旅グルメ

伊勢・おはらい町&おかげ横丁のおすすめ絶品グルメ・お土産

伊勢グルメを楽しむならおはらい町&おかげ横丁は外せません!赤福、伊勢うどんなど、ランチやお茶、食べ歩きにおすすめのお店を紹介します。

伊勢グルメを楽しむならおはらい町&おかげ横丁は外せません!赤福、伊勢うどんなど、ランチやお茶、食べ歩きにおすすめのお店を紹介します。

伊勢グルメをまるっと楽しめるおはらい町&おかげ横丁

せっかくお伊勢さんへお参りに行くのなら、伊勢グルメも併せて楽しみたいところ。伊勢神宮の内宮出入り口から五十鈴川に沿って続く「おはらい町」および「おかげ横丁」は、江戸~明治の町並みを再現した、伊勢を語るには外せない観光スポットです。

おかげ横丁

提供:おかげ横丁

おはらい町・おかげ横丁の成り立ち

「おはらい町」一帯が内宮の門前町として栄えていたのは江戸時代からのこと。その後も参拝客などで賑わっていましたが、1993年には赤福本店が中心となって「おはらい町」中心部の大がかりな再開発が行われました。そして、赤福本店を含む周辺の店舗は「おかげ横丁」として生まれ変わり、「おはらい町」同様少しずつ有名になっていったのです。

インスタ映え間違いなしのレトロな雰囲気漂うおかげ横丁&おはらい町は、女子旅の思い出作りにぴったり。伊勢グルメを堪能しつつ、散策してみませんか。ランチ、カフェ、食べ歩きにおすすめの伊勢グルメと人気のお店をご紹介します。

ランチにおすすめのお店

【伊勢うどん】ふくすけ

伊勢グルメといえば「伊勢うどん」を思い出す人も多いでしょう。ふわふわでやわらかい不思議な食感の太麺に、甘辛いタレをからめていただく伊勢名物です。遠方はるばる伊勢を訪れ疲れてしまった参拝者に、消化のいいやわらかいうどんを地元の人がふるまったのが伊勢うどんの発祥、という説もあるそうですよ。

さて、おかげ横丁で伊勢うどんといえばここ、「ふくすけ」。

ふくすけ 伊勢うどん

提供:おかげ横丁 ふくすけ

こちらはタレとネギのみの「手打ち伊勢うどん」(税込650円)。麺のやわらかさがとても優しく、疲れていてもスルスルと食べられそうです。

このシンプルな伊勢うどん以外にも、松阪牛の薄切りが載った「松阪牛肉伊勢うどん」(税込990円)や「牛肉カレー伊勢うどん」(税込750円)など、さまざまな伊勢うどんがメニューに並んでいます。あなた好みの伊勢うどんを探してくださいね。

うどんや ふくすけ

住所
三重県伊勢市宇治中之切町52
営業時間
10:00~17:30(ラストオーダー17:00 ※季節により異なる)
定休日
年中無休

SNOOPY茶屋 伊勢店

「SNOOPY茶屋」は伊勢・由布院・京都 錦・小樽の4ヶ所に展開している、スヌーピーと和を融合したテーマカフェです。それぞれの地元に根ざしたメニューを多く扱っており、伊勢店も例外ではありません。

スヌーピー茶屋 伊勢店
©2018 Peanuts Worldwide LLC

提供:株式会社寺子屋

和風レトロな町並みとスヌーピー。正反対のようにも思えますが、実際の店舗はおはらい町の町並みにすっかり溶け込んでいます。入り口ではキャラクター達が出迎えてくれます。

スヌーピー茶屋 手こね寿司・伊勢うどんセット
©2018 Peanuts Worldwide LLC

提供:株式会社寺子屋

まさに伊勢店ならではのメニュー、手こね寿司と伊勢うどんのセット(税別1,380円)。うどんの上に載っているかまぼこにはかわいいスヌーピーが!

スヌーピー茶屋 伊勢真珠水晶もち
©2018 Peanuts Worldwide LLC

提供:株式会社寺子屋

食べるのがもったいなく感じてしまうほど美しい、伊勢の真珠をイメージしたぷるぷるの和風スイーツ「伊勢真珠水晶もち」(税別550円)。もちろんここにもスヌーピーがいますよ。

料理だけでなく、店内もスヌーピーをあしらったデザインになっています。ランチをする際はいろいろ探してみたいですね。

SNOOPY茶屋 伊勢店

住所
三重県伊勢市宇治今在家町64
営業時間
10:00~16:30(ランチラストオーダー15:30 カフェラストオーダー16:00)
※併設のグッズショップは9:00~17:00で営業
定休日
年中無休

【てこね寿司】すし久

「伊勢うどん」と並んで伊勢名物として有名なのがこの「てこね寿司」です。カツオやマグロなどをタレにつけ込んでいわゆる「ヅケ」にし、それを酢飯と一緒にいただく郷土料理です。伊勢の漁師が船の上でカツオやマグロをさばき、その場でご飯と調味料を一緒に混ぜて手で食べたことが発祥とされています。

