旅グルメ

岡山県に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング

岡山県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!岡山県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

岡山県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!岡山県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

Number 1 ranking

祭りずし(ばらずし)

160
祭りずし(ばらずし)
画像提供:岡山県観光連盟

「ばらずし」「岡山ずし」とも呼ばれ、お祭りや祝い事などハレの日の食事として親しまれています。見た目にはちらし寿司に似ていますが、すし飯に魚介や野菜などの具材をたっぷり混ぜ込むのが特徴です。

祭りずし(ばらずし) に関する宿泊プラン一覧
Number 2 ranking

ママカリ料理

123
ママカリ料理

「サッパ」と呼ばれるニシン科の魚のことで、岡山県近郊では「ママカリ」の名で知られています。骨や皮がやわらかいうちに食べるなら初夏に、脂の乗った身を堪能するなら秋がおすすめ。ママカリの酢漬けは、岡山県を代表する郷土料理です。

ママカリ料理 に関する宿泊プラン一覧
Number 3 ranking

津山ホルモンうどん

93
津山ホルモンうどん
画像提供:岡山県観光連盟

50年以上も前に誕生したといわれる、岡山県津山市が誇るB級グルメです。現在では市内を中心に50軒以上のお店で食べることができ、ホルモンの旨味が凝縮した脂がうどんに絡む様子が食欲をそそります。仕上げに甘味のあるタレで味を整えます。

津山ホルモンうどん に関する宿泊プラン一覧
Number 4 ranking

タコめし

52
タコめし
画像提供:岡山県観光連盟

全国でもトップクラスの漁獲量を誇る岡山県のタコ漁。潮流の早い倉敷市下津井で育ったタコは、歯応えがあり噛みしめるほどに旨味が広がります。ぶつ切りにしたタコを米とともに炊いたタコめしは、味付けやトッピングにお店の個性が光ります。

Number 5 ranking

カキオコ

49
カキオコ

「カキオコ」とは牡蠣がたっぷり入ったお好み焼き風料理のことで、備前市日生町の郷土料理のひとつ。特に、牡蠣の旬である冬の季節によく食べられています。備前市周辺には専門店が数多くあり、それぞれ焼き方や味付けにこだわりがあります。

カキオコ に関する宿泊プラン一覧
Number 6 ranking

蒜山(ひるぜん)焼きそば

42
蒜山(ひるぜん)焼きそば

噛みごたえのある親鶏肉と、蒜山高原名産のキャベツをたっぷり使った焼きそば。ニンニク、玉ネギ、リンゴなどを調合した味噌ダレが味の決め手です。昭和30年代に誕生して以来地元の人から人気を集め、近年はB級グルメとしても評判を呼んでいます。

蒜山(ひるぜん)焼きそば に関する宿泊プラン一覧
Number 7 ranking

シャコ料理

41
シャコ料理

瀬戸内海に面した港町である岡山県笠岡市はシャコの産地として有名で、市の魚にも指定されています。旬のシーズンは産卵期に入る春と秋の2回。塩ゆでにして食べる方法が一般的ですが、新鮮なものであれば刺身にしてもおいしくいただけます。

シャコ料理 に関する宿泊プラン一覧
Number 8 ranking

黄にら料理

38
黄にら料理
画像提供:セントラルホテル岡山

岡山県を代表する特産物「黄ニラ」は、旭川下流の砂壌土地帯で広く栽培されています。甘い香りと独特の風味、シャキシャキ食感が特徴で高級食材として知られていますが、岡山県では味噌汁の具やパスタ、サラダなどさまざまな料理に利用されています。

黄にら料理 に関する宿泊プラン一覧
Number 9 ranking

デミカツ丼

36
デミカツ丼
画像提供:岡山県観光連盟

一般的なかつ丼のように卵でとじるのではなく、デミグラスソースをかけたかつ丼のこと。丼ものでありながら洋食の味わいが楽しめると人気急上昇中の一品です。デミグラスソースには店のこだわりが光り、キャベツや生卵がトッピングされることも。

デミカツ丼 に関する宿泊プラン一覧
Number 10 ranking

牡蠣料理

32
牡蠣料理

日本有数の牡蠣養殖地域として知られる岡山県。特に日生で養殖される真牡蠣は、殻も身も大ぶりでふっくらとしているのが特徴です。日生の牡蠣は身が縮みにくいため、焼き牡蠣はもちろん、牡蠣めしや牡蠣フライなどさまざまな食べ方が楽しめます。

牡蠣料理 に関する宿泊プラン一覧

※このランキングは、楽天トラベルで2014年9月1日~2015年8月31日に岡山県に宿泊したユーザ(岡山県居住者は除く)に対し行ったメールアンケートの結果をもとに算出しています
※アンケート期間:2015年9月11日~9月15日(投票総数:893)

トップヘ