沖縄県に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング

1位 ソーキそば

ソーキそば

428票

そばという名前ではあるものの、蕎麦粉ではなく、小麦粉で作った太くねじれた形状の麺を使用します。その独特の食感は、あらかじめ茹でた麺に油をまぶしておくことで生まれるもの。魚介スープと骨付きの豚肉のトッピングが特徴です。

ソーキそばに関する宿泊プラン一覧

2位 チャンプルー料理

チャンプルー料理

196票

沖縄県の方言で、「チャンプルー」は「混ぜこぜにした」という意味。残った野菜や豆腐、ランチョンミートなどを炒めた沖縄県の家庭料理です。材料にルールはありませんが、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーがよく知られています。

チャンプルー料理に関する宿泊プラン一覧

3位 石垣牛料理

石垣牛料理

152票

石垣島をはじめとする八重山郡島内で飼育されたブランド牛。石垣島はハワイとほぼ同じ緯度に位置する温暖な気候の島で、1年を通じて牧草が尽きません。それらを食べながら放牧で育つため、良質な肉へと仕上がります。

石垣牛料理に関する宿泊プラン一覧

4位 アグー豚料理

アグー豚料理

130票

約600年前に中国から運ばれ、沖縄県で飼い続けられていた島豚を由来に持つ品種。豚肉には珍しい霜降り肉で、甘味と旨味の詰まった脂が堪能できます。アグー豚は普通の豚の1/3ほどのサイズで成長も遅いため、大量に出回ることのない貴重な豚肉です。

アグー豚料理に関する宿泊プラン一覧

5位 ラフテー

ラフテー

89票

皮付きの豚肉を泡盛や醤油で甘辛く味付けした角煮のような料理で、古くから保存食として親しまれてきました。箸で切れるほどに柔らかく煮込み、塊のまま盛り付けるのが一般的。ソーキそばの具に使用することもあります。

ラフテーに関する宿泊プラン一覧

6位 グルクンの唐揚げ

グルクンの唐揚げ

88票

グルクンとはフエダイ科タカサゴ属の魚のことで、沖縄県の方言で「グルクン」と呼ばれます。沖縄県の魚にも指定されているほどポピュラーな魚で、食べ方は唐揚げがダントツの人気。1年中獲れるので、家庭料理や居酒屋のメニューにもよく登場します。

グルクンの唐揚げに関する宿泊プラン一覧

7位 海ぶどう料理

海ぶどう料理

81票

温暖な海でのみ育つ海藻で、沖縄県本島、宮古島など限られた海にのみ生息しています。葉がぶどうの房のように球状になっていて、プチプチとした食感が特徴です。ビタミン、食物繊維、鉄分、カルシウムなどの栄養も豊富です。

海ぶどう料理に関する宿泊プラン一覧

8位 ジーマミー豆腐

ジーマミー豆腐

80票

落花生から作られた豆腐です。モチモチした食感と落花生の香ばしさがクセになる一品。おろし生姜やわさびとともに醤油で食べれば、酒のつまみに最適。黒蜜や甘いソースをかければ、プリンのようなスイーツとしても楽しめます。

ジーマミー豆腐に関する宿泊プラン一覧

9位 ゆし豆腐

ゆし豆腐

66票

豆乳ににがりを入れた状態で食べる、おぼろ状の柔らかい豆腐です。醤油をかけてそのまま食べても良し、みそ汁の具にしたり、ソーキそばにのせたりする食べ方も人気です。大豆の風味が濃厚です。

ゆし豆腐に関する宿泊プラン一覧

9位 八重山そば

八重山そば

66票

作り方はソーキそばと似ていますが、細くて丸いストレート麺を使用するのが特徴で、ソーキそばよりもスープに甘味を感じます。醤油で炒めた豚肉とカマボコを細切りにしてトッピングし、好みで島胡椒を振っていただきます。

八重山そばに関する宿泊プラン一覧

※このランキングは、楽天トラベルで2014年12月15日~2015年11月15日に沖縄県に宿泊したユーザ(沖縄県居住者は除く)に対し行ったメールアンケートの結果をもとに算出しています
※アンケート期間:2015年11月25日~11月30日(投票総数:2,003)

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP