旅の楽しみ方

秋田県大館市で秋田犬に触れあおう!かわいいモフモフわんこに出会う旅

秋田県大館市は秋田犬(あきたいぬ)発祥の地。このエリアには、かわいい秋田犬に会える場所がたくさんあります。今回は、愛らしい表情とモフモフしっぽの秋田犬に会いながら食事や温泉、アクティビティを体験してきました。

最高のモフモフ感!秋田原産の秋田犬とは

国の天然記念物に指定されている秋田犬

国の天然記念物に指定されている秋田犬(あきたいぬ)は、秋田県が原産。三角形の耳にふわふわの冬毛、くるんと巻いたしっぽが特徴的です。

古くから狩猟犬や番犬などとして活躍してきた犬種で、日本一有名な秋田犬「忠犬ハチ公」のイメージ通り飼い主に忠実な性格。凛々しい立ち姿や愛くるしい顔立ちも魅力的な大型犬です。

秋田犬のふるさと秋田県大館市

国の天然記念物に指定されている秋田犬

秋田県北部の大館市は、秋田犬のルーツである「大館犬」が江戸時代以前から暮らしていた、秋田犬のふるさとです。

現在も秋田犬の保存活動やPRを積極的に行う秋田犬づくしの町で、秋田犬愛好家にとって一度は訪れてみたい聖地です。

国の天然記念物に指定されている秋田犬

フィギュアスケート金メダリストのザギトワ選手の愛犬「マサル」も、忠犬ハチ公も大館市出身、最近では海外ファンも急増中の秋田犬たちに直接会える町です。

秋田県大館市までのアクセス

秋田県大館市 秋田犬ツーリズム

秋田新幹線の終点である秋田市から向かう場合は、JR秋田駅から奥羽本線に乗り、約1時間43分でJR大館駅に到着です。

また、首都圏から大館市に直行するなら大館能代空港が便利。羽田空港から約1時間10分です。秋田犬で知られる忠犬ハチ公にちなんで毎月8の付く日の午前到着便では、秋田犬がお出迎えしてくれます。空港からJR大館駅まではリムジンバスで約54分で行くことができます。

お茶目なわんちゃんにふれあえる「秋田犬の里」

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」おもちちゃん

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」では、ふわふわ白毛の「おもち」ちゃんをはじめとする、秋田犬のわんちゃんたちに出会うことができます。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

高さ18メートルの時計台と三角屋根が印象的な外観は、忠犬ハチ公がご主人を待っていた当時の渋谷駅がモデル。建物の前には、両耳がピンと立ったハチ公像が大館駅を向いて座っています。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

大館駅のすぐ目の前、徒歩約1分の場所にある「秋田犬の里」は、2019年に新しくオープンした観光交流施設で、秋田犬ミュージアムと観光案内所を併設しています。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

秋田犬グッズが充実したお土産コーナーは必ず立ち寄ることをおすすめします。種類豊富なぬいぐるみや大館で会える人気犬たちをモチーフにしたオリジナルグッズの数々は、旅の最後にもう一度立ち寄りたくなるかわいさです。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

螺旋階段を登ると館内の吹き抜けの大空間を眺められます。また、2階から屋上テラスに出ると大館の町並みや、夏に大文字焼きが行われる鳳凰山を一望できます。

秋田犬づくしの「秋田犬ミュージアム」

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

「秋田犬の里」の奥には「秋田犬ミュージアム」があり、無料で見学可能です。秋田犬パネルに迎えられて中に入ると、秋田犬の歴史や特徴など秋田犬のことを学べる展示コーナーがあります。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

秋田犬の特徴や、大館市の秋田犬にまつわるスポットなどが紹介されています。

海外の秋田犬愛好家の紹介では、ロシアのプーチン大統領、元横綱・朝青龍関などが紹介されています。あのヘレン・ケラーも秋田犬を飼っていたそうです。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

中でも目を引く秋田犬タワーは、ザギトワ選手の愛犬「マサル」がモデルのぬいぐるみ160体でつくられています。

本物の秋田犬を間近に「秋田犬展示室」

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

ミュージアムすぐ横の展示室でいよいよ本物の秋田犬とご対面!施設を訪れるファンのために、日替わりで秋田犬が来てくれます。

十数頭いるそうなので、どの秋田犬に会えるかも楽しみです。秋田犬展示室は9:30~16:15までで、月曜はお休みです。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

ガイドさんが秋田犬について解説してくれます。秋田犬はもともと警戒心が強い犬種なので、ストレスを与えないためにも注意事項は必ず守って見学しましょう。写真撮影もOKです(フラッシュはNG)。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

