旅グルメ

奈良県に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング

奈良県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!奈良県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

奈良県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!奈良県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

Number 1 ranking

柿の葉寿司

186
柿の葉寿司

柿の名産地でもある奈良県の郷土料理の代表格!柿の葉には殺菌効果があると言われており、寿司でありながら日持ちがよいのでお土産にも最適。絶妙な塩と酢加減、爽やかな柿の葉の香りが日がたつにつれて熟成し、出来たてから少しずつ味の変化を楽しめる。お店ごとに味付けが違うので、食べ比べて自分好みの柿の葉寿司を探してみては。

柿の葉寿司 に関する宿泊プラン一覧
Number 2 ranking

三輪素麺

62
三輪素麺

三輪地方の特産品である三輪素麺がランクイン。三輪素麺の歴史は古く、1,200年前に飢饉と疫病から救うために生み出され、江戸時代に記された『日本山海名物図鑑』という産業図鑑に「大和の三輪素麺は日本一」と記されている。麺の細さからは想像もつかない腰の強い独特の歯ごたえと舌ざわりの良さが特徴でファンが多い。

三輪素麺 に関する宿泊プラン一覧
Number 3 ranking

奈良漬け

56
奈良漬け

奈良漬けの歴史は古く、奈良県時代には高級品として貴族に食べられていた。瓜や胡瓜を清酒粕に何度も漬け替えを繰り返してできた奈良漬けは、芳醇な香りとほのかな甘味がお酒好きにはたまらない逸品だ。しっとりとしていながらも歯ごたえがあり、味わい深い漬物は、炊きたての白いご飯にはもちろん、お茶やお酒のお供にもぴったり。

奈良漬け に関する宿泊プラン一覧
Number 4 ranking

大和の茶粥

28
大和の茶粥

地元の人々に昔から食されてきた茶粥が第4位。番茶を使って米から炊き上げた茶粥は、シンプルながら香ばしい番茶の香りに食欲をそそられる。一般的なお粥に比べるとさらりとしていて、粘りがないのが特徴。ホテルの朝食で出される事も多い。夏は冷たい茶粥であっさりと、冬はあたたかい茶粥でほっこりとしてみてはいかが。

大和の茶粥 に関する宿泊プラン一覧
Number 5 ranking

ごま豆腐

19
ごま豆腐

精進料理の1つでもあるごま豆腐は、寺院の多い奈良県ではよく見かけられる料理。香ばしいごまの香り豊かな豆腐は、葛を使って作られており、モチっとした食感とツルンとした喉越しはまるで和菓子のよう。好みでワサビ醤油や味噌などをつけて食べるのが一般的。やはり作りたてが風味も食感も一番なので、ぜひ地元で味わってみてほしい。

ごま豆腐 に関する宿泊プラン一覧
Number 6 ranking

にゅうめん

14
にゅうめん

全国的に知られているにゅうめんだが、実は奈良県が発祥の郷土料理。三輪素麺を温かいダシでいただくのが奈良県のにゅうめんだ。にゅうめんには製造から2年目を迎えるコシの強い「厄古物(ひねもの)」という素麺を使うと、伸びにくく美味しく食べることができる。柿の葉寿司とセットで出てくるお店もあるので、奈良県の旅めしを堪能してみては。

にゅうめん に関する宿泊プラン一覧
Number 7 ranking

飛鳥鍋

11
飛鳥鍋

飛鳥鍋は名前の通り飛鳥~平安時代に唐からの僧侶が乳製品を飛鳥の都に伝えた時に作られるようになった牛乳ベースの鍋料理。白味噌や塩、醤油などを加えてたっぷりの鶏肉と旬の野菜を煮ることで、ダシが合わさり子どもにも食べやすい優しくまろやかな味わいになる。明日香村内や橿原市で食べることができる。

飛鳥鍋 に関する宿泊プラン一覧
Number 7 ranking

奈良県の薬膳料理

11
奈良県の薬膳料理

奈良県市内には薬膳料理が食べられるお店が意外と多い。薬膳料理と聞くと薬草を使った苦い料理をイメージしがちだが、実は季節に合った旬の野菜や食べる人の体調に合わせた身体に優しい料理だ。事前予約をすると料理を提供してくれる寺社もある。奈良県の落ち着いた景色に囲まれながら美味しい料理で身体も癒そう。

Number 9 ranking

しし鍋

8
しし鍋

「猪肉が新鮮で臭味がなく美味しい!」「絶妙な味付けでやみつきに!」という声を多く集めた第9位のしし鍋。自然豊かな奈良県だからこそ味わえる究極のジビエ!新鮮な猪肉とゴボウやねぎ、水菜やしいたけなどをたっぷりと入れて食べれば、体の芯からポカポカ。肉と野菜の旨みたっぷりのダシに、うどんやご飯を入れれば最高のシメに!

しし鍋 に関する宿泊プラン一覧
Number 10 ranking

5
蘇
画像提供:奈良県パークホテル

飛鳥時代~平安時代に実際に作られていた古代のチーズが現代に蘇ったもの。原材料は牛乳だけで、火にかけひらすらコトコト煮込んでいくと出来上がるのが蘇だ。牛乳のほんのりとした甘さとコクが凝縮され、口に入れれば舌の上でまろやかに溶けていく。明日香村近辺や橿原市にある牧場で売っているので、古代の超高級食材を一度食べてみてほしい。

蘇 に関する宿泊プラン一覧

※このランキングは、楽天トラベルで2014年7月15日~2015年7月15日に奈良県に宿泊したユーザ(奈良県居住者は除く)に対し行ったメールアンケートの結果をもとに算出しています
※アンケート期間:2015年7月23日~7月27日(投票総数:512)

トップヘ