非日常・絶景の旅

鎌倉のあじさい名所~2019年おすすめスポット15選~

梅雨時期のご旅行やお出かけにおすすめの鎌倉のあじさい名所をご紹介。鎌倉あじさい三大名所をはじめ、混雑の少ない穴場の名所など旅行プランのご参考に!

梅雨時期のご旅行やお出かけにおすすめの鎌倉のあじさい名所をご紹介。鎌倉あじさい三大名所をはじめ、混雑の少ない穴場の名所など旅行プランのご参考に!


1.鎌倉のあじさい三大名所

めいげついん

明月院(あじさい寺)

明月院

別名「あじさい寺」と呼ばれる明月院。境内には、約3,000株の姫あじさいが植えられており、満開の時期に辺り一面が青色に染まる様は「明月院ブルー」と呼ばれています。

明月院
明月院

ほかにも見どころ多数。本堂にある「悟りの窓」と呼ばれる丸窓から見える「後(うしろ)庭園」では、同時期に花菖蒲が咲き、特別公開が実施されます。

また、開山堂の近くには、季節の花を抱えた「花想い地蔵」がかわいらしく鎮座しています。

例年の見頃
6月中旬~6月下旬
拝観時間
6月 8:30~17:00、6月以外 9:00~16:00
拝観料
大人500円、小中学生300円 ※庭園拝観は別途500円必要となります
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約10分

はせでら

長谷寺

長谷寺
長谷寺

古くから「花の寺」として親しまれる長谷寺。境内はとても広く、観音山の裾野に広がる下境内と、山の中腹にある上境内に分かれています。

長谷寺

上境内にある「あじさい路(眺望散策路)」では、傾斜地一面に約40種類2,500株のあじさいが植えられており、見頃の時期には多くの花見客でにぎわいます。高台からの眺めも抜群で、鎌倉の海や街並み、遠くは三浦半島まで一望できます。

例年の見頃
6月上旬~7月上旬
拝観時間
8:00~17:00(閉山17:30)
拝観料
大人(中学生以上)400円、小学生200円
アクセス
江ノ島電鉄「長谷」駅より徒歩約5分

じょうじゅいん

成就院

かつて参道にあった262株のあじさいを、東日本大震災で津波被害を受けた南三陸町に寄贈。
現在、創建800年を記念して修復された参道にはあじさいの代わりに萩が少しずつ植えられています。

アクセス
江ノ島電鉄「極楽寺」駅より徒歩約3分


2.明月院周辺!北鎌倉のあじさい名所

えんがくじ

円覚寺

円覚寺

弘安5(1282)年、北条時宗が招いた無学祖元禅師により開山された古刹。建立の際に出土した「円覚経」にちなみ円覚寺と名付けられたといわれています。

円覚寺

広大な敷地内の様々な箇所にあじさいがゆったりと咲いています。見どころは、方丈へ向かう参道沿いと、さらに奥にある佛日庵周辺。色とりどりの額あじさいや玉あじさいを観賞できます。

例年の見頃
6月上旬~6月下旬
拝観時間
8:00~16:30
拝観料
大人300円、小中学生100円
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約1分

とうけいじ

東慶寺

東慶寺
東慶寺

弘安8(1285)年に創建された東慶寺。縁切寺法で女性を救済したことから「縁切り寺」として知られています。また、 「東国花の寺百ケ寺」のひとつであり、四季を通して様々な草花が咲きます。

茅葺屋根の山門に向かう石階段にあるあじさいは、鎌倉街道からも美しく咲く姿を見ることができます。山門は、春には梅、秋には紅葉など、季節によって違った表情が楽しめます。

例年の見頃
5月下旬~7月上旬
拝観時間
8:30~16:30
拝観料
大人200円、小中学生100円
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約4分

じょうちじ

浄智寺

浄智寺
浄智寺

弘安4(1281)年頃、北条宗政の妻と子の師時により創建。鎌倉五山の第四位の寺として知られています。鎌倉では珍しい鐘楼門や、苔むした参道の石段が印象的です。

「鎌倉十井」のひとつである「甘露ノ井」の脇に咲くあじさいは美しく一見の価値あり。

例年の見頃
6月上旬~7月中旬
拝観時間
9:00~16:30
拝観料
大人200円、小中学生100円
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約8分

けんちょうじ

建長寺

建長寺
建長寺

建長5(1253)年、北条時頼が招いた高僧蘭渓道隆により創建。日本最古の禅宗寺院であり、鎌倉五山の第一位の格式を持ちます。境内は国の史跡に指定。

広い境内にはあじさいが点在し、仏殿周辺や回春院、半僧坊大権現参道などで美しく咲く姿を楽しむことができます。

例年の見頃
6月上旬~6月下旬
拝観時間
8:30~16:30
拝観料
大人500円、小中学生200円
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約15分

ちょうじゅじ

長寿寺

長寿寺

室町幕府を開いた足利尊氏ゆかりのお寺であり、尊氏のお墓が安置されています。以前は、完全非公開で中に入ることができませんでしたが、現在はあじさいと紅葉の時期の週末にのみ公開されている穴場スポットです。

見どころは、なんといっても裏庭。庭園は長寿寺本堂裏にある小方丈に囲まれているため、縁側に座ってあじさいを観賞することができます。

例年の見頃
6月上旬~6月中旬
拝観時間
4~6月と10・11月金土日祝10:00~15:00(雨天中止)
拝観料
300円
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約15分