てこね寿司 すし久

提供:おかげ横丁 すし久

おかげ横丁では「すし久」でてこね寿司をいただくのがおすすめ。以前は旅館として営業していたという純日本風の建物で、てこね寿司をはじめとした郷土料理を楽しめます。

てこね寿司 すし久

提供:おかげ横丁 すし久

これは「松 平膳」(税込2,380円)。てこね寿司に魚介の南蛮漬けや野菜、茶碗蒸し、デザートなどがセットになっています。てこね寿司以外のメニューも豊富。季節によって限定メニューも変わるとのことなので、季節を変えて何度か訪れるのもいいですね。

すし久

住所
三重県伊勢市宇治中之切町20
営業時間
10:30~19:30(ラストオーダー19:00)
定休日
年中無休(ただし毎月1日および末日、毎週火曜日の夜間営業は休み。詳細は店舗へ確認を)

【海鮮料理】海老丸

そして、伊勢といえばなんといっても伊勢海老をはじめとした新鮮でおいしい海鮮!

海鮮料理 海老丸

提供:おかげ横丁 海老丸

わかりやすい海老の看板を掲げているのは、その名も「海老丸」というお店。海鮮のメニューを多く取りそろえています。

海鮮料理 海老丸 海鮮丼

提供:おかげ横丁 海老丸

この「海鮮丼」(税込2,160円)は、いろいろな種類の海鮮が一度に食べられて女子にはうれしい限り!(季節や仕入れの状況により、海鮮類は変更になります。)

また、この海鮮丼に海老フライをつけた「海老フライセット」(税込2,780円)や、同じくこの海鮮丼に魚介類たっぷりの漁師汁をつけた「漁師汁セット」(税込2,910円)なども選べます。海鮮丼以外のメニューも豊富な「海老丸」は、伊勢の海の幸を味わい尽くすのにもってこいのお店です。

海老丸

住所
三重県伊勢市宇治中之切町52
営業時間
11:00(土・日・祝は10:00)~17:30(ラストオーダー17:00 ※季節により異なる)
定休日
年中無休

おすすめのカフェ・スイーツ

しっかりと食事をしたいわけではないけれど、どこかでゆっくり休みつつおしゃべりでもしたい…。そんなときにおすすめのカフェはこちら。

赤福本店

赤福本店

提供:株式会社赤福

伊勢土産の代表格はなんといっても「赤福」。関西・東海エリアではピンク色の包み紙を目にしたことがある人も多いでしょう。その赤福の総本山である「赤福本店」はおかげ横丁の中心部にあります。

赤福本店

提供:株式会社赤福

赤福本店の周辺では、伊勢茶を焙じる良い香りが漂っています。というのも、ここではイートインスペース(座敷)で作りたての赤福を番茶とともに楽しむことができてしまうのです。

赤福本店 赤福盆

提供:株式会社赤福

これは「赤福盆」(税込210円)。赤福餅 2つと番茶がついています。この「赤福盆」以外に季節のメニューとして、夏季は「赤福氷」や「冷やしぜんざい」、冬季は「赤福ぜんざい」の注文が可能です。

赤福 銘々箱

提供:株式会社赤福

イートインに目が行きがちな赤福本店ですが、お土産としての購入ももちろん可能。空港やサービスエリアなどでは「8個入り」などの箱をよく見かけますが、赤福本店では「銘々箱(めいめいばこ)」と呼ばれる2個入りの箱も購入できます。これだと箱が小さいのでかさばらず、持ち歩きも楽ちん。お友達に配るなど、気軽なお土産にぴったりですね。

赤福本店 いすず野あそび餅

提供:株式会社赤福

そして、最近話題になったのが、赤福が107年ぶりに発表したこの新商品「いすず 野あそび餅」。実はこれはおかげ横丁にある赤福本店では購入できません。内宮からおはらい町通りを抜けた先、五十鈴川のそばにある「赤福 五十鈴川店」で購入できます。

2018年10月上旬までは抽選販売(事前申込が必要)だったのですが、それ以降は毎日お昼12:30からの直接販売に変更され、買いやすくなりました。

また、五十鈴川店の横には赤福のキャラクター「赤太郎」のキャラクターショップがあり、雑貨などを購入することもできます。本店で「赤福盆」を堪能したあと、散策ついでに五十鈴川店へ足をのばしてみてもいいかもしれません。

赤福 本店

住所
三重県伊勢市宇治中之切町26
営業時間
5:00~17:00(繁忙期は時間の変更あり)
定休日
年中無休

赤福 五十鈴川店

住所
三重県伊勢市宇治浦田1丁目11-5
営業時間
9:00(イートイン10:00)~17:30 (繁忙期は時間の変更あり)
定休日
年中無休

五十鈴川カフェ

五十鈴川カフェ

提供:おかげ横丁 五十鈴川カフェ

清廉な五十鈴川の流れを眺めながら、本格ネルドリップのコーヒーやスイーツが楽しめる「五十鈴川カフェ」。参拝や散策で歩き疲れたら、コーヒー片手にほっと一息ついてみませんか。店内ではコーヒー豆の販売も行っています。