大館駅の観光駅長を務め、お土産コーナーにグッズも売られている「おもち」ちゃん。こうして飼い主さんと遊ぶ様子を眺めたり、飼い主さんに了承を得てゲージ越しにコミュニケーションをとったりできます。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

カメラ目線をくれました!秋田犬は茶色い毛の個体が全体の7割を占め、虎毛や白毛の個体は少ないそうですが、今回は白い秋田犬にたくさん出会えました。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

寝転がるおもちちゃん。白い秋田犬は、鼻や肉球がピンク色ですが、そうした些細な部分までよく観察できます。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

建物の横にある芝生広場を案内してくれたのは、生後半年ほどの女の子「翔和(とわ)」ちゃん。広いスペースで、愛犬を連れて自由に散歩ができる犬と人の交流の場です。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

秋田犬の冬毛は二重構造で冬の寒さにとても強く、雪の外遊びもへっちゃらです。外側の真っ直ぐな毛が雨や雪を防ぎ、内側にびっしり生えた柔らかい毛が保温の役割を果たしています。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

秋田犬がほかの犬よりモフモフな理由がここにあります。

大館市観光交流施設「秋田犬の里(あきたいぬのさと)」

翔和ちゃんは一緒に育った姉妹犬「誉(ほまれ)」ちゃんとともに、2020年2月以降の展示室デビューを目指しています。これからの活躍が楽しみですね。

大館市観光交流施設「秋田犬の里」

住所
秋田県大館市御成町1-13-1
開館時間
4月~3月31日  9:00~17:00
休館日
12月31日、1月1日
入館料
無料
詳細
「秋田犬の里」公式サイト

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

大館駅から車で約10分の場所にある「秋田犬会館」は、ファンなら必ず立ち寄りたい秋田犬の総本山。

90年以上の長きに渡り秋田犬の保存と普及に努めてきた、「秋田犬保存会」の本部が入っている建物で、日本で唯一の単一犬種の博物展示室があります。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

館内では保存会会員の秋田犬たちが出迎えてくれます。カウンターからごあいさつしてくれたのは白毛の「ゆき」ちゃん、8歳のベテラン受付嬢です。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

こちらは虎毛の「昴」くん。8ヶ月の男の子で、来訪者に興味津々の様子。この日は、ほかにお昼寝中の「くろべぇ」(虎毛)と「銀」(赤毛)を含めて、全部で4頭の秋田犬がいました。4月下旬〜11月中旬までは屋外犬舎にも秋田犬がいます。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

1階は秋田犬保存会の事務局で、お土産コーナーもあります。ここでしか買えないグッズもあるので、ぜひチェックしてみてください。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

博物展示室のある3階へ。昭和初期から続く秋田犬保存会だからこそ伝えられる貴重な写真や資料が並びます。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

マタギの暮らしを再現したコーナーでは、狩猟犬として活躍した秋田犬が、家族のように大切にされてきた昔を伝えています。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

忠犬ハチ公の写真が展示されています。銅像の印象が強く、意外に写真を見る機会は珍しいかもしれません。ほかにも犬を祀る神社や掛け軸なども紹介されていて、秋田犬が長い間愛されてきたことが伺えます。

秋田犬会館

住所
秋田県大館市三ノ丸13-1
営業時間
9:00~16:00
休館日
8月13日午後、年末年始(12月18日〜1月3日)
博物室入館料
大人200円、小人100円

ランチには名物の「鶏めし」がおすすめ

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

大館駅の真向かいにある「花膳」の鶏めしは、大館駅が開業した明治32年から駅弁として販売され、地元で知らない人はいないほどの名物です。店内では、そんな人気の鶏めしを曲げわっぱに入れて提供してくれる「鶏めし御膳」が人気。

曲げわっぱが余分な水分を吸い取ってくれるので、ふっくらした鶏めしを堪能できます。

花膳

住所
秋田県大館市御成町1-10-2
営業時間
10:00~14:30
定休日
なし

伝統工芸品大館曲げわっぱの「柴田慶信商店」

伝統工芸品大館曲げわっぱの「柴田慶信商店」

大館駅から徒歩約3分。賑わい創出の場として新たに誕生した「わっぱビルヂング」の1階に、大館の伝統工芸品「大館曲げわっぱ」の製造販売を行う「柴田慶信商店」のショップ&ギャラリーがあります。

