旅グルメ

鹿児島県に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング

鹿児島県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!鹿児島県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

鹿児島県に旅行した人が「一番おいしかった料理」に投票!鹿児島県ご当地グルメランキング、その名も旅めしランキング人気トップ10!

Number 1 ranking

黒豚料理

495
黒豚料理

全国的に知名度の高い鹿児島県の黒豚。中でも「かごしま黒豚」は、きめ細やかでみずみずしく、弾力のある肉質が絶品です。脂肪の融点が低いので口に入れるとさっと溶け、ほのかな甘みを感じながらもサッパリとしたあと味を感じられます。

黒豚料理に関する宿泊プラン一覧
Number 2 ranking

つけあげ

113
つけあげ

鹿児島県の「さつま揚げ」のこと。原材料はアジやイワシといった青魚や、エソ、タラなどさまざまで、他地域のさつま揚げよりも甘めの味付けが特徴です。鹿児島県内のスーパーには多くのメーカーのつけあげが並んでいます。

つけあげに関する宿泊プラン一覧
Number 3 ranking

鹿児島ラーメン

99
鹿児島ラーメン

確かな定義はないものの、豚骨スープに、鶏ガラ、野菜、魚介、乾物などから取ったスープを加え、ストレートの中太麺を合わせる店が多勢。他のご当地ラーメンに比べると、各店の個性が色濃くあらわれているのも特徴です。

鹿児島ラーメンに関する宿泊プラン一覧
Number 4 ranking

鶏飯(けいはん)

91
鶏飯(けいはん)

奄美群島で作られる郷土料理で、「けいはん」と読みます。丼や炊き込みご飯の「とりめし」とは異なる、茶漬けのような料理。ごはんの上に、鶏肉、パパイヤ漬けなどの具材と薬味を乗せ、丸鶏スープをかけていただきます。

鶏飯(けいはん)に関する宿泊プラン一覧
Number 5 ranking

キビナゴ料理

87
キビナゴ料理

鹿児島県では1年を通して出回る魚ですが、最も脂がのって美味しく食べられる時期は、産卵前の4月~6月ごろ。鮮度が落ちるのが早い魚であるため、刺身は産地でしか食べられません。てんぷらや塩焼きも人気があります。

キビナゴ料理に関する宿泊プラン一覧
Number 6 ranking

カツオ料理

45
カツオ料理

350年以上前からカツオ漁が行われてきた枕崎市は、全国的にカツオの一大産地として有名。日本古来の漁法である「1本釣り」で釣り上げたカツオを、生きたまま瞬間凍結するので、新鮮な状態を保ったまま水揚げされます。

カツオ料理に関する宿泊プラン一覧
Number 6 ranking

鹿児島黒毛和牛料理

45
鹿児島黒毛和牛料理

古くから、黒毛和牛の一大生産地であった鹿児島県。県内で生まれた子牛を国内の産地に供給し、今や世界に広がる和牛の人気を下支えしてきました。1992年からは「鹿児島県黒牛」として、独自のブランド牛を生産しています。

鹿児島黒毛和牛料理に関する宿泊プラン一覧
Number 7 ranking

首折れサバ料理

31
首折れサバ料理

屋久島で水揚げされるゴマサバのこと。血液を抜き鮮度を保つため、漁獲後すぐに首を折ることからこの名が付きました。マサバよりも脂肪分が少なく、地元の店には刺身やしゃぶしゃぶ、すき焼きなどさまざまなメニューが並びます。

首折れサバ料理に関する宿泊プラン一覧
Number 9 ranking

トビウオ料理

12
トビウオ料理

トビウオがたくさん獲れる屋久島沖。回遊魚であるトビウオは黒潮にのって移動しますが、屋久島沖がその通り道になっているためです。旬を迎えるのは春から梅雨。刺身、唐揚げなどさまざまな楽しみ方ができます。

トビウオ料理に関する宿泊プラン一覧
Number 9 ranking

薩摩汁

12
薩摩汁
写真提供:鹿児島市

かつて薩摩藩士の娯楽として人気のあった闘鶏で、負けた方の鶏を使った料理が発祥といわれています。鶏肉のほか、大根、ゴボウ、ニンジンなどの根菜を煮込んだ味噌汁で、ショウガが入っているので体が温まります。

薩摩汁に関する宿泊プラン一覧

※このランキングは、楽天トラベルで2014年12月15日~2015年11月15日に鹿児島県に宿泊したユーザ(鹿児島県居住者は除く)に対し行ったメールアンケートの結果をもとに算出しています
※アンケート期間:2015年11月25日~11月30日(投票総数:1163)

トップヘ