五十鈴川カフェ ブレンドコーヒー

提供:おかげ横丁 五十鈴川カフェ

ネルドリップのブレンドコーヒー(税込450円)。川のせせらぎに耳を澄ましていると、おかげ横丁の賑やかな雰囲気とはまた違った、穏やかでゆったりとした気持ちになってくることでしょう。

五十鈴川カフェ

住所
三重県伊勢市宇治中之切町12
営業時間
9:00~17:30(ラストオーダー17:00 ※季節により異なる)
定休日
年中無休

食べ歩きにおすすめのお店

豚捨のコロッケ

おかげ横丁にある「豚捨(ぶたすて)」はお肉屋さん。牛肉をメインにした料理を楽しめる食事処でもあり、店頭では精肉や牛肉のしぐれ煮などのお土産を購入することができるお店です。

豚捨のコロッケ

また、揚げたてのコロッケでも有名。かわいいサイズのコロッケなので、女性でも負担なく食べられます。コロッケの購入はお食事処の受付とは別になっており、専用のカウンターで注文できます。

おかげ横丁 豚捨

お店の前にはこのような腰掛けるスペースがあり、そこに座ってコロッケをいただくことも可能。ただしハトがコロッケのおこぼれを狙って周りをウロウロしはじめるので、くれぐれもご注意くださいね。

おかげ横丁 豚捨

住所
三重県伊勢市宇治中之切町52
営業時間
9:30~17:30(飲食は11:00~、ラストオーダー17:00 ※季節により異なる)
定休日
年中無休

二光堂寶来亭の松阪牛串

「二光堂寶来(ほうらい)亭」は牛丼などを扱っている飲食店なのですが、食べ歩きができる牛串もおすすめです。

光堂寶来亭の松阪牛串

これが松阪牛串(税込800円)。とろける脂は非常に上品で、甘みのあるタレとの相性も抜群。これを気軽に購入できるなんて、なんだか申し訳ないような気さえするほど。

串はお店の外にある専用スペースで購入できます。なお、紙の受け皿も一緒にもらえますが、タレで服を汚さないように気をつけたほうがよさそうです。

二光堂 寶来亭

住所
三重県伊勢市宇治今在家町60
営業時間
10:00~17:00
定休日
年中無休

伊勢角屋麦酒のカキフライ串

伊勢角屋麦酒

「伊勢角屋麦酒(いせかどやビール)」は伊勢の地ビールをおつまみとともに楽しめるお店です。

伊勢角屋麦酒のカキフライ串

伊勢角屋麦酒でのおすすめ食べ歩きメニューはこの「カキフライ串」。これは5粒の串(税込550円)ですが、2粒の串(税込250円)もあります。

タルタルソースがたっぷり添えられた舟皿の上のカキフライは、「海のミルク」の異名も納得の濃厚な味。おいしさがギュッと凝縮されていました。ビールがお好きな方は、ぜひ伊勢の地ビールも一緒に楽しんでみてください。

なお、店頭ではカキフライ以外に焼き牡蠣や蒸し牡蠣も販売しています。(いずれも3個で税込690円。これらは串ではありません。)

伊勢角屋麦酒

住所
三重県伊勢市宇治今在家町東賀集楽34
営業時間
11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
木曜日は11:00~15:00
定休日
年中無休

行楽シーズンや連休などは、おかげ横丁だけでなくおはらい町一帯は非常に混雑します。せっかくの楽しい女子旅ですから、特に食べ歩きをするときなど、他の人の迷惑にならないよう、気をつけたいものです。

おかげ横丁

提供:おかげ横丁

おかげ横丁やおはらい町には、レトロな町並みや伊勢のご当地グルメはもちろん、女心をくすぐるかわいい和雑貨などのお店も多く並んでいます。気心知れた友人との女子旅なら、何を食べるか、何を買うかを悩む時間も楽しいもの。

伊勢神宮へ参拝するなら、おかげ横丁・おはらい町は絶対外せないスポットです。ぜひ旅のプランに組み込んで、伊勢グルメを存分に楽しみましょう!

おはらい町&おかげ横丁 おすすめグルメMAP

どこに泊まるのがいい?伊勢のおすすめホテル・旅館情報

おはらい町・おかげ横丁で思いっきり伊勢グルメを満喫するなら、付近のホテル・旅館に泊まるのがおすすめ!伊勢神宮・内宮にも歩いてすぐ行けるので、翌朝は人があまりいない早朝の神宮を散策してみるのもおすすめですよ。

伊勢神宮・外宮にも近く、観光の拠点に便利なのは伊勢市駅周辺のホテル・旅館。駅周辺には飲食店も多数あるので、夜も伊勢グルメを楽しみたい!という人にもおすすめです。

せっかくの女子旅、ホテルもおしゃれさにこだわりたい!という方には、賢島まで行くとオーシャンビューのおしゃれなリゾートホテルもありますよ! 賢島駅へは伊勢市駅から近鉄特急で約45分で着きます。

伊勢の人気ホテル・旅館ランキングはこちらをご覧ください!

取材・撮影・文:鞠ようこ

※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