旅の楽しみ方

大阪・キタとミナミの間の穴場!北浜・本町エリアにある注目のおしゃれホテル

キタとミナミの間にある穴場、北浜・淀屋橋・本町エリアに注目!

大阪の2大繁華街、「キタ」と呼ばれる大阪駅・梅田エリア、「ミナミ」と呼ばれる難波・心斎橋エリア。このキタとミナミの間に位置する北浜・淀屋橋(よどやばし)・本町(ほんまち)界隈には、おしゃれなホテルが続々と登場しています。アクセスはキタやミナミまで地下鉄で1~2駅と便利なのに、手頃な料金で、ほかのホテルとはちょっと違うおしゃれな空間に滞在することができます。

大阪メトロ路線図

また、古くから金融・経済の中心として栄えたこのエリアには、財界人たちが残した名建築も多く見られ、レトロ建築めぐりをするのもおすすめです。いま注目の北浜・淀屋橋・本町周辺のおしゃれなホテルと、あわせて立ち寄りたいレトロ建築をご紹介します!

ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜
ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜

「ロイヤルパークホテルズ」が手がけるライフスタイル型ホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」。コンセプトは「人が、アイディアが、集う」。開放的なラウンジでは、イベントが開催されたり、宿泊者にはコーヒーの無料サービスがあり、ワークスペースやブレイクエリアとして、思い思いの時間を過ごせます。さらに、18:00~20:00の間、宿泊者は無料でハードシードル、ワイン、ハイボール、スコッチウイスキーが飲み放題のフリーフローも開催中。

アメニティや備品もオリジナルの手書き風フォント入りでおしゃれ。これらのグッズは購入することもできます。また、大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅の出口に隣接した便利な立地にあり、雨の日も濡れずに移動できます。

THE BOLY OSAKA ( ザ・ボリー・オオサカ )
THE BOLY OSAKA ( ザ・ボリー・オオサカ )

北浜の古いビルをリノベーションし、中之島を望むリバーサイドに2019年に誕生した「THE BOLY OSAKA」。インテリアはもちろん、音楽やプロダクトにまでこだわり、ステイするだけではない刺激的な複合施設を目指しているのだそう。

川に面した客室からは中之島の夜景を一望でき、なかにはテラスにチェアが設けられたお部屋も。ルーフトップテラスやサロンでも大阪らしい景色を堪能できます。大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅からも、大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅からも徒歩約5分と、2駅使える立地も魅力です。

モクシー大阪本町
モクシー大阪本町

ザ・リッツ・カールトンやセントレジスホテル、Wホテルなどを擁するホテルグループ「マリオット・インターナショナル」が手掛けるライフスタイルホテル「モクシー大阪本町」。大阪メトロ堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩約5分の場所にあります。

スタイリッシュなデザインの客室はもちろん、宿泊者は無料で使えるフィットネスジム、24時間営業のカフェ&バーなど、おしゃれで充実した設備も魅力。カフェ&バーではDJイベントやシーズンイベントを開催するなど、夜遊びスポットしても注目です。

THE LIVELY大阪本町
THE LIVELY大阪本町

大阪メトロ堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩約1分という好立地に、2019年にオープンしたライフスタイルホテル「THE LIVELY大阪本町」。コワーキングスペース、ルーフトップテラス、ビリヤードもできるラウンジなど、多彩なパブリックスペースを備え、仕事をしたり、食事やお酒を楽しんだり、ほかのゲストとの交流を楽しんだり、あらゆるニーズを満たしてくれます。夕方にはなんとビールの無料サービスも。

客室は、世界中の高級ホテルにも導入されている「Serta(サータ)」社製のベッドや、間接照明が美しいスタイリッシュなインテリアが、非日常のプライベート空間を演出してくれます。

&AND HOSTEL HOMMACHI EAST
&AND HOSTEL HOMMACHI EAST

スマートフォンひとつで、客室のカギ、照明、空調などを操作でき、ちょっと先のIoTのある暮らしを体験できるスマートホステル「&AND HOSTEL HOMMACHI EAST」。思い思いの時間を過ごせるラウンジを設け、ゲスト同士で交流したり、仕事をしたり…。ワーケーションにもおすすめです。

客室は、ウッディなほっと落ち着く雰囲気。格安で泊まれる共用バス・トイレのドミトリールームから、ユニットバス付きのダブルやツインなど多彩にそろいます。アクセスは、大阪メトロ堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩約5分です。

大阪エクセルホテル東急
大阪エクセルホテル東急

2019年に誕生した「大阪エクセルホテル東急」。大阪のメインストリート「御堂筋」の名前の由来になった南御堂(真宗大谷派難波別院)の山門と一体になっていて、夏には盆踊り大会が開催されるなど、ここでしかできない体験が待っています。

万華鏡がテーマの客室は、遊び心を感じる空間。そこに、窓の外に広がる夜景が華やかさを添えます。大阪メトロ「本町」駅から徒歩約1分、心斎橋までも徒歩約6分と、立地の良さも魅力です。

ホテルコルディア大阪
ホテルコルディア大阪

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋」駅徒歩約1分、御堂筋線「淀屋橋」駅からは徒歩約5分と、2駅使える便利な場所にある「ホテルコルディア大阪」。スタイリッシュなデザイン、仕事ができるデスク、疲れを癒やすアメニティなどをそろえ、コンセプトは「リラックスできる粋な隠れ家」。