かめがやつざかきりどおし

亀ヶ谷坂切通し

亀ヶ谷坂切通し

長寿寺の脇にある、扇ガ谷と北鎌倉山ノ内地区を結ぶ道。急な坂道のため、亀が途中で引き返したことから「亀ヶ谷坂」と名付けられたそう。鎌倉七切通しのひとつで、国の史跡に指定されています。

亀ヶ谷坂切通し

長寿寺側の斜面にずらりとあじさいが植えられていて、見頃の時期になると美しく咲き誇ります。

例年の見頃
6月上旬~6月中旬
アクセス
JR「北鎌倉」駅より徒歩約10分


3.長谷寺周辺!江ノ電沿線のあじさい名所

こうそくじ

光則寺

光則寺

文応1(1260)年、日蓮上人が「立正安国論」を鎌倉幕府に差し出した場所として知られる古刹。「花の寺」として親しまれる「光則寺」の境内には約200種類の草木が植えられており、樹齢約150年カイドウは市の天然記念物に指定されています。

あじさいの種類も約200種類と豊富にあり、特に全国から集められたヤマアジサイは見事です。

例年の見頃
5月中旬~6月上旬
拝観時間
7:30~日没
拝観料
大人(高校生以上)100円
アクセス
江ノ島電鉄「長谷」駅より徒歩約6分

ごりょうじんじゃ

御霊神社

御霊神社
御霊神社

平安時代に鎌倉・湘南地域を開き、後三年の役で活躍した鎌倉景政をまつる神社。地元では「権五郎さま」と呼ばれ親しまれています。また、境内を江ノ電が走ることでも有名。

境内には約50種類240株のあじさいが植えられており、見頃の時期になると江ノ電とあじさいを撮影するためカメラ片手に多くの人が訪れます。

例年の見頃
6月上旬~6月中旬
拝観時間
収蔵庫:9:00~17:00
アクセス
江ノ島電鉄「長谷」駅より徒歩約5分

いなむらがさきのかいひんこうえん

稲村ケ崎の海浜公園

稲村ケ崎の海浜公園
稲村ケ崎の海浜公園

鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞の伝説の舞台となった岬。高台から、富士山と江の島、相模湾を見渡すことができる景観は「かながわ景勝50選」に指定されています。特に、日没後のマジックアワーでは幻想的な景色が楽しめます。

展望台近くにあじさいが密集しており、公園からの美しい景色とあじさいを同時に眺められます。また、他のあじさいスポットから離れているため、あまり混雑しない穴場スポットです。

例年の見頃
6月上旬~6月中旬
アクセス
江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」駅より徒歩約5分


4.アクセス良好!鎌倉駅周辺のあじさい名所

ほんがくじ

本覚寺

本覚寺

永享8(1436)年に創建。二代目住職の名にちなみ「日朝さま」の名で親しまれているほか、身延山の久遠寺にあった日蓮上人の遺骨を分骨したことから「東身延」とも呼ばれています。

境内には、大きな株のあじさいが5つほどゆったりと間隔をおいて植えられています。種類は姫あじさいや額あじさいなど。1株ずつ種類や色合いが分けられており、それぞれ違った印象を楽しめます。

営業時間
6月上旬~6月下旬
アクセス
JR「鎌倉」駅東口より徒歩約5分

みょうほんじ

妙本寺

妙本寺

文応1(1260)年に創建。身延山久遠寺、池上本門寺と並ぶ日蓮宗最古の寺院です。鎌倉駅から歩いて10分ほどの距離ではあるものの、山門から谷戸に伸びる長い参道はまるで山奥のお寺に来たような静寂さがあります。

本堂へ向かう階段の両脇にあじさいが植えられているほか、梵鐘や二天門の近くなどで美しく咲く姿を見ることができます。

例年の見頃
6月下旬~7月上旬
アクセス
JR「鎌倉」駅東口より徒歩約9分

じょうみょうじ

浄妙寺

浄妙寺

文治4(1188)年に創建。足利家の菩提寺でもあり、鎌倉五山第五位の格式高い古刹。「鎌倉」の語源は諸説あるといわれていますが、ここ「浄妙寺」にもいくつか伝説が残されています。

浄妙寺
浄妙寺

境内は一風変わっており、イングリッシュガーデンや人気のレストラン、カフェがあります。白いアナベルと洋館の風景は一見の価値あり。ほかにも、本堂周辺や裏手の山あじさい小径など複数の見どころがあります。

例年の見頃
5月下旬~
拝観料
大人(中学生以上)100円、小学生50円
営業時間
石窯ガーデンテラス 10:00~17:00(LO16:00)、月曜休(祝日の場合は翌日)・年末年始休
アクセス
JR「鎌倉」駅東口より5番線のバス乗車「浄明寺」停下車、徒歩約5分

げんじやまこうえん

源氏山公園

源氏山公園

後三年の役で、源義家が白い旗を立てて戦勝祈願をしたという伝説から「源氏山」「白旗山」と呼ばれています。現在は自然公園に整備され、桜や紅葉の名所としても人気です。

園内には源頼朝像が設置され、その周りを額あじさいが彩ります。隣接する「葛原岡神社」は縁結びスポットとしても有名で、境内にはたくさんのあじさいが所狭しと植えられています。

例年の見頃
6月上旬~6月中旬
アクセス
JR「鎌倉」駅西口より徒歩約25分


5.鎌倉のあじさい名所マップ


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