伝統工芸品大館曲げわっぱの「柴田慶信商店」

曲げわっぱは、秋田犬とともに山仕事をしたマタギも使っていた歴史があります。材料の秋田杉は軽く、余分な水分を吸うので時間が経ってもごはんがおいしいすぐれもの。

まさに用の美の真髄といえる工芸品です。柴田慶信商店では本来の特性を活かすため、弁当箱やおひつにはウレタン塗装をしないのがこだわりです。

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

ワークショップスペースでは、丸弁当箱やパン皿などをつくる曲げわっぱ製作体験ができます(要予約)。木槌やのこぎりを使った本格的なものから、「曲げ」を体験する手軽なものまで、ものづくりを通して伝統の技に触れられます。

伝統工芸品大館曲げわっぱの「柴田慶信商店」

同ビルはほかに、1階にカフェ、2階にコワーキングスペースがあり、地域の人と外から訪れる人の交流拠点になっています。

柴田慶信商店

住所
秋田県大館市御成町1-12-27
営業時間
10:30~17:00
定休日
火曜日

秋田犬に詳しくなったら「秋田犬検定」

秋田犬の歴史を学ぶ「秋田犬会館」

秋田犬のことをもっと知ってほしい、との思いから大館市で始まった「秋田犬検定」。

秋田犬についての基礎知識や大館と秋田犬にまつわることなどで構成されたご当地検定で、インターネットからでも手軽に受験できますよ。大館を旅して秋田犬に詳しくなったらきっと合格できるはず。

大館市の秋田犬土産もおすすめ

秋田犬のお土産

こちらは秋田犬会館で購入した、ザギトワ選手の愛犬「マサル」がモデルのハンドパペット1,300円(税抜)と、秋田犬の里で購入した、比内地鶏だしをベースにした「ハチ公ラーメン」300円(税抜)。

売上げの一部は、秋田犬の保存・保護を目的としたONE FOR AKITAプロジェクトへ寄付されます。ほかにもTシャツや缶バッジなど、たくさんの秋田犬グッズがあるのでぜひ現地で手にとってみてくださいね。

大館市で秋田犬に会える宿はどこ?

大館市で秋田犬に会える宿

大館市にはかわいい秋田犬に会える宿もあります。大館に訪れる際、宿選びの参考にしてみてくださいね。

ロイヤルホテル大館

「秋田犬の里」目の前にあるビジネスホテル

秋田犬「ロイヤルホテル大館」

大館駅から徒歩約4分、秋田犬の里の目の前にある「ロイヤルホテル大館」。こちらは看板犬の「栄斗(エイト)」くんと「比菜(ひな)」ちゃんという女の子です。天然温泉の大浴場、郷土メニューを取り入れた朝食バイキングが人気のお宿です。

国の天然記念物に指定されている秋田犬

現在、ふれあいは休止中ですが見学希望の場合は事前に問い合わせをするようにしましょう。まるで笑っているような比菜ちゃんの表情に心が癒されます。

ロイヤルホテル大館

住所
秋田県大館市中道1-2-26
アクセス
JR大館駅より徒歩約4分 

ふるさわ温泉 光葉館

秋田犬の親子に会える温泉宿

「ふるさわ温泉 光葉館」

大館駅から車で約7分の「ふるさわ温泉 光葉館」は、飲める温泉「芒硝泉(ぼうしょうせん)」が自慢の温泉宿。こちらには「温(はる)」と「華(はな)」という2頭の親子の看板犬がいます。

「ふるさわ温泉 光葉館」

華ちゃんは看板犬デビューしたばかりで、まだ甘えん坊のいたずら盛り。宿ではお母さんにぴったり寄り添って、うとうとお昼寝する愛らしい姿も見られるかもしれません。

お母さんの真似をして一生懸命看板犬修行中の華ちゃん。温泉と秋田犬のかわいい姿にすっかり癒されそうです。

ふるさわ温泉 光葉館

住所
秋田県大館市新綱27
アクセス
JR大館駅より車で約7分

秋田県大館市の誇り、秋田犬に会いに行こう

秋田犬は大館市の誇り

「秋田犬に会いに来た」と言うと、とにかく喜んでくれる大館の方々。まるで身内が褒められたような照れと誇らしさが混じる笑顔が印象的でした。何百年も共に生きてきた人と犬の醸し出す空気感は、ペットというよりは尊敬し合う関係のようです。

秋田犬は大館市の誇り

愛くるしい姿、ときに凛々しい顔。大切に守られてきたモッフモフの秋田犬に、みなさんも会いに出かけてみませんか?

秋田犬ツーリズム体験マップ


 

 

写真・取材・文/Junko Saito

トップヘ
旅のシーンから探す
エリアから探す
旅の目的&季節のテーマから探す