空間デザイン、プロダクトデザインは、家具の名産地・福岡県大川市の「関家具」によるもの。ベッド、照明、インテリアなど細部までこだわり抜き、くつろげる空間を実現しています。また、各フロアの共用廊下では、新進気鋭のアーティストのアート作品を楽しめます。

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋

大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅より徒歩約3分のところに、2020年に開業したばかりの「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」。客室はすべて16階以上にあり、大阪の街を一望できます。

24・25階のエグゼクティブフロアに宿泊すると、アルコールやコーヒー、軽食、朝食などの無料サービスがあるエグゼクティブラウンジ、専用のジム(2020年10月現在、一時閉鎖中)などを利用できます。

ホテル・アンドルームス大阪本町
ホテル・アンドルームス大阪本町

大阪メトロ四つ橋線「本町」駅から徒歩約4分、御堂筋線・中央線「本町」駅からは徒歩約6分の場所にある「ホテル・アンドルームス大阪本町」。

1泊のストーリーを充実させるためにあるとうれしい「&」が考え抜かれています。客室は、家具や備品にこだわったスタイリッシュ&シンプルな空間。自宅にいるように、靴を脱いでくつろげるお部屋も多数あります。

the b 大阪御堂筋
the b 大阪御堂筋

大阪メトロ「本町」駅から徒歩約3分、心斎橋へも徒歩約6分と好アクセスにある「the b 大阪 御堂筋」。コワーキングスペースとして使えるロビーには、淹れたてのエスプレッソを自由に楽しめるサービスもあり、ビジネスにも観光にもおすすめです。

シンプル・モダンな客室は、コンセントの配置にこだわるほど快適さと機能性を追求。大阪の夜景も楽しむことができます。
※2020年9月現在、臨時休館しています。

北浜・淀屋橋・本町周辺のおしゃれレトロ建築

北浜レトロビルヂング

北浜レトロビルヂング
北浜レトロビルヂング

明治45(1912)年に、証券仲買業者の社屋として建てられたレンガ造りの「北浜レトロビルヂング」。国の登録有形文化財に指定されています。

現在は、英国スタイルのティーサロン「北浜レトロ」になっていて、英国アンティークのインテリアも必見です。そんなかわいい空間でいただくトラディショナルなアフタヌーンティーが大人気で、行列ができるほど。1階ではスコーンやケーキ、英国雑貨などの販売もしているので、時間がなければテイクアウトするのもおすすめです。

五感 北浜本館

五感 北浜本館
五感 北浜本館

堺筋沿いに建つ1階が石造り、2階以上がタイル貼りのこの建物は、大正11(1922)年に旧報徳銀行大阪支店として建てられ、現在は人気パティスリー「五感」の本館として利用されています。このビルも登録有形文化財です。

中に入ると、吹き抜けと重厚でクラシカルな雰囲気が印象的な空間が広がります。1階ではケーキなどの販売を、2階はケーキやフレンチトーストなどをいただけるケーキサロンになっています。ちなみに、大阪みやげとして人気の「ええもんちぃ」「ええもん」も「五感」の商品です。

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

大正7(1918)年の完成以来、演劇やコンサート、講演などの催しが行われてきた中之島のシンボル的存在「大阪市中央公会堂」。構造は鉄骨レンガ造りのネオルネッサンス様式、内部はステンドグラスやシャンデリア、階段や扉のデザインにまでこだわり、建設には約5年の歳月を要しました。この建物も国の重要文化財に指定されています。

現在もコンサートや講演会など貸室として利用できるほか、地下にはレストランやショップも。内部を見学できるガイドツアーも実施されています。

大阪府立中之島図書館

大阪府立中之島図書館

ギリシャの神殿を思わせるコリント式の柱が印象的な石造りの建物は、明治37(1904)年、住友家の寄付によって「大阪図書館」として誕生しました。

「大阪府立中之島図書館」として、大阪関連の資料や大阪にゆかりの深い作家の作品、ビジネス関連の資料などを所蔵しています。ライブラリーショップや、北欧料理を提供するカフェもあり、中之島観光の合間に立ち寄ってみるのもおすすめです。また、毎週土曜日には建物の説明を聞けるガイドツアーも開催しています。

芝川ビル

芝川ビル

まだ木造建築が多かった昭和2(1927)年、地上4階・地下1階の鉄筋コンクリート造りに、南米マヤ・インカの装飾を施して建てられた「芝川ビル」。

もとは唐物商(欧米品の輸入業)を営んでいた芝川家の自家用に建てられたものの、自家用だけでは余裕があったため、戦前まで、洋裁・和裁・生け花などを学ぶ花嫁学校「芝蘭社(しらんしゃ)家政学園」として利用されました。現在は、セレクトショップやカフェ、レストラン、バーなどが入っています。夏には、屋上テラスでビアガーデンも開催されます。

ダイビル本館

ダイビル本館

堂島川沿いに建つオフィスビル「ダイビル本館」。現在の建物は2013年に建て替えられたものですが、レンガの外観が美しい低層部は、大正14(1925)年竣工の旧ビルの意匠が復元されています。

旧ビル解体時に約18万個ものレンガをひとつひとつ手作業で取り外し、現ビルに再利用されているというから驚きです。石彫刻、床のタイル、手すりなども旧ビルのものを再利用しています。その低層階には、ベーカリー、カフェ、ビストロなど名店がそろっています。

ホテル探し・散策の参考に!北浜・本町おしゃれホテル&レトロ建築MAP

トップヘ