています。イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した街でもあることから街のいたる所にはおしゃれなカフェが点在します。

一方、郊外にはオーストラリアワインの名産地ヤラバレーやモーニントン半島、「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロード、そして世界最小のリトルペンギンのパレードで有名な野生動物の宝庫フィリップ島など数多くの観光スポットがあります。

DAY 1

夜、カンタス航空の直行便で成田からメルボルンへ出発

※成田からメルボルンへの直行便は、カンタス航空と日本航空が毎日運航しています。

DAY 2

メルボルンへ到着。スカイバス(空港バス)で市内中心部へ。「メルボルン街歩き」楽しく街の散策を開始!

■フリンダースストリート駅

フリンダースストリート駅

1854年に国内最初の駅として開業。ビクトリア州の遺産に認定されているエドワード王朝風の駅舎はメルボルンのシンボルであり、代表的な待ち合わせスポット。2018年、改修工事を終え、外壁も一新。LED照明によって夜間はライトアップもされます。


■トラム

トラム

トラム(路面電車)はメルボルンを代表する公共交通機関になり、トラムに乗れば市内ほとんどの観光スポットを巡ることができます。乗り方も簡単なので、初めてメルボルンを訪れる人でも気軽に利用できます。市内中心部、及びドックランズ地区内の乗り降りは無料。市内の外周を循環する無料トラム「シティーサークル・トラム」もオススメです。
※無料エリア以外での乗車にはマイキーカード(ICカード)が必要になります。


■ホージアレーン

ホージアレーン

街のいたるところで見ることができるストリートアート、中でも有名な場所のひとつ「ホージアレーン」はフリンダースストリート駅からもほど近く、一日中多くの観光客で賑わうスポットです。


■レーンウェイとアーケード

レーンウェイとアーケード

最もメルボルンらしく、独特の雰囲気をもっているのがメインストリートから中に入ったレーンウェイと呼ばれる路地裏。石畳の小径が続き、19世紀の佇まいそのままの雰囲気が漂います。道の両側には小粋で可愛らしいカフェやレストランが並び、どこかヨーロッパの町へ迷いこんでしまったような錯覚に陥ってしまいます。


■ロイヤル・エキシビジョン・ビルとカールトン庭園

ロイヤル・エキシビジョン・ビルとカールトン庭園

1880年に開催された万国博覧会の会場として建設され、当時の万博の歴史を垣間見られる建造物として、2004年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。美しいビクトリア様式の建物で、オーストラリア初の連邦議会が開催された場所でもあります。ガイドツアーによる内部見学も可能です。


■ビクトリア州立図書館

ビクトリア州立図書館

著作物約150万冊を所蔵するオーストラリア最大級の図書館になり、絵画や美術品も多数展示。「死ぬまでに訪れたい世界の図書館15選」のひとつに選ばれています。


■ユーレカ・スカイデッキ

ユーレカ・スカイデッキ

南半球で最も高い地上285m、88階にある展望デッキからは全豪オープンテニス会場はもちろん、「ガーデンシティ」メルボルンの絶景を一望でき、一面ガラス張りの窓越しでは360度広がる空中散歩をお楽しみ頂けます。また世界でここでしか体験できない遮光切り替えガラスのキューブが建物から滑り出す「ザ・エッジ」もスリル満点です。


■クイーン・ビクトリア・マーケット

クイーン・ビクトリア・マーケット

140年の歴史をもつ南半球最大のマーケット「クイーン・ビクトリア・マーケット」。新鮮なシーフードや肉、野菜、フルーツなどの生鮮食料品はもちろん、日用品や雑貨など約700店以上が軒を連ねています。お土産を買うにも最適。夏季・冬季は毎週水曜日にナイトマーケットも開催されています。

DAY 3

メルボルンから車で約1時間、豊かな自然が残された丘陵地帯「ダンデノン丘陵」と、オーストラリアを代表するワインカントリー「ヤラ・バレー」で豊かな自然と極上のワインを楽しむ。

■ドメイン・シャンドン

ドメイン・シャンドン

フランスの有名シャンパン・メーカー、モエ・エ・シャンドンがヤラ・バレーに開設したワイナリー。日本では「シャンドン」のブランド名で知られています。広大なブドウ畑を見渡す「グリーン・ポイント・ルーム」でのワイン・テイスティングが人気。ワインの製造工程や貯蔵庫の見学もオススメです。


■ヤラバレー・デイリー

ヤラバレー・デイリー

チーズ類を中心とした食料品店で、その場でヤラバレー特産チーズのテイスティングが出来ます。チーズの他には、ハムやサラミ、瓶詰め製品、カントリー調のキッチン用品があります。


■ヒールズビル自然動物園

ヒールズビル自然動物園

オーストラリア特有を含む200種以上の動物が、広大な敷地で自然のままに飼育されています。特に希少種カモノハシの保護に力を入れていて、カモノハシが必ず見られるスポットとしても有名。他にも、ウォンバットやコアラの飼育係によるレクチャー、ワシなどの飛翔ショー、傷ついた野生動物のリハビリについて学ぶことができる野生動物病院など、見どころが豊富。


■パッフィンビリー鉄道

パッフィンビリー鉄道

20世紀初頭に建設された、オーストラリア最古の蒸気機関車。沿道には緑濃い温帯雨林が広がり、レトロな蒸気機関車とともにまるでおとぎ話の世界のような雰囲気を出しています。

DAY 4

「世界で最も美しい海岸線」とも呼ばれる、美しさと壮大な景観を持つグレート・オーシャン・ロードを観光。全長243キロに渡り海岸線に沿って絶景のドライブルートが続きます。

■ポートキャンベル国立公園

ポートキャンベル国立公園

グレート・オーシャン・ロードのハイライト。荒波に削り取られた断崖絶壁は、今も浸食と崩落が繰り返され、海岸線沿いに奇岩群を残しています。その中でも有名なのが「12使徒」や「ロックアード・ゴージ」。


■ヘリコプター遊覧飛行

ヘリコプター遊覧飛行

「12使徒」周辺をヘリコプターで遊覧し、上空から迫力満点の絶景を楽しめます。 エメラルドグリーンの海と真っ白い波のコントラスト、そして奇岩群の圧倒的な景色には旅の思い出となることでしょう。

DAY 5

午前中に市内散策&ショッピング。途中、お洒落なカフェで休憩。
午後は、メルボルンから車で約2時間。野生動物の宝庫「フィリップ島」へ。

お洒落なカフェで休憩
お洒落なカフェで休憩

■ペンギンパレード

ペンギンパレード

フィリップ島に生息する体長わずか30cmほどのリトル・ペンギンが毎晩、日没後に海から行列をなして陸の巣に帰ってくる姿を観察できます。 観覧席のタイプもいくつかあり、特におすすめは「ペンギンプラス席」。また「Underground Viewing(地下席)」ではペンギンと同じ目線でパレードを観ることができます。

DAY 6

カンタス航空の直行便でメルボルンから成田へ。


【情報・画像提供】ビクトリア州政府観光局

トップヘ
季節のテーマから探す
旅のシーンから探す
エリアから探す